★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「インクレディブル・ハルク」

2008-08-06 02:38:48 | 映画(あ行)
<T817/2008/A122/S073>

今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、
駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。
あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
その1本目は、グリーン・モンスターで有名な「ハルク」もの。
以前観た「ハルク」と内容は一緒みたいだけど・・・。
原題も「THE INCREDIBLE HULK」=信じられない大男・・って意味。
インクレディブルは、「信じられない」、
ハルクは「老朽船, 廃船 ((倉庫・獄舎として使う)); ぶかっこうな大型船[大男, 荷物]」の意味。
2008年製作のモンスター系アドベンチャー・アクション、112分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんより引用させてもらいました。
科学者のブルース・バナー(エドワート・ノートン)は、恋人ベティ(リヴ・タイラー)の父、ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキー(ティム・ロス)らに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。

            

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.ブラジルで脈を整える修行してたのはヒクソン・グレーシーだったぞっ。ついでに柔術教わったのかなっ。
2.それにしても、ブラジルから逃れ逃れてアメリカにたどり着くのは、ちょっと無理があるんじゃないの???
3.今じゃ元カノになっちゃったベティを大学に訪ねるが・・・今カレに通報され、
大学の敷地内でロス将軍らと戦闘。

4.特殊部隊員ブロンスキーは、ちょっと強くなる薬を打たれてて結構善戦・・・

ベティは戦闘に巻き込まれ死にそうになるが、ハルクが救って逃亡。
5.次に向かうはNY・・・ここにはブルースとメールで連絡を取ってた協力者Mr.ブルーがいたのね。
まさに青い服着て登場してきたのにはビックリ。
6.中和剤を打ってもらってハルクから人間に戻れたけど・・・

ブルースはベティ共々、ロス将軍に捕まっちゃうのね。
7.ブルースを追ってやってきたブロンスキーはブルーを脅し、ハルク注射を強要・・・
モンスターになっちゃって、NYを暴れだすぅ。。。

8.コイツをやっつけられるのは自分だけ・・・と、
護送中のヘリから飛び降りるブルース・・・
さっきの中和剤がカンペキなら、タダの墜落死だよーーー。
でも、落下で心拍数が上がりハルクに変身~~~。
9.彼女に及ぶ危害を力に変えて、モンスター退治しちゃったハルク。
しかし、そのまま逃亡しちゃうのは「ダーク・ナイト」的な行動だよねーーー。
10.ところで最後に出てきた軍需産業社長のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)って、
まさか「アイアンマン」?????????
こういうコラボオチは、初めてだよーーーーー。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ある種ダークな道を歩む主人公モノは、ひらりん大絶賛の「ダーク・ナイト」。
早く人間にないたい!!!モノは、「崖の上のポニョ」。
 

という事で今回は
裏街道度・・・
この後どうなる???って所の映画化が見たいんですけどーーーー。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「グリーンだよー・・でビールが飲みたくなった」・・あなた・・・
                      
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウィッカーマン」 | トップ | ★「ハプニング」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよ~ございます^^ (rose_chocolat)
2008-08-07 06:56:33
チッタでご覧になったんですね。ポイント制度もう少しどうにかすればもっとお客さん来るかもしれないのに(笑
やっぱりそのあたりは109は気前がいいですよね。
私もチッタで観たいのがあるんですが、ひらりんさんがご覧になったあとの2本の中にあるかもw
TBさせて頂きました。 (小米花)
2008-08-07 14:30:14
CG多様の映画って好きではないのですが、
今回は楽しめました。
最後のトニー・スタークが出てきたときはビックリ、
でもロバート大好きなので嬉しかった~~!
元祖ヒーロモノ (たいむ)
2008-08-07 19:39:43
クセのない、とってもわかりやすい物語で、素直に楽しめました。

ヒーローもの満載のこの夏!アイアンマンも期待してます!
こんばんは~ (なな)
2008-08-07 23:00:22
TBありがとうございました!
「裏街道度」ウケましたよ~
早く人間になりたい~って台詞は
わたしは「妖怪人間ベム」(古っ!)を連想しましたぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
The Incredible Hulk (犬連れ国際結婚)
『The Incredible Hulk』(2008) この映画の予告編を観た時に、ハズも私も最初に思った事は、 「Edward Nortonが、Hulk???」 で、その次に思った事は、 「何か、映画が、ゲイっぽい???」 それに...
「インクレディブル・ハルク」 (古今東西座)
このブログに長くお付き合いいただいてる方には「またか」と思われてしまいそうだが、空いた時間があったのでシネコンに飛び込み、丁度時間がピッタリだったのがこの『インクレディブル・ハルク』だったので、特に期待することもなく観ることにした。『インクレディブル・...
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
『インクレディブル・ハルク』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE INCREDIBLE HULK】2008年/ソニー・ピクチャーズ/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス
インクレディブル・ハルク (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハー...
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
映画 「インクレディブル・ハルク」 (ようこそMr.G)
映画 「インクレディブル・ハルク」 を観ました。
『インクレディブル・ハルク』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インクレディブル・ハルク』の試写会に行ってきました。 いゃ~
インクレディブル・ハルク (2008) THE INCREDIBLE HULK 112分 (極私的映画論+α)
「サンダVSガイラ」(爆)
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
インクレディブル・ハルク (5125年映画の旅)
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルース...
インクレディブル・ハルク (ネタバレ映画館)
セキュリティ・ソフトがノートンってのは・・・
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
「インクレディブル・ハルク」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました~^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (Akira's VOICE)
怒らせたらエライ事になります。  
「インクレディブル・ハルク」 (てんびんthe LIFE)
「インクレディブル・ハルク」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 おすぎがCMやっているのでみようかどうしようか悩みましたが、映画の日なのでみることにしました。 おすぎのCMは気に入らないけど、私はこの作品好きです。 愛があって、苦悩して、とても人間臭...
【インクレディブル・ハルク】 (日々のつぶやき)
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
インクレディブル・ハルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 「生身の人間より鉄!」トニー・スタークの登場には驚いた。
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
インクレディブル・ハルク(映画館) (ひるめし。)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (こんな映画見ました~)
『インクレディブル・ハルク』 ---THE INCREDIBLE HULK--- 2008年(アメリカ) 監督:ルイ・レテリエ 出演:演: エドワード・ノートン ブルース・バナー リヴ・タイラー ベティ・ロス ティム・ロス エミル・ブロンスキー ウィリアム・ハート ロス将軍  科学...
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
「インクレディブル・ハルク」みた。 (たいむのひとりごと)
思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよ...
インクレディブル・ハルク (映画通の部屋)
「インクレディブル・ハルク」THE INCREDIBLE HULK/製作:200
『インクレディブル・ハルク』 (ラムの大通り)
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「...
インクレディブル・ハルク (レンタルで映画)
 今日は「インクレディブル・ハルク」へ。この映画にはリヴ・タイラーが出てるんですよね。彼女は「魅せられて」を観て以来の大ファンでして、メジャー級な映画として映画観で見れるのも久しぶりのような気もします。だから嬉しい限り。しかも今作ではヒロイン!なんです...
国家に踊らされてしまった哀れな男たち。『インクレディブル・ハルク』 (水曜日のシネマ日記)
アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
インクレディブル・ハルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人...
「インクレディブル・ハルク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「インクレディブル・ハルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、他 *監督:ルイ・レテリエ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
「インクレディブル・ハルク」今度は、スッキリ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日2008年7月24日 21:49 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。  心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ エ...
インクレディブル・ハルク・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この夏のハリウッド映画はアメコミヒーローだらけで、バットマンに続いて、超人ハルクも帰ってきた。 「インクレディブル・ハルク」は、2003...
伸びるズボンはいてるの?【インクレディブル・ハルク】 (犬も歩けばBohにあたる!)
アン・リー監督がメガホンをとった「ハルク」から早5年。 あの映画は散々でした。何
アメコミ映画夏の陣 その一 「インクレディブル・ハルク」 (小覇王の徒然なるままにぶれぶれ!)
    部屋を軽く掃除してバルサンを準備、セットして映画を観にいった。観る映画は
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
『インクレディブル・ハルク』 (Sweet*Days**)
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
『インクレディブル ハルク』 (『映画な日々』 cinema-days)
 シリーズ第二作  INCREDIBLE = 「信じられない,驚くべき」  ブルース・バナー”ハルク” VS  エミル・ブロンスキー”アボミネーション” ...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
インクレディブル・ハルク (心のままに映画の風景)
科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、 ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた...
インクレディブル・ハルク (りらの感想日記♪)
【インクレディブル・ハルク】 (18) ★★★★ 2008/08/01ストーリー 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベ
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
「インクレディブル・ハルク」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/ルイ・レテリエ  出演/エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ウィエイアム・ハート  ジャパンプレミアに行ってきました。しかしキャストは来日せず、プレミアとは名ばかり・・・(涙)...
映画『インクレディブル・ハルク(THE INCREDIBLE HULK)』 (本家!うっかりはんぞう)
おはようさん。 ファーストデーに2作品観賞の二本目[E:movie] 公開初日に
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
インクレディブル・ハルク (マー坊君の映画ぶろぐ)
「インクレディブル・ハルク」監督:ルイ・リテリエ (『ダニー・ザ・ドッグ』『トランスポーター2』)出演:エドワード・ノートン(『キングダム・オブ・ヘブン』『ミニミニ大作戦』)リヴ・タイラー(『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『ロード・オブ・ザ・リング/...
インクレディブル・ハルク (to Heart)
その「力」、ためらうな。 原題 THE INCREDIBLE HULK 製作年度 2008年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 112分 原作 ジャック・カービー/スタン・リー 脚本 ザック・ペン 監督 ルイ・レテリエ 出演 エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイ...
●インクレディブル・ハルク(56) (映画とワンピースのこでまり日記)
エドワード・ノートンのハルクは悲しみに満ちていました・・・。
インクレディブル・ハルク 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その...
インクレディブル・ハルク (ダイターンクラッシュ!!)
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが...
『インクレディブル・ハルク』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレデ...
『インクレディブル・ハルク』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
日本ではアメコミのヒーローというより、TVドラマのヒーローという印象が強いんじゃないかと思われる、マーベル・コミックを代表するスター「ハルク」、2度目の映画化作品。なんせコミックの方は殆ど紹介されていないのに、TVシリーズは『超人ハルク』のタイトルでし...
インクレディブル・ハルク (TRUTH?ブログエリア)
原題:THE INCREDIBLE HULK原作:MARVEL COMICS監督
怒れる緑の巨人 (CINECHANの映画感想)
220「インクレディブル・ハルク」(アメリカ)  科学者のブルース・バナーは研究中の事故で多量のガンマ線を人体に浴び、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。以来彼を利用しようとする軍の追跡を逃...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
マーベル・コミックの人気キャラクター「ハルク」を実写化した作品。「ハルク」は、2
『インクレディブル ハルク』 2008-No54 (映画館で観ましょ♪)
エドワード・ノートンはスキな俳優さんの一人。 でも、まさか、こんな肉体派とは思いもしなかったけど... そういう意味ではティム...
インクレディブル・ハルク (Sachi'sRoom)
    製作@2008年アメリカ/112分/レンタル開始日2009.2.24    監督@ルイ・レテリエ    原作・製作総指揮@スタン・リー    出演@エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート    科学者ブルース・バナー(エドワード・ノ....
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
インクレディブル・ハルク (カオスダイバー漂流中)
心拍数が上がると緑の巨大マッチョメンになってしまう哀しきヒーロー。 おかげで恋人とのセクースもできない哀しきヒーロー。(´;ω;`)う...
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
映画評「インクレディブル・ハルク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ルイ・レテリエ ネタバレあり
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
インクレディブル・ハルク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画&nbsp; &nbsp; &nbsp; ◆超人ハルク &nbsp;  アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて &nbsp;  正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。 &nbsp;  圧倒的に強いハルクに立ち向...
「インクレディブル・ハルク」(2008年、アメ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「インクレディブル・ハルク」(原題:TheIncredibleHulk)は2008年公開のアメリカのSF/アクション映画です。マーベル・コミックによるアメコミ「ハルク」を実写化した映画で、感情の爆発を...