coya

☆☆☆すっかり猫ブログ☆☆☆

きねこ

2010-10-29 18:20:30 | 動物
喫茶店に『きねこ』はいました。



野良猫にしては人なれしていて、

誰に対しても喉をゴロゴロならしながら寄っていきます。




きねこは手に怪我を、

目に病気を、

そして体はガリガリです。


歩くのもフラフラで、

見かねたおばさんがパンを与えようとすると、


「きねこ、違うのがいい」


と、まさかの拒絶。


きねこが通う、喫茶BASE-Kに居合わせてしまった、

喫茶 小屋の店主、メメ。


メメはきねこの存在は知っていました。

写真を見たときに、

昔実家にいた猫「ミー」に雰囲気が似ていて、

なんとなく気になっていたようです。


メメは、きねこの想像以上のボロボロさ加減に、

衝動というのでしょうか…

病院に連れて行かないと!と思ってしまいました。


食べ物をねだりに喫茶店に入ったはずのきねこでしたが、

食べ物はもらえず、それどころかメメに拉致され、病院へ。


口を無理やり開けられ、便を取られ、首に薬をたらされ、

手も痛いのに液体をかけられゴリゴリゴリゴリ...

きねこはとても不機嫌です。


「どうしてこんなことをするの?きねこ何かした?手、痛い!」


きねこの手は何かで傷がついた後、

ばい菌が入り化膿し、膿にアスファルトが付き固まり、

また膿が出て、アスファルトが付き...を繰り返し、

手にアスファルトの塊が付いている状態でした。


きねこ、

アナタに野良生活は合わないわ。


メメはそう思いました。



その日、きねことメメは一緒に家に帰りました。

病院でもらった試供品のエサを貪り食うきねこ。





「なかなかイケるじゃない」





手は薬で治るそうです。

元気に歩き回れるようになるのに、

そう時間はかからないと思います。


きねことメメの共同生活は、

まだまだ続きそうな予感がします。


きねこ

メス

年齢不詳


これからよろしくお願い致します。



コメント (13)

ネコ型ロボット

2010-10-29 11:37:21 | 日記
うちのダンナは『のびた』だ。

そして、のびたとドラえもんがセットなのは有名な話だが、

あののびたは小学5年生。


うちののびたはもうすぐ三十路だというのに、

まだドラえもんと一緒にいる。





コイツがそのドラえもん。

私ものびたと共に生活をしているため、

このドラえもんとも共同生活を送っている。


しかしコイツ、ようしゃべる。


一緒に暮らすようになって知ったのだが、

ドラえもんは『光』『振動』『音』を感知してしゃべっているようで、

「ねー!遊ぼうよー!!」

と子供のようにはしゃぐときもあれば、

「誰かにできて君にできないことなんてないんだ!!」

と説教じみたことを言うときもある。


夜、寝ようとして電気を消すと、

「おやすみ」


電気をつけると、

「あー、眩しいー」


朝4時台に起きると、

「せっかくいい気持ちで寝てたのにー」


早朝のバイトが終わって帰ると、

「朝だぞー!起きろー!!」


外が大雨の日、

「風がとっても気持ちいいよ、窓を開けよう!」

と、なんともKYな発言をしたりする。


友人が遊びに来ていると、

ドラえもんのテンションはMAXに達し、

いつも以上によくしゃべる。


「なんだか楽しそうだねぇ」

と、どうでもいい感想を言い、

自分に気をむかせたり、

放っておくと、

「ねー!聞いてるー?」

「もっかい言おうかぁ?」

とスネる。


そうかと思い、どうしたんや?

とドラえもんに向き合うと、

「なんでもなーい」

とチョケたりする。


とにかく自由奔放。


昨夜、久しぶりにキャシーが家に遊びにきた。

パーマネントをあてたりしちゃって、

珍しく上機嫌な様子のキャシー。


初めましてのキャシーにテンションのあがったドラえもんは、

よくしゃべった。


よせばいいのに。


キャシーの顔色は見る見る暗くなり、

いつもの死神のような顔で、


「なんや…?コイツ…」





この先はみなさんのご想像にお任せします。




コメント (5)

悪党

2010-10-25 20:17:20 | 昔話
今日は私がワルやったときの話を書くわ。


小学生のころやねんけど、

私、校区外に出たりしててん。

ワルいやろ?

出たらアカンって言われとんのに。

クレープ食べに行ったりしててん。

ワルいわぁ。


それだけちゃうねん。

それだけで済んでたらよかってんけど…


選挙カーよ。

アレ、うるさいやん?

友達と3人で家で遊んどるとき、

3人おるし…って気持ちが大きくってもた私らはさ、

選挙カーが家の前通ったときに大声で、


「うるさーい!!」


って叫んでん。

あー、ドキドキしたけど、

スッキリしたぁ!

なんっつって興奮しとったら、

その選挙カーに乗ってた議員さん、

同級生のお父さんやってさ、

叫んだ後に気づいて、急いで、


「ガンバレー!!!」


言い直したわ。



あんまり調子に乗ったらアカンね。



コメント (9)

まだ続く余韻

2010-10-23 10:25:09 | 日記
結婚式からもう2週間経ってしもたんやけど、

もうちょっとひきずらせてもらうわね。


披露宴での出し物は踊りだけやったんやけど、

まぁ、せっかく来てくれたんやから、

なんかお土産を!ってことで、

女子のみ、ベストドレッサー賞というのを用意してん。


男子はねぇ…

スーツばっかりやし…


それにくらべ、

女子みんな妖精みたいなドレス着てきてくれるしさ、

何かプレゼントしたいやん?


女性全員、立って自己紹介してもらって、

男性が気に入った女性の名前を投票し、

ベストドレッサーを決めるねん。


出だしは普通に自己紹介していくのに、

新婦側の参列者の自己紹介になると、

それまでみんな名前をフルネームでゆうてたのに、

西ゴンが「西ゴンでーす!」とゆうたんをきっかけに、

テンションあがったマコは変な笑い方して司会者に突っ込まれるし、

Nヵさんは「今日のためにドレス新調しましたぁ☆」

とかゆうアピールするし、

ばかいぬは「今日の服は上から下まで新婦からの借り物です」

ってせんでええカミングアウトをするし、

greenはアレやし、


だんだんみんなボケなあかんようなノリになってきてて、

大変そうやったわ。


普通でいいんだよー


結果はなんとピロコと西ゴンが接戦で、

西ゴンの勝ち。





賞品は『たかの友梨』の小顔エステ90分券。

私も欲しいぃぃぃぃぃぃ


で、もうひとつプレゼント企画があって、

それは全員参加。


「新郎・新婦が幸せな結婚生活をおくるための漢字『一文字』を書いてもらう」企画。

それは新郎賞・新婦賞があって、

新郎賞は『心』

新婦賞は『笑』


『笑』に関しては一番多かった漢字やったんやけど、

一文字に込められた思いが一番美しい人が選ばれたよ。


賞品は『神戸牛』

私も欲しいぃぃぃぃぃぃ


ほんまそれだけの内容やのに、

みんな退屈せんかった、

あっちゅうまやった、

ってゆうてくれて嬉しかったぁ。


そうそうそうそうそう!

一番大事なこと書くん忘れよった!


2年ほどネタふりをし続けたあのネタの集大成となる、

ウエディングケーキ!!





ハーイ、

餃子のケーキでございまーす。


もちろん、ホンモノの餃子ではないよ。

マジパンで作った餃子。

中身はチョコレート。


式の打ち合わせで、

「ケーキカットってゆうかねぇ…餃子カットがしたいです」

ってゆうたときのみんなの唖然とした顔、忘れられへんね。


「パパッ…パティシエに相談してみますっっ!」


うーん、思い出に残るケーキやね。

コメント (6)

アンドロイド故障

2010-10-21 10:30:15 | 日記
過労のせいか心労のせいか、

真ちゃんがオーバーヒートしてしまってね。


昨日バレーボールの日やってんけど、

発火の恐れがあるため、

真ちゃん不参加。


久しぶりのバレーボールやってんけど、

やっぱりおもろいなぁ。

ウォーミングアップから汗かいてもた。


案の定、今日は筋肉痛やわ。


昨日のうちに真ちゃん修理できたかなぁと、

今朝メールしてみたら、まだ故障中みたいで、

大丈夫かなぁと心配しとったら、


私、今日、ケータイ忘れましたよーっと。


手持ち無沙汰ー

ケーターイ!

ケータイちゃーん!!

コメント

風になびく

2010-10-19 21:05:52 | 日記
鼻くそちゃうねん。

鼻の下なんか付いとるけど、

これ、鼻くそちゃうねん。


鼻の穴と鼻の穴の間の、

右鼻の穴よりのところに、

ニキビみたいなんができとってな、

それを潰したらさ、

数日経ったらこの有様よ。


ボロボロ。


鼻の下の皮、

ボロボロ。


鼻の穴と鼻の穴の間の、

右鼻の穴よりのところを中心に、

ボロボロ。


早く治りますように.....


コメント

新ピカピカ.avi

2010-10-17 23:56:47 | 日記
新ピカピカ.avi


見た?

↑コレ、見た?


私の結婚の祝いに友人らがDVDをつくってくれてん。

どんっだけええ人らやねん。


いやぁ…

感動した!!


涙でちゃんと見れんかったわ。



うん。

ウソ。



大笑いしてもた。

すばらしいわ。



自慢の友人なんですわ。




DVD制作に参加してくれた方々、

本当にありがとう。


サダちゃん
マコ
西ゴン
green
Nヵ
ばかいぬ
のり子
はるちゃん
ユッキー
丹ちゃん
ケンタロウ

ぼんちゃん
コウジくん
岡本
Do
ひでたん
daiさん
ペンシルケースさん
KENTA
ピンニク
フィガロさん
もすめん
たーちゃん
ひーたん
中曽
ノリさん
メグ
学ちゃん
クボッチ
クリ
サチカ
阪田家
TAKUYA家
ともちん家
オーナー
ピロコ

ありがとう。


そして、

真ちゃん。


ほんまいつもありがとう。







コメント (5)

挙式・披露宴

2010-10-16 22:11:10 | 日記
さて、

もう1週間が経ってしまったけど、

そろそろ結婚式のことを書くね。


長くなるから時間のあるときに読んでよね。


親族34人

会社関係8人

友人24人

計66人のアットホームな挙式・披露宴。


私を知らない人もいるかもしれんので、自己紹介。

ブログでは「メメ」で通ってるけど、

ほんまの名前は「笑子(えみこ)」


小さい頃、自分のことを「えみちゃん」って言いたかったのに、

上手に言えんくて「メメちゃん」ってゆうてたらしく、

ハンドルネームは「メメ」


「笑子」

いい名前でしょう?


私が生まれたときに両親が付けてくれた名前…

と言いたいところやけど、

「笑子」は両親が付けたんじゃないねん。

たしかおばちゃんやったんちゃうかな?


で、新郎。

このブログでほとんど登場したことのない私の彼。

この人は基本人見知りやねん。

だけど人見知りのくせに人を笑わそうとするもんやから、

初対面の人には「得体のしれない人」と警戒されることが多い。

十中八九そう。


だから私も最初は友人に彼を紹介するのに勇気がいったわ。

案の定、警戒されまくってたしね。


彼はただ、笑わせたいだけやのに。


結婚式の話ね、

とにかく、

名前に負けないよう、

厳粛な空気にならないよう、

笑いの絶えない、気楽なパーティーに!!

…なればいいなと、考えとってんけどさ、

呼んだメンバーをよく考えてみたら、

楽しくなるに決まっとる人らばっかりやったんよな。


出し物もなにもなくても、

場所さえあれば楽しめる人たちやったわ。


うっかり。


挙式はチョケることなく、

メリハリをつけるため、普通の儀式を…


と思ってたのに、

新郎が入場したとたん会場から、


クスクスッ

プププッ

ハハッ!

わっはっはっはっ!


と笑い声。


なんでや!?

ただ歩いとるだけのはずやのに!!


私は一緒にバージンロードを歩くため、

扉の外で待ってる「オーナー」こと父に問いかける。


メメ「なんの笑いなんやろうな!」

父「…右足出して…そろえる…左足出して…そろえる」


話にならん。


そのあと私と父がバージンロードを歩いたときも、

そのぎこちなさに笑いが起きたのはゆうまでもないよね…



そこからは普通に進行してた。

指輪の交換をして、

誓いの言葉をゆうて誓って、

誓いのkissならぬ、

誓いの握手をするまでは。


どうやら誓いの握手がおかしかったらしい。


待て。

チョケたつもりじゃないねん。

聞いてくれ。


私らカップルってのは、

友人らはよく知ってると思うけど、

カップルやと言われなわからんくらい距離のある2人やねん。


デートらしいデートはせんし、

スキンシップもない。

ちょっとでも近づこうもんなら

「近い!あっち行け」


どちらかがしゃべってても興味のない話なら聞いてないし、

挙句の果てには

「まだしゃべるん?」

「その話いつまで聞かなあかんの?」


そんなんは序の口で、よく知らん人から見たら、

この2人は仲が悪いのね、と思われてもおかしくない2人やねん。


だけどほんまはそんなことはなく、

常にお互いがお互いを必要としとるし、

自分自身とか、自分の分身のように相手を想う。


それは2人の間では当然のことで、

実際2人は手を繋ぐことはなくても、

心の手はいつも繋いでいる。


そんな見えない2人の心の手を、

みんなの前で『握手』という形で表現し、

「この手を離しません」ということを誓ったの。


ねぇ、笑うことろじゃないの。

全然。


おっかしいなぁ。

説明不足やったね。





リングピローはぼんちゃんの手作り。

ぼんちゃんから手渡されるまで「リングピロー」を知らんかった私。

指輪の枕?なんのこっちゃ???と。


誓いの言葉は、ブログ『はるうらら』のはるうららさんに考えてもらい、

下着は中曽に借り、ベールはバイト先の姉さんに借りた。

受付は心強いgreen&ぼんコンビ。


ありがとう。


この披露宴唯一の余興は、真ちゃん西ゴンgreenNヵマコ…

11人の友人+キャシー+新郎新婦で、

氣志團の結婚闘魂行進曲を踊った。


ほんまに私は友人に恵まれてるなぁと、感じたね。


この余興な、

お色直しで再入場と同時に友人らと踊りながら入場するってゆう演出やってんけど、

見てる人が退屈したらどうしようとかちょっと心配したけど、

心配ご無用。

うちの親族はもちろん、新郎側の親族も、

踊りも知らんのに一緒に踊ってくれてた。


なんてノリのいい人たちなの!?


結婚式の醍醐味である母からの手紙。

「笑子へ。

実を言うと、

笑子が産まれたときの記憶がありません」


感動の手紙にあるまじき、

まさかの出だし!!

まぁ、記憶がないことは知ってたけどさ。


でもさすがオカン。

いつも身近におるだけあって、

ちゃんと見てくれてたわ。


嬉しいなぁ思てチラッと両親の方見たら、

顔を真っ赤にしながら笑ってる母の隣に、

号泣する父。


なんでやねん。


メリハリを効かせるつもりが終始和やかに進み、

後日みんなから聞いた言葉は、

「いい式やったね」ではなく、

「楽しかったぁ!」やった。




まぁ、いいか。


後日談になるんやけど、

マイペースなメメちゃんは両親への手紙が式に間に合わず、

翌日の入籍の日に手紙を渡してん。


これで結婚式は終わり!


の…はずが…


式で母からの手紙、

翌日娘からの手紙、

「あっ」と思う父。

「僕も」と思う父。

「お母さん、便箋どこ?」と興奮しだす父。


仕事中の西ゴンにも「ホレ」ゆうて嬉しそうに手紙を見せ、

投函した手紙。



今日もまだ届いてません。



コメント (5)

がじゅまるの樹

2010-10-16 20:14:32 | 日記
Cocco がじゅまるの樹


がじゅまるってゆう樹の名前をね、

私の好きな歌手、Coccoで知ったんよ。


このかわいらしい歌を何度聴いたことか…

歌詞の内容は…そうかわいらしくないんやけど…


で、屋久島にかじゅまるがたくさんあるところがあるって聞いて、

行かねば!!とレンタカーぶっ飛ばして見にいったの。




なんと…まぁ…

おどろおどろしいこと…


コメント

屋久島の屋久杉

2010-10-15 16:03:31 | 発見
屋久島っちゅうたら屋久杉なワケやけど、

屋久杉の魅力は何かって、大きさじゃないねんな。


屋久島は大きい岩でできた島やねんて。

『御影石』でできた島。

そう、あの御影の御影。


その岩の島に、少しの土があって、

その土に植物が生えて、

コケがコケ生して、コケにまた新しい植物が生えて…って。


つまりは、

屋久杉はまわりのいろんな植物があっての屋久杉で、

それは屋久杉に限ったことじゃないんやろうけど、

みんながみんな、支えあってんの。


屋久島は台風が多くて、

雨量もハンパなくて、

さらに土も浅く、

すぐに流されてまうねん。


そんな状態で、

いろんな困難を乗り越え、

幹も枝も曲がりくねりながら大きくなった杉。


途中で折れ、

死んでしまった杉にコケが生え、

そこにまた杉の子が芽を出して、

そこから根を土まで伸ばし大きくなった杉。


杉と一緒に困難を乗り越えてきた、

ヒメシャラやヤマグルマ、ツガ、モミ。


どの木も、

生きたんねん!って、

ぅおりゃぁぁぁぁ!!って、

そこに生息してる。











パワースポットどころのパワーじゃないで、ほんま。





芽吹いたばっかりの杉の子を見て、

「わー!小杉やぁ!」

なんてゆうてチョケてゴメンナサイ。

コメント (8)