クロムの備忘録的ダイアリー

定年後の日々の楽しみや関心事、具体的には写真、カメラ、観る将あるいは投資の話題などを綴っていきます。

いつもの公園に自転車で行きました

2019年01月17日 17時23分26秒 | 日記
今日はいつもの北本自然観察公園に先週買ったヴィレッタで行ってみました。
ママチャリでは全く行く気にはなりませんが、なかなか軽快で6段変速なので問題なかろうということでリュックに機材を入れて出かけてみました。ビジネスバック収納用の横長のかごが一脚を入れるのに都合が良かったです。
自宅から公園までは車の距離計では5.1kmですが、行きは18分掛かりました。帰りは16分と少し早かった理由は車では気づかなかったのですが、経路には非常に緩やかな勾配が各所にあるためです。ようするに公園は自宅より少し高台にあるようです。
時速に直すと17~19kmです。結構頑張ってこれくらいですね。正直これからは自宅から15km程度はこれで行っても良いかな、という目論見は途中に坂があると少し厳しいかもしれません。
とはいえ往路はともかく帰路は気温も上がり風もなく、非常に気持ちよく帰ってこれました。
デミオはススの関係でちょい乗りはあまり良くないので、天気が良い日は公園にはこれからも自転車で行こうと思います。

コメント

アクションカメラを買ってみました

2019年01月16日 23時54分32秒 | カメラ
ちょっと前までアクションカムには興味がなかったのですが、ある理由から欲しくなり購入に至りました。
市場には安い中華アクションカムが数多くあるのですが、調べてみると色々と落とし穴があるようなので生産終了して安くなったニコンのKeyMission 170にしてみました。このカメラは本体のみで10m防水、耐衝撃性があります。
中華アクションカムの落とし穴というのは例えば、
 電池交換時に日付が戻ってしまう、
 記録ファイルが固定長で長時間記録するとたくさんのファイルが生成される、
 ファイル形式がmp4ではない、
 手ぶれ補正の効果が不明、など様々です。
ニコンの場合品質は問題ないだろうし、スペックもきちんと公開されている(中華製は来てみないと分からない?)ので安心です。それに予備バッテリも手持ちのカメラと同じなので数本持っています。
欲しくなった理由は下記のようなものです。
1. デミオのDENSO製ドライブレコーダーの記録ファイルは固定長なので扱いづらい
2. 今年前半は四国、伊勢熊野、北海道と行く予定ですが、特に熊野古道は動画で残しておきたい
3. もしかすると花撮影などでこれまでにない絵が撮れるかもしれない
4. 自転車の走行記録にも使ってみたい
開封後早速試写してみましたが、4隅を除いて像の流れはないようです。
レンズは5群7枚、焦点距離2.4mm(35mm換算15mm)、F2.8というスペックです。中華製はレンズのスペックが大抵不明です。当然といえば当然ですが画像にはきちんとexif情報が残っていました。
フォーカスはパンフォーカスで撮影距離は40cm~∞までです。
防水性なのでマイク感度はやや悪いようですが外観は高級感があり気に入りました。


コメント

22年ぶりの自転車購入

2019年01月14日 18時00分23秒 | 日記

ながらく乗っていたママチャリがボロボロになってきたので買い換えることにしました。
今朝自転車店に行って買ってきました。当初はクロスバイクでも買おうかとも考えたのですが
使用目的に合わないのでママチャリより軽快に乗れる自転車ということでブリジストンのMarkRosaというのを思いえがいで出かけました。店頭で実際に見るMarkrosaは色合いが良かったです。


ただ隣に置いてあったヴィレッタは店主が言うには最近ディスコンになったが、内容は同じようでありながら、少し安い上に最初からかごが付いていてお得ということでした。
最近経費削減でお得という言葉に弱い私は、ボディ色が黒で今ひとつ気に入らないが、その他は似たような物ならより廉価な方が良かろうということでヴィレッタを買うことにしました。


ヴィレッタは元々は通勤用途に売られていたようで6段変速、ビジネスバックが入る横長のかご、それに必要性にやや疑問符がつきますが時計までついています。私は止めやすいので両足スタンドに変更してもらいまして、予算よりだいぶ安く手に入れることができて満足して帰りました。今後北本自然観察公園などはこの自転車で行こうと思います。
コメント

AlphaZeroは将棋の戦型を狭めてしまうのか?

2019年01月07日 21時06分34秒 | 将棋
最近はAIソフトウェアの急速な発達がプロ棋士にも大きな影響を与えています。
御存知の通り将棋の戦型には大別して相居飛車、居飛車対振飛車対抗型、相振り飛車とあります。
アマチュアや女流棋士は対抗型が多いですが、男性プロ棋士は相居飛車がほとんどです。
コンピュータ将棋もほとんだ相居飛車です。何故かと言うと飛車を振るとそれだけで形勢を示す数値が200点位下がってしまうので振飛車を選ぶことはほとんどありません。
前置きはこのくらいにして去年googleが突然発表した将棋ソフトAlphaZeroは当時の最強ソフトelmoに90-10と実に勝率9割を達成したことで将棋ソフト開発コミュニティーを中心に震撼が走りました。それから1年、先月100局の棋譜が公開されました。それによると初手と戦型は次のとおりです。
AlphaZero 対 elmo
先手AlphaZero (全50局)
 初手 2六歩 33局、7八金 17局
 戦型 相掛り 33局、横歩取り 17局

 横歩取りに関しては後手3三角、先手5八玉の青野流です(勇気流はゼロ)

先手elmo (全50局)
 初手 7六歩 50局
 戦型 角換り 46局、雁木 2局、矢倉 1局、その他 1局

elmoが勝ったのは10局。先手番では9勝41敗(角換りで9勝)。後手番では横歩取りで1勝のみ。

特徴的なのはAlphaZeroは先手番の時2六歩と7八金しか指しません。逆にいうと7六歩は選ばないということです。ニコニコ生放送で千田六段の解説によると学習の初期には選んでいたそうですが、段々と自己対戦での勝率が悪いことが分かってきて指さなくなってきたそうです。
将棋の初手2大選択肢の一つ7六歩を選ばないというのは不思議ですが、2六歩から歩を交換するのが大きいと判断しているのではないか、というのが千田六段の解説でした。

と、ここまでのところをまとめるとAlphaZeroは非常に強い、初手の選択肢や戦型の幅はかなり狭いということが言えるかと思います。AlphaZeroが正しいとすると将棋の最善手順というのは意外と選択肢が狭いのかもしれませんね。なお棋譜が公開されてことで、既にプロ棋士の指し手に影響が現れているそうです。

追伸
 コンピュータ将棋の進歩はまだまだ衰えておらず、最近の最強ソフトはelmoに9割近く勝てるそうです。
つまりAlphaZeroに追いついた可能性が出てきたそうです。そうなると現時点の最強ソフトとAlphaZeroの対戦も見てみたいものです。

コメント

今日の北本自然観察公園

2019年01月04日 17時05分09秒 | 野鳥

朝から公園に行ってみました。狙いはルリビタキオスとベニマシコです。
ベニマシコは何とか撮れましたがルリビタキは今日も出会えませんでした。


代わりにアリスイを久しぶりに撮ることができました。アリスイは見かけとは異なりキツツキの仲間です。漢字では蟻吸と書き長い舌で蟻を捕らえて食べます。木の幹に穴をあけたりはしません。


今日は偶然木の枝に止まっているアリスイとアカハラを見つけることができました。
ルリビタキオスは撮れませんでしたが、ベニマシコ、アリスイ、アカハラと多少なりとも見つけるのが難しい野鳥が撮れて幸運でした。
コメント