業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

デルタ航空、羽田シフトで20年夏までに成田路線撤退へ

2019-08-09 10:02:29 | ニュース
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 デルタ航空(DL)は、9月22日を最後に成田/シンガポール線を運休するとともに、来年4月には成田/マニラ線も運休し、日本以遠路線から撤退するとのこと。
 また、羽田国際線発着枠の増枠に伴い、来年の夏までには成田路線から撤退する見通しで、アジア戦略の見直しによるものとのこと。

 アジア戦略の見直しは、東アジアの主要都市から米国への直行便需要が拡大したことや、昨年に同じスカイチームに属する大韓航空(KE)と太平洋路線に関してジョイントベンチャーを開始したことなどによるもので、DLは近年、成田/上海、香港、台北、バンコク線など複数の成田以遠路線を運休している。 一方、KEとは仁川以遠の80都市以上でコードシェアを実施している。

 DL広報部によれば、成田/シンガポール、マニラ線については米国/アジア間の移動のために利用する人が大半。 仁川/シンガポール、マニラ間における路線は確保されるため、利用者にとっては単に「乗継空港が変わる」だけで、利便性は大きく変わらないということらしい。 ですが、時間帯が悪いことはありましたが、アジア線にチョイスが少なくなるのは、寂しい限りです。 ユナイテッド航空(UA)がアジア線から撤退したように、アライアンス間の共同運航便が主流となっておりますが、運賃等も統合されてしまい、お得感がなくなり、LCCとの価格差が広がってしまうのはしょうがないことでしょうか。

 なお、本社を置くアトランタの経済紙が、羽田国際線発着枠の増枠に伴いDLが「2020年の東京オリンピック開催までにすべての成田発着路線を羽田に移す」と報じたことについては、「米国政府の正式な承認が降り次第、正式に発表する」とコメント。 DLは現在、成田/シアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタ、ホノルル線を運航しているが、来夏の羽田国際線発着枠の拡大に関しては、すでに米国政府からこれら5都市への路線開設を仮承認されているとのこと。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312 
コメント