coya

☆☆☆すっかり猫ブログ☆☆☆

2007年 下半期

2007-12-28 19:18:39 | 挨拶
7月

Viera購入。


姉②はこう言いました。


「うちは人が集まる家やろ?ゲーム買ったるから。

 みんなでゲームできるくらい大きいテレビを買わなあかん」


「テレビ、予約したから。50型Viera」


そんな調子でとんとんとんとVieraがうちにやってきました。

でっかーい。

置き場所には悩みませんでした。

なにしろ、1ヶ所しか置ける空間ありませんから。


女優さんは意外と肌ブツブツなんやなぁって知りました。

広末涼子のキレイさにも気付きました。


長方形のリビング。

その部屋の端っこからも洋画の字幕を読むことができます。


自分でチャンネルを変えなくても見たい番組を見ることができます。

テレビガイドを買わなくても番組表を見ることができます。

ニュースや天気予報もいつでもチェックできます。


最新家電の機能は無限大です。





8月

陶芸教室新アトリエ完成。


私はこの陶芸教室の先生が好きです。

どんな状況でも、とにかくひたすら前を向いて歩く先生。


物件探しから、設計、内装工事と、先生を中心にアトリエ造りは進みました。

先生はいつも笑顔。

感情も豊か。


手作りのアトリエは先生らしいアトリエになりました。


アトリエ完成パーティーの最後に、

「みなさんのおかげでこんなにステキでオシャレなアトリエが完成しました」

「涙が出そうなくらいうれしいです」と。


『0』から造りあげる大変さと、喜びを教えてもらいました。






11月

マコの結婚。


小学生からずーっと近くにいたマコの結婚は、それはそれは嬉しいことでした。

どう言葉にしたらいいのかわからないような気持ちまで打ち明けあってきた仲。

ほんとに細かい細かい付き合いをしてきました。


簡単に幸せになれたわけではないことも知っています。

だからこそ、マコから結婚の知らせを聞いたときはつい涙が出てしまい、

それからは、『マコ結婚かぁ』って思うたびにニヤける毎日でした。


石橋を叩きまくって歩くマコ。


順調にみえた結婚の裏に、マコのがんばりがありました。

家が決まったり、家具を買ったり、指輪を見に行ったり、食器を選んだり…

嬉しそうに報告するマコの顔はいつ思い出してもとても心があったまります。


おめでとう。

末永くお幸せに。







ニャーとの別れ。


ニャーは我が家に一番たくさん笑いを提供してくれた家族。

最初は私の唯一の妹だったのに、いつのまにやら姉になり、仙猫になり…


後輩ミーが家族に加わってからというもの、ニャーはえらく凶暴な猫になりました。

ミーは何をしても怒らないのに、ニャーは目が合えば噛みつく。


ニャーが階段の途中で寝ていたら、起こさないように通らないといけない。

起きた瞬間噛みつく。


一緒に布団で寝ているとき、ニャーも私と同じように、顔だけ出して寝ました。

私の腕枕で。

私が寝返りをうったらニャーは噛みつく。

その布団にミーが入ってきたら唸り続けるニャー。

ニャーが眠ってしまうまでひたすら唸り続ける。


網戸に爪を引っ掛けてしまったニャーを助けようとして近づくと噛みつく。

座布団に爪を引っ掛けてしまったニャーを助けようとして近づくと噛みつく。

服に爪を引っ掛けてしまったニャーを助けようとして近づくと噛みつく。

じゅうたんに爪を引っ掛けてしまったニャーを助けようとして近づくと噛みつく。


ミーが車にひかれて部屋に閉じこもっているとき、

ニャーはずっとミーのそばにいました。


ニャーは優しい猫です。






Wii


真ちゃんに誕生日プレゼントとして、もらいました。

かなり高価なものだってことは知ってます。

ありがとうございます。


6月から11月まで、マブダチ練習や、飲み会、誕生日会など、

たくさんイベントがあって、いっつも友達と過ごしてました。


ビアガーデンはない。

マブダチは完成した。


集まるきっかけがない…。


そんなとき、現れたのがWiiです。

Wiiがうちにきてからは、

「Wiiしよう」「うぃ~」とすぐ集まれるようになりました。


50型Vieraもこのときばかりは力を発揮。

4分割されても大きな画面。


最新ゲーム。

新感覚。


小さい頃、うちにはゲームなんてなかったし…

垂水っ子はゲームがうますぎて、対戦なんてでけへんわ…


そんな言い訳はいりません。

みんな初心者です。


楽しくて楽しくて。

年中Wiiパーティーしましょう。





12月

クリスマス会。


大成功といっていいんではないでしょうか。

今回は企画した側もおもいっきり楽しめました。

参加してくれた方も楽しもうと来てくださいました。


その結果、みんないい笑顔。

私、みんなの笑顔、大好きです。


このクリスマス会のスタッフを紹介します。

オーシャンズ11で例えましょう。

リーダー:オーシャン→西ゴン

右腕:ラスティ→真ちゃん

どスリ:ライナス→私

爆破の達人:バシャー→ケンタロウ

元カジノオーナー:ルーベン→丹ちゃん

車名人:ヴァージルとターク→のりことトモ

ディーラー:フランク→一人木林

詐欺師:ソール→ばかいぬ

配線のプロ:ヴィングストン→green

アクロバットの達人:イエン→Nヵさん

オーシャンの嫁:テス→キャシー


↑ぜんぜんうまない。


お客さんの笑顔が大きな支えになりました。

ありがとうございました。


今年の締めくくりは盛大なパーティー。



そんな2007年。

よく笑った1年でした。


来年もみなさんにとっていい年でありますように。

よいお年を。

コメント (3)

2007年 上半期

2007-12-28 19:18:18 | 挨拶
あぁ…ついにオダジョー結婚かぁ。

まぁね、香椎ちゃん、かわいいしね。

しっかりしてそうやしね。

いいんじゃない?

2ショットもキレイやったわよ。

ジョーさん、ずっとファンでした。

結婚されても、キラキラし続けてください。

あぁ…オダギリジョー…



さて、今年ももう終わりです。

いろんなことがありました。

今年の出来事はランキングにするのが難しいので、

順番に書いていこうと思います。




1月

おばあちゃんとの別れ。


おばあちゃんちに行くことはあっても、

おばあちゃんがうちに来ることはあまりありませんでした。

なので、おばあちゃんがフラっと遊びにきたときはうれしくて、

「おばあちゃん、今日うち泊まっていきー」とだだをこねたことがある。

「なぁ泊まっていきーよー」何度も言ううちに、私は眠くなり、寝てました。

翌朝、台所におばあちゃん。

「わー!おばあちゃんほんまに泊まってくれたんやー!」

と無邪気に喜ぶ私。

「じゃ、あーんち遊びに行ってくるわ!」

と友達に家に遊びにいく私。

おばあちゃん、泊まってくれたのに。


そんな思い出があります。


おばあちゃんは死にました。

悲しいことではありません。

本当に、いい最期でした。




3月

運転免許取得。


今までで一番いい買い物は?

と、聞かれると、迷わず「原付」と答える私。

それくらい原付っ子な私がついに車の免許をとりました。


桜咲く3月。

無事合格。


なにもかも不器用な人間なので、

正直、こんなにすんなりとれると思ってませんでした。


自動車学校はただただ楽しかったです。

授業もどの先生が当たるのか、毎回ゲーム感覚でした。

学科でも、自分の無知さをおもいしらされ…。


運転はかなりへたくそでしたし、たくさん先生に迷惑をかけました。

自分が車を動かしている。

ただそれだけで興奮する私。


A´の運転免許。


一生大事にします。





5月

母60歳


60歳の誕生日会の写真を友達に見せて自慢する母。

母にとってもいい思い出になったみたいで、大満足です。

おばあちゃんの一件で、親戚が集まることが多く、

その度、うちの親戚は仲がいいなぁと思っていました。

この日はひさしぶりにみんなで心から笑うことができたことが嬉しかったです。


先日、母に「今年の漢字はなに?」と聞くと、

「やっぱり『嬉』かな」と答えました。

「今年のランキング上位3位は?」と聞くと、

「1位『おばあちゃん』2位『還暦』3位『ニャー』」と。


みんなで祝えてよかったなぁと思いました。





海遊館。

この日はその後の私たちに大きな影響を与えました。

花見だ、ボーリング大会だ、誕生日会だ、なんだかんだ集まりを開く集団。


真ちゃん・西ごん・キャシー・Nヵさん・green・マコ・

ケンタロウ・丹ちゃん・daiさん・一人木林・私。

そして、ばかいぬ・SaDaちゃん・n→のみなさん。


社会人になっても職場以外の人とこんなに仲良くなれるなんて思ってませんでした。

共通点のない大人の集まりはとても楽しいものです。

2007年を語るには不可欠な仲間になりました。


これからもよろしくお願いします。




6月

マブダチ始動。


まずはじめに、スタジオとして教室を貸してくれた音楽教室のみなさん、

本当にありがとうございました。


マコの結婚を祝う企画。


この4ヶ月半、どんだけ笑ったか…。

正直、初めて氣志團の踊りをみたとき、

「あ、こら踊られへんわ」

って思いました。


いつもの私なら諦めて違う贈り物を考えたと思います。

でも、今回ばかりはがんばろうと火がつきました。


練習あるのみです。


Nヵさんや、真ちゃんを知ってる方なら、さぞ驚かれたことでしょう。

そうなんです、この2人も完璧に踊りきりました。


パッケージの借り刷りができた。だ、

とりあえず、DVDに映像をいれた。だ、

メッセージカードの写真はこんな感じ。だ、

ちょっと前へ進めば仕事後集まったりしてました。


私がマコと知り合う前のマコの友達にも協力してもらいました。

急な呼び出しにもイヤな顔ひとつせず、飛んできてくれて。

ひーたん、どうもありがとう。

ひーたんの参加はマコもすっごいビックリしていて、大成功でした。


忘れてはいけません。

黒子:のりこ。

あなたはいい働きをしてくれました。

ありがとう。


みんなで力を合わせてひとつの物を作る。

ほんとうにすばらしい贈り物になりました。 






コメント

心配してください

2007-12-28 10:43:37 | 日記
えぇ…ここのところの私の不調にお気づきでしょうか?

どうやら体が気持ちについてこれず、『参った』サインを出している様子。


もともと片頭痛に悩まされていたんですが、

最近はそれがかなり頻繁に襲ってくるようになってきており、

その度、起き上がれないほどの痛みと吐気を感じている次第でございます。


で、昨日、病院に行ってきました。

診察結果は、ゴチになります風に言うと、

『過労・ストレスからくる胃腸炎、片頭痛を添えて』

ということだそうです。


不調が頻繁すぎて、自分が心配になってきました。

こんなに楽しい毎日を失うのが怖くて怖くて。

体が壊れてしまう前に休養することにします。


ということで、正月休みが早まりました。

明日12/29(土)から1/4(金)まで、1週間、休ませていただきます。




それはそうと、昨日病院でオーナーと遭遇。

こんなところで会いたくないわぁ。


オーナーは仁王立ちで新聞を読んでおられる。

私はイスに座ってぐったりしている。


ナースが私を呼ぶ。

聞きなれた名前にオーナーは気付かない。

ホッとする私。


診察・点滴が終わり会計に行くと、会計係りが名前を呼んでいる。

オーナーの名前。

まだおったんかい。


オーナーが去ったのを見計らって会計に行く。

オーナーが帰ってきた。

「あの…駐車券…」

私は伏せる。

オーナーは気付かない。

私はホッとする。


あー、ヒヤヒヤした。

コメント (4)

タントカスタム

2007-12-25 11:27:57 | 日記
前髪、伸ばしだして3ヶ月。

けっこう伸びたし、そろそろセンター分けにしてみようかしらん♪


オゥ…

こうゆう髪型をなんてゆうんやろ…


かぐや姫?

モモ太郎?

新撰組?


変な前髪ー。


おっかしいなぁ。

長澤まさみになるはずやったのに。


『お兄ちゃん みたいな人、いたらね』

こんな妹、かわいいやろうなぁ…


あぁ、CMの話ね。

コメント (1)

のぶお

2007-12-24 12:15:56 | 昔話
1999年。

王子・のぶお・私の3人で遊ぶことがよくあった。

この3人の共通点は「ナルシスト」


王子は身長175cm、痩せ型で目は小さく、鼻だけやたらデカく、

中性的な雰囲気の、超が何個もつくミーハー男。


のぶおは高校入学時、ジャニーズの少年たちのようにキレイだったが、

年々顔がくどくなり、滑らかなしぐさのみ、過去の輝きを残す男。


私はといえば、知っての通り、自称モテ子。


なので、この3人で歩いていると妙に周りの人の目を気にしていた。

見られてもいないのに、「見られている」と思い込み、キレイに振舞ったりした。


中でものぶおと言うこの男。

ギザキモス。


少年グループとすれ違ったときのこと。

少年グループは私たち3人をジロジロと見ていた。

そして、すれ違い様にこう言った。


「オトコ・オンナ・オカマ」


ロン毛ののぶおは『オカマ』と言われていた。

イケてるサラサラヘアー。まるでキムタクだ!

と思い込んでいたのぶおがあまりに滑稽だった。


人一倍大きな顔を持つのぶおは、写真を撮るときの角度がいつも一緒。

どの写真も同じ角度・同じ顔。

どの写真も、人一倍大きな顔だった。


そんなのぶおのエピソード。


ある日、のぶおのジャージがなくなった。

私たちはのぶおがイジメられているんじゃないかと心配した。

が、のぶおは無邪気に言い放った。

「たぶん、僕のファンの子が盗ったんだと思うんだ」


んなわけあるかい!


でも、のぶおはいうれしそうにしているので、ほっておくことにした。

それからはネタのように「ジャージ返してもらった?」と聞いたりしたが、

その度のぶおは「ううん、ファンの子が大事に持ってる」と言っていた。


卒業式の前の大掃除の日。

私ちは見てはいけない物を見てしまった。

のぶおの手にジャージ。

それもホコリまみれの。


「ロッカーの裏に落ちてたんだ…」


コメント (4)

痒い

2007-12-23 13:18:21 | 日記
かいい。

かいかい。

ホクロがかいい。


小さい頃から私の背中に居座っているホクロ。

小さい頃から大きなホクロ。


かいわ。


これはヤバイんでねぇ?

病気なんじゃねぇ?


かきすぎてポロッと取れへんかな?

いやいや、あかん、血ぃダラダラなる。


かゆい。

コメント (1)

クリスマス

2007-12-23 13:07:39 | 日記
メイショウサムソンと言いたい。

捨てがたい一輪の華、ウォッカ。

でも、それではおもしろくない。

ダイワメジャーに期待しよう。

ポップロックもはずせない。

フサイチがいたらまちがいなくフサイチにした。

どうやら欠場らしい。

走れ!荒らせ!来い!

⑥-④


私が予想した馬を買ってくれる人がいる。

当たったら焼肉につれていってくれるらしい。

うしゃしゃしゃしゃ。




さてさて、イブイブ。

明日はイブ。

あさってはクリスマス。


スーパーマルアイに骨付き鶏肉がたくさん並んでたよ。

手足がついたままの鶏肉も。

ゾーっとしたわ。


みんな鶏肉焼くんやろうなぁ。

ケーキなんか用意しちゃうんやろうなぁ。

食事前にクラッカー鳴らしたりするんかなぁ。

シャンパンポーン!


クリスマスかぁ、クリスマスなぁ

12/16にクリスマス会してもーたから、

そんときにクリスマスは終わった気でおったわ。

まだやったんやな。


よーし。

もっかい浮かれよう!

コメント

強く儚いもの

2007-12-21 17:43:38 | 昔話
高校を卒業してからずっと同じ美容院に行っていた。

注文はいつも『お任せ』。


最初に私の担当になった人は、かなりキバツな髪色にしてくれた。

金髪のショートボブ。

当時ホームセンターで働いていたので、上から怒られる。

金髪は一瞬にして終わった。


3回目、そのスタイリストさんは、違う店舗に移動になっていた。


2人目のスタイリストさん。

この人はお姉さんにしてくれた。

栗色のユルフワパーマ。


自分のお店を持ちたいと、またいなくなった。


3人目のスタイリストさん。

めっちゃ男前。

緊張してしゃべれなくなった。

男前は私の頭をグリグリにした。

私1人、「パフィーみたい♪」と喜んでいた。



が。



今年9月。

私は浮気をした。

ほんの軽い気持ちだった。

ちょっとしたきっかけで、違う美容院に行ったのだ。


初めてショートカットにした。


ショートカットはかなり好評。

これからもその美容院に行くことになるだろう。


そう思った。


ある日、私はバイト先の会社のパーティーに参加。

すると思いがけない人に遭遇した。


1人目の金髪さんだ。

「ひさしぶり!まだ美容院あそこ行ってんの?」

すごく複雑な気持ちになった。

どう言えばいいんだろう。

「あの…行ってたんやけど…
ちょっと理由あって…
…こないだは違うとこで切ってもらったんやけど…
でも…たぶん…次はまた前の店に行く…
…と…思う…」


逃げるようにその場を離れた。

いや、逃げた。


それから数ヶ月後。

私は名前も知らない、ある女性と仲良くなった。

女性とお話をしているとき、写真を見せてもらうことがあった。


その写真の1枚目に見たことのある顔…。


3人目のスタイリスト、男前だ…。

びっくりしてスタイリストさんの名前を言ってしまった。


女性はこう言った。

「なんで私の名前を知ってるの?」


この女性の名前と、男前の名前が同じ?


「うちの息子を知ってるの?」

息子?

息子かぁ。

この人、あの男前のオカンかぁ。


諸事情を説明し、世間は狭いねと話はまとまった。


と同時に、浮気は終わり。

次行く美容院は決まった。

私は、男前のところに戻る。


だけど、飛魚のアーチをくぐって

宝島についたころ

何も失わずに

同じでいられると思う?

人は強いものよ、そして儚いもの。


次の水曜髪切りにいってきまーす。

コメント (1)

温泉

2007-12-20 14:25:28 | 昔話
道後温泉にいってきました!

愛媛県松山市にある道後温泉は、

約3000年の歴史を持つと言われる日本最古の温泉。


温泉にゆったりつかって、リフレッシュ。

癒されるねぇ。


今日は湯布院にでも行こうかしら♪


って気分。

行ってないわよ、道後。

行かないわよ、湯布院。


旅の宿ってゆう入浴剤買ったもんで。


昨日の入浴剤は伊川谷のポカポカランドの一番奥のお風呂の香りがした。

ほら、露天風呂のさらに奥の暗い部屋の風呂。

やたらぬるい湯のさ。


温泉はスキやけど、友達と温泉に行くのはイヤなんよね。

ね。

だって。

ねぇ。

一緒に風呂、入らなあかんやん?


恥ずかしいわぁ…


「誰もあんたの裸なんか見ぃひんわ」

って言うけどさぁ、恥ずかしいもんは恥ずかしい。

のぼせる前から顔真っ赤になるわ。


10年ほど前。

友達の『あー』と温泉に行った。


道路から丸見えの温泉…あったなぁ…。

「見えても知らん人ばっかりやし」

「せっかく来たし」

ってゆうて、入ったなぁ…。

湯、熱かったなぁ…。

景色…最高やったなぁ…。


よう入ったわ。

いい思い出や。


コメント (3)

2007-12-19 15:13:14 | 日記
沖縄で出た『神の手』

これを幸せになってほしい人7人に送ると願いが叶うらしい。


この写真を友達からもらったとき、

「ウホー」と変な声を出してしまったわ。


すごいもんね。

『神』って言われてもピンとこんけど、

こんなんすごいもんね。

で、それを送ってもらえたこともうれしいしね。


ほいでニタニタしとったらよ、こないだ、また別の人からも送られてきた。

その内容は、『7人に送ったら幸せになるらしい』

あれ?ちょっと変わった。


ほんでさ、そのメール、本文はそんだけ。

でタイトルが『神の手雲』。

添付ファイルなし。


ないんかーい!


このメール差出人、オニィ。

どんくさいわぁ…。

文章変えたんもオニィなんやろうなぁ…。

血のつながり感じるわぁ…。

コメント