業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「世界最強旅券」が一転…

2020-05-01 11:29:22 | 海外安全情報
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 外務省が4月30日現在でまとめた資料によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本から渡航する人の入国拒否や、入国後の2週間隔離などの制限をしていない国・地域が、英国など6カ国のみに減っているとのこと。 

 今年1月時点で日本の旅券はビザなしで最多の191カ国・地域に渡航できる「世界最強旅券」とされ、海外渡航にほとんど制限がなかったが、3カ月で日本と国交のある195カ国の3%に減ったことになるようです。

 日本からの渡航者への入国制限が184カ国・地域、2週間の隔離などの行動制限が66カ国・地域に上る。 制限をかけていないのは欧州の英国、サンマリノ、バチカン、アンドラ、中米のメキシコとセントビンセント・グレナディーンの6カ国のみとのこと。 日本からこの6カ国への渡航は、感染の恐れや航空便欠航で帰国が困難になる可能性があるため、日本政府は欧州4カ国に渡航中止勧告を出し、中米2カ国には不要不急の渡航自粛を呼びかけている。 外務省関係者は「入国制限の国は増加を続け、現在ピークに近い状況で、将来の緩和を期待するが、当面は相互に制限が必要だ」と話しているとのこと。

 台湾でも当初2020年4月末までとしていた台湾での航空便の乗り継ぎ(トランジット)の禁止の措置の継続を決定したとのこと。 なお、これらの措置の終了日は現時点では未定となっており、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって判断されることになりますので、ご注意ください。

 出口の見えない新型コロナウイルスの感染拡大。 7月から、徐々に渡航出来る国が増えて行くことを願います。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312

コメント   この記事についてブログを書く
« 燃油サーチャージがゼロに、3... | トップ | MCT(Minimum Connecting Tim... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外安全情報」カテゴリの最新記事