燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

お知らせです。

2016-05-28 | お知らせ
7月9日(土)【トウフェデ診察祭り】開催決定!!   皆様、関東若手医師フェデレーション(トウフェデ)代表の森川・原田です! 今回、私たちは身体診察のWS、名付けて【トウフェデ診察祭り】を行うことにしました!! 身体診察をどうやってよいかわからない? そういう悩みはありませんか? 大丈夫です。関東若手医師フェデレーションのスタッフが手取り足取り教えます! 明日からすぐに使いた . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 DISCUSSION を書く

2016-05-26 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春    第9回 DISCUSSION を書く   〜症例報告の正当性を過去の先行報告と比較してまとめよう〜   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 今回の覚えておくと「覚えておくとトクダネ」ルール   DISCUSSIONの5つのポイント ルール Р甬遒諒鷙霪睛討乃 . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 CASE DESCRIPTION その5:診断・治療・経過

2016-05-24 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春   CASE DESCRIPTION その5:診断・治療・経過   〜診断確定していることが症例報告では必須〜   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今回の「覚えておくとトクダネ」ルール    &n . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 CASE DESCRIPTION その4:図表の作成

2016-05-22 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春   CASE DESCRIPTION その4:図表の作成   〜画像は「キーフィルム+病変部位に原色矢印を」が基本〜   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今回の「覚えておくとトクダネ」ルール     . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 CASE DESCRIPTION その3:検査所見を書く

2016-05-20 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春   CASE DESCRIPTION その3:検査所見を書く   〜検査所見は「血液・尿+画像+診断検査」の3つが基本〜   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今回の「覚えておくとトクダネ」ルール   &nb . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方CASE DESCRIPTION その2:身体所見を書く

2016-05-18 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方 徳田安春 CASE DESCRIPTION その2:身体所見を書く 〜身体所見は「バイタル+重要所見」が基本〜 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~今回の「覚えておくとトクダネ」ルール バイタルの構文:<主語:人>was <頻脈などの異常> but the rest of h . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 CASE DESCRIPTION その1:病歴を書く

2016-05-16 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方 徳田安春 CASE DESCRIPTION その1:病歴を書く〜わかりやすい病歴は「シ・ゲ・キ+α」が重要〜  ポイント では、今回はCASE DESCRIPTIONを書いてみよう。まずは病歴。ポイントはこれ。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1. 主訴2. 現病歴3. 既往歴+アルファ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 BACKGROUNDを書く

2016-05-14 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春   BACKGROUND を書く 〜症例の重要性は“三段論法”でまとめよう〜   l         ポイント   では、今回はBACKGROUND(INTRODUCTION)を書いてみよう。ポイ . . . 本文を読む
コメント

英文ケースレポートの書き方 サマリー(アブストラクト)をまとめる

2016-05-12 | 勉強会
英文ケースレポートの書き方   徳田安春   サマリー(アブストラクト)をまとめる 〜刑事コロンボ的組立てとオッカムの剃刀〜   l         ポイント   では、今回はサマリー(アブストラクト)を書いてみよう。ポイントは次の3つ。 バックグラウンド . . . 本文を読む
コメント

DR徳田の英語論文書き方のツボ 「症例報告の書き方」その1:症例報告のタイトルを書く

2016-05-10 | 勉強会
DR徳田の英語論文書き方のツボ 筑波大学附属水戸地域医療教育センター水戸協同病院総合診療科教授徳田安春 「症例報告の書き方」その1:症例報告のタイトルを書く 症例報告を書く みなさん、こんにちは。本誌のおもな読者である多忙な内科医師は、珍しい疾患や症候群を呈した症例や、予期しなかった臨床経過の展開をしめした貴重な症例を、日常診療で経験することがしばしばあることだろう。そのような症例について . . . 本文を読む
コメント