やおよろずの神々の棲む国でⅡ

〝世界に貢献する誇りある日本″の実現を願いつつ、生きること、ことば、子育て、政治・経済などについて考えつづけます。

【中学歴史教科書8社を比べる】215 ⒅ 日朝関係(戦後)の描き方 34 <ⅵ 現在の課題3/3:在日朝鮮人 まとめと考察 -5- 日本残留の理由は?2/2>

2017年06月19日 | 中学歴史教科書8社を比べる(h28-31年度使用)

【調査2】終戦直後の日本残留の理由はなにか? 2/2

~表再掲~

 

■残留理由に言及しているのは2社だけ ※これを検証する

・東京書籍 「帰国先の混乱など」

・帝国書院 「朝鮮本国での生活基盤をうしなっていたことなど」

 

■「出かせぎ者とその家族:約100万人」のうち、約60万人が日本に残ったのはなぜだろうか? ※「徴用者約100万人」は99.98%が帰還)

 そもそもの”来日理由”と同じように、多くは「経済的理由」だろう。

 

 

<ウィキペディア:朝鮮人強制連行>より ~再引用~

・「在日韓国人による調査

 在日本大韓民国民団の子団体、在日本大韓民国青年会の中央本部が、1988年に刊行した『アボジ聞かせて あの日のことを—我々の歴史を取り戻す運動報告書 -- 』では、渡日理由について、在日一世1106名から聞き取り調査し、「徴兵・徴用13.3%」「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」となっている(1106名のうち、渡航時12歳未満だった者は回答に含まず)。」

 

① 徴兵・徴用13.3(16.7)% ※( )内は、上記の「回答者分」を母数とした割合

 実際はもっと少ないのでは? 

 「1959年(昭和34年)7月11日の外務省発表…終戦後、在日朝鮮人の約75%が朝鮮に引揚げ(1946年までに約148万人が韓国に、1947年の北朝鮮引揚計画では350人が帰還)、残る約42万人は自由意思で日本に残留したのであり、1959年時点で在日朝鮮人約61万1,085人のうち戦時中に徴用労務者としてきたものは245人と報告した。」

※「徴用労務者」=戦中の「労務動員者」+「軍務動員者」。約100万人・・・このうち日本に残ったのはわずか245人ということ。(松永)

 この16.7%が本当だとしたら、その多くは《徴用者の”戦後まいもどり密航”》の可能性が高い。

 

② 経済的理由39.6(49.7)% + ③ 結婚・親族との同居17.3(21.7)% =57.0(71.4)% 

 つまり、《戦後の在日朝鮮人一世の約70%は、「経済的理由」により渡日(残留)した朝鮮人とその家族》だということになる。

 

④ 留学9.5(11.9)%

 

 したがって、

東京書籍:「帰国先の混乱など」→△ 

 ×かも? まさか、本当の理由を隠したいわけではないだろうが…。

 この「朝鮮半島内の混乱」(=差別・弾圧や極貧状態など)という理由は、《戦後になってからの数十万人の密航の理由》としてはよくあてはまる。しかし、昭和20・21年のごろの「日本在留理由」としては不適当だろう。なぜなら、事実としては、混乱がおさまっても帰っていないのだから。

 

・帝国書院:「朝鮮本国での生活基盤をうしなっていたことなど ≒「経済的理由」で日本で働くことを選んだ。 →どうにか〇  

 ※”日本が好きだから”は、ごくごく少数だったのだろう。それは、《2世~3世と日本で暮らすことを選んでいながら、いつまでも帰化しない在日韓国・朝鮮人がいまだに50万人ほどもいる》という事実が証明している。

(ただし、このごろになって帰化が増え始めたらしい。”伝統的日本人がほとんどの田舎”に棲む私には、その理由がよくわからないが…)

 

<参考>
■戦後密航者
 

<ウィキペディア:在日韓国・朝鮮人>によると、「…戦後まもなくして来日した彼らは戦後の混乱に紛れ、本来は対象者ではなかったが特別永住資格を得た。『朝日新聞』1955年8月18日「65万人(警視庁公安三課調べ)の在日朝鮮人のうち密入国者が10万人を超えているといわれ…」

※戦前戦後を通して、在日朝鮮人一世のうち数十万人は「密入国-不法滞在」者だったようだ。

 しかし、いまや戦後72年、一世の多くは他界し、50万人弱(減少中)のほとんどは二・三世…。日本への帰化が増えているようだ。

※一時的密航者・・・例えば、唐津市では、”窃盗団”などの犯罪者集団が夜密航してきて、福岡などで”仕事”をすませたら、さっさと韓国へ密航して帰っていく。当然、手引きしている者が日本国内にいなければできないこと。

 

~次回、調査3~ 

<全リンク⇒ <日朝関係(現在の課題)・207208209210211212213214215216217218219220221222・(戦後の前半の最後)> 次は挿入独立項:「区別・差別・人権」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中学歴史教科書8社を比べる... | トップ | 【中学歴史教科書8社を比べる... »

コメントを投稿

中学歴史教科書8社を比べる(h28-31年度使用)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。