何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

MKV変換ソフトを実際に使用したレビューだが注意点あり!

2017年12月15日 06時37分10秒 | DVD作成

 

注意事項!

 本稿を、お読み頂く前に留意して頂きたいのは
著作権保護回路技術の回避 」に付いてである。

Blu-ray・DVDの場合、AACS( Advanced Access Content System
アドバンスド・アクセス・コンテンツ・システム )と呼ばれる映像の
コピープロテクト規格が記録されており、解除用のソフトウェアを
販売するには管理団体への上納金が必要だ。

こうした事から、本来は無料のBlu-ray-DVDソフトウェアでは
ブルー・レイDVDの再生自体が出来ない様になっている。

無論、Blu-ray専用のDVDプレイヤーだけでは再生は出来ない仕組みで、
必ず再生ソフトウェアのインストールが必要だ。

しかしながら、ブルー・レイDVDのAACS保護回路技術を
解除出来てしまう機能がこれから、ご紹介する
「 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0 」には内蔵されているので、
著作権のある保護回路技術やコピープロテクト信号の載っているソフトウェアには
使用を、お止め頂き、私的に撮影および作成したBlu-rayのDVDソフトだけに使って頂きたい

ブルー・レイDVDに限らず、そうでないDVDソフトも同様だが、
2012年10月1日に施行された 改正著作権法の第30条・第1項・第2号では
例え私的な用途であっても、
技術的保護手段を回避した上で、その事実を知りながら複製した場合は法律違反
に、なると定められている。

 

日本語字幕が出ないが、MKV変換はOK

 早速、MKV動画への変換ソフトウェアを使って、
Blu-ray-DVDの動画変換ファイルを作成してみた。

まずは使用するMKVコーデックへの変換ソフトは
「 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0 」という製品。

30日間のみ無料お試しのWindows版はコチラから。↓

Leawo Blu-ray MKV変換( Windows XP/Vista/7/8/8.1/10 )

同様に、Leawo Blu-ray・MKV変換ソフト無料お試し版の
マック版のダウンロードは、コチラから。↓

Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10/10.11/10.12

ちなみに、不肖この私めが使っているのは
1年もののライセンス認証版だが、上の
無料でダウンロード出来る試用版は機能制限がある。

機能制限を解除して使いたい場合は、製品を購入して
ライセンス認証するとフル機能が利用できる様に。

1年ライセンスのLeawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0でも
プログラムサイズが141MBと、そんなに重くないのも有り難い。

Leawo Blu-ray変換のインストールと使い方

 画質のロスも一切無いのは実感としてあるが、字幕などの機能も
そのままに変換されるとの事に関してはMKV変換の際、どう設定しても
「 日本語の字幕が出てこない 」。

この事実だけは最初に、お伝えしておいて次章からは
実際のMKV変換を行った経緯をリポートする。

実際にBlu-ray-DVDをMKV動画に変換する実践編

 それでは、さっそくBlu-ray-DVDソフトを
MKV動画に変換する手順を実践編で、お伝えして参る所存。

当然ではあるが、まずはBlu-rayを再生する為の
ブルー・レイDVDの再生プレイヤーが無いと話にならないので、
I・O・DATAの外付けプレイヤーを選択する。

なお、Blu-ray-DVDではないノーマルDVDプレイヤーに
ブルー・レイDVDを入れてから「 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0 」を
起動させて読み込みさせようと目論んでも、
「 無効なディレクトリです。ディスク・ディレクトリに入れ直して下さい。」
となるので、最低でも専用のブルー・レイDVDプレイヤーは必要だ。


 

 

ただし、Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0を
機能させるのにブルー・レイ再生用の専用ソフトは必要ない。

余談だが、現在ブルー・レイDVDを再生させるための専用ソフトは
市販のものに限られ原則的に無料のフリーソフトでは再生は出来ない。

これは冒頭でも、ご説明申しあげた様に、AACSという
強力なコピープロテクト信号を解除させないと
ブルー・レイは再生できない仕組みに、なっているからである。

では次にインストール済みの「 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0 」の
デスクトップ・アイコンをクリックしてMKV変換ソフトを起動させる。

起動させたら、図の様に「 BD/DVD追加⇒ディスクを追加⇒ 」から、指定して読み込ませる。

「 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0 」のソフトへの読み込み自体は
30GBのBlu-ray-DVDソフトでも30秒ほどで終わり、この時点で字幕は出ないが
読み込んだブルー・レイDVDの再生も出来てしまう。( 無論、音声も出る )

右上の歯車のボタンから各種設定が可能で、「 一般 」から言語を日本語に、
また「 その他 」から規定のエンコーディングもJapanese( Shift JIS )に設定している。

次に右下のOKボタンをクリックでMKV変換の為の前準備の読み込みが始まる。

この読み込みも30GBのBlu-ray-DVDソフトで1分ほどで終了。

この段階で字幕に日本語が入っているか確認したが、
「 Japanese 」の文字は確認できなかった。

読み込みが終わった段階で、一番右の↑↓矢印で各チャプターの入れ替えや
タイトルをダブル・クリックしてタイトル名を自由に変更可能だ。

全てが決まったら、右上の「 変換 」ボタンを押して、
Blu-ray-DVDソフトからMKVコンテナ形式の動画へ変換を開始する。

正直、MKV動画への変換時間は非常に長く、約1時間くらいは掛かった。

MKV動画への変換が完了したので、さっそく保存されているファイルの確認をしてみよう。

不肖この私めの場合、デフォルトの設定保存場所は
「 PC ⇒ ドキュメント・フォルダ ⇒ Leawoフォルダ
⇒ Blu-ray MKV Converterフォルダ格納
⇒ MKV動画ファイル 」の順だ。

なお、各フォルダはソフト側で自動的に生成してくれるが、スクリーンショットにも対応している。

後で「 どこだっけ? 」などと探す破目に、ならないように、
字幕ファイルの保存場所などに目を通しておき、シッカリと
保存されている場所は確認しておこう。

さっそく、もともとインストールされている動画再生ソフト「 MPC-HC 」で再生を試みた。

音声、映像ともにシッカリと再生されており、画質の劣化も0なのは良いが
予め日本語に設定していたのに、どこを探しても日本語の字幕が見当たらない。

MKV変換するBlu-ray-DVDソフトの種類に拠っても違うのかも知れないが、
Blu-ray-DVDの再生専用プレイヤーで再生した時には、シッカリと日本語字幕が表示されていたので、
おそらく日本語には対応していないのかもしれない。

なお繰り返すが、AACSやコピープロテクト信号などの
著作権保護機能が組み込れまているBlu-ray-DVDでの
MKV動画への変換は絶対に行わないで頂きたい。

本稿は、あくまでも私的に撮影したコンテンツや
自作のブルー・レイDVDに限った場合のMKV変換の指南である。

したがって例え個人使用の目的であっても、著作権保護回路を回避したり
コピープロテクト信号を解除しての使用は法律違反となるので、あしからず。↓

( 以下「 DVDのコピーガード解除・改変からの複製は違法行為 」から引用 )↓

"2012年10月1日に施行された改正著作権法の第30条・第1項・第2号では
技術的保護手段を回避した上で 「 その事実を知りながら複製 」
した場合は 法律違反に、なると定めている。"

( 引用ココまで・出典:ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ )↑

なので、本稿で御紹介させて頂いてる商品
Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0は
コピーガード及び著作権保護回路のコピープロテクトが
掛かっていないメディアのみでの、ご使用で御願いしたい。

フル機能が使えるMKV変換ソフトの特徴と値段は?

 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0のウリは
何と言っても画質の劣化が無いロスレス品質だ。

ただし、字幕などの機能もそのまま変換という下りは、
日本語字幕が再生できなかったので、この限りではない。

値段の方は一年ライセンス( 30%OFFで )2,660円で
永久ライセンス( 30%OFFで )5,950円という設定なので、
リーズナブルな価格なのではなかろうか。

なお、プログラムファイルのインストールに有りがちな、
Hao123などの頼んでもいない余計なブラウザの導入や、
マルウェア感染などの心配は無かった。

 

MKV「 Matroska 」コーデック動画って何じゃラホイ?

 Leawo Blu-ray MKV Converter Version3.3.0.0のソフトウェアが
Blu-rayをMKV動画に変換して保存できる多機能な賞品である事は分かった。

ところで、このMKVコンテナフォーマット形式の動画って、いったい何なのだろうか?

( 以下「 動画形式の種類と違い 」から引用 )↓

"正式名称は「 Matroska( マトリョーシカ )」と言い、名前通りどんなコーデックにも対応しているのが特徴です。
(「 マトリョーシカみたいに中にいっぱい入れれるよ!」みたいなイメージ )
他にも、字幕表示のON・OFF多重字幕多重音声ファイル自体が欠けていても
再生出来るなどの特徴もあり、かなり多機能なコンテナです。
現状一番多機能なコンテナですが、多機能すぎる為に、他のコンテナを使用した場合と比較して、
ファイルサイズが若干大きくなりがちです。( 本当に若干ですが )
最近では「Windows10」で標準対応された事によって、かなり有力なコンテナとなりました。
( 日本では未だにAVIを使用する人が多いですが、海外の人ではMKVを使用してる人が多いようです )"

( 引用ココまで・出典:AviUtlの易しい使い方 )↑

「 Leawo 」って、どんなソフトウェア会社なの?

「 Leawo Software Co.,Ltd. 」は中国のソフトウェア会社であるが
商品の品質自体はシッカリしている。

「 Leawo 」の会社概要は以下の通り。↓

( 以下「 Leawo会社情報 」から引用 )↓

"会社名Leawo Software Co.,Ltd.
運営責任者Steven Zhang
事業所在地5F,Longtangge,YunguInnovationIndustrial Park Phase I, No.1183, Liuxian Avenue, Xilitaoyuan Street, Nanshan District, Shenzhen P.R.China"

( 引用ココまで・出典:Leawo Software Co.,Ltd. )↑

設立は今から10年前の2007年の若い会社だが、
これからの成長が楽しみな会社でもある。^^

コメント

忘年会のDVDを焼いてみた♪

2015年12月18日 23時33分09秒 | DVD作成

 

 

風邪でダウンしつつも、DVD作成を気合で♪

 ここ数日間は風邪を、こじらせた記事と、

私の勤務する運送会社の忘年会DVD作成の記事ばかり

上げていましたが今日は、その集大成の記事に、なります。^^

 

 

 

自作の忘年会DVDが、よ~やく完成♪

 確かにDVD作成の作業中、ところどころでツマヅキは

有ったのですが、以前に比べてPC操作のスキルは上がっているので、

なんとか、今朝までに完成に漕ぎ着けることが出来申した♪

 で、早速今日、参加者の方々に、配布したのだった。

特にDVDメーカーとか言うDVD作成ソフトをインストール

しなくても、普通に焼くことが出来ました。( Windows8.1 )

 

 

 

DVDに直接印刷するDVDレーベル印刷は初めて

 動画編集に使ったソフトはYouTube に上げている時と同じ

COREL( コーレル )のビデオスタジオPRO X6特別優待版。

印刷は、DVDレーベル印刷機能が有るCanonのPIXUS-MG6130。

こちらのプリンター複合機は、ヤフオク!で購入しているが、

このDVDの表面に直接印刷出来る、レーベル印刷機能の為に

購入しているので、今回この役目を十二分に果たしてくれました♪

 

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG7730 BK ブラック
クリエーター情報なし
キヤノン

 

瓦版ブログはamazon.co.jpを 宣伝しリンクする事に依って、
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメント