まさか日本でカルチャーショックを!

元中国広東省在住者 元日本語教師
日・中・韓のこと、思考等記してます。
旧題名:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

話はまず正しく伝わらないもの

2022-01-28 23:00:11 | 日本語に関係する教育

NHK Eテレの番組は良くできていると感じる。

特に子ども向けのものは素晴らしいとさえ感じる。

ただ、放送スケジュールの変更や夏休みや冬休みの特別番組への差し替えの通知を徹底していただきたいというのが私の願いである。

 

「あのね、放送の最後のほうにでも、テロップを出したり、アナウンスするぐらいできんのか!?」と言いたくなってしまう。

 

再放送の時間と合わなければ、わざわざWEB上で見る時間を作ることは難しい。

 

そのNHKだが、Eテレに限らず、ラジオR2も昔からお世話になっている。

だが、そのR2が消えてなくなるのかと思うと、心が痛い。

名古屋地区の好きだったFM局が2つも無くなっているし(それも同じ周波数で・・・)、青春の思い出である香港ATVも無くなっているというあの経験をまたするのかと思うと・・・。

 

ただ、「永遠に続くものは数少ない」(「永遠に続くものはない」とは記したくない)わけであり、仕方がない。

(R1やNHK FMもけっこう好きなのだが、やはり地元や生まれた県のFM局を聴くことのほうが多い。)

 

さて、EテレやR2が登場したのだが、私が一番活用しているのは語学番組である。

 

日本語教師時代にはよくそこで学んだ手法を使わせていただいたものである。

もちろん、中国での日本語教育に合うようにアレンジしていた。

 

いくら良い手法であっても、たいていはそのまま使っていては通用しない。

まずは疑ってみて欲しい。

自分が関わっている現場に合っている、合っていないという観点だけで言っているわけではない。

疑ってみることで、己の間違った解釈にも気づく。

 

中国でも「○○先生が言っているのだから間違いない」という方に何人か出会ったことがあるのだが、そういう方に限って間違った解釈をしていたりすることが多かった。

私などかなりのへそ曲がりであるので、「まず疑う」という習慣がある。

ただ、そこで間違った解釈を声高に叫んでいる方に「アホか」などという態度を取ってはいけない。

たいていは順を追って説明しても通じなかったりするのであるから、そんなことをすれば、火に油を注ぐようなもの。

 

決して自分がまともな教師だとは思っていない。

ただ、「教師たるものはいつも様々な方面を見渡せなければいけない」はずなのに、そうではない方もけっこういらっしゃる。

 

別に語学だけとは言わないが、日本語教師を続けるのであれば、自分も常に何かを学び続けるほうが良いと自分勝手に思っている。

 

話題変換

先週、転職のことに触れた。

なんだかわからないうちに、けっこう話が進んでいるような気がしている。

 

そこには私の経歴もあるかとは思う。

ただ、いくら経歴が素晴らしくても、今が使い物にならなければ、そんな奴は要らないであろう。

自分はけっして物覚えの良いほうではないし、最近は何回頭に叩き込んでも翌日には忘れていることさえある。

しかし、常に勉強している

それは語学だけの話ではない。

何をやるにしても、自己研修は大切だと自分勝手に思っている。

 

ところが以前と少々違う部分もある。

昔は人に訊く前に自分で考え、自分で調べ、それでもわからなかった場合だけ訊くようにしていた。

今は敢えてストレートに訊くことも増えている。

それは若い方に学んだのである。

 

若い方々が、何でもすぐに訊くのは考える力がなかったり、調べる能力がないというわけでもないと思うようになった。

今の時代、スピードが大切だということを肌で感じているのだとしたら?

また、知っていても訊くことで、自分の考え違いに気づくこともある。

 

そして、敢えて訊くという行為はコミュニケーションを生む。

 

(ちなみにどうでも良い話だが・・・。私はよく「訊く」と常用外の使い方をするが、これは主に文章だけで勝負をするうえで意味をわかりやすくするためである。)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母親の3回目接種予約をした

2022-01-26 22:02:53 | 日本での生活

なんだかひどく疲れを感じながら帰宅すると、母親が「今日ね、ワクチン接種の通知が来たんだけど、電話がぜんぜん通じなくて・・・」とのたまった。

 

つまり、「ネット上から申し込んでおくれ」ということ。

 

食事後に母親のスマホを使って市の予約サイトに入り込んだ。

65歳以上は2回目接種後の7か月以降からの予約となるらしい。

昨年2回受けた大病院は自宅から近く、仮に私が休めない日であっても、(まだまだ足腰の達者な母親であれば)充分ひとりで歩いて行ける。

 

ちょうど7か月が過ぎた翌日の土曜日が空いていた。

そしてその日は私も土曜出勤ではない。

ただ、最後に確認で指折り7か月を数えているうちに、最後の一枠が埋まってしまった・・・。

 

で、これも普段母親が歩いて通っている別の病院の予約状況を覗いてみると、その2日後の月曜日に枠の空きがあった。

 

「確か最初に見た病院もその日に空きがあったなぁ・・・」とは思ったものの、もうここで悩んでいる場合ではないと思い、「えい! やー!」でポチっとした。

 

だが、私は仕事である。

その病院の場合、若干遠いので、3回目接種後に調子が悪くなった場合を考えると、不安がないわけではない。

「当日タクシー代を置いていくから」とは言っておいたが、ばあさんのことであるから「使わないか、(使ったつもりで)家計に回すに違いない」。

 

今考えているのはどこかの祝日と入れ替えて当日を休もうかということ。

それかたくさん余っている有給休暇を使うという手もある。

ただ、来月のスケジュールを考えると、今より忙しいと思われる。

 

さて、どうしたら良いやら・・・。

 

ただ、これもある意味贅沢な悩みではないかと思う。

私の母親は息子の私と一緒に暮らしている。

であるから、電話予約ができなければ、息子がWEB予約で取ることもできる。

(母親もそれなりにスマホを使いこなしてはいるが、やはりちょっと込み入った内容であると、難しい。

だいたい私もQRコードから入り込んだ市のHPから、予約サイトに入るのにちょっと悩んだし・・・。)

 

だが、WEB予約が難しい場合、延々と電話をかけ続けなければならないわけで・・・。

仕事や家事どころではない・・・。

 

また、電話予約もできない状況にある方々はいったいどうしろというのであろうか・・・。

 

次回は日本語教育ネタを書こうと思っていたのに、また違うことを書いて(し)まった。

 

今晩は運動も勉強もしたくない。

歯を磨いてすぐに寝るだ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢と現実とのすり合わせ

2022-01-23 22:40:53 | 行動計画 & 積極的思考

中国にいるとき、帰国したら新HSKを受けてみようと思った。

中国にいる間も様々な外国語を勉強していたし、当然中国語も少しは勉強していた。

当たり前だが、中国でもHSKは受験できる。

だが、そこに住んでいる以上は、日本語教師の仕事を大切にしたかった。

 

帰国したのは2014年だが、HSKを受けたのは2016年。

4級と5級を受けて、どちらも無事に合格点または合格点に位置づけられる数値を超えた。

その2016年に「YouTubeで中国語を話す日本人」を探したとき、すぐに遭遇したのが、RyuuuTVのYumaさんと三原JAPANの三原慧悟さんであった。

 

本日2022年1月23日の三原JAPANを見て、なんとも言えない気持ちになった。

(本日のサンエン台湾はまだ見ている途中)

おじさんはこれからも全員応援していくつもりでいる。

まあ、このチャンネルを知らない方々には何のことだかわからないであろう。

 

ただ、私が言いたいことは「夢はかなう」ということ。

しかし、すべて自分が思い描いたとおりになることもあれば、そうではない形となることもある。

私自身、望みどおり前者の状態で手に入ったこともあれば、しばらく経ってから、「あれっ、これって形を変えてかなったということ!?」という後者の状態であったこともある。

また、自分でも気がつかなかった深層心理に隠されていた願いのとおりの結果になることもある。

例えば、私が日本では日本語教師に戻れなかったこともそうであるのかもしれない。

 

何にしても我々は状況に合わせて前に進んで行くしかないのである。

昨日記したが、「泣くな、攻撃しろ」ということばを、もう一度記しておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

泣いていても、先には進まない

2022-01-22 21:45:03 | 行動計画 & 積極的思考

健康診断が始まって数分も経たないうちに、「本日の予定を変更しなければならない」と思った。

本日は健康診断の後、(まん延防止条例の中)隣の県に家で必要なものを買いに走る予定であった。

だが、それは午後にすることにして、(ウイルスを自宅に持ち込まないために)1年半近く顔を出していなかったかかりつけ医のところまで行くことを決意した。

 

最近は本当に健康生活をしていた。

お腹もかなり引っ込んだし、顔も思いっきりすっきりした。

それなのに、普段は低い血圧が大暴走・・・。

実は昨年も同じであったが、自分としては2年連続で意外な部位がひっかかったほうがきつかったので、そちらを対処の優先順位にした。

血圧のほうは上司が上手く説明してくれた。

 

だが、今回は(普段私を知らないので数値で判断するしかない)産業医は納得しないであろう。

 

つまり、私が考えたのは診断書での防衛であった。

 

だいたいかかりつけ医でも血圧が暴走することがあるぐらいの白衣恐怖症であり・・・。

 

ここで重要なことは「しばらく病院に行っていなくても、私は普段から血圧などの測定値を残してある」というわけで・・・。

 

であるから、かかりつけ医も納得できるのである。

普段落ち着いている日もあれば、高めの日もある。

もちろんけっこう低い日もある。

それが血圧というもの。

 

しかし、本日はまん延防止条例の中での健診であったせいか、最後のほうでけっこう待たされた。

 

最後の診察室でのやりとりも、帰国後のほとんどの健康診断をそこで行っているからこそ、なんとか無罪放免となったのである。

でなければ、追加検査となったはず。

(もっとも、その血圧異常値は自分の所属する会社の健康保険組合を経由して、私の所属する会社に送られてくるわけであり、騒動は待ち構えている・・・。)

 

健康診断後、駐車場に停めておいた車に乗り込み、朝買って準備してあったお茶をごくごくと飲んだ。

そして、車をかかりつけ医のところまで(交通法規を守りつつ)飛ばした。

 

自分もけっこう狼狽していたせいか、病院の受付でも、診察室の医者にも、話が一発では伝わらなかった。

ただ、普段私がつけている血圧メモとそこに書き込んでおいた本日の数値が役に立った。

 

昨晩、自分の行動力について記した。

行動力はあるが、反面慎重すぎる部分も大きい。

だがしかし、何かで自分の行動計画が狂ったとしても、私は何かしらの反撃に出る。

「泣くな、行動しろ」の精神である。

 

来週まで待っていることをせずに、本日の昼前には自分の会社の担当者にメール添付で送信しておいた。

担当者は職種柄、本日は出勤しているであろうと踏んで。

 

そして、本日午後、予定していた買い物の後、みっちりとウォーキングしておいた。

健康診断が済んだから、「ま、いいや」ではいけない。

努力を怠っては普段低い血圧もまた高くなるであろう。

そして、けっこう細くはなった今も、あと数キロは落とすつもりでいる。

それには脚の筋肉を今以上に鍛えなければならない。

上半身だけ鍛えても何にもならない。

もちろん運動はウォーキングだけではない。

 

ただ・・・。

ウォーキング前に3時のおやつとして、コンビニの駐車場にて、ピザまんを缶コーヒーと一緒にいただいた。

これは本日絶対に食べようと思っていた代物である。

攻めるだけではいけない。

自分にご褒美を与えることも大切。

また、自分を責めるだけでなく、自分の努力を称えることも大切。

そんな優雅な土曜日であった。

(来月は毎週休めないと思う。)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「あのー」や「そのー」を連発

2022-01-21 22:41:53 | 行動計画 & 積極的思考

2日前の水曜日に「朝、トイレのドアのラッチが壊れた」と記した。

その晩にメーカーとサイズを調べ、ネットで購入。

翌日(昨日木曜日)の夕方、自宅近くのアマゾンロッカーに届いたので、仕事帰りに回収し、取り替えた。

ところが、レバーのノブも換えたほうが良いことに気がつき、またまたアマゾンで購入。

本日(2022年1月21日)金曜日の昼にロッカーに届いた。

食事後に取り替えてめでたく完了。

 

私が住んでいるのは賃貸マンションであり、本来ならば大家さんを通さなければならない。

だが、父親の三回忌も近く、(今回も自分たちとわずかな親族だけで行うことになると思うのだが)それまでには何とか直したい。

同じものを購入できたので知らん顔をしておきたい。

 

ちなみに私は技術者出身であるが、手先は不器用な部類に属している。

まあ、その不器用さを理論と行動力でカヴァーしているつもりである。

 

ここで「行動力」と記した。

昔の私は知らないことでも突き進み、調べたり、訊いたり、実践で覚えたりして今に至る。

 

ところが、何事にもすぐに突き進むかといえば、そうでもない。

例えば、中国に赴任した頃は知らない店に食事に入るのが怖かった。

赴任した当時はHSK旧3級程度の語学力でしかなかったことも大きいとは思う。

だが、「石橋を叩いて、叩いて、叩いて、渡らない」という性格も関係しているに違いない。

大切なことは「安全」なのである。

しっかりと観察して、傾向を掴んでからでないと入店できなかった。

手っ取り早いのが、日本語がわかる中国人同僚や中国を良く知っている日本人同僚と一緒に行くことだと思う。

しかし、それも味気ない・・・。

 

こんな「チョー面倒な人」である私はそうとうプライドが高いことを認めざるをえない。

 

実際それほどペラペラに話せるようになったわけではないのだが、そのうちにどこでも飛び込めるようになった。

ただし、「観察する癖」は無くなったわけではなく、今でも顕在している。

 

たまに言われる。

「中国語がわかるんですね」だとか、「中国語が話せるんだね」とか。

 

まあ、認めてはおくが、元々それほど流暢であったわけではなく、最近はYouTubeなどで見聞きする程度であり、独り言でさえ時々詰まることがある・・・。

 

急に「ちょっと、ちょっと」と連れていかれて、「通訳して」などと言われたら、フィラーとしての“这个” “那个”の連発になるに違いない。

 

今年は中国語をブラッシュアップしておくべきであろうか。

夜ベッドに上がって布団に潜り込むと同時に、一日の反省を中国語や英語で考えるのだが、英語(超級シンプルイングリッシュ)の頻度が増えつつある。

(疲れているときや真剣に何かを祈りたいときは日本語だけれども。)

 

では、もっと真剣に英語と対峙すれば良いのかもしれないし、自分でも(この数年は)残りの人生を効率よく生きていくためにはそのほうが良いと考えていた。

 

「でもね・・・」

と終わらせておくのは、いつかこの続きを記すつもりでいるので。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする