果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

栗田智仁です!

2010年09月28日 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日は洋ナシについて話をしようと思います!
洋ナシってなんか高級感あふれていますよね!
だからっていうわけじゃないけど、そう何回も食べれないってイメージが!!
僕だけでしょうか・・・・。

形状は、和なしがほぼ球形であるのに対して、洋なしはやや縦に長く、いびつで独特な形(びん型)をしている。品種によっては、和なしほどではないが比較的球形に近いもの、逆に、縦に長いものなどがある。果皮は赤や黄色、緑など様々だが、日本において栽培されている品種の多くは緑色で、追熟(後述)させると黄色になる。また、果皮には「さび」と呼ばれる、傷のような褐色の斑が多数ある。

味は酒のように芳醇(ほうじゅん)で甘く、食感はまろやかであり、和なし独特のしゃりしゃりとした食感はない。ただし、収穫したての時は硬く、おいしくない。追熟といって、一定期間置くと熟し、果皮は黄色になり、強い芳香を発するようになる。また、果肉も軟らかくなり、おいしく食べることができる。これは、追熟によって果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ブドウ糖などの糖となるとともに、ペクチンのゲル化により、甘みと滑らかさが増加するため。なお、冷蔵庫などで冷却することにより、追熟を中断することができる。

バートレットなどの早生種は8月下旬から9月初めに収穫され、9月中には食べ頃となるが、ラ・フランスなど多くの品種は10月から11月初めにかけて収穫され、食べ頃となるのは11月~12月である。

思ったんだけど、ルレクチェとは違うのかな??
また調べてみよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月27日 | 日記
はい!栗田智仁です!
今日の世界の果物はこれです!!
イチジク

無花果と書くが、これは花が花托のなかに入っていて、外から見えないことに由来するようである。
やわらかくみずみずしいもの、形が大きく、基部まで熟して色づいたものを選ぶ。頭頂部が少し割れ、果肉の赤みの強いものは甘味があって味がよい。
よく熟したものをそのまま生食する。
酸味が少ないので、風味づけにレモン汁をかけてもよい。
生食以外に、皮をむいてつぶし、砂糖で煮詰めてジャムにしたり、丸のまま砂糖を加え弱火で煮た砂糖煮、ワインと煮たワイン煮などにする。
生のイチジクを食べるとき、汁を口のまわりにつけておくと傷ができることがあるが、これは生のイチジクにプソラレンという皮膚をおかす物質が含まれているため。
また、生のイチジクにはタンパク質分解酵素フィシンを多く含むので、肉類の多い食事のデザートなどに食べると消化を助ける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月25日 | 日記
はい!栗田智仁です!
今日の世界の果物は日本の梨について話をしたいと思います!
梨は日本のものなのでしょうか??
ハテハテ?
ナシ(和なし、日本なし)は、中国を原産とし中国や朝鮮半島、日本の中部地方以南に自生する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。

高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cmほどの卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなる花を付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10~18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。果肉は白色で、甘く果汁が多い。リンゴやカキと同様、尻の方が甘みが強く、一方で芯の部分は酸味が強いためあまり美味しくない。しゃりしゃりとした独特の食感がナシの特徴だが、これは石細胞と呼ばれるものによる。石細胞とは、ペントザンやリグニンという物質が果肉に蓄積することで細胞壁が厚くなったものである。これは洋なしにも含まれるのだが、和なしよりもその量が少ないために、和なしと洋なしとで食感に大きな差が生じる。

栗田智仁、日本の梨よりも洋ナシが好きかも!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月24日 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日の世界の果物は??

ヨーロッパで、現存している最も長命なブドウの木は、アルプス山脈の南東部にあるスロベニア共和国第2の都市、マリボール市(Maribor)のワイン用品種"stara trta"で400歳です。科学的にも証明されており、ギネスブックにも記載されています。恐らく世界で一番長命なブドウの木と考えられますが、調査し、証明することは難しいようです。今もブドウを実らせており、毎年60リットル以上のワインが作られています。

これは凄いですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月22日 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日の世界の果物は???
フローズンフルーツ ( キングランブータン )
 熱帯のトロピカルフルーツであるキングランブータンは、卵ほどの大きさで、真っ赤な果実と緑色のヒゲが特徴。
果肉は白色半透明で、ビタミンCたっぷりの甘~い果汁を豊富に含んでいます。

栗田智仁・・・・。
見たこと聞いたこともないです。
一回でいいので食べてみたいです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物!

2010年09月21日 | 日記
はい!栗田智仁です!
チュウゴクナシ(中国梨、Pyrus ussuriensis var. culta)は、ホクシヤマナシ(秋子梨、しゅうしり、P. ussuriensis var. ussuriensis)が中国で栽培化された栽培変種である。独自種 P. bretschneideri とすることもある。白梨(はくり)、シナナシともいう。

秋子梨は、P. ussuriensis の1変種で、中国・朝鮮・シベリアに自生している。日本に自生するミチノクナシ(イワテヤマナシ、P. ussuriensis var. aromatica)、アオナシ(P. ussuriensis var. hondoensis、二十世紀梨など緑色がかったナシの意の青ナシとは無関係)も同種とされることが多い。

栽培化の過程は、華北に自生する杜梨(とり、マンシュウマメナシ、P. betulifolia) との種間雑種のようである。そのため、学名は P. ×bretschneideri とすることもある(×は種間雑種の意)。

英語名は Chinese white pear。英語で Chinese pear は、中国原産のいくつかの栽培品種の総称である。

形は洋なしのようなびん形や、和なしのような球形などがあり、果皮は淡い黄緑色である。洋なしのように熟すまで一定期間置く(追熟させる)が、味は和なしに近い。また、食感も和なし同様石細胞が多く含まれるためシャリシャリした歯ごたえがある。

日本には、1868年に勧業寮によって「鴨梨」が、1912年に恩田鉄弥によって「慈梨」が導入されたが普及せず、現在では北海道、青森県、長野県、岡山県のごく一部の地域で、非常にわずかな量が栽培されているのみである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月18日 | 日記

世界の果物について


今日の世界の果物は!!!
パインについてです!!
皆さんもよく知っていると思います。
パインの原産地とかって知っていますか?!
てなわけで今日はパインの知恵袋についてです・・・。


原産地はブラジル、パラナ川とパラグアイ川の流域地方であり、この地でトゥピ語族のグアラニー語を用いる先住民により、果物として栽培化されたものである。15世紀末、ヨーロッパ人が新大陸へ到達した時は、既に新世界の各地に伝播、栽培されていた。 クリストファー・コロンブスの第2次探検隊が1493年11月4日、西インド諸島のグアドループ島で発見してからは急速に他の大陸に伝わった。 1513年には早くもスペインにもたらされ、次いで当時発見されたインド航路に乗り、たちまちアフリカ、アジアの熱帯地方へ伝わった。当時海外の布教に力を注いでいたイエズス会の修道士たちは、この新しい果物を、時のインド皇帝アクバルへの貢物として贈ったと伝えられる。 次いでフィリピンへは1558年、ジャワでは1599年に伝わり広く普及して行った。そして1605年にはマカオに伝わり、福建を経て、1650年ごろ台湾に導入された。日本には1830年東京の小笠原諸島・父島に初めて植えられたが、1845年にオランダ船が長崎へもたらした記録もある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月17日 | 日記

栗田智仁の世界の果物


アボカド

メキシコと中央アメリカ原産。低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育する。樹高は25m程の大きさになり、濃い緑色の果実をつける。5月頃に花が咲き、果実の収穫は11~12月頃。日本産のクスノキ科の植物でもっとも近縁なものはタブノキであり、タブノキの果実はアボカドの果実をうす甘くしたような味をしている。

中南米では果樹として栽培された長い歴史があり、ペルーのチャン・チャン遺跡からは西暦900年頃のものと見られるアボカドの実をかたどった土器が出土している

アボカドってきちんといえる人はあまりいないですよね・・・。
アボガド?!って言う人が多いんでは・・・・。
その前にこれは果物だったんですね。
僕敵に野菜の部類に入っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物

2010年09月15日 | 日記

栗田智仁の世界の果物


世界中にはたくさんの果物があります。
そう!マンゴスチンって聞いた事ありますか??

ここで栗田智仁の知恵袋!(マンゴスチン編)
東南アジア原産。果実は果物の女王と称される。
オトギリソウ科ではもっとも利用されている種の一つ。
名称がマンゴーと似ているが、関連性はない。

葉は対生、卵形ないし長円形で長さ8-15cm、厚く革質でやや光沢を持つ。
花は2.5-5cmで雄花または両性花。
両性花は若い短枝の先端に1または2個つく。
萼と花弁は4枚、肉厚でわずかに黄色を帯びた赤色から淡桃色。
雄しべは多数。雌しべは1個、柱頭は4-8裂する。
果実は直径4-8cmの球形で、表面は滑らか、肉厚の萼が宿存し、反対側に柱頭の跡が残る。
果皮は厚く、やや硬く、暗赤紫色。

食用の果肉部分は実際には仮種皮(種衣)で、柱頭の数と同じにわかれたミカンの房のような形の半透明の白色、中にそれぞれ1個の種子がある。扁平で長さ1cm程度の種子の、通常1個だけが発芽能力を持つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の世界の果物!

2010年09月14日 | 日記

栗田智仁の世界の果物


栗田智仁です。
世界中には色々な果物があります!
ちょっと調べてみました!
果物のコンポート

間違いのないおいしいコンポートのつくりかた・・・洋ナシの例

1) 同量の砂糖に切った洋梨をまぜる。
2) 一夜おいておく。
3) 朝、火にかけ、沸騰したら弱火で5分ぐらい煮る。
4) 半日おいておく。
5) (3)をもう一回。
6) 保存。
(おこのみで、レモン、シナモンをいれる。)

「砂糖をつかい熱湯をかけるだけ」という野趣にみちたやり方もあって「それがいちばんおいしいコンポートのつくりかただ」というひともいます。

ロシアでも有名ですね!!
栗田智仁の世界の果物の話でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁とたこの唐揚げ

2010年09月13日 | 日記

栗田智仁と唐揚げ


栗田智仁週末に唐揚げを揚げました!!
なにの??
一般的に唐揚げって鶏肉じゃないですか?!
でも栗田智仁【たこの唐揚げ】が大好きなんです。
だから栗田智仁の唐揚げはたこって決まっています!!
そのたこの唐揚げなんですが、とっても難しいんです。
衣はあまり無いほうが好きなので、そんな風にできるかなって思って作るんですが、いるも衣がなくなって素揚げになってしまうんです・・・。

この時の屈辱はなんとも言い表せないくらいくやしいです。
もう何十回もやっているのでそろそろまともなものが食べてみたくなってきます。
他の揚げ物は完璧に近いくらい大丈夫なんですが、これだけはくやしいです。
またリベンジしたい。
でもたこって案外高いんですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁と冷奴!

2010年09月09日 | 日記

栗田智仁と冷奴


栗田智仁冷奴が大好きです。
料理するのも好きなんだけど、冷奴という素材の味も大好き!
冷奴といったら、ねぎ、鰹節、しょうがでしょうか?!
でもたまに納豆とかキムチとかも全然ありですよね!
栗田智仁、普通に冷奴とご飯いけます!
暑い日はこれに限るってほど好きです!
栗田智仁、豆腐自体が好きなのかも!
油揚げや厚揚げも・・・。
でも、豆乳はあまり好きじゃないんです。
なんでかな?!
しかし、豆乳鍋は好き。
なんでかな?!
栗田智仁たまに自分がわからなくなります。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の趣味の話

2010年09月07日 | 日記

栗田智仁の趣味の話


皆さんもご存知のように栗田智仁・・・・。
趣味は料理です!
先週の休みはハヤシライスを作りました!
こう暑い日が続くと、食欲も激変・・・。
簡単に尚且つ栄養のあるものと!!
ハヤシライスが果たして栄養満点なのかまではわかりません。
でも、栗田智仁ハヤシライスが好きなんです!
作り方も簡単だし!
カレーと同じ要領!!
ぜひ今日の夕飯の参考に!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁です

2010年09月02日 | 日記

栗田智仁です


栗田智仁残暑に負けそうです・・・。
もう9月なのに毎日30度を超える暑さに参っています・・・。
秋は涼しいってイメージがあるのにここ最近雨を見ていません。
梅雨時期は早く夏にならないかな??
ってかなり嫌でしたが、こう毎日暑いのも嫌ですね。
てなわけで、栗田智仁スタミナ料理紹介します!

栗田智仁のスタミナ料理


うなぎとピーマンのピリ辛チャンプルー
[作り方]
1)蒲焼きはヨコ半分に切り、さらに3cm幅に切る。ねぎはタテ半分に切り、
  さらに斜め切りにする。ピーマンはタテ半分に切り、太めのヨコ細切りにする。

(2)卵は溶きほぐし、Aで味つけする。

(3)フライパンに油を熱し、(2)の卵液でいり卵を作り、取り出す。ごま油を加え、
  (1)のねぎ・ピーマンを炒め、しんなりしたら(1)の蒲焼きを加えサッと炒める。

(4)Bで調味し、(3)のいり卵をもどし入れ、炒め合わせる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加