★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「幻影師アイゼンハイム」

2009-01-06 03:38:50 | 映画(か行)
<T908/2009/A001/S000>

2009年の1本目の作品は、
映画レビューを書いてるブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、
結構評価の高かった作品をDVDで。
これ・・・ヒロインがジェシカ・ビールじゃなくて、
スカーレット・ヨハンソンだったら、劇場鑑賞してたんだけど・・・。
原題は、「THE ILLUSIONIST」。
2006年製作の魔術系ミステリー・ロマンス、109分もの。

あらすじ・・・今回はgoo映画さんから引用させてもらいました。
19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイム(エドワード・ノートン)という名の幻影師。ある日彼は舞台の上で、幼なじみのソフィ(ジェシカ・ビール)と再会する。今では、皇太子(ルーファス・シーウェル)約者として注目を集める彼女は、その後ほどなく皇太子邸で謎の死を遂げてしまう。謀殺の噂も沸き立つ一大スキャンダルのさ中、アイゼンハイムはソフィの幻影を蘇らせる前代未聞のイリュージョンを発表するのだが…。
幻影師アイゼンハイム - goo 映画

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.身分の差から引き裂かれた2人が再会・・・
彼から貰ったからくりペンダントを肌身離さず持ってたソフィーに、
アイゼンハイムもひらりんも感激っ。
2.皇太子は野心家で、隣国の後ろ盾を得てソフィーと結婚・・・

皇帝に退位を迫ろうと画策してたのね・・・
3.そんな政略結婚は断れ・・・と言う事で、ソフィーは皇太子の別荘に行くが、
謎の変死で帰らぬ人に・・・
4.皇太子の忠臣でもあるウール警部(ポール・ジアマッティ)も皇太子を疑いつつ、

身分差には勝てない・・・と、アイゼンハイムのイリュージョンに釘を刺すのね。
5.皇太子の命令で、公演中の彼を逮捕しようとするが・・・
演目中のアイゼンハイムもまた、幻影だったぁ!!!
6.はてなマークを残しながらも、皇太子の殺人容疑の証拠がポツリポツリ。。。
7.アイゼンハイムの芸術的才能には感嘆してたウール警部・・・
さすがに皇太子をかばいきれなくなり、皇帝や側近に報告・・・
皇太子は自分以外は能ナシ・ロクデナシと言い放つが、結局自殺・・・
8.でもでも。。。よーーく考えてみるウール警部・・・
実は、最初から駆け落ちする計画で、皇太子をワナに嵌める作戦に気づくのね。

●いやーー、どんでん返しの結末にはビックリして、面白かった。
●皇太子に殺人容疑をかけて、自由になろうとするのはいいけど、
自殺しちゃったのは結果オーライみたいな感じもするね。
●イリュージョンのネタばらしがないのは残念だけど、
マリックセロマギー四郎のネタも知らないで見た方が面白いってもんだよ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
マジックものとしては、スカちゃんが出てた「プレステージ」がおすすめ。
エドワード・ノートンは、緑の怪物「インクレディブル・ハルク」をやってました。
 

という事で今回は・・・
ラブ・イリュージョン度・・・
ひらりん的にはジェシカ・ビールとスカちゃんを入れ替えるイリュージョンが見たかったね。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「トリック見破るのは苦手だぁ」・・というあなた・・・
                   
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
« 2008年ひらりんアカデミ... | トップ | ★「ワールド・オブ・ライズ」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひらりんさーん あけおめです (rose_chocolat)
2009-01-06 14:42:08
いつもTBありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そう! これスカちゃんの方がピッタリしてそうですよね。
ブーリン見ちゃったから余計そう感じるのかも。あと彼女『プレステージ』もしてますし。
最後の持って行き方なんかは女性はうっとりする感じですよね。
こんにちは! (kira)
2009-01-06 14:55:53
ジェシカ=>スカちゃんだったら、
4位になったのかしらん(笑)

D.パッカーフィールドやセロにない
哀愁あるアイゼンハイムにメロメロでした~
TBありがとうございました (HIROMI)
2009-01-06 18:57:41
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします。
最後のどんでん返しにはびっくりでしたね。結局、逆に二人の完全犯罪みたい。セロもびっくりのイリュージョンも華麗でした。

明けましておめでとうございます! (mezzotint)
2009-01-06 19:27:52
ひらりんさま
明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。
なるほど!ジェシカ・ビールね。
どちらかといえば、華のない方なので・・・。
ちょっと物足りないかもしれません。
エドワード・ノートンははまり役だったと
思うのですが。個人的にファンです。
TBありがとうございました!
Unknown (keyakiya)
2009-01-06 19:56:39
映画を観た後の爽やかさがなかなかのものです。
昨年度観た中では、もう一度観たい映画の一つです。
「トリックを見破るのが苦手だぁ」ということで
ポチッと押させていただきました。
 (とらねこ)
2009-01-06 23:51:15
ドモ~♪
私もプレステージ思い出しちゃった!
ジアマッティ、この映画と、
スカちゃんと出てた『私がクマにキレた理由』で、ちょっと太ってオッサンぽくなってたのが気になっちゃいました。
でも、彼も本当いい俳優ですよね。
ありゃ?ひらりんさんはオヤジはどうでも良かったかなっ。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-01-07 08:10:47
やられた!!感が、結構快感の映画でした!
映画全体の雰囲気も良かったですよね。
ネタばらしは、知らぬが花でいいのでは。
でも、セロのマジックは、不思議です。
ひらりんさん、あけましておめでとうございます。 (アイマック)
2009-01-08 22:10:34
ことしもどうぞよろしくお願いしますね♪
オチはなんとなくわかってしまったんだけど雰囲気がとてもよかったです。
ノートンの恋愛もの、はじめてみましたがドキドキしちゃいました。笑

こんにちは (はらやん)
2009-01-10 07:53:59
ひらりんさん、こんにちは!

ひらりんさんも今年になってからの観賞だったんですねー。
僕も他の方のブログのランキングを見たらけっこう高い評価だったので興味をもってみてみました。
最後がちょっと予想できてしまったため、びっくりとまではいきませんでした。
期待度を高くしすぎたかなー。
こんばんは。 (Hiro)
2010-05-10 04:29:39
TB有難うございました。
ソフィの偽死工作、そんなに上手くいくかなぁ。
仮にも、公爵令嬢の変死な訳で、もっと調査されてしかるべし。
逆に皇太子の圧力で捜査自体がうやむやにされたか...

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(か行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

67 トラックバック

幻影師アイゼンハイム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステ...
幻影師アイゼンハイム (映画鑑賞★日記・・・)
【THE ILLUSIONIST】2008/05/24公開製作国:アメリカ/チェコ監督:ニール・バーガー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル、エドワード・マーサン“すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。”
幻影師アイゼンハイム (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観...
エドワード・ノートンの「幻影師アイゼンハイム」を観た! (とんとん・にっき)
日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき
幻影師アイゼンハイム (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スティーヴン・ミルハウザー原作、原題The Illusionist、ニール・バーガー監督、エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル。最初から目的は決まっている。ジェシカ・ビールの美しさを堪能すること。19世紀末の...
暗黒王子、見参!~『幻影師アイゼンハイム』 (真紅のthinkingdays)
 THE ILLUSIONIST  19世紀末のウィーン。幻影師として熱狂的な人気を誇ったアイゼンハイム(エド ワード・ノートン)は、皇太子レオポルド...
『幻影師アイゼンハイム』 (2006) / アメリカ・チェコ (NiceOne!!)
原題:THEILLUSIONIST監督・脚本:ニール・バーガー原作:スティーヴン・ミルハウザー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>19世紀末ウィーン。ハ...
「幻影師アイゼンハイム」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 アメリカでの公開は2006年の夏だったと記憶しています。 かなり評判も良く、日本での公開を心待ちにしていたのですが 何故かまったく予定が聞こえてこない… “ひょっとしてDVDスルー?”と思いましたが、その気配もなく不思議でした。 本...
幻影師アイゼンハイム (to Heart)
すべてを欺いても手に入れたいもの、 それは君。 原題 THE ILLUSIONIST 原作 スティーヴン・ミルハウザー 製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ/チェコ 監督 ニール・バーガー ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説をエドワード・ノー...
幻影師アイゼンハイム/エドワード・ノートン (カノンな日々)
予告編の印象だとラブサスペンスみたいなお話っぽいんだけど、何でも原作はピューリッツァー賞作家スティーヴン・ミルハウザーの傑作小説という事らしいので、昨年観たイリュージョンものの「プレステージ」のように結末にずっこけるということはたぶんないでしょうと、期...
幻影師アイゼンハイム (レンタルで映画)
 エドワード・ノートン主演の「幻影師アイゼンハイム」をDVDにて鑑賞。これ、すごく観たかったんですよね、あっちこっちで好評判だったから。で、観終えたら・・・このイリュージョンにすっかり虜です。お薦め!!です。 幻影師アイゼンハイム 2006年のアメリカとチェコ...
『幻影師アイゼンハイム』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 これは映画をご覧になってからお読みください。 あっ、チラシもお読みにならない方がいいです。 (原題:THE ILLUSIONIST) ----これってスティーヴン・キングが 「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!」と言っている映画だよね。 「う~ん。...
「幻影師 アイゼンハイム」試写会 (今日という一日。)
「幻影師 アイゼンハイム」を見てきました。幻影師アイゼンハイムと幼なじみだった公爵令嬢のラブストーリーですが、イリュージョンの謎に迫る部分はサスペンスのようでもありました。 中盤くらいからストーリーがなんとなく読めてしまいましたが、ラストを見て謎がス...
映画「幻影師アイゼンハイム」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「幻影師アイゼンハイム」@映画美学校第2試写室【送料無料選択可!】幻影師アイゼンハイム/洋画 映画の話 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・....
「幻影師 アイゼンハイム」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、 アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・ シーウェル)が観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招...
★★★★「幻影師アイゼンハイム」エドワード・ノートン、ポール... (こぶたのベイブウ映画日記)
面白かった~!存在感あるエドワードを観ているだけで満足しちゃいました!身分違いの恋、ライバルは皇太子と、物語はベタベタ、展開が読めまくり!(笑)でも、この映画は見せ方が上手い!妙に惹かれる雰囲気があり目が離せない!マジックの美しさ、妖しさ、暗さ、不思議に...
映画 【幻影師アイゼンハイム】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幻影師アイゼンハイム」 ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化。 おはなし:19世紀末のウィーンではアイゼンハイム(エドワード・ノートン)という幻影師が絶大な人気を誇っていた。ある日、彼は...
幻影師 アイゼンハイム (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
19世紀末のウィーン。ハプスブルグ定刻末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術(イリュージョン)が一世を風靡していました。そこに、アイゼンハイムという名の幻影師が現われ、絶大な人気を得るようになります。その評判の高さに興味を示した皇太子が舞台を観に訪れた日...
幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST (銅版画制作の日々)
 幻影師(Illusionist)   奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。 蛇足ながらこの言葉は哲学の文脈では、物資世界を幻影と考える者の意。   7月4日、新京極...
『幻影師アイゼンハイム』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:アメリカ・チェコ  上映メディア:劇場公開  上映時間:109分  原題:THE ILLUSIONIST  配給:デジタルサイト  監督:ニール・バーガー  主演:エドワード・ノートン       ポール・ジアマッティ    ...
幻影師アイゼンハイム ( Art- Mill  あーとみる)
幻影師アイゼンハイムHP http://www.geneishi.jp/ 光と影を繊細に妖艶に操り、19世紀末の世界都市ウイーンの雰囲気を充分に出していた。「自由」への道を歩みつつある時代を背景にし
幻影師アイゼンハイム(映画館) (ひるめし。)
すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。
「幻影師アイゼンハイム」実話だと勘違い(^^;) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
どこで勘違いしたのか、これ実話で、実在のイリュージョニストだとずっと思い込んでいた私。
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist (描きたいアレコレ・やや甘口)
レディース アーンド ジェントルマン! 見事な髭の競演です!あなたは、どのヒゲがお好き? 『幻影師アイゼンハイム』まるで"大正時代の...
幻影師アイゼンハイム (2008 映画観てきましたっ!)
すべてを欺いても手に入れたいもの、 それは君。
幻影師アイゼンハイム (Memoirs_of_dai)
ラスト数分で評価が変わる 【Story】 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日...
「幻影師アイゼンハイム」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
幻影×偶然×偶然×偶然≦想定の範囲E.ノートンは好きな俳優である。初めて観た「真実の行方」以来変わらないのは、どこからともなくにじみ出る育ちの良さ。本作の役どころは、公爵令嬢と認められぬ恋仲になる平民男性なのだが、極めて聡明で純粋な青年がよく似合っている...
幻影師アイゼンハイム (5125年映画の旅)
様々なマジックで人の心を捉える幻影師アイゼンハイムは、舞台上で初恋の女性ソフィーと再会する。しかし彼女は皇太子の婚約者となっていた。皇太子と別れ、アイゼンハイムの元に向かいたいソフィーの気持ちを知ったアイゼンハイムは、二人で駆け落ちするためにある計...
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist (我想一個人映画美的女人blog)
blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?聞いた事ないタイトル、邦画かな?って思ってた。 調べてみたらなんと{/ee_1/} 2006年 あちら...
「幻影師アイゼンハイム」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ・チェコ  監督/ニール・バーガー  出演/エドワード・ノートン      ポール・ジアマッティ      ジェシカ・ビール      ルーファス・シーウェル  エドワード・ノートン渾身の一作!久しぶりに彼をスクリーンで観ました。や...
幻影師アイゼンハイム (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
幻影師 アイゼンハイム19世紀末のウィーンは、科学と幻想が入り混じった不思議な空間だ。華やかなのに暗い古都を舞台に、天才幻影師の命を賭けたショーと、幼馴染の公爵令嬢との運命的な愛を描く。とはいえ、物語のプロットは映画を見慣れた人なら察しがつくもの。大掛か...
94●幻影師アイゼンハイム (レザボアCATs)
怪しげなアイゼンハイムにウットリ。なので、今回は、この邦題にも満足。だって「イリュージョニスト」だと、ついつい「プリンセス・テンコー」と口をついて出て来てしまうから。。。って私だけ?
幻影師 アイゼンハイム (ひめの映画おぼえがき)
幻影師 アイゼンハイム [DVD] 監督:ニール・バーガー 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シ...
「幻影師アイゼンハイム」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Illusionist」2006 USA/チェコ・リパブリック 天才イリュージニストと公爵令嬢の禁断の愛を描いたサスペンス・ラヴ・ドラマ。 幻影師アイゼンハイムに「ファイト・クラブ/1999」のエドワード・ノートン。 ソフィーに「エリザベスタウン」のジェシカ・ビール...
幻影師アイゼンハイム (ネタバレ映画館)
日本にもヨーロッパ的な二人組のマジシャンが・・・名前だけか・・・
幻影師アイゼンハイム (迷宮映画館)
エドワード・ノートンの顔が、まとわりつく・・・。悪くないかも。
★ 『幻影師アイゼンハイム』 (映画の感想文日記)
2006年、Fox, "THE ILLUSIONIST". ニール・バーガー監督。 (なぜこの映画がこんな日付の位置にあるかというと、ある違法な犯罪行為によるためです。自宅のモニターで見ました。劇場公開時にはちゃんと映画館...
幻影師アイゼンハイム (心のままに映画の風景)
19世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーン。 魅惑的なイリュージョンで天才と評され人気を集める幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノー...
「幻影師アイゼンハイム」:葛西駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}地下鉄博物館って、昔の車両がいろいろ展示されているのよね。 {/kaeru_en4/}いまや簡単には見れない幻の車両。電車少年にとっては初恋の人と巡りあうような場所だな。 {/hiyo_en2/}幻の恋人と出会うなんていうと、なんか「幻影師アイゼンハイム」みたいね。...
幻影師アイゼンハイム (ダイターンクラッシュ!!)
6月17日(火) 19:35~ チネ1 料金:0円(チネチッタTAKE5ポイント使用) パンフレット:600円 『幻影師アイゼンハイム』公式サイト マジシャンが復讐する映画だと一方的に思っていた。当たらずとも遠からずだけど、やっぱり全然違った。 予備知識はゼロで見たほう...
幻影師アイゼンハイム (映画三昧、活字中毒)
■ シネマート新宿にて鑑賞幻影師アイゼンハイム/THE ILLUSIONIST 2006年/アメリカ、チェコ/109分 監督: ニール・バーガー 出演: エドワード...
幻影師 アイゼンハイム (シャーロットの涙)
目に見えるものだけが全てではない。
映画 『幻影師アイゼンハイム』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆19世紀末のウィーンを舞台に、見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と、皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブストーリー。ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化...
「幻影師アイゼンハイム」 (てんびんthe LIFE)
「幻影師アイゼンハイム」試写会 よみうりホールで鑑賞 幻影師って? この邦題??でした。 もともとそんな言葉ないのに作っちゃった? 原題は「THE ILLUSIONIST」単に奇術師とか、手品師とかそんな感じ。 幻影ってまぼろしこのと、ってなんてロマンチックにしち...
「幻影師アイゼンハイム」 (小さな街から)
19世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーンでは、大掛かりなイリュージョンが流行っていました。 中でも人気が高いのは、幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。 評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者の伯爵令嬢ソフ
167「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ・チェコ) (CINECHANの映画感想)
目に見えるもの全てが現実とは限らない  19世紀末ウイーン。ハプスブルク帝国末期。奇術に魅せられた少年は、公爵令嬢と恋に落ちる。しかし、二人の仲は引き裂かれ、少年は街を出る。15年後、ウイーンでは一人の男のイリュージョンが人々の絶大な人気を博していた。...
The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
てっきり日本でも既に公開されていると思い込んで紹介を見送っていたらどうも未公開らしく、追加で。 同様の種類の映画に「プレステージ」があったから見送られてしまったのだろうか.... リージョンのDVDでの鑑賞です。 主演は、エドワード・ノートン。 彼が、20世紀初...
『幻影師、アイゼンハイム』 (映像と音は言葉にできないけれど)
奇遇にも同じ月に続けてマジックもの映画を観ることになるとは思いませんでしたが、『プレステージ』とは時代も似ていたりして、まるで究極のライバル映画2作品!?。日本でも二本立てで上映したくなる映画館が出て来る筈です。
『The Illusionist(原題)』幻影師 アイゼンハイム (キマグレなヒトリゴト)
どうもヒュー・ジャックマン主演のPrestageに 「イリュージョンVS」というよくわからない 邦題がついたそうですね。テーマが多少似ている だけにこりゃ困難を招くだろうなぁと他人事ながら 思います。 というわけでこれもマジシャンのお話ですね。 The Illusionist (Wide...
幻影師アイゼンハイム (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
19世紀末のウィーンで、“幻影師=イリュージョニスト”の男と公爵令嬢の“格差愛”を描く「幻影師アイゼンハイム」。 観客は物語にしかけられた伏線に、見事だまされるだろう。 物語:舞台上の椅子に座り、額からにじむあぶら汗。何かを念じるように、片手をかかげ...
「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ/チェコ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
愛を賭けて自由を賭けて人生を賭けて。 人生最大で人生最後のイリュージョン。
映画『幻影師アイゼンハイム』 (健康への長い道)
近所の小さな映画館。 2つの劇場のうち、1つは8月からず~っとポニョ。もう1つの劇場は『ジェイン・オースティンの読書会』、『奇跡のシンフォニー』、『ミラクル7号』、『山桜』、『築地魚河岸三代目』、『アフタースクール』、『再会の街で』、『あの日の指輪を待つき...
幻影師アイゼンハイム (小部屋日記)
The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】 監督・脚本: ニール・バーカー 出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/エドワード・マーサン/ジェイク・ウッド すべてを欺いても手に入れたいもの、 ...
幻影師アイゼンハイム (こんな映画見ました~)
『幻影師アイゼンハイム 』 ---THE ILLUSIONIST--- 2006年(アメリカ) 監督:ニール・バーガー 出演:演: エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ 、ジェシカ・ビール 19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。 イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中...
幻影師アイゼンハイム (夫婦でシネマ)
19世紀末のウィーンを舞台に、幻想的な物語が展開。ラストのどんでん返しが鮮やかに決まって満足の一編でした。
【幻影師アイゼンハイム】 (日々のつぶやき)
監督:ニール・バーガー 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。 「19世紀のウィーン、幻影師アイゼンハイムのショーは人気があり観客で溢れていた。 ある日皇太子が観賞にきて、
幻影師アイゼンハイム (caramelの映画日記)
【鑑賞】日比谷シャンテシネ 【日本公開日】2008年5月24日 【製作年/製作国】2006 アメリカ/チェコ 【監督】ニール・バーガー 【出演】エドワード・ノートン/ジェシカ・ビール/ポール・ジアマッティ/ルーファス・シーウェル 【原題】“THE ILLUSIONIST” 【原...
「幻影師アイゼンハイム」 ミステリーとしてはどうか? (はらやんの映画徒然草)
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
幻影師アイゼンハイム  The Illusionist (映画の話でコーヒーブレイク)
先週「王様のブランチ」近日公開ミニシアターで紹介された「幻影師アイゼンハイム」 ナンじゃこのタイトル?と思ってみていたら・・・エドワード・ノートン主演、マジシャンの話・・・ えぇー!この映画知ってる~{/m_0151/} 「イルージョニスト」ってタイトルじゃなかっ...
種も仕掛けも (MESCALINE DRIVE)
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師ア...
幻影師アイゼンハイム (Blossom)
幻影師アイゼンハイム THE ILLUSIONIST 監督 ニール・バーガー 出演 エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ     ジェシカ・ビー...
『幻影師アイゼンハイム』 (Sweet*Days**)
幻影師 アイゼンハイム [DVD](2008/11/21)エドワード・ノートンポール・ジアマッティ商品詳細を見る 監督:ニール・バーガー  CAST:エドワー...
【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシ...
「幻影師アイゼンハイム」(The Illusionist) (シネマ・ワンダーランド)
ピューリッツアー賞作家スティーヴン・ミルハウザー原作の小説を「クラッシュ」や「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフらがつくったミステリー・サスペンス「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米、ニール・バーガー監督、110分)。本作は一度はあきらめた初...
『幻影師アイゼンハイム』 (『映画な日々』 cinema-days)
幻影師 アイゼンハイム 奇術師が皇太子の婚約者となった幼馴染みの 公爵令嬢を奇抜なトリックで奪い返す... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 ...
映画評「幻影師アイゼンハイム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ=チェコ映画 監督ニール・バーガー ネタバレあり
映画『幻影師アイゼンハイム』 (~yatsufusa~)
『幻影師アイゼンハイム』 原題:「The Illusionist」 2006年公開(アメリカ)2008年公開(日本)作品 19世紀末のウィーンを舞台に、 見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と 皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブ?ストーリー。 ラ...