風と空と花と…

風に吹かれて…さあ~どこ行こう!英国の田舎コッツウォルズ・パリ・韓国・沖縄・草津など気ままなTA B Iの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄の味

2007年07月30日 | 暮らし

沖縄が返還される前の冬、与論島を一人で旅した。
「この海のすぐ対岸に沖縄があるのに行けないんだ」
「泳いで行けそうなすぐ近くにあるのに・・・」
日本なのに日本でない!?違和感を覚えた。
近くて遠い存在の沖縄に、与論島から思いを馳せたものだった。

沖縄返還。
昭和47年(1972年)5月15日に施政権が米国から日本に返還された。
返還後、行き来が自由になり、情報も入ってくるようになった。
とはいうもののネット社会の今の比ではないが・・・。

音楽。
安室奈美恵さんはじめ、沖縄出身の歌手の活躍が目立ち始めた。
森山良子さんの歌詞にBEGINさんが曲をつけた「涙そうそう」を夏川りみさんが歌って大ヒット。
BEENさんと夏川さんも沖縄から出た。
森山さんが若くして死去したお兄さんへの思いを歌詞にこめたもので、胸に痛い。
夏川さんの声がまたいいのだ。
「涙そうそう」も私の大好きな歌の一つになった。

テレビドラマ。
沖縄を舞台にしたドラマ「ちゅらさん」が高視聴率を獲得した。
ヒロイン恵理役の国仲涼子さんも沖縄出身。
恵理の周りの人たちがなんとも温かいのだ。
それぞれ欠点はあるものの(人間だもの)、人間的魅力にこころ惹かれた。
おばあ役の平良とみさんがいい味出していた。
兄・恵尚役のゴリさんも面白かった。どうしようもない人間なのだが憎めない。

家族愛、友情、夢、生と死、郷土愛などさまざまな問題が盛り込まれていた。
毎日、楽しみに見ていた。

「ちゅらさん」を通して、沖縄がますます好きになった。
美しい自然だけでなく、家族や友達を大事にし、年長者を敬う沖縄の気質が心に響いた。
悲しい歴史を持つ(今なお戦争の傷跡を残している)だけに、人と人の絆が強いのかもしれない。


※写真は娘たちと旅した沖縄で食べた伝統料理。なかでも豆腐よう(唐芙蓉)が見た目もおしゃれで、美味しかった!
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 水納島 | トップ | ウスバカゲロウにご注意を! »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デナリ)
2007-07-30 22:34:59
こんばんは。
妹が南の離島に行ってから10年。
ちゅらさんが私も好きでした。
与論島へ学生時代に行った時のこと、読んでて思い出しました。
渡嘉敷・西表・石垣・竹富・・・南の島は何処も表情豊かでエキゾチック。
沖縄本島は、ちょこちょこ。
今、移住が流行っているそうですね。
沖縄は、今年修学旅行に子供が行く予定になっています。
戦争を学習するんでしょうが、子供は何かを予感してビビッています。
こんにちは (kju96)
2007-07-31 14:39:20
お久しぶりです。
今日から福岡の生活に戻りました。
朝から蝉の声がかまびすしく、日本の夏を実感しています。参議院選挙がなければもう少し居たかったのですが・・。
沖縄の夏も良いですね。
ちゅらさんの小浜島は是非、一度行かなくてはと思っております。
沖縄の夏は、ゴルフコンペの思い出。
沖縄は夜遅く飲み会が始まり、本土の感覚で飲んでいたら
飲みすぎて、翌日、朝の第1番のショットは空振り、
沖縄の人にだまされ、大笑いをしました。
豆腐ようと古酒なんて美味しそうですよね。
沖縄は特別のところですね。
こんにちは (kju96)
2007-07-31 14:39:20
お久しぶりです。
今日から福岡の生活に戻りました。
朝から蝉の声がかまびすしく、日本の夏を実感しています。参議院選挙がなければもう少し居たかったのですが・・。
沖縄の夏も良いですね。
ちゅらさんの小浜島は是非、一度行かなくてはと思っております。
沖縄の夏は、ゴルフコンペの思い出。
沖縄は夜遅く飲み会が始まり、本土の感覚で飲んでいたら
飲みすぎて、翌日、朝の第1番のショットは空振り、
沖縄の人にだまされ、大笑いをしました。
豆腐ようと古酒なんて美味しそうですよね。
沖縄は特別のところですね。
間違えて2回も (kju96)
2007-07-31 14:43:29
申し訳ありません。
こんばんわ♪ (dream)
2007-07-31 22:05:37
豆腐ようって、小さい割にお値段の高いヤツでしたっけ?



沖縄 (forever-green)
2007-08-01 07:52:10
私の場合は、ちゅらさんかな。
沖縄で暮らしてみると、自然と歴史・生活文化に豊かさを実感しています。
「なんくるないさー」なんとかなるさという、よく言えば思い切りの良さは、沖縄に人と一緒に仕事をしていると感じます。詰めが甘いといえば甘いけど、結果はそんなに変わらないし…という感じかな。

沖縄は海洋国家として中国、台湾、日本、韓国、東南アジアと交流して(最近では米国も)きましたから、食文化は豊かですね。

昨日、水納島へ行きましたよ(^^♪
デナリさん、こんばんは! (ユウ)
2007-08-02 00:00:05
妹さんが沖縄にいらっしゃるんですよね!
ちょこちょこ訪ねられるなんていいですね!
息子さんの修学旅行が沖縄ですか?

デナリさんも与論島行かれたんですね。
私が与論に行ったのは1970年代です。
最近は随分変わったことでしょうね!
デナリさんはいつ頃でしたか?
kju96さん、おかえりなさい! (ユウ)
2007-08-02 00:05:41
ニューヨークは大変でしたね!
でも、ご無事で良かったです!!!
旅行記、楽しみにしています♪

沖縄の離島はいいですね!
水納・小浜・竹富・渡嘉敷・西表・石垣・・・
1年ぐらい、の~びり暮らしてみたいです。
dreamさんへ♪ (ユウ)
2007-08-02 00:11:17
そうですね。
お値段たかいですね!
でも美味しいです。

海ぶどう、ソーキラーメンも好きです。
dreamさんは、沖縄の食べ物は何が好きですか?
なんくるないさー (ユウ)
2007-08-02 00:22:29
いい言葉ですね!
何があっても乗り越えていく、強さと明るさを感じます。
過去を引きずらない、思いっきりの良さでしょうか。

沖縄タイム…の~びりしていて、待ち合わせをしても時間通りに来ないって!?本当ですか?

沖縄の食文化は本当に豊かですよね!
理にかなった食べ方をしていらっしゃるし。
長生きする人が多いのは当然でしょうか…。
「なんくるないさー」の精神で、ストレスをためない生き方がいいのでしょうか。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事