沖縄での一人暮らし

再び、沖縄での一人暮らし。歴史・自然・文化を伝えます。

電気自動車ハーモで楽しむ

2017-03-20 | 本部町

トヨタの1人乗り電気自動車で、美ら海水族館の周辺を走行して見ました。

コースはいろいろあって、カーナビが案内。狭い道では、静かにゆっくりと走ります。

畑作業をしている方と出会うと、「こんにちは〜」と挨拶すると、挨拶が返ってきます。

今帰仁の素敵な海岸や史跡に行くコース


本部町の集落や珍しい自然に行くコース




なかなかいいでしょう。
自動車間はヘッドホンとマイクで繋がって会話できるので、楽しいです。
「美らまーい」です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国頭港食堂

2017-03-18 | 国頭村

国頭くにがみ港食堂です。
「泳魚中』
営業中というダジャレに加えて、もう1つ意味があり、店内には魚が泳ぐ水槽が2つもあります。

国頭漁業の直営店なので、お魚は新鮮。
辺土名漁港にあった店を移転して、昨年12月22日にオープンした新しい店です。

人気のメニューのうち、魚のバター焼を頼んで見ました。
美味しかったです。

出口に面白いイラストが有りました。

宙に飛ぶ宇良。

大相撲の宇良うら関のおじいちゃんが国頭の人でイラストが上手だと、店の方が説明してくれました。

帽子に、「感謝 ありがとう」と書いてあります。
二回も重篤になり、生きていけることに感謝している、とおっしゃていました。
こういう気持ちを持った方と出逢えて、自分にもプラスになったと思いました。

すぐそばにはエメラルドグリーンの海。
美味しいお魚。
素敵なスタッフ。

また行きたくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火花

2017-03-13 | 生活

空港で時間があったので、累計300万部突破した話題の本を読んで見ることに。
売れない芸人の苦闘生活を書いたもので、読みやすい。

俳優は、物語の登場人物に観客を一体化させることが目的で、演技指導や監督の元に、自分を表現していく。

芸人は、笑わせることが目的でシンプル。お客さんが笑うか笑わないか、ネタ、掛け合い、間合い、表現力を磨く。

笑わせているのか、笑われているだけなのか。

自分では面白いと思うものが、なかなか評価されない。
お客さんに迎合していくのか、新しい笑いを創造し自分の価値を見い出すのか。

定職に就けば暮らしていけるのに、10年もアルバイトしながら芸人を夢見て、多くが挫折していく世界。

作者の又吉さんは芸人だから、芸人の立場を大好きな太宰治に重ねて描いたのではないかと思う。

表現力や例えなども丁寧に推敲されていて、驚きもあり、読んでいて楽しめます。

オチをどうするかとても悩んだと思うけど、それなりの結末にしてくれています。

次作も読んでみたいと思いました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ガジュマルの樹の下で

2017-03-01 | 生活

NHKのちゅらさんで、菅野美穂さんが演じた作家の城ノ内真理亜。
えりいのまっすぐな話を聞いて、メルヘンの物語を書いていく。

病気で亡くなったカズヤ君との約束。カズヤ君のガジュマルの樹を、フミヤ君と2人で植える。

12年の年月が経ち、2人とも大人になった。子供の頃の約束を信じ続けているえりいを見て、メルヘン作家なのに、あるわけがないと信じない真理亜さん。


書きかけの物語を読んだおばあが「せめて物語の中だけでも、ハッピーエンドにしてあげてね。」と真理亜さんに頼む。

カズヤ君の樹に向かって、「約束守れなかった。」と話すえりい。

そこへフミヤ君が突然現れる。
「こんなことって、ある!」と大粒の涙を流す真理亜さん。

ドラマと本が両方楽しめます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤモリ君

2017-02-23 | 生活

一人暮らしは孤独で、帰宅しても言葉を交わす人もいない。

金魚とかペットが暖かく迎えてくれたら、代償になるのかな。

最近、台所の流しで暮らしているヤモリ君。
今日は、いないのかと思ったら、ごみ袋の裏に張り付いていた。

結構、可愛い目をしています。
しがみついています。

おかえり!
お腹空いていない?

ヤモリ君は、実は昨日、九死に一生を得ていた。
ファイターズキャンプにはコンビニ弁当とペットボトルを持参したが、レジ袋に入れて持ち帰って台所に置いて置いた。
翌朝、分別するためレジ袋を開封して中を洗おうとしたら、奥底の弁当箱にヤモリ君が張り付いていた。

しっかりレジ袋の口を結んでいたけど、匂いにつられたのだろうか。もし、分別しないで袋ごとごみ袋に入れていたら、ヤモリ君二度と外に出れないところだった。

外には虫も少ない冬だから、ヤモリ君エサに苦労しているのだろうけど、注意してね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよなら名護球場

2017-02-21 | 名護市


今日は休みを取って、午前中は税務署で医療費控除の確定申告。

すぐに戻って、名護球場。
楽天との練習試合が13時にある。
早く行って並ぶのだ。

昨夜ローソンで、偶然隣のレジで買い出しに来ていた中田選手も、快調だ。


エメラルドグリーンの海のすぐそばにある球場も老朽化で、ファイターズも前半はアリゾナへ行ってしまった。

名護市はこれから取り壊して建て替えるという。愛着あったけど、プロ規格ではないよね。更衣室とかトイレとか市民レベルだし。内外野の席も少ない。



試合開始前にWBCに行く選手たちに花束贈呈。


試合は、ファイターズの勝ち。若い選手もたくさん出てた。

斉藤佑樹君も出てたけど、打たれて満塁になり、打たれて点を取られ逆転された。その間、後輩のルーキーが二回もエラーして気の毒だったけど、その石井選手が気迫の再逆転打を放ち、斉藤の黒星を消した。

野球には様々なドラマがあり、時には人々の生き方に影響を与えるが、球場が建て替わって、ドラマが思い出しづらくならないか。

年をとったのかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ファイターズ キャンプと中田選手

2017-02-21 | 名護市

帰宅が22時過ぎて、スーパーの弁当もなく、夕食はコンビニで調達だった。

隣のレジに、ジャージ姿の中田選手らしき人がいた。揚げ物か何かを注文して待っている。

店員に「ファイターズの中田選手だよね。」と小声で確かめると、
うなづいて「従業員なので、話しかけられないんです。」という。
しっかりしたアルバイトだね。

近くのホテルにファイターズが宿泊しているが、同じコンビニ圏なのだった。

侍ジャパンの4番が、夜遅く、しかも雨の中、若手のために買い出しに来て、レジで支払っている。

偉いよね〜。

そういえば、先週の金曜日に球場近くの居酒屋21で呑んでいたら、カウンター席の隣の年配のカップルが北海道から来たファイターズのファンだった。


男性は優しそうなサラリーマンながら、休日には猟師となる方で、ヒグマを仕留めた写真をアイパッドで見せてくれた。
北海道の人は、趣味がワイルドでスケールが大きい。

沖縄の知られていない歴史とか伊江島や大宜味村、国頭村の見どころをお話ししたら、泡盛のボトルを頂戴した。懐も大きい。

女性が、中田選手の大ファンだった。
「中田選手はヤンチャですよね。」と探りを入れると、印象的な出来事があったという。

練習を終え、選手が引き上げるとき、出待ちのファンが長い列を作り、サインや握手を求めて待っている。

子供達や女性ファン、写真を撮る方もいて、長時間かかるし体も冷えるので、できるだけ頑張るけど、途中で切り上げてしまうのが普通だ。

だけど、中田選手はたった一人残って、サインを求める人がいなくなるまでサインをし続けていた。最後のサインが終わった時に、嬉しかったのかバンザイをしていた。

その姿を見て以来、中田選手のファンになったという。

分かる気がする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最高12度最低11度

2017-02-11 | 沖縄


寒い日が続いています。
最高気温が12度で、最低気温が11度。

寒さが原因なのか、この一週間は風邪をひいてしまい、辛かった。厚手のかけ布団が助けてくれました。

何かないかと探していたら、布団袋が紫外線で劣化して、さわるとポロポロ破れ、かけ布団の一部が見えたのです。

寒さの原因は、強い北風と曇り空。
ヒマワリの画像では、海水温度は20度くらいはある。海の中の方が温かいね。

白い部分は、曇天でデータないところ。
昨日は、沖縄周辺は真っ白だった。

北風が強くて、海が荒れて、波が激しい。
それでも、サンゴ礁はありがたい。

人工ビーチの外側にあるのが、自然が作ったサンゴ礁の先端。
強くて荒い波が、サンゴ礁にぶつかって白く砕けてしまう。
サンゴ礁のおかげで、人工ビーチには、荒波が届いていない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄国際 洋蘭博覧会

2017-02-04 | 本部町

今日から9日間、海洋博公園で開催されています。31回目らしい。
海外からも出展があり、2万7千点以上のランの花が見事です。

こちらが、最高賞。内閣総理大臣賞。
リンコスチリス。

このほか、部門ごとにそれぞれの優秀作品には、外務大臣賞、農林水産大臣賞、文部科学大臣賞、国土交通大臣賞、沖縄担当大臣賞がある。
ディスプレイ部門

フラワーデザイン部門

海外出展部門

ランを使ったブーケもいいです。

こちらはマレーシアから
「ランの花が満開になり、大地に春が戻ってくる」というテーマです。

沖縄は春です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりにとられた

2017-01-17 | 生活

朝、窓辺で、鳥の鳴き声が聞こえた。
近づくとカーテンの隙間から、慌てて飛び立つ一羽の鳥が見えた。

電線に止まって、口をモゴモゴ動かしている。何やら赤いものを食べてた。



家庭菜園を確かめると、ひょうたん形のトマトが無くなっていた。

たぶんヒヨドリ君。
すごいね。冒険だったね。

鳥さんのために、残りのトマトをそのままにしておこうかとも考えましたが、きっと全部持っていかれるし、今後も次々と狙われるに違いないので、全部収穫しました。

甘くて美味しかったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

14℃は寒いですか?

2017-01-16 | 生活


記録的な寒波が来て、全国的に寒い日が続いています。駅伝のランナーが、頭に降り積もった雪を乗せたまま走っていました。

沖縄はどうなのか。

思わず、「寒い!」と言ったら、地元の人が「やっと、体が沖縄に慣れてきましたね〜」と嬉しそうに言った。

気温が15℃を下回ると、一般的な沖縄の人は「寒い」というらしい。

これは、 寒いのか、涼しいのか。ビミョー。

コートやマフラー、厚手のセーターを着ることがないので、強い北風に吹かれると 肌寒いです。

「ソリャ、薄着だからね。」とツッコミ入るところ。


沖縄近海の海水温は、1月でも24℃。

亜熱帯性気候の理由です。


気温は、太陽の熱で温められた地面や海面に、空気が触れて温かくなる。

中国大陸や朝鮮半島の海は冷たく、吹いてくる北風は、体の熱を奪って行く。



北風さえ吹かなければ、南国気分なんだけどね〜。

夜は、換気のため開けていた窓も閉めて、毛布も一枚出したこの頃です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第38回トリムマラソン大会

2017-01-15 | 本部町


海洋博公園で、トリムマラソン大会が開かれていました。自己申告したタイムにどれだけ近く走れるか競うものです。
コースは広い公園内を中心に、3〜10キロをそれぞれのペースで走ります。

というか、歩いている人も。
86歳の女性と92歳の男性が最高齢で、毎年楽しみに参加していると語っていました。
速かった人、ピタリ賞、最高齢の方、遠方から来た方、パフォーマンス部門など、賞も多様です。

白雪姫プロジェクトの方や、両脇を抱えられて歩く高齢者、ベビーカーで参加する外国人家族もいました。

早速、琉球新報社が新聞を発行していました。移動編集号という車の中で印刷していました。凄い車があるのですね。

人工呼吸器の方の記事が出ていました。 琉球新報
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

首里へ

2017-01-14 | 琉球


首里城へ行って来ました。
ちょうど、假屋崎省吾さんが生け花を展示しており、たくさんの方が集まっていました。

首里城の中は、平日でも、多くの方が見に来ていました。外国人も多くて、琉球王国の文化に関心があるようでした。

展示物は写真撮影できないのですが、琉球楽器を復元して展示していました。
戦争で焼失していたのですが、徳川美術館に献上されたものが保存されていました。徳川美術館の館長のご厚意でお借りするとともにして、人間国宝の室瀬和美さんに声をかけて下さり、往時の美術品が素晴らしい形で再現されていました。


明治になって廃藩置県により、沖縄県の設置とともに琉球国王は県外に去ったのですが、最後の国王の四男、尚順男爵が住んでいたところです。松山御殿とも呼ばれています。

男爵は、琉球新報や沖縄銀行など今日の中心的会社を設立するとともに、美食家でもあり、琉球料理のレシピを遺稿で残したそうです。
こんな感じなのでしょうか。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の家庭菜園

2017-01-09 | 生活


10月に植えたミニトマトです。
肩の高さまで成長しています。10個くらい美味しく頂きました。

少しずつ、赤くなるのが楽しみです。

ひょうたん形のトマトもあります。
食べるには、まあるい方がいいです。

年が明けたら、また、花を付け始めました。気温は20度で、最低気温も19度で安定した温度。温室みたいな感じです。

今年も、よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばあ退院おめでとう

2016-12-10 | 名護市


ひんぷん山羊料理店は1962年創業。

54年間、山羊の刺身と汁だけで、沖縄文化を築いて来た。
時代やお客は変わっても、値段は創業以来変えることなく、お客様のために頑張って来た。

その偉大なおばあが、数えで88歳を迎えた祝いの年に、転んで脚を骨折してしまった。

6年前 初めて会った時のおばあ


県立病院で手術して、リハビリの病院に移ったと聞いたが、正直、怖かった。

昨日 電話すると 明日退院だという。
車椅子ではないという。

よかった。

おばあは、強い。

大好きなテビチは、入院中食べれたのだろうか。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加