Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

動物の形、人間の形

2021-09-09 | 猫魔女宇宙論
動物の形、人間の形
動物は内的衝動がそれぞれの形をつくっている。人間の形は何か一つの衝動に特化しない全体性を表現している。
ということのようだ。今のところの私の動物と人間の違いについての理解。
動物の子どもは、その動物らしさを成長プロセスで体現していく。犬は犬らしく、猫は猫らしく、牛は牛らしく。
人間においては、早い段階で何かに特化させるというよりはバランスが大事とシュタイナー教育では考える。個性個性というけれど、個性は自然に育つもの。あまり早くに何かを引き出し結果を出そうとし過ぎることはない。ひとりひとりの魂があるとき、今世実現しようと思って持って生まれたものを表現しはじめるから。
人の成長には、試行錯誤して失敗する自由が必要だ。実際、赤ちゃんはそうしながら、重力のある地球上での身体の使い方を、自分で発見することをしている。フェルデンクライスメソッドのトレーニングの時に、身体を通して、それを実感しているので、シュタイナーの考えも真理だなと感じる。
何の学びにおいても同様のこと。
私たちにはちゃんとした生命への理解が必要だと、即物的な時代に生きていると、危機感を感じつつ、強く思うのでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする