沖縄での一人暮らし

再び、沖縄での一人暮らし。歴史・自然・文化を伝えます。

ひんぷん山羊料理2号店

2018-02-17 | 名護市

山羊を食べに、みどり街の2号店へ行ってきました。
以前より、店構えが明るくなった。
ヤギさんの絵も描いてもらったんだ。

店内には、おばあの姿はなかったけど、娘さんが厨房にいた。

「この間、新聞に載ってましたね」と声をかけると、「続報も出るんです」と言う。あの記事のままだとお店が本当に終わっちゃうと誤解されるかも。

琉球新報も取材があったらしい。
どんな記事が出るのか、楽しみだ。

日本ハムファイターズの名護キャンプが始まリ、街は賑やか。

店内にも、富山から来たというカップルがいた。
「ヒツジを食べたことはあるが、ヤギを食べるのは初めて」と言う。
山羊と羊 、漢字は似てるけど、肉の味は似てないと思う。ヒツジの定番料理のジンギスカンは肉の臭いを消す料理なので、ヤギも同様に臭うと想像しているのかもしれない。

それに、羊肉の刺し身って聞いたことがない。美味しそうには思えない。

そう考えると、山羊の刺し身を美味しそうに食べている我々を目の当たりにして、この人達はビックリしているのかもしれない。

そのお客様は、ヤギ汁を注文した。
「ヤギ汁って、飲んだことない」と女性がいう。
飲み物じゃないんだけど…。

それに、見た目は驚くほど悪いよ。

一人で来ていた地元のおじさんと話し込んでいたので、その後初めて見たヤギ汁が気に入ったのかどうかは、わからない。

我々も山羊汁を頼み、泡盛のボトルも入れた。泡盛はストレートでいただくと味がよくわかる。チェイサーの水は空いたビールグラスで十分です。

お孫さんも、途中で現れた。

二人で、山羊刺し身と山羊汁とビールに泡盛のボトル1本を入れてお代は4500円。
御馳走様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひんぷん山羊料理店(閉店の記事)

2018-02-14 | 名護市

本日の沖縄タイムスに「老舗ヤギ料理店に幕」という見出しが載った。

沖縄タイムスは、琉球新報と並んで沖縄県民の愛読紙だ。

名護市の「ひんぷん山羊料理店」の記事だった。

88歳の宮里さん のれん守り56年「名残惜しい」 とある。

緊張しているのか、おばあは笑顔を見せていないよ。

 

家の周りは、再開発工事が進み、取り壊されるのは、間近だ。

記事にはそのことは触れていないけど…。

 

一面の「沖縄タイムス」のタイトルの直ぐ下にある本日のトップ記事目次に、

この記事がカラー写真と要約つきで紹介される、重要ニュースだ。

 

「新しい名護市長が、首相と面談」という重大記事よりも、上に紹介されている。

異例の扱いだ。

全国にも、この店のファンが多いからなのだろうか。

おばあが作り上げ、守り続けた料理文化への敬意の表れと、お別れのメッセージなのだろうか。

 

…ひんぷん山羊料理店には、何度も行きました。

お店に関するblog記事は、このblogのカテゴリー「名護市」に数多く掲載しています。

おばあの考え方や生き方も記事にしましたので、よろしければ見てください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お風呂に入った。風邪か花粉症か

2018-02-12 | 生活

沖縄のアパートの浴室には、浴槽があるけど使うことはない。冬でも普通はシャワーで十分です。

しかーし、風邪なのか花粉症なのか、鼻炎が喉にきて、咳も出て夜も眠れず苦しい。

三連休なのに、何も出来ず、掃除片付けとコンビニとドラッグストアに出かけたくらいが成果だ。

シャワー浴びたら悪化しそうなので、1年ぶりに風呂にお湯を張った。カラダがポカポカ、やっぱお風呂はいいよね。
よく見たら、沖縄の風呂には追い焚き機能が無い。お湯を貯めるだけで、冷めたらどうしようもないのね。

カラダが暖まったらクスリを飲むのだけど、そもそも異常な寒波由来の風邪なのか、毛布のハウスダストなのか、原因がよくわからない。一応2種類買ってみた。

肩口が冷えるので、夜中に綿毛布を肩に巻くのだけど、なんか模様にムラがあることに気づいた。
コレって何?黄色い斑点模様がある。

翌朝、洗濯機に洗剤と少しの漂白剤を入れて、少しつけ置きして洗ってみた。汚れがきれいに落ちた。黄色いカビだったのか。毛布はあまり使わないので、一度も洗濯したことがなかった。

カビはハウスダストだから、コレが原因なら、花粉症のクスリだね。

パブロン、アレグラ、パブロン、パブロンで回復して来た。夕方から早寝したので、今大会初のメダルを見れなかったのは残念だったけど、三連休で回復して良かった。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界からランの花が3万点

2018-02-08 | 本部町

沖縄国際洋蘭博覧会に行って来ました。
会場となる海洋博公園の熱帯ドリームセンターには、3万点のランが咲いています。



外国から約1万点が出展され、部門ごとの審査が行われています。

左から、農林水産大臣賞(切り花)、外務大臣賞(国外出展)、総理大臣賞(総合審査)、沖縄担当大臣賞(鉢物)の受賞作品です。

こちらは国土交通大臣賞(デスプレイ)。

海外から16の作品が、それぞれいろいろなテーマを表現していて、楽しめます。

文部科学大臣賞(フラワーデザイン)。

伊平屋島や伊是名島の小学生も出展しています。

自分としては、こういう地味なのもいいかと思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵が立つ!!

2018-02-04 | 生活

卵が立つわけがない、と思うかもしれないが、この写真を見て欲しい。

今日は立春。First Day of Spring
卵が立つ日だと、マレーシアの人が言う。
多くの人がチャレンジして、卵を立てた写真を、ラインなどで共有するらしい。

小さな子供が、卵を立てている写真を見せてくれた。
初めてチャレンジして、喜んでる人の写真を見せてくれた。

疑っていたが、試してみる価値もある気がしてきた。

コンビニで卵を買って.やってみた。
ツルツル滑る、滑らかテーブルでも、卵が立って。


「コロンブスの卵」では、ない。
本物の生卵が、殻を壊すこともなく、立つ!

凄くない?

教えてくれたマレーシアの人に写真を見せると、返事が来た。
Congratulations u made it😅
so now one egg one wish....you can make one wish ! May your wish comes true.
卵を一つ立てると、願い事が一つ叶うらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閉店の夜

2018-02-01 | 名護市

ひんぷん山羊料理店のおばあから電話がかかって来た。
「今日で閉店するよ。何時に来るの。テビチもあるよ。友達誘って来てね。」

月曜日もお店に行ったので今週2回目だけど、最後だから、万難を排して行く。

お店の入り口には手書きで、閉店の挨拶が書かれていた。
89歳のおばあが、56年続いた店を閉じるのはどんな想いなのだろう…。

「一号店ができるまでは、二号店で営業しています!」
おばあは、まだまだ一号店として、新たな場所で続投する気力に満ちている!

自家製のテビチだ。
塩を加えて下ゆでして、脂を取ってから、みりん、料理酒、焼肉のたれで3時間煮込むという。
コラーゲンがたくさん含まれて柔らかくて美味しい。

こちらのオードブルやサラダも、サービスで頂いた。
今日は、お店にとっても特別の感謝の日なのだ。

おばあもお客さんが多いから忙しい。

山羊の刺し身に山羊汁。
生姜と酢醤油で美味しくいただきます。
皮に近い部分はコリコリ歯ごたえがあり、赤い肉は上等で柔らかい。

山羊は匂いがすると言う人がいるから不思議だ。この店の刺身も汁も、匂いが気になることはない。おばあも不思議がっている。

ご馳走に長居をしてしまい、気づいたら最後の客になっていた。
山羊料理を継承する、おばあと娘さんと孫が記念撮影をして、お別れしました。

長い間ありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒潮の大蛇行と大雪 それにウナギ

2018-01-27 | 

関東に大雪をもたらした1月22日。気象庁が公表している海水面温度です。

昨年の同じ日では、次の通りです。

比べると、
紀伊半島沖合いに、海水面温度17度の大きな冷水塊(図の白い部分)が出来ている。
これは、沖縄から来る暖流の黒潮が紀伊半島から離れて南側に大きく南下したのが原因です。

茨城県の海水面温度が17度から4度も低下している。
これは、北海道から来る寒流の親潮が、南下した黒潮の後に入り込んでいるのが原因と思われます。

1月22日に関東方面に降った大雪は、黒潮が大蛇行し南下したため、湿った寒気が暖められて雨になることがなく、雪のまま押し寄せてきた結果と言われています。

川や海から水蒸気は常に蒸発していますが、気温が水温より低いと蒸発した水滴が冷却されて大きくなり、霧となって川面や海面に立ち込めます。川は幻想的風景ですが、海は船が衝突したりして危険です。

一方、沖縄周辺の海域では、昨年は24度でしたが今年は本島で22度、八重山諸島で23度と、若干低下しています。

温度差が少なければ影響がない、というわけでは無さそうです。
マリアナ海溝付近で産卵されるニホンウナギの稚魚が、今年は鹿児島県や台湾でもまったく獲れない、1%程度だと報道されていました。

もっと南側の黒潮で、ミンダナオ海流に乗ってしまうとか、大きな変化が起きているのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道路の除雪は、やるべきなのか?

2018-01-26 | 

月曜日に積もった雪ですが、除雪がうまくできなかった場所では、溶けた雪が凍りついてしまいます。

3日後の木曜日になっても道路がアイスリンク スケート場のようです。


横断歩道が凍っていると 転倒して車と接触する危険があって、怖いですね。


カチンカチンの氷塊は、スコップでは歯がたたない。
こちらでは、釘抜き バールを、ハンマーで叩いて、氷を砕いています。それでも、大変な作業です。

シルバー人材センターの人達がカナヅチで点字ブロックの上の氷を砕いています。


冒頭の横断歩道もようやく道が出来ていました。

よく見ると、鋭利なもので氷を砕いたのか、道路に穴が点々と残っています。


みんなで除雪したところは、こんな感じです。こちらはマンションの管理人さんも一緒になって きれいにできました。

道路の横断歩道は、やる人がいなかったので、一人でコツコツと除雪しました。交差点なので、これが8箇所もあって、気づいたら2時間も除雪にかかりました。


実は 、雪が溶けた2日目の除雪が大切です。夜中には気温が氷点下になるので、シャーベット状になった雪を 排水溝まで導くように除雪しておくことが重要。

車や人が乗って氷板になったものは、先の平たいスコップをガシガシ差し込んで、1つずつ運びます。
重たいし、車や人はくるし、信号待ちの間は休んで、信号を気にしながらの危険な作業です。


ここまでやらないと、さっきの横断歩道のようになってしまう。

しかーし、なんでそこまでやるの?
道路の除雪は車の往来があり、とても危険作業なので、プロと違って充分な安全対策ができない市民が一人でやるものではない、との意見もあります。

今回はやってよかったと自分では思いますが、歩道はともかく、道路の除雪をするかどうかは 、慎重に判断することが必要ですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八重岳のサクラ

2018-01-23 | 本部町

サクラが咲いています。
ヒカンザクラ という種類。

本部町の八重岳に自生しています。
山腹に点在するサクラと緑のヒカゲヘゴの色合いが、美しい。


サクラは一定の寒さが累積しないと開花できないので、沖縄では山の上から咲き始めます。


山頂には米軍基地があり、山頂に続く道端に、米国人と地元の人が一緒にサクラを植えたそうです。

今が見頃です。八重岳サクラ祭り🌸。


展望台からは伊江島も見えます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の風景

2018-01-22 | 

今日は雪が舞って、積もりました。
ここは、沖縄ではないですよ。

雪景色は、街を美しくする。
雪化粧とは、ナイス!な日本語。


クルマだって、綺麗。


道路だって、綺麗。


雪かきも、しました。


1時間やって戻って来ると、最初のところはもう積もってる!


横断歩道も滑るから、雪かきせっせとする。
道行く人が、「ご苦労様」と声かけてくる。

高校生くらいの子が、「この道 歩きやすい!」。間接的な表現ダネ。
「ありがとう、元気出るよ!」と返す。

雪が積もらないと、こんな会話は生まれない。


沖縄の人に、写真を送ってあげた。

「きれいな雪景色。」
「今まで、雪を見たことない!」
「雪かき、したことない!」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひんぷん山羊料理店は1月末まで

2018-01-13 | 名護市

昨日、ひんぷん山羊料理店に行くと、今月限りで閉店するという。
カウンターに「お疲れ様様でした」と書かれた胡蝶蘭が置いてあった。

住居と道路の間に、店を構えた造り。
雰囲気がとても良かったのだが、これも見納めだろうか。

お品書きは3種類だけ。

ヤギ汁 1000円
ヤギ刺身 1000円
ヤギソバ 700円

ヤギは一頭ずつ自分で見て仕入れている。
1歳半くらいが美味しいらしい。あとは体型とか、コツがあるようです。
1000円では、利益が出ないので値上げしたらと思うけど。

新しい店は、駐車場があるところを探している、とおばあがいう。
遠くから車で来るお客さんが多いからね。

4月の入学祝いには、相当数のヤギの需要があるので、それまでに開店できるといいけど。

長らく住んだ家だし、引っ越しも大変だねというけど、おばあは気にしていない。

そういえば、杖も持っていない。
おばあ、完全復活 みたいです!

89歳にして、引っ越しへの不安とか、引退の考えは感じられない。
おばあは元気で、うれしい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海水温の方が10度も温かい

2018-01-13 | 沖縄

沖縄を取りまく暖流。
冬でも22度あります。

気温は 12度。
海水温より、10度も低い。

冷たい風が強く吹くのと、お日様が出てこない天気が続いている。

夜中でも11度で、気温はあまり変わらない。

明日は日差しが出てきて、気温が上がりそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議なスイッチ

2017-12-27 | 沖縄

窓際に、不思議なスイッチがある。
スイッチを入れても、何の変化もない。
除湿用の換気扇なのかと思ったが、音が聞こえてこない。
不気味だ…。

昔、長野に引っ越した時も、同様に不思議なスイッチがあった。
説明書きはない。スイッチを入れても、何の変化もない。

冬が近づき、日増しに寒くなり、毎晩雪が積もるようになったある朝、台所も洗面所も水が出なくなった。

水道管が凍りついていた…。
立ち上がりの水道管にお湯をかけたが、水は流れて来ない。
昼頃になって、一斉に蛇口から水が出てきた。これが毎日繰り返されたら、毎朝水が使えなくて長野では暮らしていけない。

その話をすると、凍結防止が付いていないかと聞かれた。長野のスイッチは、水道管が凍らないように、温めるヒーターだった。

沖縄のスイッチは、何のためにあるのか?

沖縄では、日中は洗濯物を見かけない。
出かけている最中に、強風が吹いたり、にわか雨が降ったりする上、強烈な紫外線で洗濯物が色落ちするようだ。

それで、夜中に洗濯物を干すことが多いようだ。

沖縄のスイッチは、ベランダの照明だった。人が歩く廊下は当然だが、ベランダに照明がついてるなんて、考えもしなかった。昼間だったので気付かなかった。

ところが変われば、スイッチも変わる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

具志堅用高記念館

2017-12-24 | 沖縄

いつか行ってみたいと思っていましたが、念願叶いました。バスターミナルからタクシーで500円。
一階には、プロボクサーだった具志堅用高が世界チャンピオンになり、13回防衛した栄光、ファンやマスコミの期待や熱気が、新聞記事で伝わってくる。



二階に上がると、リングが用意されており、横にはサンドバッグとグローブがある。

サンドバッグを拳で叩いてみると、ズシリと重い。世界戦のリングに上がるまで、具志堅はどれだけサンドバッグを叩いたのだろうか…。

いつのまにか、モニターが動き出した。


41年前の21歳の具志堅用高の強さに、圧倒される。相手は21勝(15KO)1敗の強打の世界チャンピオン。相手のパンチを見極めて、交わしたところに、強烈な左ストレートやフックを叩き込む。
強打の世界チャンピオンがリングから落ちそうになるほどだ。

世界戦14戦のうち9回をノックアウト勝ち。全盛期の姿を見ることはほとんどできないが、ここでは、ノックアウトシーンを全て見ることが出来る。

石垣島が育んだ英雄の栄光が、ここにある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひんぷん山羊料理店 閉店へ

2017-12-18 | 名護市

おばあから、電話がかかって来た。
三枚肉を作った、という。

珍しくお客さんが誰も来なかったので、おばあからいろいろな話を聞いた。


山羊専門店を出す前は、名護の公設市場でレストランをやっていて、いろいろな料理を出していた。

当時の沖縄の人たちは、山羊は会社の職場などで自分たちで料理をしていた。

冷蔵庫も冷凍庫もない時代だったので、すぐに食べないと傷んでしまうものだった。

沖縄は、お正月や小学校入学祝いなどのお祝い事には山羊が欠かせない。

55年前に、初めて山羊料理の専門店を出した。山羊肉の刺身と山羊汁だけ。

ヨモギ入れるのもウチが最初。当時から値段は千円。今も。

山羊肉は臭うので苦手という人がいるのが、不思議だ。
3年前に内地から競輪の選手が大勢、山羊を食べに来た。どれだけ臭いのかと来てみたら、全く臭わないと驚いていた。


調理場は、綺麗に磨いて消毒する。野菜も葉っぱ一枚ずつ洗う。ゴーヤも塩で揉んでから出す。

夏場は特に神経を使っており、55年間保健所から言われたことはない。
店は借地なので古いままで手直しもせずに見かけは悪いが、調理場はピカピカ。

 

 ……そして、重大な話を聞いた。

来年2月か、3月には、閉店するという…。

10年前から地主さんから立ち退きを求められていて、頑張って営業を続けてきたが、閉店するという。店の周囲は大きなマンション建設が進んでいるから、この場所も駐車場か何かに変わるのだろうか。

閉店後は、緑街の2号店で、15時くらいから店を開けて営業を続けるとともに、大きな店も探す。  

 

この店の山羊料理を楽しみに、遠くからやって来る人もいるのだから、閉店の予告は早めに出してくださいね。

55年続いた、味のある古い店が、とうとうなくなってしまうのか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加