★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ブルーノ」

2011-06-21 03:38:39 | 映画(は行)
<T1339/2011/A059/S030>


「ボラット」のサシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズ監督のコンビ。
なんだか可愛らしい顔になっちゃってるコーエンは19歳の設定らしい。
「映倫R15+」指定。
原題も「BRUNO」
2009年製作のドキュメンタリー風ゲイ系勘違いコメディ。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
オーストリアの人気ファッション番組の司会者・ブルーノ(サシャ・バロン・コーエン)は、ミラノで取材中、ショーを台無しにし、業界から締め出されてしまう。ハリウッド・セレブになって見返そうと決めたブルーノは、付き人ルッツ(グスタフ・ハマーステン)を連れてLAに到着。セレブになるために、様々な企画にトライする。ルッツのアイデアで、まずはテスト番組を作ることに決定。人気歌手ポーラ・アブドゥルのスケジュールを押さえたまでは良かったが、取材場所に行くとイスもテーブルもない。そこで、ブルーノは修理に来ていたメキシコ人の人間椅子を提案する。大統領候補ロン・ポール議員に、ホテルの一室で取材ができることになったブルーノ。カメラ機材の故障を装って議員をベッドルームへ誘うが、ビデオを流出させようとした思惑は見事に崩れ去ってしまう。次にブルーノは、チャリティ活動を行うためイスラエルへ飛ぶ。モサド元長官やヘブライ大学教授、パレスチナ前議長、エルサレム市長と共に会合を開き、ブルーノは自作の歌を披露、だが中東紛争の解決まではいかなかった。アルカイダに誘拐してもらえば一躍有名になれると睨んだブルーノは、早速レバノンのパレスチナ難民キャンプに向かう。そこで幸運にもテロリストのリーダー、アイマン・アブ・アイタに会うことができたブルーノは、ビン・ラディンのファッション・アドバイスを試みる。中東からの帰り道、アフリカで今最先端のファッション小物“養子”を手に入れたブルーノは、シングルファーザーとして番組に出演。「ベビーはiPODと交換した」と発言すると、アメリカ児童局の女が現れ、赤子をさらっていってしまった。異性愛者だけに囲まれる環境に自分を追い込むため、マクラレン基地州兵訓練センターに飛び込んだブルーノ。ところが、夜のテント生活は誘惑がいっぱいで……。



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●夜のテント生活は、別の猟銃ツアーに行ったところだったね。
●その後スウィンガー(夫婦交換)パーティーに潜入するも巨乳ドS女に迫られ、女恐怖症に。
見返すためにストレートになる事を決意するブルーノ。
●数ヵ月後、格闘技大会の司会として活躍し始めたブルーノは、
完全なストレート男として、オカマを馬鹿にしていたけど・・・
●そこに現れたのが、喧嘩別れしたかつての付き人ルッツ・・・
リング上で格闘になるが、いつしか抱き合いになり、ゲイ丸出しになり会場騒然。
●この模様がテレビで中継され、一躍有名人(セレブ)になったブルーノ。
●慈善活動=偽善活動なんだけど、チャリティーソングかなんかを作っちゃうのでした。

★そのチャリティーソング・・・ひらりんでもわかる大物が出演・・・
U2のボノ、ゲイで有名なエルトン・ジョンスティングや黒人のスヌープ・ドッグが参加してたね。
ラトーヤ・ジャクソンにもインタビューしたみたいだけど、本編ではカットになってたね。
★今回のコーエンは、19歳の役って事で、なんか初々しい?演技が光ってた。
★しかし、うざい・・・ウザすぎ。
まあ、そこが狙いの作品なんだけど。
★日本人からすると、米国って同姓婚を認める進んだ国ってイメージだけど、
大半の人は、ノーマルに生きるのが良し・・・と思ってるだろうし、
きっと宗教的な意味で同性愛は認められないのかなーーってのが、伝わってきたね。

ここまでネタバレ注意↑

ということで今回は・・・
有名になりたい度・・・
なんかKABA.ちゃんぽかったね。



●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「おーーっ、チャリティーソングは必見」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「スリーキングス」 | トップ | ★「ロシアン・ルーレット」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

ブルーノ (LOVE Cinemas 調布)
『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズ監督が再び送る超ナンセンスコメディドキュメントだ。一応共演にグスタフ・ハマーステンという俳優?が出演している。今回のサシャはゲイのオーストリア人ファッション評論家という設定。有名になる為にアメリ...
ブルーノ (だらだら無気力ブログ)
『ボラット 栄光ナル~』のサシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズ 監督が再びコンビを組み、アメリカから中東までの広大な範囲にまで出かけ、 体当たりの取材を行うドキュメンタリ-コメディ。オーストリア人で自称19歳のゲイであるファッションレポーターの ...
ブルーノ (パピとママ映画のblog)
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の監督ラリー・チャールズ、主演サシャ・バロン・コーエンによる確信犯的ドキュメンタリー。ゲイのファッション・レポーター“ブルーノ”が世界のいたるところで騒動を起こし、様々なカルチャーギャップを...
ブルーノ 完全ノーカット版 (小部屋日記)
BRUNO(2010/アメリカ)【DVD】 監督:ラリー・チャールズ 出演:サシャ・バロン・コーエン/グスタフ・ハマーステン 突撃実践ドキュメンタリー 「ハリウッドでセレブになるには!?」 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のサシャ・バロ....