沖縄での一人暮らし

再び、沖縄での一人暮らし。歴史・自然・文化を伝えます。

山羊刺身と山羊汁と山羊雑炊

2017-05-27 | 名護市
仕事が一段落したので、封印していた山羊の店へ。

ひんぷん山羊料理店だ。
オリオンビールの工場(白い建物が工場見学用のビル)の前にある。


昨日は懇親会の三次会で、おばあの孫が経営する、緑街のニ号店で山羊汁を食べたのだけどね〜。


山羊の刺身とオリオンビール。
美味しいよ。

お客は私1人。
おばあらしき人は、奥の部屋でテレビを見ている。大相撲だね〜。

山羊料理店の隣の家が壊されていて、驚いた。

立退きの話も、以前聞いたので、その後の話をおばあから聞きたいけど、おばあは相撲だ。

まだ、相撲は終わらないけど、刺身が終わったので、山羊汁と泡盛を注文する。

見た目は悪いけど、味は美味しい。

相撲が終わって、おばあがやって来た。
テーブルの向かいに座る。

腰は、まだ痛いらしい。
立退きは、今年は大丈夫そうらしい。
前よりも、頬に膨らみが戻って来た。
大好きなてびちを食べてるのかな。

山羊汁美味しいですというと、今でも、自分が味を塩で仕上げているという。
二号店 の山羊汁もおばあが味付けしているという。

お孫さんは、本店と二号店の両方の仕入れや仕込みで大変だね〜。

おばあは、以前みたいに体を動かせないので、ヨモギ切ったり、味付けなど、自分ができることをしなくてはという。

88歳で凄いね。

国側村からやって来た二人連れのお客さんも、おばあの山羊汁を楽しみにしており、毎月1回は来るという。

持参した鍋に山羊汁をお持ち帰りするお客がいた。お祝いごとかな。

山羊汁がスープだけになったのを見て、おばあが、汁にごはんを加えると、とても美味しいと勧める。
自分達も、そうやって食べているという。
賄い料理が、山羊雑炊ということか。

躊躇していると、ごはんが出て来た。
丸ごといれて、しばらく浸してごはんに汁が染み込む。

おじやのような、ジューシー(雑炊が訛っています)で、山羊雑炊はとても美味しい!

おばあが、ごはん代をサービスしようとするので、以前みたいに来づらくなるから、ちゃんと払いますよ。

ボトル入れたので、また行かなくては。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイパーが楽しい

2017-05-23 | 生活

梅雨入りした沖縄。
空気中には、1立方メートル当たり25グラムの水分が含まれています。

この湿度は、漆の乾燥に最適で、琉球王国時代には漆文化が栄えた。

乾燥肌の人には、お肌に優しく潤いをくれる。

しかーし。

お風呂場には、カビ君 喜んで出てくる。

そこで、これ。
100均で手に入れたワイパー。
シャワーの後に、飛び散った壁や床の水滴をワイパーで流す。

習慣になってくると、なんか楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初収穫と害虫退治

2017-05-21 | 生活

収穫しました。
無農薬のお野菜です。
美味しいです。

ゴーヤー君は、もう少し成長させようと思っていたのですが、虫がついていて。


下の方に虫が数匹張り付いていたのです。

よく見ると、見たこともない虫。

トゲアリ でもない。
ゴーヤ 害虫 で画像検索したら、すぐ分かりました。
アシビロヘリカメムシ の幼虫。
奄美大島より南に住む虫らしい。

逃げ足が速い虫なので、考えた退治方法は、ビニール袋を下に拡げておき、ゴーヤーの茎をハサミで切り、虫ごと収穫する。

ビニールの中で、虫を潰してやっつけて、水で流しました。数えたら、1つのゴーヤーに9匹も張り付いていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊江島とゆうもどろ

2017-05-20 | 伊江島(伊江村)

今日の伊江島です。
夕陽が創り出す風景は、日々、異なり、美しく、楽しめます。

本部町もとぶちょうは、ゆうもどろ、と言って、夕陽の美しい風景を楽しんで来た文化があります。
夕陽を見て、佇んでいるおばあやオジイ。
1日の終わりに、何を想うのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊江島 復帰45周年

2017-05-15 | 伊江島(伊江村)

今日は5月25日 沖縄が本土に復帰して45年経ちました。

陸軍の基地があった伊江島でも多くの人が亡くなりました。

昨年度 沖縄が納めた国税は3500億円で、沖縄が国から得た金額を上回った。

基地依存経済から、観光を中心とした経済へ。
海外からの観光客も、急増している。

かって、450年間続いた琉球王国は、万国津梁 世界の架け橋として、貿易で栄え独特の文化が栄えた。

45年は、琉球王国時代450年間の10分の一だけど、新しい沖縄の姿は、間違っていないと思いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊江島

2017-05-12 | 伊江島(伊江村)

伊江島です。
雲がかかって、いつもと違う表情です。

太陽が沈んでいきます。

日が暮れました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首里城にて

2017-05-09 | 首里城

首里城正殿は、漆の塗り替えをしています。
漆の乾燥には、25度以上の温度と湿度が必要で、沖縄は好条件。琉球王国時代には、漆の文化が栄えた。

鎖之間サスノマと庭園。
ここは、落ち着きます。
わだかまった松は健在。

新しくオープンしたところ。
建物は、正殿の北側。
城壁の白い部分が新しい。
近くで見ると、こうです。

イチゴが植えてあります。

古文書に、イチゴが書いてあったそうです。

全面開園まで、あと少しだそうです。
この階段が、南側に繋がると、瑞泉が近くなります。

待ち遠しいですね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊江島

2017-05-09 | 伊江島(伊江村)

昨日の伊江島です。
真っ赤なお日さまが、塔頭に近づいています。

ゴールデンウイーク期間には、原産のテッポウユリが数多く咲き誇るユリまつりが開かれて、多くの人が島に訪れたようです。

ハーモもあります。行ってみたくなる島ですね。

日が沈んでいきます。

最後まで、見れました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤモリ君とトマト

2017-05-07 | 生活

最近、見かけなかったヤモリ君。
ベランダにヤモリ君を発見。

しかーし、よく見ると

ヤモリ君ではなく、枯れたトマトの葉だった。

半年前に植えたトマト君。冬を乗り越えて、また元気になってきました。


こちらは、ゴーヤー君。
ぐんぐん伸びています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊江島

2017-04-30 | 伊江島(伊江村)

昨日は快適な日でした。半袖で、心地よく、湿度も感じない爽やかな沖縄でした。



窓を見やると、夕陽が伊江島に沈むところでした。
水平線に雲があると夕陽が雲に隠れてしまうのですが、湿度が低いので、きれいに見えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学式の夜

2017-04-10 | 名護市

今日は新入生の入学式で、お祝いの日です。沖縄では、盛大に行う習慣があって、驚く。
22時過ぎても、談笑する声が聞こえてくるので、夕涼みがてら、近所を一回り歩いて見ました。

歩きながらなので、ブレていますが、両方とも、庭にテント張ってます。

それも、運動会とかで使う大きなテント。
どこからか借りて来たのか、文字が書いてあった。

テントの下ではテーブルとイスが置いてあって、数人の男たちが、談笑していた。
三線や歌とかは、ない。

主役の子供たちは、家の中にいた。

そういえば、10年前に 帰宅したら、隣の玄関が大きく開いたまま、多くの靴が外にはみ出ていた。お祝いに駆けつけた知人たちだったと、後で聞いた。

こういう時はヤギ刺しやヤギ汁のもてなしがあるらしい。

小学校の入学式は、特別なことではないように思うが、無事に育って、これから学校という節目を迎えて、キッチリお祝いをするということなのでしょう。

今日は、職場でも、自宅でもエアコンがついたむし暑い日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電気自動車ハーモで楽しむ

2017-03-20 | 本部町

トヨタの1人乗り電気自動車で、美ら海水族館の周辺を走行して見ました。

コースはいろいろあって、カーナビが案内。狭い道では、静かにゆっくりと走ります。

畑作業をしている方と出会うと、「こんにちは〜」と挨拶すると、挨拶が返ってきます。

今帰仁の素敵な海岸や史跡に行くコース


本部町の集落や珍しい自然に行くコース




なかなかいいでしょう。
自動車間はヘッドホンとマイクで繋がって会話できるので、楽しいです。
「美らまーい」です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国頭港食堂

2017-03-18 | 国頭村

国頭くにがみ港食堂です。
「泳魚中』
営業中というダジャレに加えて、もう1つ意味があり、店内には魚が泳ぐ水槽が2つもあります。

国頭漁業の直営店なので、お魚は新鮮。
辺土名漁港にあった店を移転して、昨年12月22日にオープンした新しい店です。

人気のメニューのうち、魚のバター焼を頼んで見ました。
美味しかったです。

出口に面白いイラストが有りました。

宙に飛ぶ宇良。

大相撲の宇良うら関のおじいちゃんが国頭の人でイラストが上手だと、店の方が説明してくれました。

帽子に、「感謝 ありがとう」と書いてあります。
二回も重篤になり、生きていけることに感謝している、とおっしゃていました。
こういう気持ちを持った方と出逢えて、自分にもプラスになったと思いました。

すぐそばにはエメラルドグリーンの海。
美味しいお魚。
素敵なスタッフ。

また行きたくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火花

2017-03-13 | 生活

空港で時間があったので、累計300万部突破した話題の本を読んで見ることに。
売れない芸人の苦闘生活を書いたもので、読みやすい。

俳優は、物語の登場人物に観客を一体化させることが目的で、演技指導や監督の元に、自分を表現していく。

芸人は、笑わせることが目的でシンプル。お客さんが笑うか笑わないか、ネタ、掛け合い、間合い、表現力を磨く。

笑わせているのか、笑われているだけなのか。

自分では面白いと思うものが、なかなか評価されない。
お客さんに迎合していくのか、新しい笑いを創造し自分の価値を見い出すのか。

定職に就けば暮らしていけるのに、10年もアルバイトしながら芸人を夢見て、多くが挫折していく世界。

作者の又吉さんは芸人だから、芸人の立場を大好きな太宰治に重ねて描いたのではないかと思う。

表現力や例えなども丁寧に推敲されていて、驚きもあり、読んでいて楽しめます。

オチをどうするかとても悩んだと思うけど、それなりの結末にしてくれています。

次作も読んでみたいと思いました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ガジュマルの樹の下で

2017-03-01 | 生活

NHKのちゅらさんで、菅野美穂さんが演じた作家の城ノ内真理亜。
えりいのまっすぐな話を聞いて、メルヘンの物語を書いていく。

病気で亡くなったカズヤ君との約束。カズヤ君のガジュマルの樹を、フミヤ君と2人で植える。

12年の年月が経ち、2人とも大人になった。子供の頃の約束を信じ続けているえりいを見て、メルヘン作家なのに、あるわけがないと信じない真理亜さん。


書きかけの物語を読んだおばあが「せめて物語の中だけでも、ハッピーエンドにしてあげてね。」と真理亜さんに頼む。

カズヤ君の樹に向かって、「約束守れなかった。」と話すえりい。

そこへフミヤ君が突然現れる。
「こんなことって、ある!」と大粒の涙を流す真理亜さん。

ドラマと本が両方楽しめます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加