京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

岡 八朗(八郎)さん、逝く・・・。

2005-07-26 21:35:41 | ひとりごと
 吉本新喜劇の礎を作り上げた“奥目の八ちゃん”の愛称で親しまれた岡八朗さんが、26日呼吸不全のため亡くなった。 67歳だった。

 大阪で22歳まで過ごした僕にとっては、吉本新喜劇をその当時の生活の中で、これを除いて語れないくらい大切な時間だった。

 ボケとツッコミの文化(少なくても僕にとっては)は、この吉本新喜劇がベースで構築されたといっても過言ではない。 そのくらい生活の中に浸透していた。 

 まだまだ漫才ブームなんてなく、やすきよの時代も到来する以前の、この岡八朗、花紀京、平参平を中心とした新喜劇にはかなり強い影響力があった。

 当時の梅田花月にはよく行った。 なにせ自宅から子供の足でも歩いていける距離にこの花月はあった。 その花月の前の信号で、まだ駆け出しの頃のやすきよやコメディー№1やカウスボタンをよく見たものだ。 紳助やさんまなどはまだまだ下っ端でその存在も薄かった。 やすきよの西川きよしも新喜劇の舞台を踏んでいる。
 まあその舞台はほんとコテコテの上方芸人の溜まり場のような場所で、しかもお決まりでお約束のコケには、わかっていても毎回大爆笑していたもんだ。

 岡八朗は、この新喜劇の黄金時代を築き、「くっさ~」、「どっからでもかかってこんかい」など、ホント多くのギャグを生み出し、客を笑いの渦に誘い込んだ。 舞台の上での花紀京との絡みは、本当に楽しかったし、天然の花紀京の“間”にお笑いのプロである彼がウケていたことも記憶にしっかり残っている。 真面目さから来るおかしさが彼にはあった。

 とにかく私生活では無類の酒好きだったようで、若いころから結核、痛風のほか、胃がんで胃を全摘したそうです。 また芸能生活40周年記念の舞台の前夜に酔って転倒し、脳内出血で緊急入院したこともあるそうです。

 息子さんが30歳の若さで肝硬変のため急死。 それを機に芸名を「八郎」から「八朗」に改名していた。 彼の出世弟子にはオール阪神・巨人がいる。

 このニュースを聞いたとき、子供の頃の大切な想い出が、大きく切り取り去られた寂しさと苦さが去来した。 

 ご冥福をお祈りすると共に、「八ちゃん、おおきに!」と叫びたい!

コメント (26)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« エピソード3展(目黒区美術館) | トップ | 「定年ゴジラ」(重松 清著) »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yurarin)
2005-07-26 23:00:18
トラックバックありがとうございました。



また、立ち寄らせていただきます。



Unknown (悠)
2005-07-26 23:03:39
奥目のはっちゃん、覚えてますよ。花紀きょうさんとともに。それと、おばーさん役で、ひざを叩くギャグが得意だった人とともに。合掌。
Unknown (yurarin)
2005-07-26 23:05:41
トラックバックありがとうございました。



こちらからもTBさせていただきます。



映画100本はすごいですね。

私は頑張っても映画館では20本です。

またお邪魔させていただきます。
Unknown (itushi)
2005-07-26 23:26:46
TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきます。



ご冥福をお祈りいたします。
おはつです~ (cyaz)
2005-07-27 00:10:32
yurarinさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



是非また覗いてみて下さいね^^



おはつです~ (cyaz)
2005-07-27 00:12:22
悠さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



参平さんですね(笑)

あの頃は吉本新喜劇、黄金時代でした^^
どうも~ (cyaz)
2005-07-27 00:13:38
yurarinさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



ふたたびありがとうございます^^

映画中心のブログなので、参考になれば幸いです!

また覗いてみて下さいね^^
おはつです~ (cyaz)
2005-07-27 00:20:54
itushiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



また一つお笑いの火が消えて寂しいですね><
年ばれるケド、 (猫姫)
2005-07-27 00:39:28
奥目の八ちゃん、死んだの、、、

花紀京は天才(肌)で、この人はほんと、

マジメさが滲み出ていましたね。

「酒も女も、芸の肥やし」と言い放つ世代、

あたしもkyoto離れたし、もう長いこと

TVでもお目にかかっていなかったのですが、

病的に痩せてらっしゃいましたね。

本人さんは、食いのない芸人人生だったのでしょうね。

ご冥福をお祈り致します。

合掌
この頃の~ (cyaz)
2005-07-27 00:45:00
猫姫さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



やはりなくてはならない人でした!吉本には。

若い人に道を譲って、自分たちは別の世界へと進んで行かれたのですが、

天国できっと、今度はのんびり笑いをとっていることでしょう^^

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

奥目の八っちゃん ありがとう (ひとりの独り言)
奥目の八っちゃんが亡くなったって・・・ 最後にテレビで見たのは、「さんまのまんま」だったなぁ。弟子のオール阪神・巨人の巨人さんと一緒に出ていた。あれが見納めになってしまったんだね。 随分と痩せていたけど、「くっさ~」のギャグも何度も見せてくれた。 子供の頃
昭和は遠くなりにけり…岡八朗さん死去 (ひなすけの日記)
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 吉本新喜劇の黄金期支える…岡八朗さん死去 昨日の杉浦日向子に引き続き、ショック。 「俺はこう見えてもな、学生時代、ピンポンやっとったんや」 「空手もやっとったんやで! ま、通信教育やけどな」 「すきがあったらかかってこんかい
喜劇の巨星逝く (天河夢想)
奥目の八ちゃんが逝ってしまった。 子供の頃見た吉本新喜劇では岡八郎、花紀京が圧倒的に面白かった。新喜劇ギャグのはしりではあったが、今見直すとギャグだけに頼らず、笑いあり人情ありの芝居自体がしっかりしていた。 ご冥福をお祈りします。 吉本新喜
岡八朗さん死去 (しちみのお部屋(正式版))
今さっきラジオで聞いたのですが岡八朗さんがお亡くなりになられたそうです。 子供の頃吉本新喜劇と言えば花紀京さんかこの人だったなぁ 「くっさー、えげつなー、スキがあったらかかってこんかい!」 とか色々なギャグ本当に大好きでした^^ 奥目でビールの栓を抜くと
「奥目の八っちゃん」…岡八朗さん死去 (Paradise7ブログへようこそ!三面記事をお届けする情報サイトです。)
 コミカルな動きとともに発する「くっさー、えげつなー」「すきがあったらかかってこんかい!」などのギャグと、大阪の下町らしい人情味あふれるキャラクターで、花紀京さん、原哲男さんらと吉本新喜劇の黄金時代を支えた。 退団後、テレビや映画、舞台で活躍したが、アル
岡 八朗さんが、、、 (Picasoのぴー)
「奥目の八っちゃん」こと岡八朗さんがお亡くなりになりました。 享年67歳。まだまだ若いのに、、、  
くっさ~ (はびのすブログ)
吉本新喜劇、中期を引っぱった大看板。岡八郎師匠が亡くなりました。 1989年の危機まで、一線級の活躍を見せてくれました。GAORAで「花月名人劇場」の再放送を見ていました。 「くっさ~」や「えげつな~」。「俺、高校の時、ピンポンやってたんや~」とか、そし
「こうみえても空手4段やぞ!通信教育やけどな。」 (新「とっつあん通信」)
30代の大阪人ならほとんどそうかもしれませんが 土曜日に小学校から帰って 必ず見るテレビといえば 「吉本新喜劇」でした。 いまでもそうとちゃうかな? 私が子供の頃のばりばりの看板役者さんといえば 木村進さん。間寛平さん。室谷信夫さん。船場太郎さん。 原
岡八朗師匠逝去 ([混]ミックスランチ)
土曜の午後、学校から帰って見るテレビと言えば吉本新喜劇 花紀京、原哲男、船場太郎...
吉本新喜劇 岡八朗さん死去 (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
「くっさぁー、えげつなー」「すきがあったら、どこからでもかかってこんかい!」 7月26日、奥目の八っちゃんの愛称で親しまれた元吉本新喜劇座長の岡八朗さんが、肺炎で亡くなられました。享年67歳。 故人を偲んで、少し懐古を。
岡八朗さん死去が67歳 (Jumble Box)
“奥目の八ちゃん”の愛称で親しまれた吉本新喜劇の元座長で俳優、岡八朗(おか・はちろう、本名・市岡輝夫)さんが26日午前5時20分、肺炎による呼吸不全のため兵庫県尼崎市内の病院で死去した。67歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は28日午前11時半、尼崎市東難波町.
岡八朗さんが死去 吉本「奥目の八ちゃん」 (言いたい放題)
岡八朗さんが死去 吉本「奥目の八ちゃん」 (共同通信) - goo ニュース写真㊤:愛娘の市岡裕子さんと岡八朗 ★謹んでお悔やみ申し上げます。昔、よお笑わせてもらいましたなぁ。もう笑わせてもらえまへんなあ~。しゃあけんど、これからギャグで苦しむこともおまへんでぇ。
吉本新喜劇 の元座長 岡八朗さん死去 (まんとの気分転換 ♪ ♪ ♪)
「奥目の八ちゃん」の愛称で親しまれたコメディアン、岡八朗さんが、26日、亡くなったらしい。67歳とのこと。 私の子供の頃の夢は・・・実は、吉本の芸人になることでした。 幼馴染とペア組んで。 私はボケ???突っ込み??? 土曜日、小学校からの帰り道、道草をし
奥目の八ちゃん (むらの樹ダイアリー)
吉本新喜劇の<I>岡八朗</I>(おか・はちろう)さんが亡くなった。 小学生の頃、土曜日は学校が終わると跳んで帰って、13時からの吉本新喜劇をワクワクしながら見てたものだ・・・。 花紀京とのコンビネーションは物凄く笑えました。 独特の風ぼうと <B>「えげつなー」</B><I
【訃報】岡八郎さん死去 (♪ジジの独り言♪)
吉本新喜劇の奥目の八ちゃんこと岡八郎さん(67歳)が亡くなられた。 「えげつなー」「くっさー」「スキがあったらかかってこんかい!」 などのギャグで、人気があったが残念だな。 土曜日僕ら小学校の時、吉本新喜劇を見るために 急いで帰ったものだった。花紀京、原哲雄
岡八朗さん死去 (Daily Shit)
「奥目の八ちゃん」の愛称で親しまれたコメディアンの岡八朗さんが26日、肺炎による呼吸器不全のため、尼崎市内の病院で死去したそうです。 独特の風ぼうと「えげつなー」「くっさー」「スキがあったらかかってこんかい!」などのギャグで、30年以上の間、人気コメディアン
「こう見えても昔、空手やっとってんぞ…ただし通信教育やけどな…」 (ほんま、チャーチャーと・・・)
またまた偉大な芸人がこの世を去りました… 喜劇俳優の岡八朗さん死去 (朝日新聞) - goo ニュース 岡八朗さん死去 67歳 吉本新喜劇 “奥目”爆笑ギャグ (産経新聞) - goo ニュース 岡八朗さんが死去 吉本「奥目の八ちゃん」 (共同通信) - goo ニュース 吉本新喜劇の黄
岡八朗さん (fujico*blog)
「吉本新喜劇の黄金期支える…岡八朗さん死去」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050726-00000406-yom-ent  「奥目の八っちゃん」の愛称で親しまれた元吉本新喜劇座長の岡八朗(おか・はちろう、本名・市岡輝夫=いちおか・てるお)さんが、26日午前5時20分、肺
岡八朗さん死去 67歳 肺炎で (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
[おくやみ] 吉本新喜劇の黄金期支える…岡八朗さん死去 - goo ニュース “奥目の八ちゃん”の愛称で親しまれたコメディアン、岡八朗さん(おか・はちろう、本名・市岡輝夫=いちおか・てるお.さんがなくなった。私生活では酒好きで芸能生活四十周年記念の舞台の前夜に酔って
岡八朗(67)肺炎 de 死去 (▼総長のBLOG powered by 湘南(爆)テニス族)
吉本新喜劇 … 総長のルーツでもある … 奥目の八っちゃん … 合掌 … 「隙があったら、どっからなりとも(クィッと尻振り、つま先たてて)かかってこんか~イ!」 船・場太郎(せん・ばたろう)さんとのカラミが好きでした … ▼Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 訃報゜八朗さ
さよなら、八ちゃん★ (燃えたぎる赤、癒される青。)
ショーーック(泣) 岡八朗さんが死去 吉本「奥目の八ちゃん」
訃報・・・ (玄人(部長)のつぶやき・・・)
岡八朗さん死去 部長は小さい頃から「吉本新喜劇」を見てたんですが 好きだったのは岡八朗さん(当時は岡八郎) 奥目の八ちゃん 「えげつな~」「くっさ~」などのギャグ 新喜劇での花紀京とのコンビも好きでした。 今の新喜劇にはない、存在感のある人でした。 久し振りに
訃報14~古き良き新喜劇、遠ざかる~ (虎哲徒然日記)
喜劇俳優の岡八朗(おか・はちろう、本名市岡輝夫=いちおか・てるお)さんが26日、肺炎による呼吸不全のため兵庫県尼崎市の病院で死去した。67歳だった。  尼崎市出身。映画俳優、花菱アチャコの付き人を経て、59年、吉本新喜劇入り。70、80年代に、関西喜劇
奥目の八ちゃん、逝く (あさってのほうこうBlog)
Excite エキサイト : 社会ニュース 岡八朗さんが死去 吉本「奥目の八ちゃん」  「奥目の八ちゃん」の愛称で親しまれたコメディアンの岡八朗(おか・はちろう、本名市岡輝夫=いちおか・てるお)さんが26日午前5時20分、肺炎による呼吸器不全のため兵庫県尼崎市内
岡八朗さん死去 (黍若日記)
「奥目の八ちゃん」の愛称で親しまれたコメディアンの岡八朗さんが、呼吸器不全のために亡くなった。67歳。吉本新喜劇で座長を務めるなど人気を博していた。
【訃報】奥目の八・岡八朗 逝く(享年67歳)スキがあったらかかってこんかい! (MyPersonalLinks+)
岡八朗さん逝く…もう聞けない数々の名ギャク ◆ 肺炎による呼吸不全で、67歳 ◆ スポニチアネックスOSAKA 芸能 「くっさー」 「えげつなー」 「スキがあったらかかってこんかい!」 「こう見えても学生時代、ピンポンやってたんや」 「こう見えても昔、空手やっ
すきがあったらかかってこんかい!( つд`) by T (Blogで遊ぶBlog)
関西圏ではお馴染みの吉本新喜劇。その看板の1人である岡八朗さんが亡くなりました。
Dance Classics (LOVE fills all (aka ゲーノー日記2【...)
「The Boss」で TB いただいた。 この曲、自分的に再評価、って大ゲサだけど、最近「すごくいいなー」って思うようになった。当時はそんなにいいとは思わなかったんだけどね。FREE SOUL とかの影響かな。 もう1曲、最近自分的に再評価してる曲があって、それは Donna Summ
・・・。。。(〇_〇;)白紙状態・・・ (ps.自己中このうえない日記となっております。 (綴々日記)
タレントの岡八朗(おか・はちろう、 本名・市岡輝夫=いちおか・てるお)さんが、 26日午前5時20分、肺炎のため死去した。 67歳。葬儀は28日午前11時半、 兵庫県尼崎市東難波町5の17の30の ベルコ尼崎駅前ホール。 ついに この日が お別れの時が
岡八郎さんが死去。 (プリンに抹茶と生クリーム)
「奥目の八ちゃん」こと、岡八郎さんが亡くなった。
奥目の八ちゃん逝く <岡八朗さん死去> (すりこ木日記)
何だかんだ言っても、私が子供の頃のスターだった岡八朗さんが逝ってしまった。ご冥福をお祈りします。 {/face_gaan/}{/face_gaan/}{/face_gaan/} 吉本新喜劇で活躍した俳優の岡八郎(おか・はちろう)さんが26日午前5時20分、肺炎による呼吸不全のため兵庫県内の病院
追悼・岡八郎さん (キム・シネマ・クリエイト情報ブログ!)
 吉本新喜劇で一世を風靡した岡八朗さんが亡くなった。ちょうど、その絶頂の活躍期が、私の少年時代で、特に盆と正月は、花紀京さんとの共演になり、家族揃ってナンバ花月に観に行ったことを懐かしく思い出す。  それこそ、その二人の掛けあいの絶妙の面白さに誘われるよう