何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

薩長同盟の六ヶ条を分かり易く解説する

2016年12月12日 23時32分51秒 | 歴史上の人物

 

学の無い私めは「 候文 」が意味不明で候

 さて、ここ連日の作業で取り組んでいる、
薩長同盟提案書 」であるが、今日は病院に行って
リハビリの日だったので、まだまだ完成は
しておらんぜよ~。(^O^;)

 もう少し、お待ち下されい。

 で、「 薩長同盟提案書 」を、色々とググりながら
学んでいく上で当然の成り行きとして、「 薩長同盟 」が
締結されたあとの慶応2年1月23日付に木戸孝允( 桂小五郎 )氏が
薩長同盟盟約六ヶ条覚書 」とした書簡を、したためた事が分かった。

 その書簡を受け取って読んだ坂本龍馬氏が慶応2年2月5日付で
裏面に朱筆で確認のサインをしたのち、木戸氏に返信している。

しかし「 」のない私めは、この古文体の様な
候文 」( そうろうぶん )で、したためられている
六ヶ条の条文を読んでも、訳ワカメに候。

無論、TOP画像の様な候文も、なんとな~く
戦う時には二千人の藩兵を出してね♪ 」
っつー感じの大筋の意味は読み取れるのだが、
細かい部分まではサッパリである。

で、今日はこの問題を解決すべく、ググって
知ることが出来た情報を、全てあなたにシェアさせて頂こう。^^

 ちなみにWikipediaから拝借した原文は、全てコピペすると
Googleから「 重複コンテンツ 」扱いにされるのが怖いので、
( コレばっか )全て画像データでの掲載とした。

薩長同盟六ヶ条と龍馬氏の裏書きまで解説

 さて早速、盟約六ヶ条の最初から見ていくことにしよう。

1つ1つ、詳細に説明させて頂くが、実はこれの書簡自体は
薩長同盟が締結された時に書かれたものでは無い。

 薩長同盟が締結された2日( もしくは1日 )後になって、
チョット心配症な長州藩の木戸孝允( 桂小五郎 )が、
この書簡をしたためて、坂本龍馬氏に確認の意味で裏面に
朱筆でのサインを貰っている。

 大まかな内容としては
あらゆるケースで同盟を結んだ薩摩藩は長州藩と協力して
江戸幕府と戦おうね!きっとだからね
? 」
的なニュアンスだ。

この書簡を確認した龍馬氏が裏面に
同盟を結んだ薩長同志の約束は、神に誓って
この内容と九牛の一毛ていどの間違いも無いよ
。 」
とした意のサインをしている。

 それでは、TOP画像の薩長同盟六ヶ条の
最初の解説から参る。↓

 ちなみに六ヶ条自体は、全て条文の冒頭には一、と言う漢数字が
書かれているが、ここでは分かり易く解説するために、敢えて
一~六までの漢数字を振った。

では、次の条文である。↓

 解説:「 戦で長州の勝利がみえた時には、長州の
政治的復権のために薩摩藩は朝廷に申し出る様に尽力すること。」

 次、どんどん行きましょうドンドンと。↓

 

 解説:「 万が一、長州の敗色が濃くなった場合でも
一年や半年で壊滅するようなことはないので
その間、薩摩藩は必ず尽力し協力すること。」

 それでは、その次。↓

 解説:「 幕府軍が東へ帰った時は薩摩藩は朝廷に申し上げて、
すぐに長州藩の無実の罪が解かれる様に尽力する事。」

いよいよラスト2になってきた。↓

 解説:「 薩摩が第一条により京に近い国々に出兵して
圧力を加えた上でも、京の政権を制圧している一会桑政権が
現在の様に朝廷を牛耳った上で薩摩側の要求を拒み、
その道をさえぎる時は最終的に彼らとの
軍事的対決に至る覚悟以外は無い事を長州に対し表明する。」

 で、この条文がラストになりまーっすぅ。↓

 解説:「 無実の罪が解かれた上は、薩長両藩は
誠意をもって協力し合い、今日より双方は皇国のため
天皇の威光が輝き、回復することを目標に
誠心誠意を尽くして尽力すること。」

 ってな感じで、以上が「 薩長同盟盟約六ヶ条 」の
画像引用と、詳細の解説になり候。

まぁ毎回毎回、言い訳する訳でも無いのだが
不肖この私めは「 歴史学者 」では無いので、
細かい部分では相違点が有ろうかと存ずるが、
大まかな解釈は出来ている筈なので、
仮に間違いが有っても目くじら立てずに候。

 それでは最後に龍馬氏に拠る裏書きのサインを。↓

 解説:「 書簡に記入された薩長同盟6カ条は、
小松帯刀( こまつたてわき、清廉“きよかど”とも )、
西郷隆盛の両氏および木戸貫治(孝允)、龍馬も同席して
話し合った内容なので九牛の一毛ほども、これと相違ない。
将来に渡って決して変わる事が無いのは、
天地神明に誓う所である。」

と言う解釈になる。^^

 しつこいようだが、薩摩藩士であった小松帯刀( 清廉 )氏は
私めの祖先では無いwww

薩長同盟の密約を締結した時には京都に有る
清廉氏の屋敷内で、密談を交わしたというが
Wikipediaからの画像をリンクしてみると、
こんな感じの方である。↓

 

http://bit.ly/2gFeg0J

 本当は共有リンクをHTMLソースコードで
貼り付けたかったのだが、それが無かったので、
興味が有る方はクリックかタップをしてみて。^^

維新の十傑 」の内の1人でもある小松氏は、
龍馬氏に勝るとも劣らぬ度量の持ち主だったそうで、
同じ薩摩藩士の西郷隆盛氏が試そうとして、
わざと部屋で横になり、彼よりも身分が高い小松氏を待っていた所、
現れた小松氏は腹を立てる事もなく、
家臣に枕を持ってこさせたという。

 この1件以来、西郷氏は小松氏に対して己の非礼を詫びた上で
以後、忠誠を誓うようになったという。

幼い頃から親の愛情に恵まれずに育った小松氏だったが、
寛容な人柄で人望も厚かったため、若くして薩摩藩の
重職に抜擢された。( 同じ小松でもココまで違うかwww )

 ちなみに「 維新の十傑 」には、てっきり「 坂本龍馬 」氏も
入っているものだと思って居たのだが、まさかまさかの
圏外 」!(;・∀・)

あそこまで日本の未来の為に死力を尽くして奔走した挙句、
最期には暗殺と言ふ悲運の死を遂げた「 明治維新 」の
スーパー立役者 」とも言ふべき龍馬氏がカヤの外とは......
チョットいたたまれないよなぁ.....(-_-;)

でもなんか龍馬氏自身は、こういう名誉だとかには無関心な
思考の持ち主な感じが見受けられるので、仮にいま
生きていたとしても「 そげなもんは、いらんぜよ~♪ 」とか
言いそうな気も、するんだがwww

「 薩長同盟提案書 」もうしばらく、待つこと候。^^

幕末の志士 龍馬とその時代 第8巻 “明治維新の原動力” 薩長同盟締結 (【図説】日本の歴史)
クリエーター情報なし
講談社

( 瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるamazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 )


コメント   この記事についてブログを書く
« 命と引換えの滅私奉公を行っ... | トップ | パクリ企画、ようやく明日に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史上の人物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事