鮎川玲治の閑話休題。

趣味人と書いてオタクと読む鮎川が自分の好きな歴史や軍事やサブカルチャーなどに関してあれこれ下らない事を書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蒐集品を晒してみる・その15 日本・韓国暴徒討伐紀念軍杯

2018-06-03 13:30:04 | 蒐集品
 

実に一年近くのブログ放置となってしまいました。
普段Twitterであれこれやっていますが、それでも記事の保管性はあきらかにこちらの方が優れています。まとめたいことはこちらに載せるのがいいとはわかってはいるんですが……

そんなわけで、今回ご紹介するのはこちらの「韓國暴徒討伐紀念」軍杯です。
昨今ヘイトスピーチだのなんだのピリピリしてるところに穏やかじゃねえなぁ!? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、韓国は韓国でもこちらは「大韓帝国」の方ですのでご安心ください(?)。

大韓帝国は日本が日清戦争で勝利した結果、朝鮮(李氏朝鮮)が冊封体制から離脱したことを受けて1897年に成立した国号です。それまで清の皇帝から朝鮮国王に封じられていたのが自主独立の帝国となったわけですが、日韓議定書や三度にわたる日韓協約締結などによって国家としての実権は次第に日本の手に委ねられていき、ついには1910年の韓国併合条約により大韓帝国はその短い生涯を終えました。ここから1945年まで、朝鮮半島は日本統治時代、いわゆる「日帝強占期」に入ります。

大韓帝国の実態や日本の政治介入についての議論は措くとして、この軍杯は1907年に結ばれた第三次日韓協約に関わるものです。
第三次日韓協約では日本人である韓国統監が大韓帝国の高級官吏の任免に関し一部の権限を有すること、大韓帝国政府の一部官吏に日本人を登用できることなどを定めた他、非公開の取り決めとして一部の陸軍部隊を除いて大韓帝国軍を解体することが盛り込まれました。
これにより大韓帝国各地の軍部隊に解散命令が発令されますが、無論素直に解散する部隊ばかりではありません。様々な地方で命令に従わない大韓帝国軍部隊の蜂起が相次ぎ、いわゆる「義兵闘争」(それ以前のものと区別して後期義兵闘争とも)が発生しました。
(帝国、民国含め)韓国側から見ればそれは確かに「義兵闘争」だったのでしょうが、日本側からすれば軍の暴徒化に他なりません。日本側はこれら「暴徒」の鎮圧を図るために軍を動員し、1907年から1909年にかけて各地で「討伐作戦」が繰り広げられることとなります。

さて、この軍杯には杯面上部に「韓國暴徒討伐紀念」、下部に「歩兵第廿七聯隊」と金文字が書かれています。
歩兵第二十七連隊は北海道旭川に所在した部隊で、1908年5月に大韓帝国での「暴徒鎮圧」のために派遣されています。ですから、この軍杯はその当時に連隊にいた板垣さん(底の部分にある名前なので多分軍杯の発注者でしょう)が、帰還後に関係者に配るかなにかするために作らせたものだと考えられます。

決していい歴史ではないのでしょうが、しかしこんなわずか直径十数センチ程度の杯に日本と朝鮮半島、更には中国までをも結ぶ歴史が詰まっているのだと思うと、なかなか感慨深いものがありますね。
コメント

生存報告を兼ねてのうちのイッヌ。

2017-10-29 17:57:29 | 日記
こちらのブログを更新しないまま気づけばはや半年以上。
特に更新するほどのネタもないのですが、上にいつまでも公告が出ているのもあれですし、うちの犬の写真でも掲載してお茶を濁すことといたします。









本当に保守目的だけなので特に落ちとか意味とかはありません! 以上!
コメント

蒐集品を晒してみる・その14 日本・愛国婦人会創始者 正七位勲六等奥村五百子刀自像(土人形)

2017-03-05 20:38:03 | 蒐集品




いきなり地味なおばさんのフィギュアの写真で申し訳ありません。今回ご紹介するのはこちら、奥村五百子刀自の土人形です。
奥村五百子という人は今でこそ誰だそれという感じですが、戦前日本においてはかなりの有名人でした。
なにしろ、あの愛国婦人会の創設者です。

愛国婦人会は戦死者の遺族や傷病兵などを救護することを目的として1901年に創立された組織で、日露戦争期には会員数46万人にも達したといいます。
初期の会員は上流階級の夫人や皇族、貴族などのが多かったようですが、日露戦争以降は一般婦人の会員数も拡張したようです。
のちには他の救護事業にもあたるようになりましたが、1932年に結成された大日本国防婦人会と対立するようになり、やがて1942年2月に内閣の決議を経て大日本婦人会へと統合、発展的解消を遂げました。

そんな一大組織となる運動を立ち上げた人ですから、まあこの五百子さんも尋常な人ではありません。
生家は肥前国唐津の浄土真宗寺院ですが、父親が尊王攘夷運動に関わっていた為にその影響をもろに受けまして、1862年には男装して長州藩への密使を勤めたりしています。
また維新以降は朝鮮半島に渡って光州に実業学校を設立したり、1900年に北清事変が勃発すると皇軍慰問使に加わって北京や天津を歴訪したりしています。
愛国婦人会の創設に際しては近衛篤麿や小笠原長生といった華族政治家、軍人などの後援を得ています。これには出身が佐賀であったこと、尊王攘夷運動への参加経験があったことなどが功を奏したと見えます。
日露戦争の時期には病身を押して女性の献金運動への参加や戦地慰問に努めたりと、とにかく「お国のため」に尽くし続けた稀代の女傑であったといえましょう。

さて、本品はそんな五百子刀自をかたどって作られた土人形です。
奥村五百子の像としては現在でも唐津市に建てられているもの(右)がありますが、この土人形とはポーズが異なります。おそらくこの人形は、明治三十四年に全国遊説に出かける際に撮影された写真(左)をもとに作成されたものでしょう。

  


人形の台座の部分には「愛国婦人会創始者 正七位勲六等奥村五百子刀自像」という文字が二列になって刻まれています。
五百子刀自は1906年に勲六等宝冠章を受勲していますから、刻まれた「勲六等」はこの宝冠章の勲等だと見てよいでしょう。



人形の裏面です。台座部分に「愛国婦人会熊本県支部 第三回総会記念」と印刷された紙が貼られており、本品が記念品として配布されたらしいことが分かります。



人形の底面には「博多織元 松屋人形部」と「登録商標 第弐参弐八七六」のシールが。どうやらこの人形は博多にあった業者が製造したもののようですね。
コメント

ジャパリークと満洲国―コミュニティとしての相違点から見る共同体構築の諸問題 ―

2017-02-22 16:10:42 | アニメ

ジャパリパークと満洲国.pdf



最近話題の「けものフレンズ」について、クソみたいな思い付きからクソみたいなエセ小論文を書きましたのでどうぞお納めください。
コメント (3)

蒐集品を晒してみる・その13 韓国・朝鮮戦争英雄リトルエンジェルスメダル

2016-12-20 23:59:44 | 日記


今回ご紹介するのは、少々ややこしい来歴のメダルです。軍事系のメダルである一方で、宗教系のメダルにも分類されうるものでしょう。
このメダルは2010年ごろ、韓国の朝鮮戦争60周年メモリアルプロジェクト(the Korean War 60th Anniversary Memorial Project)が、朝鮮戦争に国連軍として参加した16カ国を巡るリトルエンジェルス芸術団(The Little Angels Children’s Folk Ballet of Korea)の世界ツアーを企画・実行した際、朝鮮戦争当時の従軍者や関係者等に贈ったメダルです。つまり、韓国の民間団体が製作・授与した記念メダルなのですが、その主体となっているリトルエンジェルス芸術団というのがちょっと面白い団体なのです。

実はこの団体、1962年に文鮮明によって創設された、統一教会(世界基督教統一神霊協会。現在は世界平和統一家庭連合に名称を変更)関係の団体なのですね。すなわちこのメダルは、統一教会のメダルという側面と、朝鮮戦争関係のメダルという二つの側面をあわせ持っていることになるわけです。とはいえ、授与対象は先にも述べたように朝鮮戦争関係者が主なので、どちらかというと宗教的側面は薄いといえるでしょう。



リトルエンジェルス芸術団は16カ国公演の中でかなりの数のメダルを贈与したようで、マッカーサー財団の会長であるアーサー・ディアモンステイン(Arthur Diamonstein)やサンディエゴ市長のジェリー・サンダース(Jerry Sanders)、そしてなんとフィリピン大統領のベニグノ・アキノ3世(Benigno Aquino III)もこのメダルを贈られています(肩書はすべて授与当時)。どこからそんな金が出たんだという気もしますが、そこがまあ宗教関係団体の強みではありましょう。実際の資金の流れは分かりませんが、日本で募金や朝鮮人参を売りさばいた寄付金がこういうところにも流れているんでしょうな。

さて、メダルの解説です。リボンと本章の間には天使の羽をかたどったような鈕があり、またリボンには中綬章によく見られるような金具で固定されています。リボン自体も首の後ろ側で金具を引っかけて固定するようになっており、ここも中綬章によく見られるタイプのデザインとなっています。
本章は周囲を金で縁取られた赤いクロスパティーと緑色の斜め十字を組み合わせたような形で、中央部に円形部品を配してあります。斜め十字と円の組み合わせは、以前統一教会で使われていたシンボルマークをなんとなく連想させます。中央の円形部品は紺色で縁取られ、そこに「THE LITTLE ANGELS」「KOREA」と金文字が書かれています。その内側には、赤・黄・青の三色で描かれた太極文様(三太極というようです)を中心に、幾何学的な文様が配されています。



カラフルな表面に比べて、裏面はかなりシンプル。中央にムクゲの花が描かれ、その周りに「MEDAL OF HONOUR」「SEOUL.KOREA」と書かれています。ここの「MEDAL OF HONOUR」はアメリカの名誉勲章や日本の褒章とは関係なく、単純に「栄章」を表す意味で書かれたものでしょう。



メダルを収める箱にも特に箱書きなどはありません。ビロード張りですが、至ってシンプル。

      


蓋を開けるとこんな感じです。章を収める部分にくぼみがあり、この箱が当時からのものであることが分かります。
コメント