電友会大阪京阪支部からのお知らせ

電友会大阪京阪支部から会員様に対する、お知らせを記載しています。

詩吟同好会 3月・4月の活動自粛 

2020-03-31 14:36:06 | 詩吟

詩吟同好会 3月・4月の活動自粛

世の中、どうなってしまったのでしょうか・・・・
今までに経験したことのない事態に不安と心配でいっぱいです~
 
支部からの自粛要請に伴い
詩吟同好会活動は3月・4月と活動自粛です。
ご自宅での自習学習で頑張ってください。
 
このコロナウィルスの感染拡大はまだまだ先が見えない
大変な状況<wbr />です。
くれぐれもお身体にお気をつけて、健康管理されて
お元気でお過ごしください。
 
早く終息されることを願っています。
 
コメント

詩吟同好会 2月の活動報告

2020-03-02 15:56:44 | 詩吟

コメント

詩吟同好会 1月の活動報告

2020-02-08 00:37:11 | 詩吟

                 詩吟同好会 令和 2年 1月の活動報告

コメント

詩吟同好会 11月の活動報告

2019-12-14 22:15:30 | 詩吟

詩吟同好会 11月の活動報告

立冬を迎え、日ごとに寒さが身にしみる季節となりました・・・     

詩吟のお稽古の日は清々しく、優しく吟ずる漢詩に心癒されます。

皆様、ぜひ一度お立ち寄りくださいませ。

 

お稽古日           

11月   1日(金)   5名

11月 15日(金) 5名


稽古吟題  [ 三月三日重ねて虎邱に遊ぶ ]

               [ 夕べの星 ]  [峨眉山月の歌 ] [隅田川] 他


[峨眉山月の歌 ] のご案内

         

           秋の峨眉山には片割れ月がかかり、
           月影は平羌の流れに映りこんで流れていく。
           私は夜に清渓を出発して三峡に向かう。
           川下りの間ずっと月を見たいと思っていたのだが、とうとう見えないまま渝州に下ってしまった。

       


 

コメント

詩吟同好会 10月の活動報告

2019-11-02 13:54:55 | 詩吟

 

季吟の似合う,

             いい季節となりました。 

詩吟同好会 10月の活動日            

10月  8日(火)   5名

10月18日(金) 5名

稽古吟題  [ 三月三日重ねて虎邱に遊ぶ ]

               [ 事に感ず ]  [九月十三夜 ]   他

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++-.

 

 

 

コメント

詩吟同好会8月・9月の活動報告

2019-10-06 10:01:40 | 詩吟

詩吟同好会活動報告

8月活動報告

今年は極暑の夏でした!

暑さに負けず先生と5人の仲間で頑張りました。

8月  2日(金)  5名

8月23日(金)    5名

男性は合吟で「9月13夜」・女性は「事に感ず」を練習いたしました。

仲間と共に大きな声で吟じると、安心感からかとても気持ちよく吟じることが出来ました。

 

9月の活動報告

9月は以前の仲間がご都合が良くなり、カンバック入会となりました。

今月からは6名です。仲間が増えて本当によかった!!

これから6名でがんばりま~す!!

9月 6日 (金)  6名

9月20日 (金)  6名

 

 

 

コメント

詩吟同好会

2019-08-16 15:21:03 | 詩吟

 7月の詩吟同好会

 

コメント

詩吟同好会 6月の活動報告

2019-07-06 01:31:22 | 詩吟

詩吟同好会 6月の活動報告

     

     

コメント

詩吟同好会 5月の活動報告

2019-07-05 21:46:30 | 詩吟

 

                                                                           

                                           詩吟同好会 5月の活動報告

                    


                 

 

                                                             

     

 

                                                              

 

                                                                 

 

 

                                              

                        

コメント

詩吟同好会活動報告

2019-05-11 21:37:58 | 詩吟

                                     詩吟同好会・4月の活動報告

             

コメント

詩吟同好会活動報告

2019-04-01 03:54:25 | 詩吟

          詩吟同好会 平成31年 1月 2月 3月 活動報告                                              

                                     

コメント

詩吟クラブ12月の活動報告

2019-01-04 16:14:45 | 詩吟

            詩吟クラブ12月の活動報告

       

     練 習 日  12月11日(火)<忘年会> ・12月21日(金)  

     稽古吟題 「寒梅」・「獨楽吟」・「春日偶成」・「行く我に」・「遥かなる」


 

      「行く我に」のご紹介

    

   行く我にとゞまる汝に秋二つ
   (いくわれにとどまるなれにあきふたつ)

 

    明治28年の句。『寒山落木』巻四に所収。子規が病気療養のため愚陀佛庵(ぐだぶつあん)に滞在したのち、

    東京へ発つときに、漱石から送られた別離の句にこたえて詠んだもの。

    子規と漱石
    1869年(明治22年)、同窓生として漱石に
    多大な文学的・人間的影響を与えることになる
    俳人・正岡子規と初めて出会う。

    漱石は1895年(明治28年)、東京から高等師範学校を辞職し、
    愛媛県尋常中学校(旧制松山中学、現在の松山東高校に赴任する。
    英語教師として旧制松山中学校に赴任していた際は愚陀仏庵を下宿として利用した。
    そこでは、52日間に渡って子規も居候して静養した時期がある。
    この頃、漱石も俳句に精進し、数々の佳作を残している。
    松山で過ごした子規は上京するがその時に漱石にこの句を与えた。
    
    行く我は・・・・・子規自身
    とどまる汝は・・・漱石です。
   
   子規は故郷を離れ、漱石は子規の故郷に留まるが、ともに二人二様のそれぞれ秋を
   過ごすことになるだろうというお互いの身を思う友情の句である。
 
   

 


 


         

コメント

詩吟クラブ11月の活動報告

2019-01-03 23:41:03 | 詩吟

     詩吟クラブ11月の活動報告

     練 習 日  11月2日(金)・11月16日(金)  

     稽古吟題 「寒梅」・「獨楽吟」・「春日偶成」・「行く我に」・「詩仙堂」


     獨楽吟のご紹介

    橘曙覧(たちばなあけみ) 江戸末期の歌人(1812~1868)

    越前国福井の旧家の生まれで、幼いころから詩歌、学問を好んだ。

     獨 樂 吟  橘  曙 覧

     たのしみは草のいほりの筵(むしろ)敷(しき)ひとりこゝろを靜めをるとき

     たのしみはすびつのもとにうち倒れゆすり起(おこ)すも知らで寝し時

     たのしみは珍しき書(ふみ)人にかり始め一ひらひろげたる時

     たのしみは紙をひろげてとる筆の思ひの外に能くかけし時

     たのしみは百日(ももか)ひねれど成らぬ歌のふとおもしろく出(いで)きぬる時

     たのしみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭(かしら)ならべて物をくふ時

     たのしみは物をかゝせて善き價惜(をし)みげもなく人のくれし時

     たのしみは空暖(あたた)かにうち晴(はれ)し春秋の日に出でありく時

     たのしみは朝おきいでゝ昨日まで無(なか)りし花の咲ける見る時

     たのしみは心にうかぶはかなごと思ひつゞけて煙草(たばこ)すふとき

    

獨楽吟」(どくらくぎん)は、全部で52首あります。すべて「たのしみは」で始まり、「とき」(時)で終わる形式をとっており、上記の『日本古典文学大系 93 近世和歌集』の頭注には、「歌人曙覧の心構えと生活の深さを味到できる」とあります。

 

     

      

     

     

 

              

           

     

 

 

  

    

コメント

詩吟クラブ10月の活動報告

2018-11-10 09:27:16 | 詩吟

 

                                            

 

 

 

                                         

コメント

詩吟クラブ 9月の活動報告

2018-09-30 14:06:49 | 詩吟

               詩吟クラブ 9月の活動報告

        9月は詩吟の発表会もあり、力の入った練習となりました。


                              今回、ご紹介した漢詩「酒を勧む」は中国の于武陵の詩です。

           「人生には、辛いことや悲しい別れも多いが、だからこそ今を精一杯

          に楽しもうという気持ちを読んだ漢詩です。

       

      

コメント