燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

倦怠感の鑑別 その1

2016-11-20 | 勉強会

はじめに

 

倦怠感の鑑別診断リストは膨大である。

 

その理由は、倦怠感が非特異的症状だからである。

 

このような非特異的症状はlow-yield symptomと呼ばれる。

 

倦怠感の膨大な鑑別のなかから、頻度が多く重症度も大きい重要な原因疾患のリストを語呂合わせにしたものを下表に示す。

 

表:倦怠感の鑑別診断リスト:FATIGUE(倦怠感)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • F: Failure(臓器不全:心・呼吸・肝・腎)
  • A: ACS(急性冠症候群)・Anemia(貧血)
  • T: Tumor(悪性腫瘍)・Tablet(薬剤性)・Temperature(熱中症)
  • I: Infection(感染症)・Inflammation(炎症・膠原病)
  • G: Glucose(低血糖・高血糖)
  • U: Upper head =brain(頭蓋内疾患・精神心理系疾患)
  • E:Electrolyte(電解質異常・脱水)・Endocrine (内分泌)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(表脚注)ACS=acute coronary syndrome

 

症候別“見逃してはならない疾患
徳田安春
医学書院

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2016パート2(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」こちらいかがでしょうか。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイタルサインのパールズ ... | トップ | 倦怠感の鑑別 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強会」カテゴリの最新記事