サンホセ日本人学校

日々の活動の様子です。

学校のホームページもご覧ください。
http://sjo-escuelaj.com/

インターナショナルデー開催!

2017年10月31日 | 日記

皆様、お元気でお過ごしのことと思います。

さて、10/27(金)に、本校での一大イベントである「インターナショナルデー」が催されました。

毎年、この時期に、地元の学校や近隣の方々等をお招きして、日本文化に親しんでいただくものです。

今年は、毎回の交流校であるSA(サン・アンソニー)校の10名、さらには、ICS校(インターナショナルスクール)の9名、KAMUK校の

5名に方々が参加してくださいました。

また、大使館からも、伊藤大使ご夫妻にお越しいただき、近隣の方、保護者の皆さまを含めると、総勢42名(本校児童生徒は除く)と

いうたいへんにぎやかな会になりました。

そんな中、 本校の児童生徒は、半年あまりかけて学んで、準備してきたことを存分に発表することができました。

具体的には、今回のテーマは「知って教えて 笑い合おう。 探って発見 2つの文化。」で、前半は開会式、各クラスの学習発表を行

い、メリエンダ(軽食をとる時間)をはさんで、後半に、日本文化展示鑑賞・体験を行うというものです。

前半の発表会は、最初は小学2・3年生「日本のおばけ」、次に小学5・6年生「日本へ旅しに行こう」、次に小学4年生「ぼくたち 

わたしたちの米作り体験」、最後に中学部(1年生から3年生)「地球は語る」で、それぞれにユニークな内容で、たいへんよかった

と思います。後半の日本文化体験は、「こま・竹とんぼ」「けん玉」「メンコ・折り紙」「お手玉」「しゅりけん的当て」「福笑い」「竹馬」の

7ブースで行われ、こちらも観客の方々にもたいへん喜んでいただけました。

そして、閉会式後の「よさこい鳴子踊り」は、新しく取り入れた途中のアクロバットもバッチリ決まり、見ごたえのあるものでした。

そして、他校の児童生徒も入って撮った記念写真…とても思い出深いものになりました。

こうして、大成功のうちにこのイベントを終了できましたのも、皆様のご協力のおかげだと思っております。今後も、サンホセ日本人

学校、そして日本文化のすばらしさを知っていただけるよう尽力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

皆様、本当にありがとうございました。

以下、一部写真を掲載いたします。

 

 

 


伝統芸能【二皷一】ワークショップ

2017年10月23日 | 日記

20日(金)は伝統芸能【二皷一】様がサンホセ日本人学校へ来てくださいました。

 

【二皷一】とは和太鼓、三味線、篠笛等による日本の伝統音楽と

日本で独特の進化を遂げた獅子舞とのコンビネーションによる華麗・優雅、かつ、大迫力のライブパフォーマンスが魅力のグループです。

コスタリカ国立劇場120周年の記念事業の一環でコスタリカに来られたようです。

日本人学校へも来て下さいました。ありがとうございました。

 

パフォーマンスだけでなく、楽器の説明や獅子舞のお話し、そして楽器も触らせていただきました。

 

 

恒例のリンダコスタリカでお出迎え。

獅子舞のパフォーマンス

初めて獅子舞を見た子どもたちも多かったようです。

琉球獅子。獅子舞に噛んでもらうと1年病気が無いということで、みんな噛んでもらいました。

 

 

宮太鼓に桶太鼓でのパフォーマンス。

タンバリンでのユニークなパフォーマンス。

 

三線の説明もしてくださいました。

 

篠笛の怪しい雰囲気に子どもたちは真剣な顔に。

桶太鼓を演奏しながら踊って大迫力でした。

子どもたちも叩かせてもらいました。

素敵な演奏ありがとうございました。

 


児童生徒総会

2017年10月16日 | 日記

13日に後期児童生徒総会が行われました。

新執行部役員,委員会メンバーになっての最初の大仕事です。

基本的には児童生徒が中心になって全てを運営します。

サンホセ日本人学校が少しでも良い学校になることを目指して,真剣に意見を出し合います。

今回のように一歩引いて子ども達の様子を見ると,普段気付かなかった子ども達の成長を感じます。

10月から後期が始まっていますが,サンホセ日本人学校は後期も世界一の日本人学校を目指して突き進みます。


第43回開校記念講演

2017年10月03日 | 日記

 10月1日(日)に第43回開校記念日をむかえました。翌日の2日(月)には、木原武義様にご来校いただき、記念講演をしていただきました。子どもたちは夢をかなえる素晴らしいお話をお聞きして、また、お人柄に触れて、ひと回りもふた回りも人間的に成長することができました。特に、「親の言うことを聞きましょう。褒めてくれることも小言も、親の言うことは全て愛情表現です。」の話が印象的でした。お忙しい中ご来校いただき本当にありがとうございました。


9月29日(金)後期児童生徒会選挙・委員会発足

2017年10月01日 | 日記

9月29日(金)。

午前中までの中学部定期テストが終わり、午後は後期の児童生徒会執行部の選挙と後期第1回目の委員会活動がありました。

5時間。4名の立候補者が自分のあつい思いや考えを演説。聞く側も真剣に聞き入っていました。

新しく選出された新執行部のあいさつの後、前期執行部の退任のあいさつがありました。

その後、後期委員会メンバーが決まり、いよいよスタート。

全校帰りの会では早速各委員会から新たな提案がありました。後期も盛り上がりを見せそうです。みんな、学校のために頑張っていきましょう!!