業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

チェジュ航空、成田/グアムも運航へ、日本路線を積極拡大

2018-10-18 10:30:26 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

チェジュ航空(7C)は10月28日から、成田/グアム間で定期チャーター便を運航するとのこと。 使用機材はB737型機で、1年間のデイリー運航を計画しています。

 7Cは関空からもグアム線を運航するなど積極的な路線展開を続けているところで、日韓線でも冬ダイヤ中に新規就航や増便を予定。 具体的には鹿児島と成田から大邸へ新路線を開設するほか、福岡、鹿児島、名古屋、松山から仁川への路線を週2便から3便増便しております。 また、那覇/釜山線を週3便、関空/務安線も週2便増便する計画とのこと。

 成田=グアム線/新規運航(チャーター便)(10月28日~)
 7C1182便 NRT 10時05分/GUM 15時00分(毎日)
 7C1189便 GUM 16時10分/NRT 19時00分(毎日)

 弊社でも取り扱いのあるLCCのひとつですが、成田からグアムに直行というのは使い勝手が良いですね。 是非、ご検討下さい。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント

全日空、羽田/ウィーン開設へ、欧州7都市目

2018-10-16 10:44:21 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 全日空(NH)は2019年2月17日、羽田/ウィーン線に新規就航する計画とのこと。 旅客便としては世界43都市目の就航地で、欧州では7都市目。 ウィーンへの週7便での乗り入れにより、欧州線のネットワークは7路線・週112便に拡大する。

 新路線の運航スケジュールは、羽田を深夜に出発して現地着が早朝となるもので、オーストリア航空(OS)などルフトハンザ・グループが運航する欧州内68都市への以遠路線も利用可能となります。 また、ウィーンから高速鉄道などの地上交通を利用することで中欧、東欧への移動も用意となることから、旅客と貨物それぞれの需要を取り込んでいきたいとのこと。

 使用機材はB787-9型機で、座席数はビジネス48席、エコノミー167席の合計215席。

 ▽NH、羽田/ウィーン線運航スケジュール
 NH205便 HND 01時55分発/VIE 06時00分着
 NH206便 VIE 11時50分発/HND 06時55分着※翌日
(いずれもデイリー運航)

 深夜便は日本航空のロンドン行き、エールフランス航空のパリ行き、全日空のフランクフルト行きしかなく、慢性的に混んでいて、運賃が高くなることも多かったのですが、ウィーン線が増えることにより、到着日を有効利用する方や、電車移動の必要な田舎町、そしてスペインの島々への移動にはより便利になると思われます。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント

たばこの免税数量が変更されました

2018-10-11 10:33:22 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 日本入国時のたばこ免税数量が2018年10月01日より変更されました。

 「紙巻たばこ」のみの場合: 400本 2018年10月1日より、たばこの免税範囲が変更され、居住者と非居住者及び日本製、外国製の区別がなくなりました。

 【加熱式たばこの免税数量の例】
 •「アイコス」(IQOS)の場合:400本
 •「グロー」(glo)の場合:400本
 •「プルーム・テック」(Ploom TECH)の場合:100個

 なお、2021年10月1日からは、•紙巻たばこ200本
 •葉巻たばこ50本
 •加熱式たばこ個装等10箱
 •その他のたばこ250g
 となります。

 「加熱式たばこ」のみの場合 個装等20個 ※1箱あたりの数量は、紙巻たばこ20本に相当する量

 「葉巻たばこ」のみの場合 100本、その他の場合 500g

 詳しくは「たばこの免税数量が変更されます!」をご参照願います。

オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント

ロシア 8月より列車の発着時間の表示がモスクワ時間から現地時間に変更

2018-08-01 10:40:44 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

欧州レイルパス販売のユーリンクによりますと、ロシアでは従来、列車の発着時間が発着地の現地時間や時差等にかかわらず全てモスクワ時間による表示となっていましたが、8月利用分よりこれが変更され、他の国々と同様に、それぞれが現地時間での表示に変更される予定です。 
 これにより利用の際の現地時間との時間差がなくなり、ロシアでの列車利用がより便利になります。

 詳しい情報は下のロシア国鉄RZDのページもご参照下さい。

弊社では航空券をご購入頂いた方のロシア査証代行取得や、欧州鉄道(レイルパスや、ユーロスターの乗車券の販売等)の手配もしております。 お気軽にお尋ね下さい。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント

タイ・エアアジアXJが中部/バンコク線、LCC初-10月末から

2018-07-28 09:20:41 | 航空券情報
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 タイ・エアアジアX(XJ)は10月30日から、中部/バンコク(ドンムアン)線のデイリー運航を開始するとのことです。 XJによれば、同路線にLCCが就航するのは初めて。XJは成田、関空、新千歳からドンムアンへの路線を運航しており、中部は4路線目となります。

 エアアジア・ジャパン(DJ)によれば、ドンムアン線はタイ発の中部圏の旺盛な訪日需要を受けたもので、中部はDJの拠点空港で、同社が中部/新千歳線を1日3便運航していることから、エアアジアグループの路線を活用して中部、新千歳を周遊する需要の取り込みをめざすとのこと。 当初はタイ発の訪日客が多くなる見込みだが、日本発の需要の取り込みも目指し、将来的にはタイ発と日本発を割合を同程度にする考えとのこと。

 日本市場については、運賃の安さをアピールすることで、新幹線で東京や大阪に旅行する消費者の需要の取り込みや、これまでLCCを利用していなかった層の新規開拓をめざすとのこと。 なお、中部/バンコク間については現在、スワンナプーム線をタイ国際航空(TG)が1日2便、日本航空(JL)が1日1便運航しています。

 運航機材はA330型機で、1月31日まではプレミアムクラス30席、エコノミークラス255席の計285席、2月1日から3月30日まではエコノミークラス全367席の機材で運航する予定で、31日以降の機材は未定とのこと。

 運航スケジュールは以下の通りになります。

▽XJ 中部/ドンムアン線運航スケジュール(10月30日~2019年3月30日)
XJ638便 DMK 06時55分発/NGO 14時20分着(デイリー)
XJ639便 NGO 16時30分発/DMK 21時10分着(デイリー)



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
コメント