84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

年越し蕎麦

2016年12月31日 | Weblog

      予後の身の年越し蕎麦を昼にかな
              よごのみの としこしそばを ひるにかな
晴天の大晦日。9時には遠縁のセブンイレブンから2段積みのお節が届く。午前中には注連飾りを、日丸旗は皺を伸ばして下駄箱上に、床の間には花を飾りる。年越し蕎麦は病み上がりだから今年は昼に頂いた。陽だまりの寝間でゆっくりの昼寝。除夜の鐘は夢中になりそうだ。かんしゃ感謝!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お雑煮の下ごしらえ | トップ | 大旦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL