やおよろずの神々の棲む国でⅡ

〝世界に貢献する誇りある日本″の実現を願いつつ、生きること、ことば、子育て、政治・経済などについて考えつづけます。

講演会 「弁護士会」とは何か? ~その実態と功罪~

2016年06月19日 | 「ヒト・人」の世界って…
・平成28年6月16日の唐津市での講演会の講師は、弁護士の堀内恭彦氏。  聴きながら、《役員のなり手がいないので、特定の動機・傾向の人々が選ばれる》という弁護士会の状況は、(かつての)佐賀県教職員組合(=日教組)の状況と同じなんだなと・・・  昭和51年(※当時、組合に入るのは当然、という状況)から19年間入っていましたが・・・各分会(各学校別)の役員はともかく、支部や県本部の役員に立候補する . . . 本文を読む
コメント

♪日本風二胡 4 ~なにが「日本風」なのか? その2 楽曲~

2016年06月10日 | 日本風二胡/音楽/詩
日本風二胡シリーズ <1 月例演奏会 /2 二胡はどこの楽器か? /3 なにが日本風なのか?(1)調律 / >    ■なにが「日本風」なのか?(=どこが「中国風」と違うのか) ~その2~2 ほとんどが日本の曲だから  現在の「リクエスト曲(=レパートリー)」は、下の一覧 +「G線上のアリア(バッハ:ドイツ)」。 ※ヨーロッパ古典の2曲は、①「同種の楽器:バイオリンとの聴き比べ」をしてもら . . . 本文を読む
コメント

♪日本風二胡 3 ~なにが「日本風」なのか? その1 調律~

2016年05月31日 | 日本風二胡/音楽/詩
日本風二胡シリーズ:内部リンク<1 月例演奏会 /2 二胡はどこの楽器か?>   ■なにが「日本風」なのか?(=どこが「中国風」と違うのか) ~その1~ 1 弦の調律を1音下げている。 ・麦わらbow(私)は、日本の曲を中心に演奏しています(今のところ50曲ほどをリクエスト方式などで)。 ・伴奏のほとんどは、三重県津市のピアニスト:中北利夫さんの「オカリナ伴奏」を購入して使わせてもらって . . . 本文を読む
コメント

【安全保障】 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備の問題 3/3 ~「戦争は悪」か?=根本的問題~

2016年05月22日 | 「ヒト・人」の世界って…
【シリーズリンク】1/3 2/3  ■配備推進の動き(つづき) 3「九州佐賀空港の自衛隊使用要請に関する要望書」 平成28年3月14日 ・提出団体=佐賀商工会議所:会頭 井田出海 /佐賀県商工会連合会:会長 飯盛康人 /佐賀県中手記小団体中央会:会長 内田健 /佐賀経済同友会:代表幹事 村岡安廣・愛野時興 /佐賀商工会議所青年部:会長 森浩章 ・提出先=佐賀県議会議長:中倉政義 (※他にも . . . 本文を読む
コメント

【安全保障】 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備(=新駐屯地整備)の問題 2/3

2016年05月17日 | メディア・報道
 ■配備推進の動き(つづき)  ついこのごろ、共産党や佐賀新聞・西日本新聞などが「オスプレイ反対」の「旗頭」として利用・宣伝していた、「佐賀県有明海漁業協同組合」の姿勢が大きく揺らいでいるようです。(※佐賀県民の事情通は、最初から「条件闘争・・・」と言っていた。)  今年(h28)になって、配備推進にむけての「陳情書」や「要望書」が、佐賀県知事や議会あてに提出されているので、主な内容を紹介しま . . . 本文を読む
コメント

【安全保障】 佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備(=新駐屯地整備)の問題 1/3

2016年05月03日 | メディア・報道
 日本人(と、これから生まれる子や孫)にとって極めて問題なのは、この国家安全保障の課題について、日本の新聞(産経・読売等を除く)とテレビ(※すべて)の報道の多くが、異常=偏向=一方的なこと。  ほとんど中共(=中華人民共和国=中国共産党)や、朝鮮半島(=韓国、北朝鮮)レベルで…つまり、意図的な「嘘つき」。   ■防衛省が公表している情報・・・以下このとを、テレビや新聞できちんと知らされた経験 . . . 本文を読む
コメント

【言葉】 言葉のこわさ ~テレビ朝日(福岡・佐賀ではKBC)の《非日本人》は誰?~

2016年04月23日 | メディア・報道
 15分ほど前、KBCテレビ(=テレビ朝日)の料理番組で、語り手(たぶんアナウンサー)が食材である桜鱒の紹介をする場面で・・・ 「この国の食べ物は・・・」という表現をしました。  普通は、自分が日本人だと思っている人間なら、「わが国の」(あるいは「日本の」)という言い方をすると思いますが、あなたの言語感覚ではどう感じますか?    さて、来年度:平成29年4月から使われる、8社の中学校の歴 . . . 本文を読む
コメント

佐賀県などで、「憲法」や「憲法改正」について学べる催し ~二つご紹介~

2016年04月20日 | 時事つれづれ
 忙しくて3週間ほどごごぶさたしてしまいました。書きたいことは山ほどあるので徐々にペースを上げるつもりですが…  今回は、ゴールデンウィークの4/29と5/3に佐賀県などで開催される催しを2つご紹介します。  とても平和に過ごせていた戦後日本人も、世界情勢のさまざまな厳しさに否応なくまきこまれる時代になりました。《よく学び、よく遊べ》の時代になったようです。 ←参考になりましたらクリ . . . 本文を読む
コメント

九州北部の人口10万ほどの地方都市の義務教育事情を紹介しましょう

2016年03月27日 | 教育
 これは「日本会議:k支部」による公開勉強会の記録です。講師はK地区で教員をし、教育委員会の課長も勤められた方。 ※使われたデータはすべて公表されたもの。また、下記内容は私(松永)のメモをもとに要約したものなので、お問い合わせ等は私にどうぞ。 1 k市の義務教育の現状 (1) 学力 ・小中とも、国・佐賀県平均よりやや低め。※中学校の一部や、学力テストのB問題(応用問題)の不振については要留 . . . 本文を読む
コメント

日本人がじわじわと”日本をとりまく現実世界”に目覚めているようですね。

2016年03月14日 | 「ヒト・人」の世界って…
■「政治」との関わりに変化が ・今から半世紀:50年ほど昔、昭和44(1969)年ごろの東京・・・演劇青年たち(私たち)と大学生たちは、しばしば夜遅くまで「政治」について語り合っていた。  車を止めてしまった何車線もあるような広い通りを、フランスデモで練り歩いた何万人もの若者達のアメリカ大使館への「ベトナム戦争反対」デモ。ヘルメットをかぶった学生達を核として数万人の若者たちが新宿や神田などを「 . . . 本文を読む
コメント