真っ向勝負!治療人:おの卓弥のブログ

開業18年目!
日本国内で1%にも満たない『外傷専門整骨院』が
正しい負傷対合をあなたにお伝えします。

歩行は「足、あし、脚」だけでは成り立たない。上半身をしっかり使い、現代では「意識して歩く」ことが重要なのだ!

2022年10月03日 16時21分28秒 | 負傷後の処置、リハビリを知る!
このブログの趣旨

整骨院、治療院の「社会での正しいあり方」が問われている世の中で
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥
あなたにお伝えします



◆◆◆◆◆◆◆◆◆


#武漢ウィルスになど負けない



今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です





歩く

ことは、「あし、脚、足」だけの運動ということではない。





上半身をしっかり使い、腕を振り

リズムとテンポを感じさせるある種のダイナミックさ

健康と美しさ、力強さを感じさせるのは

あなたもご存じの通りです。





寒さで、身体が強張る(こわばる)

スムーズさを感じる歩行は出来なくなり

転んでしまう危険性が高くなります。






「歩行」は

全身:脳の役割も大きい
全身の協調運動です。


「あし、脚、足」だけの運動:単独運動の傾向は弱いんです。

全身:脳の役割も大きい、全身の協調運動、それが

歩行」です

ご記憶ください。






外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。

一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴチャゴチャ屁理屈をこねる前に靴をちゃんと履こう!ちゃんと靴を履かないからケガをしてしまう!ストレスの原因も、作っているんです!

2022年10月01日 10時14分20秒 | 負傷の予防について、気をつけること
#武漢ウィルスになど負けない

今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です


◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。


一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






本当に恐ろしい


日常に潜む、何気無い行為の中で
絶対的に負傷してしまう行為の数々。






なぜ??



靴:特に紐靴(ひもぐつ)のヒモを
1回ごとに締めなおしたりせず





●そのまま、乱暴に履く。

●かかとを潰して履く。

●サイズの合わない靴を履く。


・・・・などの行為を
行なってはいけないのか??





絶対にお止めください

スポーツ選手であれば
普段の生活のその様なことが

決定的に

あなたの能力を落としている原因になっていると断言します。

靴はしっかりと履いて生活してください。





きつく締めろなどとは
一言も言っていません。

ちゃんと
適切に履いてくださいと言っているのです。





性能の高い靴が良い??

安い靴だからダメだ??

そういうことを言う前に
まずは、しっかりと靴を履いてください。





靴の中で無駄な空間が出来て
足が≪遊んで≫しまったり
ある場所はゆる過ぎて
ある場所がきつ過ぎるなどとなっては
足裏を正しく接地することが不可能なので
安定性を大きく失ってしまいます。





足裏の正しい接地とは??



1:親指の付け根

2:小指の付け根

3:踵(かかと)の真下


この3点を
地面にピタリとつけること。

これが基本です。





安定性を失えば、人間は倒れやすくなる。


それを防ごうとする、身体の防衛反応で
他の場所が
無駄に緊張し過ぎるのです。

これが負傷の原因になりやすいことは
簡単に想定できるでしょう。





オスグッド(オスグート)

シンスプリント

慢性腰痛

慢性疲労



色々な症状の引き金になります。

普段から、無駄な緊張を筋肉と腱に与えていると、血行も悪くなります。





適度な緊張と適度なゆるみ。


これを失う機会を、ご自分で、ご自分の身体に与えているわけです。


生活の中で、スムーズな動きをしなければいけない場面でも
必ず、無駄な動作が生まれています。





意識している・していないは
関係ありません。


足元の環境の悪さは、想像以上に悪影響を与えます。





足裏は
大事な大事な重力センサーなのでよ





★★最近の研究では
足裏などの、重力をしっかりと感知しなくてはいけないところが
重力を感知する能力が低下したり
感知させない生活をすることで


うつ病の原因を作る

などのマイナス面が明らかになっています。





あなたが競技者であれば
普段の生活で
このような良い状態から
大きく遠ざかったのでは・・・・

競技の専門練習や、トレーニングの時だけ

『頑張ろう!』


などと意気込んでも、一度、悪い状態から

わざわざ

【普通の状態】に戻してから

練習やトレーニングという
日常よりも高い次元の身体動作を

行なう準備をしなくてはいけないので
無駄な工程を行なわなければいけません。





勝てる・優勝する・上達するという目的など
低いレベルでしか達成は出来ません。

それでも、靴を適正に履くことは、ご自分のポリシーには合わないという理由で
行なえないのでしょうか





ながら歩き」などと組み合わさったら
とんでもない大負傷に直結します





おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日=土曜は午前診療!負傷、ケガの専門家!外傷専門整骨院=おの整骨院は、埼玉県越谷市北越谷:駅から徒歩180秒です。

2022年10月01日 07時49分21秒 | ケガをしたら、この様にする!
#武漢ウィルスになど負けない



今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です





整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。

土曜日は、毎週

午前8時~12時までの受付・診療

ご記憶ください。





当然ながら
急患の方、突然の負傷の方

いつでもご連絡:お越しください。


その様な方の為の、おの整骨院です。





一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

足首の内側を痛めたら・・・それ、間違い無く重傷です。人間の反射作用によって、無意識に反発した動作が発生しやすいんです。

2022年09月30日 15時20分07秒 | 医療とは、いったい何だ?
#武漢ウィルスになど負けない



今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です


◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。





足首のねん挫
   ▼
90%以上は
足首の外側を負傷するタイプの負傷です。


先端部分が外側から内側にかえってしまった=内反(ないはん

という状態から
足首の外側の靭帯(じんたい)を負傷します。





しかし、同時に
内側を強く痛める患者様も、確実にいらっしゃいます。

足首の内側を負傷する方は
足首正面の負傷をする方よりも、数が多い

そして、圧倒的に、強く、重い重傷度になります。

皮下出血(ひかしゅっけつ:内出血のことです)も
極めて多く、強いんです。







なぜ???

捻っていない・・・・はずの無い内側を
同時に痛めるのか????





解答)

人間の反射作用で
瞬間的に内反した時は
(足首が外側から内側にかえってしまう状態)

内反動作に、無意識に反発した動作が発生しやすいんです。

無意識に、です。

強く、超スピードで

無意識に

足首の外側をねん挫し、負傷した時には
同時に

無意識の動きで


外旋(外側に足首が回転すること)することで
内側を強く痛める患者様が存在するのです。





動作機点から
私=おの卓弥の造語として
この状態を

【2段階ねん挫の状態】

と呼んでいます。


この場合
負傷するのに大きな動き、強い動きは
全く必要ありません。

むしろ、外見的な角度としては
非常に小さな動きであることがほとんど
なのです。






しかし
足首の内側では、瞬間的に、強く引く力がかかっています。



これを牽引作用(けんいんさよう)と呼びます。

足首をねん挫し、負傷した場合

必ず

外側と内側:両方を診る(みる)ことが必要なのです

診断時に
見落としが多い場所でもあります。


あなたの人生を守る為にも
あなたにとって大事な方の為にも

絶対に、ご記憶いただく必要があるのです。





一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立っている時も、寝る時の姿勢でも!基本姿勢に気をつけましょう!必ず「得」があります!

2022年09月30日 07時55分53秒 | おの整骨院のお仕事。


東武伊勢崎線北越谷駅西口:おの整骨院です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした
打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ
脱臼≪だっきゅう:関節が外れること
骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です
挫傷≪ざしょう:肉ばなれ

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
おの整骨院 院長 おの卓弥です。





【柔道整復師】という国家資格をもって
外傷:一般的な負傷、ケガを負ってしまった患者様の診断、治療に関して
専門性高く、強い意識と素早く正しい行動を提供させていただいています。

動画で、業務を紹介させていただきます。
  ▼






腰が痛い
膝(ひざ)が痛い
足首が痛い
首や肩が痛い


このような時に
また、予防としても
無駄な負担をかけない動き:立ちかたと寝かたについて
解説した動画です。





痛い部分に負担をかけないことは当然として
脳や脊髄が、『反射的に』筋肉の緊張を生む動作を無くすことで

1:心身共に安静・安定するので、動作に安心感が出る
2:ケガをした場所に負担をかけないで、負傷箇所の修復が早くなる

  ↑↑↑
このような、早く回復するための起点を作る動作なので
必ず
指導させていただいています!





あなたが、負傷していない状態であっても
負傷予防のためには、日ごろから無用な負荷をかけない方が良いことが分かる
優秀な動作なんです。


安眠(深い睡眠)出来るようになるため
それによっても、負傷の予防と、負傷から最速で治ることを進めていく
とても良い姿勢と動作なんです。





この動作と姿勢を実行する時のポイントは

1:肩の分の高さを枕によって作ることで、首が傾かないようにします。

2:腕を前側に垂らす(たらす)と、背中の筋肉から腰の筋肉が引っ張られて
牽引=けんいんという状態です。
患部(痛い場所・負傷している場所)の症状が強くなります。


それを防ぐ為に、胸の前に大きなクッションなどを置いて
腕を、そのクッションに置きます。

クッションを抱くのではありません。
抱く必要はありません。


クッションに腕を『置く』ことで
腕から背中、腰の部分を、適正に休ませているのです。

3:膝の間にクッションなどを挟ませるのは
脚が交差して、体幹部に「捩れ(ねじれ)」が生まれるのを防ぐ為です。


体格によっては
足首の間にもタオルや枕を挟んだ方が良い場合も多いです。

単純に、横になるだけでは、腰の痛みを完全に予防しているとは言えません。

こんな工夫が必要なんです。

4:起き上がる時は
全ての局面で『横方向から』行いましょう。


横臥(横になっている状態)から起き上がる際は
床面(布団やベッドも含みます)を見つめるように行なうと、感覚が掴みやすいです。





この様なことに気をつけて生活すると
治るスピードが一気に速くなります。

この様な姿勢と動作を
早く負傷を治すために
負傷を負わないように、予防するために
必ず指導させていただいています。


あなたも、やってみてください。

色々な、良い発見がありますよ^^






おの整骨院は、外傷専門整骨院です。



一般的に診療・治療と呼ばれている行為で
柔道整復師:一般的に言われる
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医
 ▼
が、おこなうものは

療養行為
という呼び方であると

日本国:国家が法律で定めています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します


革新的トレーニング

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて
お知りになりたいお方は、こちら

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター
ケトルベルに関連する、世界最大の組織=SFG(ストロング ファースト ギリャ)が認定する資格です。

日本国内では、日本国籍を持つ者については
6名が、SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター資格を保有しています。












私の理念心のつながり≫を名前とするブログ
   ▼
マインド・コネクション


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666

あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。

友達申請、お待ちしています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手術が必要な負傷が、必ず存在する。その「鑑別」を、必ずしなくてはいけない時がある。

2022年09月29日 18時58分17秒 | こうなってしまうケガもあるのです!
#武漢ウィルスになど負けない


今こそ

正しく身体を作り、健康を増進する時です


整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。





私=おの卓弥は、柔道整復師という国家資格をもって
おの整骨院を開業し、診断・診療にあたっています。





<医療と名のつくもの(物と者、行為や物体)は
すべてが
法律によって、あつかって良い範囲と種類が決定されていて
当然ながら、私たち柔道整復師も、全ての外傷をあつかって良いわけは無く
許可範囲が法律によって決められています。






もっとも分かりやすい、整形外科と整骨院のあつかえる治療として許可されている)行為の分別

1:手術が出来る・出来ない

2:投薬(とうやく:薬のあつかいを指示し、患者様に出すこと)についての許可があるか
無いか


この2点です。

実際は、もっとありますが
本日は、この中の1:について
ご記憶ください。





柔道整復師は、手術は出来ません


おこなってはいけない・おこなえない・指示など出せない


手術とは、合法的に皮ふを切り開く行為であり、外科医療行為です。

手術をオペと言いますが

英語の

オペレーション Operation:作戦、運用、運営ということが語源

が基礎です。





柔道整復師は、手術は出来ません。

おこなってはいけない・おこなえない・指示など出せない


のですが

手術に関する基礎知識は、絶対に持っていないといけません。


これは

絶対

です。



自分自身がやらないことだから、知識が薄くても良い


・・・のではなく・・・


1:どのように対処するのが、もっとも患者様の現在の事情に照合して、良いのか
を判断するため


2:法律で決まっていることを遵守(じゅんしゅ:法律を守ること)するため


この2つの理由から

柔道整復師は、手術は出来ません・おこなってはいけない・おこなえない・指示など出せない
のですが
手術に関する基礎知識は、絶対に持っていないといけないのです。





この部分に関して、しっかりと

治療できる・治療出来ない・治療してはいけないということを判断する


鑑別診断する能力が不足・欠損していては
絶対にダメなのです



これは

絶対

なのです。







手術をおこなう時、3つのパターンがあります。

1:医事法、もっと正確に言うと≪施行規則≫によって

 手術でなくてはいけないと決まっている傷病・障害・状態である場合

この部分を、もっと詳しく説明するにはスペースが不足しているので、本日は、この程度の説明に留めます。

2:医療としての正しい判断と倫理からの観点で、手術をおこなう場合

3:手術でも、保存療法(ほぞんりょうほう:傷をつけたり血を出したりしない治療)

でも対処できるが、個人の事情や希望などから、手術をおこなう場合


これは、一般の方々にもご記憶いただきたいことなので
コピー、メモ、かまいませんので、ご記憶ください。

いずれも、緊急・生命に関わる時を例外とすれば
手術を受けるべき対象の患者様ご本人や
保護者様の同意が必要です。





疑わしきは、検査という判断をしなくてはいけない



ということなのです。





手術をおこなわなくてはいけない・・・かもしれない

という、疑わしき状況が発生したら・・・・


即座に!

ドクター・病院での診断をおこなうために、手続きを取らなくてはいけません。






保存療法(ほぞんりょうほう:傷をつけたり血を出したりしない治療)では
絶対に良い状態にならない・治らない
法律としても、保存療法で治療してはいけない


このようなことが明白であるにもかかわらず・・・・

この様な状況になっても

「保存療法」

に無駄なだなこだわりを徹そうとする者が、現実に存在するんです。


最大の問題
  ▼
医療に関わる者として
負傷の程度、種類、法律が意味すること、医療の倫理、患者様の状況など

「分別しなくてはいけないこと=基本的なこと」

が、まったく分かっていなくてはいけない。

しかし・・・

現実として、「そこ」に問題がある者が、実際にいるんです。







ご自分と、ご自分にとっての大切な方を守るためにも
本日は、この様なことをご記憶ください。






【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。


ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9月29日(木曜日)医療としての矜持を守り、午前受付・診療いたします。

2022年09月29日 08時01分52秒 | おの整骨院のお仕事。
#武漢ウィルスになど負けない



今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です


◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。






木曜日は、毎週

午前8時~12時までの受付・診療

ご記憶ください。





当然ながら
急患の方、突然の負傷の方

いつでもご連絡:お越しください。


その様な方の為の、おの整骨院です。






一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

栄養過多は、栄養不足をひき起こす大きな原因であり、体調不良から負傷原因になり、負傷の深刻度を大きくすることにも繋がる。

2022年09月28日 15時47分34秒 | 負傷の予防について、気をつけること
#武漢ウィルスになど負けない

今、正しくエネルギーを作りこみ、身体を作り
健康を作る時です


◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。

【柔道整復師】という国家資格をもって
患者様へ専門知識を満載した正しい治療と
素早い行動を提供させていただいています。


一般的に診療・治療と呼ばれている行為は
柔道整復師=世の中で
  ▼
●ほねつぎ
●接骨医

 ▼
と呼ばれる『国家資格取得者』が行なうことは
「療養行為:りょうようこうい」
という呼び方であると

日本:国家が法律で定めています。

医療者として
責任ある情報拡散
を目的に
この様な記事を書いています。

ここでは
一般の方々に分かりやすいように
治療・診療という言葉も使用します。






栄養不足は、クローズアップされることが多い。

が……

医療:臨床の現場では
何らかの栄養素の摂り過ぎが
結果的に何らかの栄養素の不足を生み
負傷回復を遅らせていることは
物凄く:想像を超えるほど多いです。





身体の中では
単純な算数の問題だけでなく
色々な要因が
ヒモのように絡みあい、強く影響しあいながら

様々な行動と現象をおこしています。





足し算と掛け算は、なんでもかんでも、
あなたにとってのプラス方向になるということではありません。






あなたもご記憶ください。

極めて大事なことです。





おの整骨院:ブログ
https://blog.goo.ne.jp/bck05561

おの整骨院:グーグルページ
https://bonesetting-house-8946.business.site/?m=true

ツイッター
https://twitter.com/onoseikotsuin

フェイスブック
https://www.facebook.com/takuya.ono.503

YOUTUBE:おの卓弥チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=t6bv2jlqB_8&t=30s

YOUTUBE:おの整骨院チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=5P1vE3UgssE


よろしくお願いいたします

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子供さんは意外にも「口がかたい」存在なのだ!特に中学生以下のお子さんがケガをした時、気をつけなければいけないこと・言ってはいけないこと!

2022年09月28日 07時57分00秒 | 負傷した時にこそ、気を付けるべきこと、やるべきこと。
#武漢ウィルスになど負けない


今こそ

正しく身体を作り、健康を増進する時です






整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。





未成年:特に義務教育年代の
お子さんのケガについて



周囲の大人

保護者様

指導者の方が

気をつけるべき最重要ポイント








子供さんは

外傷・負傷・ケガのことについては

正確なことを

言わない・言えない・何を伝えたら良いか、分からない


ということを前提にして

接してください。

まだまだ、ご自分のことを上手く表現することなど
不可能だからです。





治療現場の最前線にいる者として
声を大きくして言います。

これは、絶対にその様な状況になると断言できます。


そして、子どもさんの世界の特殊な心理も働きます。






練習できなくなるから

親・指導者に怒られると思っているから

親・指導者に言うのが面倒(色々と聞かれて、話すのが単純に嫌だ)

レギュラーから外されるから・なれなくなるから

ケガした場所が『恥ずかしい』場所だから

ケガをしたが、どういう風に切りだして話したらよいかが分からないから


女子は股関節周辺(これは男子も)背中や胸の負傷を詳しく説明というのは
なかなか積極的には難しいです。










また、保護者様も
指導者の方も
絶対に、普通・正常な状態というのを知っておかなければいけません。




外傷を負った状態というのは
身体だけでなく
心・気持ちの面でも
普通・正常の状態とは
絶対に違う状態なのですから。








正常を知らなければ、異状は分かりません。

これは専門的な知識を特に持っていなくても良いのです。

無くても良いのです。

歩き方がおかしい・・

動き出しが遅い・・

表情が暗い・よく下を向く・・

失敗が多い・・

食欲が無い・・

笑わない・・



典型的な分かりやすい例を挙げてみました。





言ってはいけないセリフもあります。

なんでケガしたの(怒)
   ▲
そんなものは、誰であっても、すぐになど分かりません

ご自分のことを、充分に、上手く表現できないから子どもなのです。

しかし、がんばって一生懸命に表現しようとしていることに対しては
大人が、上手く聞き取り、拾いあげる努力をするべきなんです。


そう思いませんか





普段から何気ないことを話すのは
一番手近で、確実に状態を把握する第1歩です。

話したらいかがでしょうか、本日から。


着ている服のこと

学校でのこと

友達

マンガ


いきなり、突っ込んだ質問とかしたって、答えることができないと思いますよ。

返答しやすい質問からなら、子供さんも答えてくれると思います。

返答しやすい環境・交流やコミニュケーションをしやすい環境を前もって作っておくことも
外傷の予防と早く治ることに、もの凄く関係があります。

外傷の予防と正確な治療とは、こんなところから始まると考えています。

この考えに、1ミリもぶれはありません。








一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します







おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。





こちら、ホームページです。


http://www.homemate-research.com/dtl/6700013117/kuchikomidetail/0000004231/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では4名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666

あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膝(ひざ)を例に挙げます。ご自分の身体との「適切な交際」が、今の時代こそ求められているのです!

2022年09月27日 18時58分22秒 | 負傷の予防について、気をつけること
#武漢ウィルスになど負けない


今こそ

正しく身体を作り、健康を増進する時です






整骨院、治療院の「正しいあり方、社会での意義」が問われている中
負傷、ケガ:外傷、痛み、動作改善の正しい対処をあなたにお伝えするのは
ケトルベル正式指導者でもある治療人:おの卓弥です。

外傷:一般的な負傷、ケガ
 ▼
●ねん挫≪身体のどこかをひねってケガをした≫
●打撲≪だぼく:打ち身、ぶつけたケガ≫
●脱臼≪だっきゅう:関節が外れること≫
●骨折≪こっせつ:骨が折れた、ヒビも骨折です≫
●挫傷≪ざしょう:肉ばなれ≫

この様なことを専門で診断、治療する整骨院
  ▲
東武伊勢崎線 北越谷駅西口:おの整骨院 院長です。






膝(ひざ)の軟骨は、減り続けていくのが宿命。








だが

負荷を全くかけないと
軟骨(なんこつ)と滑液(かつえき)の役目がなくなってしまうので
弱くなり、減少していき、渇いて(かわいて)しまい
結果的に、通常生活にも耐えられない膝になってしまう。






何であっても、その様になるのですが

人間の身体:筋肉も、関節も

激しく使いすぎたら、早く壊れますし
甘やかし過ぎたら、堕落(だらく)し、スカスカ
になって
役目を果たさなくなります。





難しいことではなく、一般的にも、よく言われていることです。
 ▼

あなたの膝(ひざ)にかかる負担の数値

●普通に歩く、階段の昇り降りで、体重の約2~3倍
●走る、最大で体重5倍以上の負荷
●自分の筋力でジャンプしてからの着地時は、体重の20倍以上の負担


数字については各論文などで諸説分かれています。





膝を大事にしなければいけない理由、分かりますよね。

しかし、甘やかし過ぎも、もちろん
あなたの為にはなりません。

人生平均寿命90年に入る:この時代を元気に過ごすには

あらためて!

自分自身の身体との、適切な交際方法が最も大事。

ここを自覚することが大事なんです。

あなたご自身の膝(ひざ)との適切な交際術

探していきましょう








一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します







おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。





こちら、ホームページです。


http://www.homemate-research.com/dtl/6700013117/kuchikomidetail/0000004231/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では4名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666

あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする