サンホセ日本人学校

日々の活動の様子です。

学校のホームページもご覧ください。
http://sjo-escuelaj.com/

12月14日 終業式・クリスマス会

2012年12月15日 | 日記
今日は2学期の終業式でした。

スーパーな日本人学校になろうと話した
中学1年生の児童生徒会長。

今学期の思い出や自分の頑張りを振り返った
小学部5年生の男の子。

2人の話からも、
今学期も、めいっぱい頑張って楽しんだ姿が
想像できました。



お昼を挟んで
午後はクリスマス会。



児童生徒会の子どもたち主催のレクや
音楽発表会で
今までで一番の発表をした子どもたちは
大満足で帰って行きました。

次に会うのは2013年。

「良いお年を。」

とみんなで挨拶をして、
サンホセ日本人学校の2012年が終わりました。







12月13日 お福分け

2012年12月14日 | 日記
今日は小学部3・4年生が
社会科見学にパン工場へ出かけました。



5人の児童が出かけ
1~4時間目は、学校がなんだか変な感じ。

いつもは、空き時間に遊んでもらっている1年生も
今日は何をしようかなと考えて、
いろんな教室をのぞきながら校内を歩いていました。


4時間目の途中に帰って来た3・4年生。
1年生の姿を見て、

「お土産だよ。」

と、ふくらんだビニール袋を渡します。

「これは何?」

と聞いた1年生に

「パンの焼けるいいにおいだよ。」

と笑顔で答えていました。
パン工場で、3年生の女の子先生から
ビニール袋をもらい、
この良い香りを1年生のお土産にしたいと
袋いっぱいに詰め込んで来てくれたのです。


自分もいい気持ちになったから
友達にもお福分け。

見学に行き、そのような考えをもてることに
その子の良さを再認識させられました。












12月12日 おめでとう

2012年12月13日 | 日記
今日は中学部の女の子の誕生日。

教室や廊下では、
なんだかコソコソと
小学部の子たちが話してます。

「今日、○○ちゃんの誕生日なんだって。」
「そうだよ、おめでとうって言った?」
「言ったよ。言った?」
「うん、言った。」


その話を聞いて、まだ言ってないと思った子は
何となくその子の教室の近くに行ったり
その子の近くに行ったりして
おめでとうを言うタイミングをはかっています。


いつも、みんなのことを考えて
行動してくれたり、手伝ってくれる子だから
みんな、その子のことが大好き。

でも、中学部で、ちょっと自分よりお姉さんに感じるから
ちょっと照れくさいようです。


全校帰りの会でのお祝いも
いつもと少し違う感じ。
みんな、その子と握手して
おめでとうの気持ちを伝えていました。








12月11日 読み聞かせの日

2012年12月12日 | 日記
毎月、最終火曜日は読み聞かせの日です。

今日は 音楽室 と あいうえお教室 で行いました。

  

知っている話でも、先生が話してくれると嬉しいし
初めて聞く話を、いつもと違う雰囲気で聞くのも楽しい。

子どもたちは、そう思いながら
今日のお話を聞きました。

ちょっと怖い話が始まりそうなとき
弟に
「今からでも間に合うから、ちがう部屋に行きなよ。」
と言うお姉ちゃん。
「大丈夫だよ。」
とは言ったはものの
ちょっと怖くて、隣の子に
ぴったり寄り添いながら話を聞く弟。

そんな風景もいいなと感じました。












12月10日 飾り付け

2012年12月10日 | 日記
今日は全校帰りの会で
クリスマスツリーの飾り付けを行ないました。

毎年のことですが
ツリーが出ると一気に学期末が近づいた感じがします。

1年生の男の子は
初めての経験で、

クリスマス会はいつ?
いつから冬休み?
終業式ってなに?


とクリスマスと2学期の終業式が
同じ日だとはまだまだ分からずにいますが

他の子たちにとっては
クリスマス会は2学期の終わりの日

と楽しみにしているようです。










12月 7日 金曜日。

2012年12月08日 | 日記
あっという間に1週間が終わり、
今学期もあと1週間となりました。

今日も、気がつけば6時間目
児童生徒も

「今、何時間目?」
「もう、6時間目か~。」

と1日の短さを感じています。

明日は、学校では
餅つき大会が行われます。

全校帰りの会では子どもたちが、
「明日は餅つきだ、イエーイ!!」
と両手を突きあげ
跳びはねて喜んでいました。


きっと、明日も楽しい時間を
子どもたちは過ごすのだと思います。



画像は、クリスマス会の
練習風景です。









12月 6日 役割

2012年12月07日 | 日記
自分に役割が増えると
大変だなって思いながらも
何となく嬉しそうな様子も見られる子たちが
この学校にはたくさんいます。

これをやってくれる人?

という質問に
迷いながらも「はい」と手を挙げ
毎日こつこつ。

出来上がって、みんなに見せたい気持ちが
そのコツコツに表れます。

苦手なんだよなと言いながらも
一生懸命考えたり
友達と相談したり。

だから、心も元気に
育っていくのだろうなと思います。









12月 5日 もっともっと

2012年12月06日 | 日記
今日は全校音楽の日。
クリスマス会に向けての練習が
講堂で行われました。


もっと、もっとよくしたい
そのためには・・・・・

全校児童生徒・教職員
みんなが考えます。

うまくいったり
うまくいかなかったり

こうしようと思って、練習したり
練習をついつい忘れてしまったり。


いろいろあるけど
今日も、昨日とは違う良さが
また増えました。

あと、7日で2学期が終わります。
楽しかったね。
良かったね。で2学期が終われるように
最後の一頑張りです。


画像は昨日の誕生日昼食会に
全校児童生徒で撮影したものです。










12月 4日 お誕生日昼食会

2012年12月05日 | 日記
今日は12月に誕生日を迎える
児童生徒・教職員の
お誕生日昼食会でした。


うれしいけど
ちょっと恥ずかしそうな中学2年生と先生。
ただただ うれしい小学1年生。



誕生日カードを
みんなが居なくなってから
こっそり見て、
中学生の女の子はニコッとっ微笑んでいました。

小学1年生の男の子は、アイスに夢中。
「カードは後で見る。」
と言っていていました。

年齢や経験の違いなのかなと、
中学生の成長を感じました。



そしてまた、今日は、
小学部1年の女の子が、
日本へ行くためにお休みする
今年最後の登校日。



同級生の男の子が
カードに

「○○ちゃんが居なくなると、さみしくなるよ。」

と書くと、女の子とはそのカードを見て

「文字が間違えているから、ちゃんと書いて。」

と、直してとカードを男の子に戻します。

「ごめん」

と、言って書きなおす男の子。
そのカードをもらって女の子は、
すごく嬉しそうに顔を男の子に近づけて

「これ、日本に持って行くね。」

と、伝えていました。
やり取りの、なんとも言えない雰囲気に
なんか、いいなと感じました。









12月 3日 コーヒー豆の収穫

2012年12月04日 | 日記
先日から始まったコーヒー豆の収穫。

学校のコーヒー園には
今年もたくさんの実が穂りました。

 

ポケットいっぱいに
赤や黄色の実を入れ

年明けの収穫祭を楽しみに
今日もたくさんの実を摘み取りました。

「これがコーヒーになるの?」

と不思議そうな1年生。
でも、皮をむくと、中からは見たことがある形の種が出てきて
本当だと驚いていました。

収穫はまだまだ続きます。
この時間も、
子どもたちにとっては
楽しい時間の一つです。