84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

三月尽

2010年03月31日 | Weblog

 

  3月26日 春近し風のメルヘン流る寺
  3月27日 バイト代そっと聞く爺春休み
  3月28日 卒業や猫が貰ひしランドセル
  3月29日 花冷や入れ替へ終はる非常食
  3月30日 連翹の夕べは葉色ばかりなり
  3月31日 駄々っ子の機嫌をさまる三月尽
 

  10日ばかり居座った寒戻りが3末の今朝は緩んでいる。昨日の東京の桜は、上野が7部、千鳥が淵が5部咲きだった。26日の大宮の開花便りのあと直ぐだったはずの、当熊谷地区の正式開花は未だ!である。たぶん、今日明日だろうか? 三月は私にとってはネガティブな月である。父母の忌、三寒四温の定まらぬ気候、離別、期変わりの談合まがいの人の動きなど。明日からは4月。老いの身も所属コミュニティの期替わり行事が目白押しだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸明け

2010年03月25日 | Weblog

 

  3月21日 春分の売店に並(な)む墓見本
  3月22日 事件簿や視界血色のチューリップ
  3月23日 はくれんの武甲に消える峠道
  3月24日 沈丁やハカマイラーの新語生る
  3月25日 ヒヤシンス手がけぬ場所を選びけり

 彼岸明けの今日に続く凍雨もよいの寒戻りである。22日は東京の開花だったが、明日に続く寒さに、引っ込んでしまった当地埼北の開花である。石灰岩の武甲山の片隅と、札所10番でしか見られない絶滅種に近い「ブコウマメサクラ」も気になるときである。彼岸中の四方山話である。近頃の中高年の趣味の、有名人の墓参りである。(ハカマイラー)なる新語が生まれる程だと言う。パテオのチューリップ畑も、赤ばかりで、続く筈の青・黄も開花をためらっている。かたや早咲きの桃や片栗の開花ニュースもある季の境目ではある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸入り

2010年03月20日 | Weblog

 

  3月16日 曇天の庭に灯台ミモザ咲く
  3月17日 三椏(みつまた)の花に紅花ありきかな
  3月18日 観て飛んで後ろ見て踏む土筆ん坊
  3月19日 仏の座どの家も飼ひしアンゴラ兎
  3月20日 大和女に業(わざ)あり日本桜草

 
今日から「春分」を挟んでの三連休。子供達は、荒れ模様の予報に構わず、足早に公園や校庭に急ぎ行く。三椏の花は黄色ばかりと思いきや、紅色もあることを偶然知って驚いた。3枝の先に黄色と同じく淡紅色の細長い膨らみ。横に並ぶ淡黄色とかもす落ちついた雰囲気にしばし浸たった。花粉の季節開花の武蔵野に、春休みの花粉症体質の道産子孫が、4月はなに尋ね来ると俄かの連絡。TVの旅番組で見た川越の菓子屋横丁が狙いの1つらしい。たった2日間の滞在。関東の桜を知らぬ児達である。たっぷりと日本の花の見事さを堪能させる良い機会だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春本番

2010年03月15日 | Weblog

 

  3月11日 強東風や隠れ銀杏に降る難儀
  3月12日 どか雪の深さが丈のチューリップ
  3月13日 道標に成り済ましたる雛の店
  3月14日 梅祭終りてからの盛りかな
  3月15日 三月や駅前発の百のバス

 一人横綱の春場所が始まった昨日。初音を庭先に聞く今朝。ようやく春本番の気配だ。メディアは、10日未明の倒れた鎌倉の大イチョウの根元部分を植え替えた昨日の写真に”再生の可能性は高い”との学者の言葉を添えていた。蓬はまだ小さい郊外の土手には、おひたし可能な菜花摘み一家が、川辺の間の藪には雄雉や小鳥の動きが見え見えだ。春の公民館祭や、大手旅行バス会社企画のJR各駅前初のバスが次々に発車する昨日今日である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のどか雪

2010年03月10日 | Weblog

 

  3月6日 啓蟄や館(やかた)繰り出すウォーカー
  3月7日 黄梅の雨湾曲に降り止まず
  3月8日 雛納め延ばす呪文や菜種梅雨
  3月9日 母の忌や今年は多き降雪日
  3月10日 春雪や常より早き登校児

 明けの5時半頃より始まった屋根雪崩。雪止めのない我が家の周囲に響き渡っている。南天・つつじ雪柳・黄梅などは10センチ余の含水雪に平身低頭だ。雪を除けてやると芽吹きの枝が跳ね返る。地球温暖化で植物や昆虫類などの北上が進む中で、当地も今年は降雪日が多い。それも夜中の淡雪だった。今回は、続いた雨が昨日の真昼から斑雪になり、本降りになり夜半に続いた。気温は朝方より徐々に上昇し晴れの予報に家前の道に雪掻きの人影は無く、轍が前後に続いている。春寒もこの雪で峠を越えるらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雛祭り

2010年03月05日 | Weblog

 

  3月1日 早やソチへ五人囃の笛太鼓
  3月2日 メダリスト待つメダリスト雛の市
  3月3日 咲き誇る金の成る木や雛の宴
  3月4日 菜の花や今宵は何で和へようか
  3月5日 卒業の
証(あかし)添へくる留学子

 愚図った昨日が嘘のような今日の初夏の陽気。昼過ぎには20℃を軽く超えた気温。眩い春光が明日には崩れると言う。ジェットコースターのように上下する日替わり気温には降参である。3月初日。バンクーバー五輪の閉幕式を終えて帰国の選手達を迎えた雛。中に混ざって、俄か作りの選手達を模した紙雛が嬉しい。折りしも「緑の王国の中に1本だけある「金の成る木」は今が花盛りだ。菜花和えの1品が旨い時季である。今晩は辛味噌和えにしよう! 1昨年慶応大に留学した子と父親から、感謝の卒業報告メールが来た。添付された幾つもの証の中に、。ハングルの「最優等卒業生」の表彰状?もあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加