ファチマの聖母の会・プロライフ

お母さんのお腹の中の赤ちゃんの命が守られるために!天主の創られた生命の美しさ・大切さを忘れないために!

ライフサイトニュースの記事―東京のマーチフォーライフの行列は祈りとプロライフの証しを日本に運ぶ

2019年08月02日 | マーチフォーライフ
ライフサイト記事 「東京のマーチフォーライフの行列は祈りとプロライフの証しを日本に運ぶ。」
の日本語訳をご紹介します。

2019年7月29日(LifeSiteNews) 2019年、300名以上がファチマの聖母と共に東京でマーチフォーライフを行った。

毎年恒例のプロ・ライフの行進は、7月15日月曜日、日本の休日である海の日に行われた。マーチ参加者の数は慎ましい300名だったが、2名の司教たちと数名の司祭がマーチに参加し、日本と世界中の命の文化のために祈った。







マーチフォーライフは、東京の築地カトリック教会から7月15日午後4時半に始まった。その前には、二名の司教たち、すなわち、鹿児島司教区の中野司教と大阪大司教区の補佐司教である酒井司教らの共同司式のミサが捧げられた。これらの司教たちの他にも7名のカトリック司祭らが300余名のマーチ参加者と共に築地カトリック教会から日比谷公園まで歩いた。

フィリピンからは、ヒューマン・ライフ・インターナショナル(HLI)のアジア・オセアニア地域責任者であるリガヤ・アコスタ博士、台湾からは、聖ジアンナ・プロ・ライフ・センターのシスター・フィデリスがその他の修道女らと、香港マーチフォーライフのジョウ・ウッダード氏も参加した。





行列の後尾には五・六十名の参加者らがファチマの聖母の像と共にロザリオを祈っていた。これらの祈りに満ちた人たちは、堕胎や同性愛や安楽死などが天主に対する反抗の精神の結果であること、罪の精神、サタンの精神そのものであると確信していた。自由放埒と個人主義の精神は、革命の精神そのものであり、天主に対する憎しみの精神である。天主からの贈り物である人間の命を軽蔑することにより、人間は天主をその玉座から退けて、その代わりに自分が玉座に着こうとしている。天主の無き人間主義は、不可避的に人間の死へと導く。

人間社会全体は、死の文化と社会の自殺へと押し流されている。数を比較すれば、人間的な見方によると、東京でのマーチの規模は全く大したことが無い。しかし、このマーチは政治的なデモではない。そうではなく信仰宣言という超自然の行為である。天主のみが人間の命の創り主である。天主は命そのものである。この命は人間となってこう言われた。「私は道、真理、命である」と。天主の御言葉は人となって、人間の命を大切にされ、病の人々を癒やしたり、死者を蘇らせたりもした。





罪のない胎児の命を軽視する人々は、イエズス・キリストの事業も軽視し、従って、天主御自身をも軽視する。彼らは、弱い者、病の者、ハンディキャップを負った者、老人たちを重荷だと軽蔑する。ヴァンサン・ランベールがどのように死を宣告されたかを見よ!

1917年ファチマで3人の牧童たちに聖母は地獄のビジョンを見せた。子供たちは多くの霊魂が冬の雪のように地獄に降り落ちるのを見た。2019年、死の文化とその仕業を通して、数え切れない多くの霊魂たちが、今この瞬間、地獄の永遠の火の中に降り落ちている。





だから、マーチフォーライフの参加者らにとって最も重要なことは祈りだ、特に聖なるロザリオの祈りだ。彼らは、聖母を高々と公に担ぎながら祈った。そうすることによって彼らは、命そのものであるイエズス・キリストと目的を一つにし、キリストに属していることを宣言した。彼らは、最も高貴な命、私たちの内にある超自然の命のために歩いた。

「かれに生命があり、生命は人の光であった。光はやみに輝いたが、やみはかれを悟らなかった。」(ヨハネ1:4-5)



ファチマの聖母よ、我らのために祈り給え!
秋田の聖母よ、我らのために祈り給え!

-------

ライフサイトニュース記事の英語原文はこちらです

Tokyo March for Life procession brings prayer, pro-life witness to Japan

July 29, 2019 (LifeSiteNews) — More than 300 people made the March for Life in Tokyo with Our Lady of Fatima in 2019.

The annual pro-life march was held on Monday, July 15, which is Marine Day (one of Japan's public holidays). Though the number of marchers was a modest 300, there were two bishops and several priests who also joined the march, praying for a culture of life in Japan and around the world.







The March for Life started at Tsukiji Catholic Church (Tokyo) at 4:30 pm on July 15 after a Mass concelebrated there by two Japanese bishops, Bishop Nakano (Diocese of Kagoshima) and Bishop Sakai (auxiliary bishop of Osaka). Besides these bishops, seven Catholic priests also joined the 300 marchers in their walk from Tsukiji Catholic Church to Hibiya Park.

Dr. Ligaya Acosta from the Philippines, who is the Asia-Oceania regional director of Human Life International (HLI), and Sr. Fidelis of St. Gianna Prolife Center, along with other sisters from Taiwan, also joined the march, as did Mr. Joe Woodard of March for Life Hong Kong.





At the end of the procession, 50 to 60 people were praying the Holy Rosary in the company of a statue of Our Lady of Fatima. These prayerful witnesses were convinced that abortion, homosexuality, euthanasia, and so on are the result of a spirit of revolt against God, a spirit of sin, the very spirit of Satan. The spirit of license and individualism is nothing else but the spirit of revolution, of hatred against God. By scorning human life, which is a gift from God, man wants to dethrone God and to be enthroned in God's place. Humanism without God leads inevitably to the death of man.

The entire human society is now pushed to the culture of death and to societal suicide. By comparison, humanly speaking, the scale of the March in Tokyo is ridiculously small. However, this march is not a political demonstration, but rather a supernatural act of profession of faith. God alone is the author of human life. God is Life itself. This Life became man and said: I am the way, the truth, and the LIFE. The Divine Word Who became man respected human lives, such as by curing the sick and bringing the dead back to life.





Those who mock the life of the innocent fetus mock the work of Jesus Christ and therefore of God Himself. They scorn the lives of the weak, the sick, the handicapped, and the aged as a burden. Look how Vincent Lambert was condemned!

Our Lady showed a vision of hell to three shepherds in Fatima in 1917. The children saw so many souls falling into hell like snow in winter. In 2019, through the culture of death and its works, innumerous souls are falling down into the eternal fire of hell, right now.





Thus, the most important action for the marchers for life was prayer, especially the holy rosary. They prayed while carrying aloft Our Lady publicly in such a way that they proclaimed their unity of purpose and their belonging to the LIFE, Jesus Christ. They walked for the highest life, the supernatural life within us.

"In him was life, and the life was the light of men. And the light shineth in darkness, and the darkness did not comprehend it." (John 1:4-5)



Our Lady of Fatima, pray for us!

Our Lady of Akita, pray for us!

コメント   この記事についてブログを書く
« 明日、7月15日うみの日に、東... | トップ | 天主且つ人(神人)によって捧... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーチフォーライフ」カテゴリの最新記事