coya

☆☆☆すっかり猫ブログ☆☆☆

双子さん、いらっしゃい

2007-04-30 14:44:40 | 日記
笑っていいともから電話がありました。


「ええ、突然こんなお電話ビックリされたでしょう?

 実は今、『笑っていいとも』で、毎週1組双子さんを呼んで、

 おもしろシンクロエピソードをお話してもらってるんです。

 で、あなた方が双子だという古い資料をみつけてお電話させていただきました。」


なにやらよくわからないが、どうも、徳光さんの番組の資料からみつけたんだそう。

いくつか、ほかの双子のおもしろエピソードを話してくれました。

うん、双子ってスゴイね。


ある双子の話。

違う教室で授業を受けていて、「絵を描いてください」といわれ、

同じ絵を描いたんだそう。


また別の双子の話。

別々に行動していたのに、同じ日に同じ服を買ったんだそう。


そりゃね、私達にもいろいろありますよ。

でもね、そんな紹介できるほどのおもしろい話なんてないんです。


「そこをなんとか振り絞って思い出してみてください」

と言われました。


ええ、振り絞りましたとも。

私「そうですね…『同じ日に指つめた』とか…」

いいとも「え?指…つめた?!」

私「あ、切ってないですよ、はさんだんです」

いいとも「あぁ…他には?」


ホラね、そんなもんしかないんですよ。

だって、私、能無し芸無しですもん。


いきなり「明日来てくれるかな?」って言われても、

「いいとも!!!」なーんて言えませんよ…

コメント (4)

摩訶不思議

2007-04-30 12:27:09 | 金魚
先日、金魚の卵を捕獲しました。

不思議なことになっています。

確か、金魚の卵を捕獲しました。

写真も載せましたよね?

あの後もごんが5個ほど隔離したので、計10個。


さて、その隔離した金魚鉢なんですが、

今現在、糸ミミズのような生物が10匹ほど泳いでいます…。

金魚の卵は見当たりません…。


なんで~?

コメント (4)

おっちゃんち

2007-04-30 11:09:35 | 日記
coyaのテーブルはおっちゃんに作ってもらいました。

そのおっちゃんちに昨日行ってきました。

おっちゃん作のええ座卓発見。

いつかもらってやろう.....。


おっちゃんは一軒家に住んでましたが、今回、宴会用にマンションを購入。

ウソのようなホントの話。


で、そこで見た物。

うちの両親の結婚式のスナップ写真など。


当時、父:26歳、母:24歳(たぶん)。

笑ってしまうくらい血のつながりを感じました。

父は今の兄とそっくり。

母は私達、3姉妹をうまいことミックスさせたような顔。


一緒に写真に写っていた叔父や叔母もいとことそっくり。

祖母は母とそっくり。


お先真っ暗(笑)


両親の結婚式の写真と一緒に、兄の結婚式や私の成人式の写真もありました。

母の成人式や、いとこの成人式の写真も。

兄が結婚したのは19歳ですから、みんなだいたい同じ歳の写真です。


みんな正装して、ガッチガチの表情。

おもしろいったらこのうえない。


私が赤ん坊だった頃の写真もありました。

双子...。

どっちがどっちかわからん。

家族でもわからんらしい。

まぁ、どの写真も貧相なオべべを着せられてました。



で、思いました。

写真はたくさん撮っておくべきです。


まーじーでっ!

コメント (2)

百か日ですし。

2007-04-29 19:06:22 | 紹介
おばあちゃんが死にました。



おばあちゃんの名前は美津子。

私の母の母です。

弘江・敏江・良男・信男の母です。



名前の通り、キレイなおばあちゃんです。

本人も自分の容姿には自信があるはず。

80歳を超えてからは特に。

「おいくつですか?」と聞かれるのがうれしかったんです。

歳を聞いてビックリ。

実際の年齢より、かなり若くみえましたから。


見た目だけでなく、本当に元気。

おじいちゃんが10年前に他界してからはずっと一人暮らし。

毎日のように出かけてました。



そんなおばあちゃんが病気になりました。

癌です。

2005年のことでした。

おばあちゃんなら乗り越えられる。

そう信じてました。


85歳という高齢にもかかわらず、摘出手術。


期待どおり、乗り越えてくれました。

さすがおばあちゃん。

退院してからは、前までのように歩き回る毎日。


が、ホッとしたのもつかの間。


再発。

癌が転移していました。

それからは痛みと副作用との戦いでした。


おばあちゃんはだんだん痩せていきます。

それでも「リハビリだ」と言って、歩いて遊びにきてくれたりしました。

淡路島旅行にも行きました。

旅行先では夜中までトランプで遊んだりしていたそうです。


今年、2007年1/2、再入院。

私がお見舞いに行ったときには、もう、ひとりで立つことができない状態。

おばあちゃんは誰より元気な人だと思っていた私には、とても信じられないことでした。

がんばり屋のおばあちゃんは、いつものおばあちゃんでいようとしてくれました。


面会時間が終わり、帰ろうと手をふると、バイバイをしているおばあちゃんの手が、

こちらに伸びているような気がしました。

気が付くと、私はおばあちゃんの手を握っていて、

「バイバイ、また来るね」と言いながら、なかなか手を離せませんでした。


まさかこれが私とおばあちゃんの最後の会話になるとは思いませんでした。





1/29(月)昼過ぎ、いとこから連絡がありました。

「おばあちゃんが個室に移動した。よくない。」

という内容。

その日の夕方、お見舞いにいきました。


詳しく話を聞くと、前日の夜、いきなり様態が悪化し、鎮静剤をうってもらい、

それからずっと寝たままだそう。


ときどき、痛むらしく、手を動かしたりするものの、目を開けることもほとんどなく、

一生懸命、息をしていました。


とりあえず、状況を把握し、帰りました。


翌朝、1/30 6:30、母、弘江から電話。

「おばあちゃんの体力が急激におちてる。

 家族に連絡してくださいって。みんなに連絡してくれ。」

バイト中でしたが、親戚みんなに連絡し、急いで病院へ。


病室には昨日と変わらないおばあちゃんと、母と、叔母の敏江。

聞くと、見た目以上に体力はなく、ギリギリな状態なんだそう。

すぐ後にいとことその母。敏江の娘。兄。双子の姉。姉。父。

次々に集まりました。

狭い個室にざっと15人ほど。



その前日、美津子の長男の良男が、もともと悪かった心臓の手術を終えたところ。

おばあちゃんの状態を聞くと、おそらく、飛んでくるだろう。

最悪のことも考えながら、良男に伝えるのは1日遅らせることにしました。

「何かあった場合のすべての責任はわしがとる」と次男、信男。


(なんとか良男が退院するまで…。)


しんどいことはわかっていても、そう願いました。


何回か、つらそうに顔をしかめたりしながらも、がんばって、がんばって、

一生懸命、息をしていました。


翌日、朝一で、良男が退院。

あまりにも早すぎる退院でしたが、事情を話し、説得したんでしょう。


4兄弟と、その奥さんが交代でおばあちゃんに付き添いました。

孫たちも病院にいました。


21:30頃、私含め、数人は家に帰りました。


そのすぐ後。


だんだん呼吸が弱くなり、子供たちと孫の8人に見守られながら、

2007年1月31日22:00、おばあちゃんは息をひきとりました。


最期に、そっと目を開け、両目から涙を流したそうです。


「ありがとう」


声にはなりませんでしたが、みんなには、そう聞こえました。

コメント (1)

ラビリンス

2007-04-29 10:09:23 | 日記
創庫生活館にて発見。

ほほぅ.....

これは.....

ルフィー

ナミ

サンジサンジ

ウソップウソップウソップ



.....なるほど。




前の持ち主、ゾロとチョッパーが好きやねんな...?

で!

さらに!!

ウソップが好きじゃないと...


か!

もしくは!!

実はもっと前からこの商品、創庫にあって、最初は全部揃ってたんだけれども、

ゾロとチョッパーを愛してる人がゾロとチョッパーだけを買っていったのか...?


どっちだ....?

どっちなんだ....???



てゆーかー

別にどーでもいーしぃー

コメント (5)

春は出会いと別れの季節です

2007-04-28 11:09:34 | 紹介
あんなに遠慮がちに開いてた葉っぱも、
みるみる立派になり、
つぼみまでつけちゃった春。

一人の少年が、結婚することになりました。


彼との出会いは高校2年春。

ちょうど9年前になるんでしょうか。

当時の彼は、ひとつの場所にとどまることを知らない放浪者でした。


授業中でも、隙を見つけてはウロウロしてましたし、

休み時間もひとりでどこかに消えてましたし、

長期の休みになると旅行にいってましたし、

大学に入ってからは、度々日本からも出ていました。


そんな彼が、ついに居場所をみつけたようです。


心から祝福します。

結婚おめでとうございます。


コメント (4)

えっ?!ほんまにその服で行くの?!ってよく言われるんです…

2007-04-27 19:06:17 | 日記
私は私服がダサイらしい。


うん、ま、そうかもね。

たまに焦るときあるもんね。

かわいい服着た子を見たときとか。

自分の服見てビックリするもん。


こないだ友達と3人でごはんを食べに行ったときのこと。

A君・Bさん・私としましょう。


A君→白い上着とジーパン。

   吉田栄作くらい爽やかでしたよ。

Bさん→上は華奢な感じのを重ねて着て、ジャケット羽織ってた。

    おしゃれさん。イマドキぃ~って雰囲気。

私→ドラえもんTシャツに緑のジャージ。

  動きやすさでは天下一品。


思春期はがんばってましたよ。

いっぱい服持ってたし、ファッション誌買ってたし。

服大好きでしたから。


今?

今は着やすさ第一。


こないだインド料理食べに行くときも困りました。

「着替えに家帰るわ」

って言ったものの、衣裳部屋には服がない。

ジャージ、ジャージ、Tシャツ…。

なんでこんなんしかないねん…。

結局いつものTシャツ。

帰った意味ないわ。


早く真夏がくればいいのに。

そしたらジーパンTシャツでええやん。


Tシャツだぁいすき。

猫のプリントのTシャツ(姉にもらった。猫好き姉妹やからね)

↑よく着てる。

豚のプリントのTシャツ(首の後ろんとこにマジックで『$』って落書きアリ)

↑ほーんとよく着てる。

ドラえもんTシャツ(何枚あるんやろ。いろんな色持ってる)

↑コレ王道。


でもさ、例えばよ?

私がgreenやNヵさんやマコの服を一式借りるとするじゃない?

笑っちゃうと思うの。

似合わないと思うの。

やっぱり小汚い服がイチバンしっくりくるんじゃないかと思うの。

この顔でこの体型っちゅうんはこういう服しか着られへんってこと!


で、今日、双子のアイツがcoyaに着たんやけどさ、

同じ顔して、同じ体型して、同じDNAで、

かわいい服着てやんの。


わぁ…


コメント (5)

そこの猫!!!!!!

2007-04-27 10:12:02 | 日記

       邪魔や
コメント (3)

ナマステ

2007-04-26 11:20:42 | 日記
namaste。

インド料理を食べました。


マリンピア神戸にある『ゲイロード』

メニューも、1人用や2人用のセットがありますし、

単品料理や各カレーにも説明書きがあるので注文しやすいお店でした。


インド料理といえば。

イエス!カレーです。

5種類のカレーをいただきました。

では、おいしかった順に↓


チキンカレー

エビカレー

マトンカレー

野菜カレー

ナスカレー


タンドリーチキンもいただきました。

うまい。

辛うまい。


が、タンドリーチキン、つまようじで食べなあかんの。

ワタシ、日本人デスカラ箸ガイイ。


インドの食器はみんなあぁなのか、底が丸い。

つまようじでつっつく→皿がグラ~ングラン

つまようじでつっつく→皿がグル~ングルン


greenはこう言ってました、

「つっつくとき、皿に手ぇ添え」

ほほぅ、かしこいやないか。


つまようじでつっつく→皿がグラ~ングラン.....


イエス!忘れてました。

見かねたgreenがずっと手を添えてくれてました。

dhanyawad(ダンヤワド)green。


コメント (6)

いつの間に?!

2007-04-25 14:41:47 | 栽培


わーっ
 わーっ
  わーっ

つぼみ

コメント (2)