:: BACIO ::

ももちゃんの成長覚書

琉球料理

2013-02-28 22:05:22 | Weblog
仲良しなママ友と、琉球料理で、飲み会。

島らっきょ、豆腐よう、海ぶどう。

大好きな本場の味に、感激です。
コメント

新橋ランチ

2013-02-28 15:40:35 | Weblog
池波正太郎の愛したビーフンの名店へ。

風情も人情も、味のうち。

なんとも、サラリーマンの胃袋やら、ハートを満たしているものは、昭和からの時の重みを感じさせてくれる。

平成になる年に大学を卒業したわたしは、そろそろ平成に慣れてもいい頃なのになぁ。
コメント

連絡帳

2013-02-28 07:43:00 | Weblog
毎日、書いている連絡帳。

ずいぶん、文字が、変化するものだ。

どんどんどんどん、成長中だな。
コメント

上巳のお祝い

2013-02-27 10:00:05 | Weblog
難関私立小学校の元校長先生と、仲良しな我が家。

桃の節句のグリーティングカードをいただきました。

心のこもった温かなメッセージに、なんとも、幸せな気持ちになりました。

幼い頃から、たくさんの素晴らしい先輩に囲まれて、ももちゃんは、幸せです。
コメント

釜飯万歳

2013-02-27 08:31:03 | Weblog
我が家の行きつけ。

串焼きも、釜飯も、絶品。

老若男女が、楽しそうに、お座敷に並んでいる雰囲気も大好き。

毎回、食べ過ぎてしまいます。
コメント

cookingサロン

2013-02-26 10:12:03 | Weblog
オフィスの新橋移転の最大の目的は、cookingサロンを行う、キッチンスタジオを自社内に持つこと。

昨日の移転の、お引っ越し祝いのお花が、ズラーリ。

新しいオフィスで、気分も一新。

駅から近いのと、銀座散歩が楽しめるのが、いい!
コメント

新橋勤務に

2013-02-26 10:08:13 | Weblog
オフィスが、新橋に移転。

入社した銀座から、神楽坂、そして新橋の三回目。

プライベートも、入社したひばりヶ丘から、東村山、そして国分寺の三回目。

いよいよ、ここが最終目的地なのかしら。

国分寺から、新橋まで、中央線を真っ直ぐ乗りきります。
コメント

Sunday afternoon

2013-02-24 14:40:43 | Weblog
ヴァイオリンの先生や先輩たちの弦楽アンサンブルの演奏会へ。

この春から、そのアンサンブルに参加するかどうかを、ももちゃん自身が決めるため。

帰りに、ファミレスで、お茶をしながら、ご相談のはずが、いただいた独楽に夢中です。
コメント

三学期

2013-02-24 08:33:36 | Weblog
あと、1ヶ月で、1年生も終り。

お世話になった、担任&副担任の先生に、クラスみんなで、カードを贈ることになりました。

折り紙を切って貼って、なかなか素敵に作っていました。

お姉さんになったねぇ。
コメント

マイデスク

2013-02-23 20:24:16 | Weblog
ももちゃんは、学習机を持っていません。

いつも、ダイニングテーブルで、宿題をしたり、日記を書いています。

物置に使っていた簡易デスクで、コーナーを作ってみたら、大喜び。

欲しいとは、言わなかったけれど、やっぱり、うれしいみたい。

まだまだ、ひとりでお勉強はしないので、リビングの片隅で、充分です。
コメント

MVP

2013-02-23 13:51:24 | Weblog
毎週、楽しみな算数オリンピック倶楽部。

MVPに選ばれて、ご機嫌です。

パズルやゲームで、頭に汗をかいています。
コメント

モリモリ!

2013-02-23 13:46:15 | Weblog
朝昼晩の中で、いちばん、量を食べるのが、ランチのようです。

ふだんは、給食でがんばっているので、週末は、好きなおかずを並べます。

だんだん、好きな野菜も増えてきましたよー!
コメント

二画へ

2013-02-23 08:13:39 | Weblog
先週までの「一」から「十」へ。

始筆、終筆の基本。

楽しいらしい。
コメント

あかりをつけましょ

2013-02-22 13:39:46 | Weblog
おひなさまを、出しました。

この家で、初めての、雛祭りです。

来週からは、オフィスも新橋へ。

引っ越しが、続いて、すこし身軽になったかな。

大切なものと、惰性で手放せないものとを、見極めるチャンス。

案外、大切なものは、少ないもんですね。
コメント

もうすぐ中三

2013-02-22 10:06:11 | Weblog
4月になると、すぐに15歳。

人間でいえば、中三。

犬の年齢だと、80歳近くらしい。

日々の雑事に、つい忙殺されてしまうけれど、彼は、やっぱり、わたしだけを見ている。

なんて、切なくて、なんて、素敵で、なんて、強い絆なんだろう、と改めて教えられる。

いつも、ありがとう。
コメント