サンホセ日本人学校

日々の活動の様子です。

学校のホームページもご覧ください。
http://sjo-escuelaj.com/

2月27日 有言実行

2014年02月27日 | 日記
今日のアニモタイムは、アニモワールドカップ!!
執行部企画で、みんなでPK対決をしようというものです。

このアニモW杯は、後期の執行部役員の1人の公約になっていたものです。
“アニモW杯を復活させます!”
彼は選挙の際にこう断言しました。

どんなこともそうですが、口に出して言うだけなら簡単なんです。誰にでもできます。
がしかし、それを実行するということが本当はとても大変だということを、彼は身をもって感じ、そして実行したんだと思います。
本当に、大変立派なことだと思います。

アニモW杯でのみんなの盛り上がりが、公約達成のご褒美になったことでしょう。

    

先生たちも本気です!!
  


全校帰りの会で成績発表&表彰。
    

優勝チームだけでなく、準優勝チームにも賞状を用意してくれているあたりが、にくいですねぇ~!
  






放課後、机上にそっとのせられていた高学年児童2人からの愛♪

疲れた体にジワ~ッとしみました。
美味しく頂きました。ありがとう!!

2月26日 厳粛に・・・

2014年02月26日 | 日記
今日から卒業式練習が始まりました。
人数は少なくても、式の中でやることは同じです。

「主役は卒業生、彼らに感謝を伝えるのはこれが最後の場。その気持ちをしっかり態度で示しましょう。」

練習前にそう話があると、ピーンと緊張感が張り詰めました。

卒業生の動き、在校生の動き、礼や拍手の仕方に至るまで、一つ一つ確認しながら進んでいきます。

練習できるのはあと2回だけ。
厳粛な雰囲気の中にも、温かさのある本校らしい卒業式となるように、みんなの心を合わせましょう。

2月25日 あと8日

2014年02月25日 | 日記
来週末で修了式を迎える本校は、残す登校日数があと8日。

全校音楽、全校図工と、最後の日に向けた取り組みが毎日続いています。

みんなで歌うのもこれが最後。練習する声にも熱が入ります。
  

お別れすることは分かっていながらも、イマイチどういう事かつかめない2年生。
お別れが近いことを分かってか、テンションの上がる4年生。
卒業後のみんなを心配する中学生。


最後のその日を迎えるまでの一人一人の思いは違いますが、みんな寂しさをこらえてるのは確かなようです。


あと8日。
自分にできることを全力でやっていこう!!

2月24日 気になる・・・

2014年02月24日 | 日記
♪この実何の実、気になる、気になる実~♪

2学期中頃からでしょうか、中学部教室から見えるこの景色に異変?!を感じたのは。
気になって仕方ないこの実。
3学期になった今も、たわわに実をつけています。


「あの実って何の実?」
と、中学生に尋ねると、
「知らなぁ~い。あ、でも食べたことあるよ!」
「え?!どんな味??」
「う~んとねぇ・・・。酸っぱくて苦い。」
「は?」
「酸っぱいなぁって思ったらすぐ苦い!美味しくは・・・ない。」
「じゃあ、グレープフルーツみたいな感じ?」
「???グレープフルーツって何?」
「へ?知らないの?」
「食べたことない!」

そっちの方がよっぽど気になる会話でした(笑)

2月21日 最後まで

2014年02月23日 | 日記
金曜日は、今年度最後の委員会活動でした。


健康栽培員会では、2学期に収穫したコーヒー豆を、収穫祭に向けて炒っていました。
香ばしい香りが校舎中に漂います。
  
収穫祭ではどんなものに変身するんでしょうね。


図書委員会は、日本へ帰国する保護者の方から寄付していただいた本や、コンクールの副賞でもらった本など、新しい本の整理、宣伝の準備、そして、何か記念になる物をみんなのために作りたい!と、黙々と作業を進めます。
  
どんなプレゼントかは、完成してからのお楽しみ♪


執行部では、最後の最後までイベントを控えているので、計画・準備に余念がありません。

会長が日本でがんばっているため、不在。
残る2人で何とかいいものにしていこうと奮闘中!がんばれ!!


全員が自分の仕事を責任もって果たしています。
この人数ですから、1人当たりの仕事は多いかもしれません。
でも、仕事をやり遂げた後の達成感も大きいはず。

残り2週間。
最後までみんなでやり切ろうね!

2月20日 うれしかったぁ!

2014年02月20日 | 日記
昨日の全校帰りの会で、3日続けて休んでいる2年生の女の子のために、全員が黒板にメッセージを書きにきてくれました。


久しぶりの学校、緊張してるんじゃないか。
1人で入る教室が一段と心細いんじゃないか。

そんな不安を取り除こうという優しさが伝わります。



先週の木曜日以来、1週間ぶりに登校してきた2年生に話を聞くと、
「みんなが心配してくれて、私のことを待っててくれて、すごく嬉しかった!」

そう言って、書いてくれたみんなに『ありがとう』を言ってまわっていました。



みんな一緒。
いっつも一緒。

2月19日 素敵な笑顔

2014年02月19日 | 日記
過去、本校で勤務されていた教職員の皆さん、日本へ帰国しがんばっているかつての児童生徒たち、保護者の皆さん、遠く日本でサンホセ日本人学校を見守り、応援し続けてくださっている皆さん・・・

多くの方々からものすごい反響の声があがっています。
ありがとうございます。

これだけたくさんの人が見る番組に、ほんの数秒でも映るって、やっぱりすごいことです!!


本校は、こんな素敵な、屈託のない、キラキラした笑顔を見せる子どもたちが自慢です。


どうぞこの素敵な笑顔から、本校の素晴らしさを、コスタリカの素晴らしさを感じ取ってください。

先週のことではありますが・・・

2014年02月18日 | 日記
 先週のことではありますが、消防署見学についてご報告します。

 見学したのはティバスにある消防署。
 コスタリカに4箇所ある大きな消防署のうちの一つだそうです。

 見学させていただいて驚いたのは多くの点において日本と似ているということ。
 食文化は異なるのに、消防署は酷似しています。
 当たり前と言えば当たり前なのでしょうが・・・。


 子どもたちは防火服を着てとても満足そうでした。



 救助犬もいました。かなり優秀だそうです。

2月17日 全国放送

2014年02月17日 | 日記
日本時間2月18日(火)
NHKの朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』に、本校中学部の生徒が映りました!

どういうことかと言いますと・・・
中学部の生徒が取り組んでいる“お弁当の日”
週1回のこの日は自分でお弁当を作って持ってきます。
その時撮った写真を、担任がNHKに送り、今回放送されることになったというわけです。

番組の最後に流れたようですが、ほんの数秒。
でも、バッチリ素敵な笑顔で写っていました。

日本から、その様子を写真に収めたと送られてきたのですが、番組側に確認してからアップします。


その写真を見た中学部生徒の反応は・・・(笑)
なかなか微妙でした。

興奮して「お~!」っと声を上げてるのは大人だけで・・・。

すごいことなんだよ!!!

2月13日 静かだねぇ

2014年02月13日 | 日記
2時間目が終わると、2年生の女の子が
「先生~、今日は静かだね~。」と。

そのはずです。
1時間目終了後から、いつも元気いっぱいのムードメーカー4年生の5人が、社会科見学で消防署に出かけていきました。(詳細についてはまた後日)
おまけに、小学部のリーダーである6年生の男の子も欠席・・・。
さすがに小学部棟は静まり返っていました。

アニモタイムになると、2年生が「放送当番の○○君がいないから、代わりにやってくる!」
なんて気が利く~!
2年生で既にこんなことに気付けるなんて、素晴らしい!!

さて、アニモタイムはというと・・・。
小学部2人だけで、誰が何を言うでもなく校庭へ出て、サッカーボールを持ち出し、2人で遊んでいるではありませんか!!
遊んでいるというよりは、5年生が2年生に教えてあげている、といった感じでとても微笑ましい。

    

5年生の彼は、穏やかに優しく「こうだよ。こうするといいよ。」と、実践しながら教え、それを忠実にやってみようとする2年生。

見ていてとても温かい気持ちになりました。


人数の少ない学校だからこそ、こうやって自然と縦のつながりができるんですよね。
上の学年は下の学年にどうやって接すればいいか、学校生活の中で自然と学び、行動できるようになるんです。
あ~、ステキ!!



そんな二人をよそに中学部男子3人は・・・。
1週間後に迫った学年末テストの勉強・・・?!でしょうね、きっと。



2月12日 委員会を自主的に

2014年02月12日 | 日記
委員会活動とは、児童・生徒が学校生活で自ら責任をもって参加・活動するために設けられているもので、日本の学校では主に高学年を中心に組織されています。
本校では、小2から中3までの全員が所属し、学校生活をより楽しくしようと活動しています。


後期の図書委員会のメンバーが抱えている大きな課題。
それは、
『みんなにもっと図書室を使ってほしい。本を読んでほしい。』
ということです。

どうしたらもっと本と読んでくれるだろう?限られた休み時間、どうしたら図書室に来てくれるだろう?
いろいろアイデアを出し合い考えます。

まずは環境だ!と図書室を親しみやすい場所にすることから始めました。
出来たのがコレ!
明るく入りやすい工夫がされたウエルカムメッセージです。
うん、素晴らしい!!


こうやって、自分たちでみんなのためにと考え、形にしていくことはとても大事なことです。
より工夫された自主的活動、とても立派です。






乾季に入り気持ちよく晴れた毎日が続いています。
今日は比較的風も弱く、太陽も顔を出してくれていたので、2年生は青空ランチをしていました。

とても気持ちよく、いつもより美味しく感じたランチタイムでした。

2月11日 ~絆~

2014年02月11日 | 日記
遠く日本から、温かいメッセージが届きました。

2学期の全校道徳で『絆』について考える授業がありました。
本校の職員が、東日本大震災後のボランティアで経験したことをもとに、『絆』とは何かを全員で考える授業です。

授業後に、子どもたちなりに考えた『絆』について、あるご家庭へメッセージを書き、日本へ届けてもらいました。

無事に手元に届いたこと、そして子どもたちからのメッセージが励みになっているということを伝えるために、写真とともにお返事をくださいました。
  


遠く離れた日本とコスタリカですが、こうやって心と心がつながり、支え合っているんですね。
これがまさに『絆』ではないでしょうか。




もう一つは、日本の小学校からです。
校長先生が昨年度までいらした学校の児童からの学校紹介、そしてサンホセ日本人学校のことを知りたい、という内容のお手紙です。


こういったちょっとしたきっかけで、お互いを知ることができ、つながりが広がっていきます。

さて、みんなには何ができるかな?どんなことを伝えようか?


出来ることから少しずつ、交流を深められたらいいと思います。

2月10日 あと何回・・・

2014年02月10日 | 日記
月曜日のアニモタイムは“お楽しみ”。
健康栽培委員会の担当児童が、何して遊ぶかを決めます。

気持ちよく晴れ渡っている今日の遊びは、外でキックベースボール。


「走れ~!」「回れ回れ~!!」「こっちパァ~ス!」「ストップ~~~!」と、元気な声が響きます。
    


おや?今日は中学生の姿が見えません。
来週に控えた学年末テストに向けて、勉強中かな・・・?


3学期の残り日数も少なくなり、こうやってみんなで一緒に遊べるのも、あと何回でしょうか。


少しの寂しさを感じながら、今日もいつもの笑顔に癒されます。

2月9日 授業参観・PTA総会

2014年02月09日 | 日記
今日は日曜日。
今年度最後の授業参観です。

今回の授業参観は、中学生によるサイエンスショーと親子スポーツ。

まずは、サイエンスショー。


中学生3名が1年間学習してきたことを生かし、様々な実験を行いました。
顕微鏡の画像、電気の実験、雲を作ったり、静電気を発生させたり。
    
  
どの実験も、見ている小学生や保護者の皆さんから「おぉ~!」の声が続出!
理科って面白い!自然って不思議!
そんなことを再確認した1時間でした。


サイエンスショーで大興奮した後は、親子で体を動かそう!ということで、親子スポーツが行われました。
まずは挨拶から。
コスタリカ的挨拶、アメリカ的挨拶、イタリア的挨拶、そして日本的挨拶と、世界各国の特徴的な挨拶の仕方でみんなと仲良くなりましょう。
  

仲良くなった後は、日頃の感謝をこめて?マッサージ。全身をほぐしながらスキンシップをします。
大きくなるにつれて少なくなってくるスキンシップ。でも、これってとても大切なコミュニケーションです。
    
  
ね?自然と笑顔がこぼれます。


全身を使って、みんなで協力して体を動かすのはやっぱり気持ち良い!楽しい!!


たくさんの笑顔が見られた温かい1時間でした。





3学期の登校日も残すところ、あと19日。
最後の日まで、みんなで楽しく温かく過ごしていきましょう。





休日にも関わらず、御来校くださった保護者の皆様、誠にありがとうございました。
また、学級懇談会、PTA総会と長時間にわたりご参加いただきありがとうございます。
頂いたお言葉、貴重なご意見をもとに、来年度も素晴らしい学校づくりに努めていきたいと思います。

2月7日 授業参観の準備

2014年02月07日 | 日記
9日(日)は本校の授業参観日です。
当日の1時間目は中学生によるサイエンスショーです。

そのため、今日の6時間目に中学生が準備をしていました。
数枚写真を撮ったのですが、パソコンの調子が悪いのかアップできません。
すごく頑張っているのでたくさんの人に見てもらいたいです。

写真はまたアップします。