日本人としてのアレ。

通りすがりで会ったなら、その出会いを大切にしたい

『いつか』

2018-10-31 | 画像
勇気が欲しい。






いつか、渋谷のハロウィンで、



ペニー・ワイズになれたらいいな。








でも、僕がそんな事をしていたら、





ヤツが、唇の周りに大量の血を光らせて殺しにくるだろう・・・



右手に生肉、左手には白い粉。




ヤツは、チェーンソーや鉈なんか使わない。









コメント

『鎌倉のバーで』

2018-10-30 | 最近の出来事
暖かい電球が、仲間内だけ照らしていた。







だから初めて逢った昔の友人と、再会した気がしたのかも知れない。




辛めのジンジャーエールが、







『最近、お前って頑張ってるらしいな』と言っていたので、



飲み干しながら、無言で『あんたに負けたくないからな』と答えた。









木の匂いがするカウンターで、空のグラスの中で氷がコロンと転がり


なんにも教えてもらった事のない恩師達が、無条件で笑っていた。







コメント

『顔本パトローラーB』

2018-10-29 | 俺の怒り
facebookで、知人を監視している。


オカシナ発言があったら、付き合わないようにしている。








2.3回会ったことがあるアーチストの人。




なぜ、アーチストと言うかと言うと、


歌や、絵、小説なんか書いてたりして、沢山の才能にあふれているいる人みたい。


ハッキリ言うと、一本勝負が出来ない人間なのだ。










だから、どこか、『パッチワーク的な』感じがいつもしてた。




なんか、良い所をとって、自分のモノにしている様な気がしてならなかった。



僕は、騙せないのだ。







やはり、彼の犯行を現行犯で逮捕できた。















海外旅行で、露店商人から買った『面白い立体パズル』みたいなものを、自分でも作れる!と言って自慢気に写真をUPしていた。




もう、「アイデア泥棒」である。






僕は「アイデア泥棒」を否定はしない。


良いアイデアを、より良い作品にする事は素晴らしい。








でもそれは、新しい物を創り出す芸術家という事とは全く違う。





本当に、自分の芸と見つめ合ったりしていると、簡単にそういう「俺も出来る的な」発言を、できなくなってくるはずなんだけど・・・。




どうやら、彼はそうではないらしい。




アーチストではないのだ。





アーティストは著作権を主張するべきだ。




でも、どうやら、彼はそうではないらしい。






残念だけど、彼はそうではないらしい。


たぶん彼は、いつか「ハッピーマウス」と言うキャラクターの楽園で子供たちを楽しませて、幸せになれる。








頑張ってね!!!





君と、何かを話す価値はない。











もし、僕と話したいなら、一つに絞ってからにしてくれ。




無論、僕は手品で「少しの間だけ人生の厭な事を忘れさせる」と言う唯一無二の槍で、君の心臓を一突き。









僕は、優しいから、痛くないように殺せる自信があるんだ。


コメント

『安心の場所』

2018-10-28 | 最近の出来事
今日は、安心のお店で。






しかし、昨日の疲れが抜けきれず・・・


顔馴染みのはずの、女性スタッフさんの名前を呼んだ後に、、、


『あれ?!今、俺、名前間違ったかな???』とか、変な不安がよぎったり。









お店の常連さんに、ダブルブラッド、混血地球人タイプの女の子がいて、

明らかに日本人のお父さんに、



『今日は、パパとお食事で?☆』とか、余計な事を言ってしまった・・・


なんか一瞬、変な空気になったので・・・








うわ!!!!これは、、、、もしかしたら離婚したパパと久しぶりの食事か?!とか



いや、もしくは、このお父さんは新しいセカンドパパなのか?!とか・・・






パニックになってしまった!!!!!!!!










くそぉーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!




思春期の女の子に、「血縁属性」の変な話を投げてしまった!!!






俺とした事が・・・



もうこれは、どんだけ手品がウケようが回収しきれない、圧倒的ミス!!!!!




大反省。









混血サイヤ人、ゴテンクスの画像で誤魔化す。
コメント

『タイヤードハイ』

2018-10-27 | 最近の出来事
昼間に一時間半位、ハロウィンキッズゴースト10数体に囲まれ、



夕方前に、忘年会等で手品を披露したいという人生の大先輩方々20人に手品講義を二時間。



もう、正直これだけで、けっこう疲労困憊だった。




子供たちにドカドカとダメージを喰らわされ、ご老人たちの質問攻めにジワジワと精神を削られ・・・





でも、僕の心は今日のメイン、『結婚式の二次会』と言う現場があったのだ。








子供たちの『もう一回やって!!』と、ご老人たちの『もう一回教えてください』は、クリティカルヒットにはならないが、連続攻撃を喰らうと


どんどんディフェンスが低下・・・(笑)





最初にご老人たちへ、僕の必殺技レベルMAX20の手品を見せたのは大失敗だった(笑)




『あれって、どうやってやるの?』と無邪気に質問されたが、、、、二か月くらい練習して、年末に間に合うような手品じゃないだろ・・・(T_T)









放心状態で、南越谷に向った。



僕に依頼をくれたRさんは、出逢い方やタイミングが違えば、もっと仲良くなれたかな?と思わせてくれる数少ない人だ。





出逢った時に、僕は手品師だったので、もう手品師じゃない僕を見せる事は出来ない。


僕は、もう「横山裕亮」として会う事は出来ないのだ・・・残念。






そんな、親友であるべき人の後輩の結婚式の二次会なので、絶対にウケたい、盛り上げたい。





Rさんと軽くLINEでやりとりして、新郎君をいじって、盛り上げる予定だったけれど・・・

新郎さんは、いじって何か面白くなるような感じじゃないと、二分位で感じたので、すぐに予定変更。







新婦ちゃんのご友人と楽しく手品をしよう。





で、時間が余ったので他の人にも・・・と思ったのが間違いだった・・・



自分がとても疲れていると言う事を、自分が忘れてしまったのだ・・・。









いつの間にか、、、自分の手品道具を、訳の分からないMCハマーみたいな奴に、盗られてしまった・・・。



あれは、僕が回収し忘れたのかも知れない、、、でも、回収したはずなんだけどなぁ・・・・




頭がぼーーーーーっとしているのを自覚するべきだった!!!










畜生!!!!





僕の心は、フルパワーブロリーになる所だった・・・







『カキャロォットォーーーーーーー!!!!』






最後に、『君、僕から獲ったよね?』と言うジェスチャーをしたら、知らん顔をしていた、、、


が、絶対にお前だよな・・・?


と思いながら、、、





探し物をしていると、司会者の若造も「なんでも出せるマジシャンが、忘れ物を探してます!」とか、俺をいじりだしたので、殺そうと思ったけど。




新郎新婦をお前の血で赤く染めるのは勿体ない!!!!と心を静めた。




ガンジー降臨の瞬間である。






最後に帰る時に、Rさんに『あのいつもの例のアレが・・・』と伝えると・・・





Rさんが、大きな声で『おい!誰か!●●●●●知らないか?!』と言うと、直ぐに、多分MCハマー野郎が観念したのか、出してきた。






良かった・・・



Rさん、本当に有難う御座います。





結果として、新郎君の友達が凄く興奮してくれて、新郎君に「あのマジシャン凄いよ!!」と伝えてくれていたので、オッケーかな。






とここで、一言。



友達の結婚式の二次会で手品師にイタズラする奴は、一刻も早く他に、自分が目立てる場所を探して欲しい。

君がやった事は窃盗罪、もしくは取得物横領罪なのだ。




Rさんの現場じゃなかったら、数分後には科捜研の女が来ている所だったからな。


お前は、間違っても通常の神経の普通の後輩に恵まれる事はないだろうが、遠い先輩に恵まれた事を感謝して生きろよ。










と、ここで一日が終わるはずだったけど・・・



僕は、船橋へ向かった。






誕生日を祝いに。




心は、ム。


無だ。









でも結果的に、無理して行って良かった!!!


久しぶりに会うオーナーさんは、優しい目で迎えてくれて、


この店に来るお客さんは、優しい人達だけしかいないと安心した。









誕生日どうこうの話しも、したいんだけど・・・



手品を初めてみると言う、たぶん僕より年上の女性がいた。





「私、手品、初体験!!」とか言って興奮してくれて、本当に良かった。





「私、お酒飲んでないの、シラフよ!」みたいな事言ってたけど、本当だったのかな?



もし、シラフであんだけ興奮して楽しんでくれたんであれば、僕が今生で貴女に出逢った意味は、もしかしたら何かの再会か。








数百年前、僕は貴女の事を守ろうとしていた様な気がする。

















もしくは貴女は、果心居士レベルの幻術師か・・・・




一晩中、初恋に魘された事を隠しきれないと思った。






コメント

『A区、某所』

2018-10-26 | 最近の出来事
まるで日本じゃない様な所だった。



治安の悪さ、けっこうスゴイ(笑)




優しい人もいるんだろうけど、


人の殺気が凄かった。




路地裏に、死体でも転がっているのかな?と探してしまった。




死体は発見できなかったけど、どっかの貯水タンクには死体が沈んでそうだった。


雑居ビルのエレベーターもとても怖かった。




独りで乗っているエレベーターでも、悪魔と二人きりになって安心出来るような・・・







コメント

『市ヶ尾』

2018-10-25 | 最近の出来事
本当に嬉しいのは、


僕の事を知らない人が、僕の存在を知っている事だ。



別に、テレビに出てないのに、


誰かの話しの話題の中で、僕の話しをしてくれているのは、何にも変えられない。




僕の知らない所で、自分が生きているというのは、ハッキリ言って伝説。





説き伝えられる存在なのだ。



とある居酒屋さんで、『いつ、俺の店に来るかと待っていたよ』と言ってくれた方がいた。










噂には味付けがされているはずなんだけど、


「噂の自分」を超えるのは、常に自分自身。






いつだって、俺しか俺より凄くなれない。




それは、君も同じなんだけどね。








コメント

『I For You』

2018-10-24 | YOU TUBE

少し前に、


大昔にやっていた、金城武&深田恭子のドラマ「神様もう少しだけ」を、二回繰り返し全部観た。




自分の心が弱っているんだろうと思うんだけど・・・


ずっと泣いていた・・・


深田恭子が可愛すぎて・・・(T_T)





僕の元奥さんより、ほんの少しだけ、可愛い。






今の僕は、当時の金城武より、ほんの少しカッコ悪い。



当時のルナシーは、とてつもなくカッコいい。




コメント

『手品運気、回復』

2018-10-23 | 最近の出来事
最近、礼儀知らずの動物みたいな生物ばかりを相手にしていたが・・・



やっと今日は、ちゃんとした社長さん達に手品を観てもらえた。



人生経験豊富な、芸子姐さんにも、失礼がなかったか?と帰路に不安だったけど・・・

多分、大丈夫だと思う。








今日は、元奥さんの誕生日でもあったし、良かった。




帰り道、山道から眺める月が、とてもキレイで、ニコちゃんマークに見えた。
コメント

『テイキング・オブ・デボラ・ローガン』

2018-10-22 | 映画
この老婆、トラウマ級!!!!


看板に偽りなし。



アルツハイマー型認知症の老婆・デボラが、

悪魔的殺人鬼に憑依され、

まるで蛇の様に、少女を丸呑みしようとする絶望的絶叫事件ホラー。




トラウマレベルZ。






コメント