Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★

2012-02-12 23:54:38 | 映画(た)行
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

誰がハリエットを殺した?  


上映時間 158分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2012/02/10
ジャンル ミステリー/サスペンス
映倫 R15+

 【解説】 

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー3部作の1作目
『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を、2009年のスウェーデン版に
続き今度は「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で
再映画化した衝撃のミステリー・サスペンス。
40年前の少女失踪事件の調査を依頼された社会派ジャーナリストの主人公が、
社会のほとんど全てに敵意を向ける孤独な天才ハッカーのパンク少女と奇妙な
協力関係を築き、次第に明らかとなる巨大財閥一族のいまわしき秘密に迫るさまを、
ハードなバイオレンス描写を織り交ぜスリリングに描き出す。
主演は「007/カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグ、注目のヒロイン、
リスベット・サランデル役には大抜擢となる期待の若手ルーニー・マーラ。

 【ストーリー】 

スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、
大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルから
ある依頼が舞い込む。それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた
一族の少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から
社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、
リスベットを紹介されるのだが…。

2月10日(金)公開

公式サイト

人気ブログランキングへクリックありがたや~

【感想】<109シネマズ川崎にて鑑賞・2・11>


ミステリー、サスペンス好きとしては、今月1番観たかった作品です!
レッド・ツェッペリンの移民の歌(のカバー)が流れる中、ナレーションが一切なく、
目まぐるしく変わるカットの予告編は、斬新で、鮮烈で、その圧倒的な迫力の
予告編を観た時から、早く観たい!と思っていた作品でした!
『だれが ハリエットを殺したのか?』TVCMで、何度も流れたこの言葉、
ミステリーファンとしては、犯人を知ってしまっては、楽しみが半減してしまう
ということもあって、オリジナル未見、原作未読となんの情報も入れずに
鑑賞しました。



移民の歌は、予告編で流れるだけと思ったら(映画の予告で使われる曲が
本編で使われることがあるとは限らないので)いきなり、オープニングクレジットから
流れてきて、その上、そのタイトルバッグが、またまたスタイリッシュでカッコイイこと!
もう、最初から、テンション上がりまくりで観てました(笑)

ちなみに、映画で流れる移民の歌は、ヤー・ヤー・ヤーズのヴォーカル
であるカレン・Oがカバーしているそうです。女性のヴォーカルって言うのが、
面白いですね。タイトルバックに流れるスタイリッシュな映像は、
リスベットの悪夢を表しているそうですから、歌は彼女の心の叫び声になるのかも?

さて、OPから、期待と興奮とで、ワクワクでしたが、本編に入ると、
ハリエットの事件に関係する財閥一族の人物が多く、しかもスウェーデン人だから、
名前が覚え難い(^^;これは、予習しておくべきだったかな?とちょっと後悔していたら、
ミカエルも「誰が誰だかまださっぱりわからない」みたいなことを言っていて、
可笑しかったです。
そして、その時、ヘンリックが「その内嫌でもわかってくる」と言うのですが、
その台詞通りで、何となくわかってきましたし、名前がわかり難いということは
そんなに問題ではなかったです(笑)

この作品は、タイトルに、ドラゴンタトゥーの女とあるくらいですから、
やはり、キャラクターの魅力が勝負所であるわけで・・・
と言うことで、主なキャストです


ダニエル・クレイグ(ミカエル)・・・雑誌「ミレニアム」の経済ジャーナリスト
今年44歳ってことは、ジョニーやブラピよりも年下ってことにビックリ~。
イメージは、今や007なんですが、知的な雰囲気もあるので、ジャーナリスト役
似合っていました。渋くて素敵

ルーニー・マーラ(リスベット)・・・セキュリティ会社の調査員。社会性はないが
驚異的な情報収集力のある天才ハッカー

オリジナル版を観ていないので、比較できませんが、ソーシャルネットワークに
出ていた彼女とは同一人物とは思えないほどの外面、内面で、体当たりの演技は
アカデミー賞の主演女優賞もうなづけました。

実は、私は、古い人間なので、ピアスとタトゥーは苦手(耳のピアスはいいんですが)
鑑賞前は、リスベットの外見に、ちょっと戸惑ってました(^^;
彼女に感情移入できるのかと。。。ですが、彼女が背負ってきたあまりにも過酷な人生を
垣間見て、それにもめげず強く生きる彼女に、しかも頭もいいですしね
・・・リスベットが人気があるのも納得しました


<よ~く観ると、面影がありますが、まるで別人


クリストファー・プラマー(ヘンリック)・・・かつてスェーデンの経済界に君臨していた大富豪。
ヴァンゲル・グループの前会長。


ステラン・ステルスガルド(マルティン)・・・ヘンリックの甥で
ハリエットの兄。ヴァンゲル・グループの現会長




ロビン・ライト(エリカ)・・・ミレニアムの経営者。ミカエルの愛人

スティーブン・バーコフ(ディルク)・・・ヘンリックの弁護士

デビッド・フィンチャー、猟奇殺人事件とくれば、すぐに思い出すのが「セブン」
あの時も、何気ないシーンの映像に、ドキドキハラハラしたのですが、
今回も、真相に近づいていく、ジャーナリストとしてのミカエル、ハッカーとしての
リスベッドの別々の調査シーンが交互に映し出される映像はスリル満点でした

一見難解に感じるストーリーですが、実は意外とまっすぐでわかりやすいような
感じもしました。猟奇的殺人事件を扱ってはいますが、セブンほどグロイシーンは
なかったと思います。
ネコちゃんは、絶対に殺されるだろうなあって思っていたら、案の定



上映時間158分?2時間30分以上?
そんな長さ全然感じないほど、物語に、キャラクターに惹き込まれて、
アッと言う間に終わりました。
フィンチャー監督の映像と音楽センス好きです。面白かったです
そして、原作と異なる切ないラストも嫌いじゃないです
(原作は読んでいませんが、映画は原作と異なるラストとあったので、
多分、リスベットの淡い恋心?が原作と違うのではないかと勝手に思いました)



監督が、ロケ地を北欧スウェーデンにこだわって作ったこの作品ですが
それは、成功したようで、ミステリアスな雰囲気が漂っていました。
スウェーデンの寒さ、暗鬱さ、猟奇的殺人事件の残虐さに、身も心も
凍って下さいませ(笑)
と言うほど怖くはなかったですが
ミステリー大好き人間としては、原作は絶対に読まなければ!
あっ!オリジナル版もみないとね



オマケ

原作も映画もこんなにヒットしているのに、原作者のスティーグ・ラーソンは、出版の前年に
50歳で亡くなっているとのことで、残念ですね。。。

<↓AXNで、ドラゴンタトゥーの女の紹介番組(30分くらい)がありました>

スウェーデンと言えば、VOLVO、H&M、
そして「ゆりかごから、墓場まで」が有名なように社会保障が充実した国のイメージ
そそ、ノーベル賞もそうですね。
あと、意外なことに、北欧のミステリー大国でもあるんだそうです。
ちなみに、この原作は、スエーデン人の半分以上が読んでいて、世界46カ国で
翻訳されているそうです。
また、映画(スウェーデン版)のヒットもあって、ミレニアムツアーなるものもあり
年々参加者が増えているそうです。
(リスベットがタトゥーをいれたスタジオ、ミカエルが、コーヒーを飲んで
マルボロの赤を買ったカフェなども訪れるそうですよ)



人気ブログランキングへよろしくお願いします
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« ★麒麟の翼 ~劇場版・新参者... | トップ | ★結婚記念日&温野菜★ »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-02-13 01:21:35
珍しくオリジナルも原作も全部知った上での鑑賞でした。
デヴィッド・フィンチャーならではのめちゃくちゃスタイリッシュな映像がすっごいかっこいいのね!でもだからといってオリジナルのスウェーデンの陰鬱とした空気感がなくなっているかというとそんなこともない。やっぱこの辺上手いなぁと思います。
キャラクターの魅力では私はやっぱりオリジナルが原作に近くて良かったと思いました。ダニエルは凄くいいんだけどちょーっとカッコよすぎなのよねwリスベットはえらく女の子っぽくなってしまったんで、ここは正直残念でした。
オリジナルも原作も是非!ホント面白いです^^
おはようございます。 (BROOK)
2012-02-13 06:06:55
私も原作未読、オリジナル未見のまま鑑賞しました。

まずはOPクレジットからたしかにスタイリッシュで目を惹くものがありましたね。
ここから既に大興奮でした。

ストーリーは謎が謎を呼ぶ展開で、
どう転ぶのか…全く予測出来ず。
真相には、驚きつつ…
あのラストのリスベットの切なさが印象的でした。
この部分がオリジナル版と違うようです。

これは是非とも続編2作もハリウッド映画化して欲しいですね。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-02-13 13:00:29
おお~ひろちゃん高得点!
私も予告編でテンション上がってて、オープニングがこれまたカッコ良くてテンション上がりました。

登場人物がやたらと多いから頭の中混乱しちゃいますよねぇ。
一応スウェーデン版を観てたので良かったけど...。
スウェーデン版も面白いからぜひ観てみて~!
TBいただきました。 (mori2)
2012-02-13 19:49:13
予告とOPは、確かにスタイリッシュでしたが、内容はフィンチャー節全開!で、結構おどろおどろしかったですね。いやあ、連続猟奇殺人なんてテーマ撮らせたら、やっぱりこの人天下一品ですな。

≫実は、私は、古い人間なので、ピアスとタトゥーは苦手
↑いや、あれだけ着いてりゃ誰でもチョットひきますって(笑)。
こんばんは~ (マリー)
2012-02-13 22:08:14
ひろちゃ~~ん、上の紹介の指名手配みたいな写真はどこから入手?笑ってしまった~!

北欧の重い、寒いあの雰囲気が素敵だった。
私もそのツアーっちゃうやつに参加したいなぁ。タトゥーも入れてもらおかな~。昇り竜~(うそ 笑)
ルーニー、凄かったね~。
ダニエルさん、カッコよかった~。

とっても面白かった!!
かっこよし (ボー)
2012-02-14 00:00:01
スマホから、こんばんは!
ほんと、あの移民の歌?は、かっこいい。予告編みて、ツイートつぶやいたくらいです。ちゃんと、それを生かしてる。
スウェーデン版を見ていなくてよかったと思いました。変に、ここがダメだ、なんて感じなくてすんだから。
やっぱりタダ者じゃない、フィンチャー。
Unknown (リバー)
2012-02-14 00:05:21
TB ありがとうございます。

OPの格好良さは まさにフィンチャーならでは
カレンOの移民の歌が響く!!
KLYさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-02-14 00:17:17
全部知った上で鑑賞しても、面白く観れたわけですから、さすが、フィンチャー監督!と言うべきですね

スタイリッシュなカコイイ映像とセンスの良い音楽、その上に、オリジナルが持っていたスウェーデンの陰鬱な空気も醸し出し・・・
お見事、フィンチャー監督!ですね

リスベットは、皆様口を揃えて、オリジナルが良いとのことですので、オリジナルも是非
観てみようと思います。
もちろん、原作も読みます(^_-)-☆
BROOKさ~ん (#^.^#) (ひろちゃん)
2012-02-14 00:25:34
OPのタイトルバックから、私も大興奮!
これは、面白くなりそうって期待度も上がりました

私も途中までは、全く予想がつかず・・・
でも、途中から、何となく、もしや?って
思ってました

あのラストは、やはり、オリジナルとは違うようですね。切なかったですが、ああいうの嫌いじゃないです。

この監督、キャストで、続編2作も観たいですね(^_-)-☆
yukarinちゃ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-02-14 00:30:47
いや~~予告編の期待を裏切らなかったカッコイイOPと内容でした!高得点でしょ?

最初は、登場人物の多さに絶句(笑)でしたが
それは、たいした問題ではなかったです
皆さん、リスベットは、オリジナルがいい!と言われるので、是非ともスウェーデン版
鑑賞したいと思います

映画(た)行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

39 トラックバック

ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo (LOVE Cinemas 調布)
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダ...
劇場鑑賞「ドラゴン・タトゥーの女」 (日々“是”精進! ver.A)
ハリエットの、“真相”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202100004/ Girl With the Dragon Tattoo Soundtrack The Null Corporation 2011-12-27 売り上げランキング : 426 Amazonで詳し...
ドラゴン・タトゥーの女 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...
「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー...
久々の猟奇殺人モノ (笑う学生の生活)
30日のこと、映画「ドラゴン・タトゥーの女」を鑑賞しました。 試写会にて デビッド・フィンチャー監督 最近のドラマ系も良いけど 久々のサスペンス、ミステリ、猟奇殺人モノ! 「セブン」「ゾディアック」など傑作があるわけで 期待は高まるわけですが・・・ いやー ....
[映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、こ...
ドラゴン・タトゥーの女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) エスカレーターを使った一連のアクションに「おぉ~!」
ドラゴン・タトゥーの女 (風に吹かれて)
心に闇を抱える孤独な刺青女公式サイト http://www.dragontattoo.jp原作: ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著/ハヤカワ・ミステリ文庫)監督: デヴ
「ドラゴン・タトゥーの女」 (或る日の出来事)
フィンチャー節、堪能しました!
ドラゴン・タトゥーの女 (Akira's VOICE)
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。  
『ドラゴン・タトゥーの女』 (pure breath★マリーの映画館)
               少女失踪から40年                   二人が突き止めた身も凍る真実とは? 『ドラゴン・タトゥーの女』 監督・・・デヴィッド・フィンチャー 脚本・・・スティーヴン・ザイリアン 原作・・・スティーグ・ラーソ...
「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 (たいむのひとりごと)
まずは耳に残るテーマ曲と、リズムに合わせた台詞なしの断片映像で構成された予告編で十分惹きつけられたので必ず観ると決めていた作品。そしてフィンチャー監督十八番の”猟奇殺人事件”を扱ったものということで、
白い闇~『ドラゴン・タトゥーの女』 (真紅のthinkingdays)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...
【映画】ドラゴンタトゥーの女【TOHOシネマズ高知】 (マサオブザデッドのかゆうまシネマ powered by Studio puzzle box)
★★★★ 良かった!オープニングからエンドロールまでただならぬオシャレ!オリジナルのスウェーデン版が長い上にもったりしているのに比べ、良い方向に洗練されてました。R-15という中途半端なレーティングが原因だろう、途中でっかくモザイク入るシーンがあるけど、...
ドラゴン・タトゥーの女 (Memoirs_of_dai)
リスベットの魅力減 【Story】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件...
「ドラゴン・タトゥーの女」 (NAOのピアノレッスン日記)
~誰がハリエットを殺した?~ 2011年  米・スウェーデン・英・独合作映画 R15+作品 (2012.02.10公開)配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント    上映時間:158分監督:デヴィッド・フィンチャー原作:スティーグ・ラーソン脚本:スティー....
ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった~!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に...
ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ!)
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ!)
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! (映画のブログ)
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
『ドラゴン・タトゥーの女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリア...
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン....
ドラゴン・タトゥーの女  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ルーニー・マーラ  クリストファー・プラマー 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。...
デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~
ドラゴンタトゥーの女 (みすずりんりん放送局)
 『ドラゴンタトゥーの女』を観た。  【あらすじ】  スウェーデンを揺るがせた財閥汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は意気消沈...
ドラゴン・タトゥーの女 (映画 K'z films 2)
Data原題THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO原作スティーグ・ラーソン監督デヴィッド・フィンチャー出演ダニエル・クレイグ ルーニー・マーラ ロビン・ライト公開2012年 2月
ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』  (よくばりアンテナ)
予告編で見たときはあんまり興味なかったんだけど、 ちらほらと面白いって噂が聞こえてきたので、 今頃になって夫と観賞。 公開から2週間も経ってるのに、席がわりと埋まっていて驚きました。 クチ...
ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto (映画!That' s Entertainment)
●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」 2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min. 監督:デヴッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バー...
ドラゴン・タトゥーの女 (こんな映画見ました~)
『ドラゴン・タトゥーの女』---THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック...
モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、...
モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、...
ドラゴン・タトゥーの女 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  3月1日(木)に観に行って来ました   オープニングから ツェッペリンの 移民の歌やで~  (カバーやけども) この曲は大好きなので   初めからテンション上がるわ   と思いつつ お話が始まると 難しい  何やら...
映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダ...
ドラゴン・タトゥーの女(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
どうしても劇場鑑賞したかった「ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。 明日までの公開、ぎりぎりだったわー。 ( → 公式サイト  ) 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・ス...
ドラゴン・タトゥーの女 (銀幕大帝α)
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) -監督- デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』 -出演- *ダニエル・クレイグ…ミカエル・ブルムクヴィスト 過去出演作...
ドラゴン・タトゥーの女 (いやいやえん)
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ