横浜の水槽レンタル ブログ

横浜の水槽レンタル・海水魚レンタル・水槽メンテナンス/水槽清掃・アート水槽販売を行うスペースデザインの公式ブログ

ライブロックのレイアウト

2014-05-23 07:55:15 | 水槽レイアウト
おはようございます。横浜の水槽レンタルのスペースデザインです。今日はライブロックのレイアウトの仕方について説明します。

ライブロックのレイアウトの基本は

・真ん中に集める

これはライブロックが少ない時に有効です。また、障害物が少ないため水槽全体に海水が回るので安定した水槽が作れます。

・両端に寄せる

よく泳ぐ魚の飼育の場合は、中央に泳ぐスペースが作れるので両端に組むと良いです。

・左右どちらかに寄せる

片側に組むことでサンゴ側と魚側に大まかに分けられ、魚がイソギンチャクに触れないようにするには良いです。

ライブロックを組む時の注意点は、ライブロックの下にデトリタスが溜まってしまうため、なるべく底砂に大きい面を置かないようにすることと、死水域を作るとそこにデトリタスが溜まるので、なるべく水槽全体に万遍なく水流が行きわたるように組むことです。

レイアウトの参考にしてください。また、当社においても相談を随時受け付けております。


株式会社イケ建築事務所 スペースデザイン事業部では事業拡大につき、スタッフを募集しております。魚が好きで、人のためになる仕事が好きで、商売は「笑倍」という考えに共感できる方はぜひ応募ください。詳細は以下に連絡をいただければと思います。

横浜のアート水槽 スペースデザイン
http://space-design.jimdo.com/
事業部長 池谷 佳朗
〒220-0023 横浜市西区平沼1-1-13パークノヴァ横浜参番館803
tel 045-313-0309
メール naturally-for-healing@ike-mare.jp
コメントはアート水槽facebookで受け付けております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 幼魚と成魚で体色が異なるハギ | トップ | カワラフサトサカの水槽での飼育 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水槽レイアウト」カテゴリの最新記事