日本人としてのアレ。

通りすがりで会ったなら、その出会いを大切にしたい

『愛犬の死期』

2007-01-09 | 最近の出来事
胸が張り裂けそうだ。
俺の実家で飼っている愛犬、ミクが死んでしまいそうなんです。
ミニチュアダックスフンドとシーズーの雑種でメスで
小学生の半ばで家に来た。
14年以上にわたり家族を癒してくれていた。
今日はなんか一気に老け込んでて水を飲むのもやっとな程になっていた。
お正月に、俺の子供を連れて実家に帰ると、最近はソファでグったり寝転んでて、俺には近づいて来ないのだけど
お正月は、もう自分の命がそんなに長くないのを感じているのか、俺の膝に「お兄ちゃん、私の事も好きだよね?」と言わんばかりに乗ってきた。
俺の子供が産まれたら、やはり家族は子供が可愛くて、俺の子供をチヤホヤしている。
犬にはそんな事もわかるのだろう。
それで寂しくなっていたに違いない、今まで頑張ってきた気持ちがプツリと切れて、一気に老いの波がやってきたのだろう。
勿論、俺はミクが大好きだから安心しろ
もう本当におばぁちゃんだからな・・・

こんな事もあった、俺の嫁も犬を飼っていて、なんか闘犬なのかな?アメリカのギャングが飼うみたいな、牙も凄い犬なんだけど
それと後もう一匹シーズーの三匹を連れて散歩に行った時の事。
俺が嫁のそのギャング犬のリード持ってたんだけど、ミクが吠える訳よ。
「なんであんたがお兄ちゃんに連れられているのさ!」って
小型犬のおばぁちゃんが、ギャング犬にワンワン吠えちゃってさ。
散歩どころじゃなくて帰って来たけどね・・・。

ミクは殆ど他の犬と接する事無く育ったんだな
だから犬としての自覚があんまりない子なのか、プライドが妙に高くて他の犬とは仲良く出来ない子になっちゃってたんだよ・・・。
散歩中に他の犬が吠えてきてもシカトだったしな。
サッカーボールが好きで公園でよく転がしてた。
家の近くに廃団地があってね、そこに忍び込んでリード離して走り回ったりしたな。
でももう走るのは無理で家で寝ている。
自分でも分かってると思う、癌が酷くてさ
昨日医者に診てもらったらしいけど、生きてるのが逆に辛い位の体らしい・・・。

イヤ、本当に気持ちが滅入る。
犬は本当に家族だからね、そこら辺にミクに似た犬がいようと、それはミクではないし
また、ミニチュアダックスとシーズーの雑種を探したって、それはミクじゃないし。
そこら辺の野良犬、野良猫、他の哺乳類に人間同等の命の価値があるとは俺は思わない。
しかし、14年一緒にいればそれはもう家族同然、一人の人間だからね。
言葉が分からなくても何がしたいか分かるでしょう?
しかもそういった家族の様な存在が、物心ついてから俺の周り誰も死んでないんだ。
おばぁちゃんも、おじぃちゃんも健在、初めて回りの人間が死ぬ。
これは俺にとってあまりにも衝撃的な事になると思うんだ・・・。
これは本当に辛い、マジで覚悟しとかないといけないな。
コメント   この記事についてブログを書く
« 『え?目標?』 | トップ | 『パーマ』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

最近の出来事」カテゴリの最新記事