アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

モミジバスズカケノキ(プラタナス)- 柳川瀬公園(豊田)

2019-06-20 00:57:06 | みんなの花図鑑

モミジバスズカケノキ は いわゆる「プラタナス」として日本各地で街路樹・公園樹として広く植栽されている木です。





モミジバスズカケノキ は スズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種。





スズカケノキ  モミジバスズカケノキ  アメリカスズカケノキ の葉による区別は ここに 分かりやすい記事があります。





果実はそう果で、直前の スズカケノキ が、普通、3~5個が縦に連なってぶら下がるのに対し、モミジバスズカケノキ(プラタナス)は それより少ない普通、2~3個(稀に1個または4個)が縦に連なるか、枝分かれしてぶら下がる。





樹高は 3種の中で アメリカスズカケノキがいちばん高くなる(40m)ことがある。低いほうは スズカケノキであるが、それでも ふつう20m、高くなれば 35mに達するものもある。モミジバスズカケノキ(プラタナス)は両者の中間。




コメント   この記事についてブログを書く
« リキュウバイ - 安城デンパーク | トップ | モクゲンジ - 6月18日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事