★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」

2011-06-03 03:38:28 | 映画(た行)
<T1332/2011/A052/S028>


80年代に日本でも人気を博したテレビシリーズをリメイク。
テレビの映画番組のネタがなくなった時に、
つなぎで入れ込まれたって感じの作品だったよね。
映画館で観なかったのは、そのチープさだったけど、出来は良さそう。
原題も「THE A-TEAM」
2010年製作の特殊部隊系アクション・アドベンチャー、118分もの。

あらすじ・・・今回はMoviewalkerさんから引用させてもらいました。
1年前。特殊部隊のメンバーから結成されたAチームの面々が、何者かの謀略により無実の罪で逮捕された。だがリーダーのハンニバル(リーアム・ニーソン)は、刑務所から脱獄、部下のフェイス(ブラッドリー・クーパー)、B.A.(クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン)、マードック(シャルト・コプリー)と合流する。かくして復活したAチームは、無実を証明するために行動を開始。ハンニバルが編み出す荒唐無稽な作戦のもと、当局の追跡をかわしながら、自分たちの名誉を汚した黒幕に迫っていく。フェイスの元恋人でありながら、4人の逮捕に執念を燃やす国防犯罪調査局のソーサ(ジェシカ・ビール)や、謎のCIA捜査官リンチ(パトリック・ウィルソン)との策略合戦が火花を散らす……。



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●やることが派手だよねーー、ありえねーー、のが面白い。
●話はCIAと国防省の争いがメイン。
●ニセドル紙幣の原版を盗んだのがニンニバルらのライバル特殊部隊員パイク(ブライアン・ブルーム)。
それと結託してたのがハンニバルの親友モリソン将軍。
ハメられて、罪を着せられるけど、実は原版が欲しいのはCIAのリンチ。
●パイクに裏切られたのでAチームを使って奪い返そうとしてたのね。
●真相が明らかになって、名誉回復になるかなーーと思ったけど、
派手にやりすぎたので、まだまだやり残しがありそう。

★パイクの悪行を国防省が見逃しすぎだよねー。
★Aチームの行動力は凄いけど、追われる身でいろいろ調達出来すぎだったね。
★ジェシカ・ビールが、いよいよ美人になってきたね。

★まあ、続編があったら、次は劇場で観てもいいかなっ。

ココまでネタバレ注意↑

ということで今回は・・・
ハチャメチャ度・・・
ほんと、アメリカって国は、国外で派手に暴れるんだから!!!

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「戦車の落下シーンに度肝を抜かれた」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「アジャストメント」 | トップ | 「コップ・アウト 刑事(デ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰です~ (パピのママ)
2011-06-09 20:53:01
ひらりんさん今晩は、お久ぶりです。
この作品は、アクション大好きな私には痛快で面白かったです。
TV版をよく見ていたので、フェイスのブラットリーがカッコよくてファンになりました。
続編がありそうなので、楽しみですね。
たまに伺いますのでリンクさせて下さいね。
今後とも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事