★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ぼくのエリ 200歳の少女」

2011-04-02 03:38:21 | 映画(は行)
<T1311/2011/A031/S016>


スウェーデン映画って見たことあったっけなーー??
しかもホラーだよ。
「映倫 PG12」指定。
2008年製作のバンパイア系ダークファンタジー・サスペンス・ロマンス、115分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
ストックホルム郊外で母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、毎日学校で同級生からの苛めに遭っていた。大人たちはその事実に気付かず、助けてくれる友達もない。いつも隠し持っているナイフで自宅の木を切りつけることで、辛い思いを1人紛らわせていた。そんなオスカーの前にある日、黒髪の少女が現れる。息も凍りつくような寒さの中、薄手のシャツ一枚で現れた少女は、オスカーの寂しい胸の内を見透かしたような言葉を残す。その頃、町では凄惨な殺人事件が起きていた。何者かが喉を切り裂き、血を抜き取られて逆さ吊りにされた若者の死体が森で発見されたのだ。再びオスカーの前に現れる少女。その表情はどことなく悲しげで、鼻を突く異臭を漂わせていた。エリ(リーナ・レアンデション)と名乗ったその少女は自分の誕生日を知らず、年齢も“だいたい12歳”とはっきりしない答え。不思議で秘密めいたエリだったが、オスカーは彼女と接しているうちに、胸の高鳴りを覚えていく。やがて、2人の間で夜毎、モールス信号による寝室の壁越しの会話が始まる。エリとの出会いを通じて、強くなりたいと願うようになったオスカーは苛めっ子に逆襲、大怪我を負わせる。興奮したオスカーはそれをエリに伝え、“血の契りを結ぼう”と親指をナイフで切る。床に滴り落ちる真っ赤な血。それを目にしたエリは、獣のように四つん這いになって床に落ちた血を啜る……。エリは200年もの間、各地を転々として生き血を啜ってきたヴァンパイアだったのだ。正体を知られ、町にいられなくなるエリ。別れの言葉もなく彼女が去ったことで、オスカーは再び以前のような孤独な日々を送ることになる。このまま町にとどまって死んだような日々を過ごすか、生きるためにエリを受け入れるのか……。やがて、失意のオスカーを人生最大の危機が襲う……。



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●映像上では200歳とはいってなかったかな?
●しかしバンパイアものは、どれも寒々しいロケーションばかりだなーー。
●エリの後見人のおじさんの献身振りは何だったのか???
●ストーリーの結末は、彼女が去った後、いじめっ子の兄貴に呼び出され、
復讐されて殺されそうになるが、エリが助けに来て、いじめっ子を全員虐殺・・・
ますます町にいられなくなって、列車に乗って二人で駆け落ち。
●エリはバンパイアだけあって、光に弱かったね。
●いじめられっ子オスカーはひ弱だけど、可愛かった。

●血を吸ってないとババアみたいに生気のないエリ・・・
ジェニファーズ・ボディをちょっと思い起こさせた。

ココまでネタバレ注意↑

という事で今回は・・・
ダーク・ファンタジー度・・・

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「いとしのエリーとかけてるみたい」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント (1)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« ★「ツーリスト」 | トップ | ★「トゥルー・グリット」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画『スリー☆ポイント』特別試写会ご招待! (エヴァテック 木内)
2011-04-22 19:25:13
はじめまして。
映画『スリー☆ポイント』に協賛しておりますエヴァテックの木内と申します。
来る5月1日15:30より渋谷アップリンクにて『スリー☆ポイント』特別試写会を開催することになりました。
つきましては、人気ブロガーの方にも是非ご鑑賞していただきたくご連絡させていただきました。

試写会にご参加いただける場合は、
・ブログ名
・お名前
・電話番号
・メールアドレス

をご記入の上、god.kiuchi@evatec.jpまでご返信ください。
追って詳しい情報をお送りさせていただきます。

以上、何卒よろしくお願い致します。

※尚、この招待文は非公開でお願い致します。

『スリー☆ポイント』公式サイト:http://www.three-points.com/
エヴァテック株式会社公式サイト:http://ls.evatec.jp/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

ぼくのエリ 200歳の少女 (LOVE Cinemas 調布)
スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。...
ぼくのエリ 200歳の少女 (いやいやえん)
ああ、そうなんだこれは邦題が間違っていますね。 エリはある部分でオスカーに聞くんです「もし女の子じゃなくても好きだと思うの?」と。 少年期の孤独感や疎外感、不安などをバンパイアに絡めて恋愛めいた関係にもっていくところが非常に繊細で切なくて良かった。永...
ぼくのエリ 200歳の少女 (だらだら無気力ブログ)
スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落ちていくも彼女の正体を知った少年の戸惑いと、彼女を受け 入...
ぼくとエリの闇の列車旅 (Akira's VOICE)
「ぼくのエリ 200歳の少女」 「闇の列車,光の旅」 
ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね &larr;please click タイトルから分かる通り、これ、純粋無垢なフツウのラブストーリーではありません 恋した相手はヴァンパイア! スウェーデンのスティーヴン・キングこと ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画...
ぼくのエリ 200歳の少女 (to Heart)
怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋 原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 製作年度 2008 製作国・地域 スウェーデン 上映時間 115分 映倫 PG12 原作 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 『モールス』(ハヤカワ文庫刊) 出演 カーレ・ヘーデブラン...
■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、こ...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (こねたみっくす)
12歳の少年が経験するにはあまりのも切なすぎる、舞い散る雪と飛び散る血が紡ぎだす哀しくも美しい初恋。 この微妙な邦題からは想像しにくいスウェーデン発のヴァンパイア映画に、 ...