果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

栗田智仁の果物の甘みについて

2011年05月18日 | フルーツ
こんにちは。栗田智仁です。

果物の甘み

果物の美味しさを作る成分として欠かせない 『甘味』。
甘味の主要成分は糖類ですが、その構成成分には数種類あります。
果物によって主要な成分は異なっていますし、その種類によって性質も違ってきます。
そして、そのようなことを知っておくと、果物を扱う上で役に立つこともあるはずです。
そこで、今回は果物に含まれる主要な糖類について簡単に紹介します。


果物の甘味は、ショ糖(スクロース:砂糖)、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)や、 糖アルコールであるソルビトールで作られています。
甘味の強さは、果糖がもっとも高く、ショ糖を1とすると、1.15~1.73、ブドウ糖は0.64~0.74、ソルビトールは0.6です。
その他の甘味の強さと特徴を下に記しました。 なお、果糖は冷やすと甘味が増すことが知られています。
果糖が主要な糖である果物は、食べる前に冷蔵庫で冷やしておくとおいしくなります。 その理由は、果糖は冷やすとα型からβ型に変わります。 そしてそのβ型果糖の甘味がα型果糖に比べ3倍高いためです。

<甘味の強さ 特徴>

ショ糖 1    自然でソフトな甘味で舌に残る。
ブドウ糖 0.64~0.74   さわやかな甘味。容易に吸収利用されてエネルギー供給源になる。
果糖 1.15~1.73    あっさりとした甘味。
ソルビトール 0.6    清涼感のある甘み。成長期に増加し、貯蔵中では減少する。



なお、糖の構成比は成熟の過程で変化します。収穫してから糖は少しずつ減ってゆくのが普通です。 しかし、クリのようにデンプン質の果実の場合は収穫後にデンプンが糖に変わるため、糖の含有量は増加します。
また、バナナや西洋ナシでも追熟過程でデンプンが分解し、糖含量が増加します。 ミカンやその他柑橘類のように、酸の含有量が多い果実では、貯蔵すると貯蔵すると甘味が増すように感じられるが、実際にはむしろ呼吸によって有機酸が分解されて減るため、糖酸比が大きくなるだけのことです。

さらに、糖の構成比は果実の種類によって異なるなど極めて複雑です。
果糖が主要な果物にはリンゴ、日本ナシ、ビワなどが、ブドウ糖が多い果物にはオオトウ、ウメなどが、ショ糖が多い果物には温州ミカン、バレンシア・
オレンジ、グレープフルーツ、ナツミカン、カキ、モモ、スモモ、バナナ、パイナップルなどがあります。
また、ブドウ糖と果糖がほぼ等量な果実にはブドウ、イチゴなどがあります。
そして、ソルビトールはオオトウ、リンゴ、日本ナシ、スモモなどのバラ科植物に多く含まれています。

果実が成熟すると、ソルビトールは浸透圧が高いために周辺の組織内の水を引っ張る力が強く、リンゴでは水浸病の蜜症を引き起こします。
リンゴの蜜症は品質の良い証明になっています。
また、ソルビトールの含有量の高い果実を摂取すると、便秘の解消に効果を有するとも言われています。

このように様々な成分で構成されている、果物の甘味ですが、その特性を知ってさらにそれを生かすように扱ったり、摂取したりするよう、意識してみてはどうでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のタバコとビタミンCについて

2011年05月17日 | フルーツ
こんにちは。栗田智仁です。

今日も、果物の話をしますよ。

皆さんは、タバコを吸いますか?
タバコを吸う方はもちろんですが、吸わない方も受動喫煙というのがあるんです!


ビタミン摂取で受動喫煙から身を守ろう!

受動喫煙とは、自分はタバコを吸っていなくても、周りの人が吸うタバコの煙である副流煙を吸い込んでしまうことです。
この副流煙は実際にタバコを吸うのと同等、またはそれ以上に体に悪いとされています。
残念ながら日本では分煙や禁煙が進んでおらず、多くの人が他人から健康の害を受けてしまっています。


受動喫煙とビタミンの効果規模の小さいアメリカの調査をもとにしたものですが、受動喫煙の人が1日にビタミンCを500mg摂取することで、血中の有害物質を減らすことが報告されました。
これから更なるリサーチが必要とされますが、喫煙者はビタミンCを多く使ってしまうという事実を考えると受動喫煙への効果も納得できるところです。
日本の栄養所要量でも喫煙者は多めのビタミンCを多めにとるように記載されています。

どれくらいのビタミンCを摂取すればいい?【最低目安量】1日に135gm以上のビタミンC

必要なビタミン量は賛否両論ですが、栄養所要量によると、成人男女の場合、1日100mgの摂取が推奨されています(妊婦は+10mg、授乳婦は+50mg)。
喫煙者は更に35mg多めに取るように記載されています。
タバコの数が増えるほど、必要なビタミンC量が増えることは示唆されていますが、本数ごとの推奨量は定まっていません。
日本ではビタミンCの上限は設定されていませんが、アメリカでは上限許容量は2000mgだとされています。
ビタミンCは水溶性のビタミンなので摂取過剰による副作用はまれだと言われています。
過剰摂取による副作用には、下痢や胃の不調があるので大量にビタミンCをい摂取している人は注意してみて下さい。


水溶性のビタミンは体に蓄積されないので、毎日摂取する必要があります。
ビタミンCが深刻に不足すると壊血病みられます。
また、ビタミンCが十分に摂取できていないと乾燥ヘア、乾燥肌、歯周病、傷の治りの遅れ、貧血、炎症への免疫低下、関節の痛み、鼻血、代謝のスピード低下、打撲による内出血などが見られる場合があります。
これでは、喫煙・受動喫煙の対策どころではないので不足しないようにしましょう。


ビタミンCを多く含む食品と含有量
100g中のビタミンC量です。100gの重さの目安は、キュウリなら1本、レタスなら1/4~1/5個分、りんご半分、レモン1個、さくらんぼ10個です。重さをイメージすると、大体の栄養量を予測できると思います。

【果物】
オレンジ(40mg)
パパイヤ(45mg)
レモン(100mg)
かき(70mg)
グレープフルーツ(38mg)
みかん(35mg)
いちご (62mg)

【野菜】
小松菜(39mg)
キャベツ(41mg)
めキャベツ(160mg)
ほうれん草(35mg)
ピーマン(76mg)
にがうり(76mg)
トマト(22mg)
ブロッコリー(120mg)

いかがでしたしょうか? 受動喫煙の被害者にならないように、環境はもちろん栄養についても考えてみましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の「果物は甘いから太る」は誤解

2011年05月16日 | フルーツ
こんにちは。栗田智仁です。

今日も果物の話ですよ。

果物のカロリーについて

わが国の果物摂取量は、世界的に見て、非常に少ないのが現状です。
なぜ、日本人は果物を食べないのでしょうか。
いろいろな理由があると思いますが、「果物は甘くカロリーが高いので太るから食べない」もその理由の1つと思われます。
本当でしょうか。


 例えば、ゴボウとリンゴを比較してみましょう。
ゴボウのカロリーは100g当たり65kcalですが、リンゴのカロリーは54kcalです。
また、わさびを一度に100g食べる人はいないと思いますが、わさびのカロリーは88kcalです。
リンゴよりかなり高いことが分かります。
最初に、ゴボウとわさびを取り上げたのは、甘さとカロリーは直接関係がないことを言いたかったからです。
ショートケーキは甘くて美味しいのですが、カロリーが高いのは糖分ではなく脂肪分が多く含まれているためです。


 リンゴや温州ミカンなど主な果物は、下の表1に示したとおり30~70kcalの間に入ります。

それに対して、らっかせい(295kcal)、とうがらし(96kcal)、グリンピース(93kcal)などの野菜は、果物よりカロリーが高いのです。

また、パセリは44kcalで温州ミカンと、にんじん、たまねぎはアンズとほぼ同じカロリーです。
このように果物は野菜と比較してもカロリーが高いわけではありません。


「ごまかさないでください。もっとカロリーの低い野菜がたくさんあるはずです」と、言われそうです。
その通りです。
果物よりカロリーの低い30kcal以下の野菜には、ししとうがらし(27kcal)や青ピーマン(22kcal)などがあります。

トマトは野菜か果物かについての裁判を思い出してください。
野菜とは、そのままではあまり食べず、加工して食べるものであるとの判例がでています。
例えば、ししとうがらしや青ピーマンを油炒めにすると、それぞれ60kcal、64kcalとなり、リンゴより高くなってしまいます。
セロリ(15kcal)はカロリーがとても低い野菜ですが、マヨネーズやドレッシングなどと一緒に食べると、この場合も果物と同じかそれ以上のカロリーとなります。
マヨネーズ大さじ1杯(15ml)のカロリーは100kcal位です。
カロリーの低い野菜はそのままで食べるのはまれで、油炒めなど、美味しく料理するのが普通です。


 以上のことから果物と野菜のカロリーは、ほぼ同じと考えています。
従って、「果物は甘いから太る」は誤解だと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルーツダイエットについて

2011年05月14日 | フルーツ

ダイエット方法について


栗田智仁の友人にフルーツダイエットをしている人がいます。
これって効果あるのかな??って聞いてみると効果絶大!!
本当か嘘かきになったので自分で調べてみました。
まずフルーツダイエットの方法として、1日3食のうち最初の食事を果物のみにする。
朝食を抜いている人は昼を果物にするといいですよ。
3食のうち1食だけを果物に変えるので他の2食は通常の食事でOK!!
ダイエットの基本として、食後のデザートを果物にするって事はやめたほうがいいと思います。
なぜなら、食事で血糖値があがっているうえさらに甘いもので上げるという行為は太る体質を作る原因ともなってしまうからです。
さて、フルーツダイエットをするにあたってオススメの果物は、その時期に旬なものがいいといわれています。
でもこれじゃ、栗田智仁フルーツダイエットの前にフルーツ貧乏になっちゃう・・・・。
なので、バナナやアボガド、トマトなんかがいいのではと思います。
食べるときに注意事項として1種類じゃなくていくつかの種類があったほうがいいと思います。
味に変化があったほうが続けやすいかなって思います。
量的には、わかりやすい果物で言ったらグレープフルーツ1個、バナナだけだったら1本半が一番ベストじゃないかなって。
冷蔵庫で冷やして食べる人がいますが、体を冷やしたりするので常温がいいと思います。
栗田智仁は今まで果物は体にいいけど、あまり食べ過ぎると太ってしまうっていう認識がありました。
けど、決まった量や摂取方法を変えることによってダイエットに繋がっていくんだってびっくり発見でした!
友人にも報告しておこうと思います。

なぜ効果があるのか?


フルーツダイエットはなんで効果があると思いますか??
あんなに甘くて、一見太ってしまうんじゃって思う果物が・・・・。
これは、果物に含まれている砂糖の成分は通常のものと違ってからだの中に蓄積しないんじゃないかなって事だと思います。
あと匂いにも関係があるように思っています。
よくグレープフルーツの香がダイエットにいいなんていいますよね?!
この匂いによって脳に刺激を与えて痩せるって研究もされています。
なので体の中でも同じような原理が働いているんじゃないのかなって。
栗田智仁は研究をしているわけじゃないかな詳しいことまではきちんと調べないとわかりません。
あと果物の絵をみるだけでもダイエットの効果があるらしい。
絵からも脳に刺激を与えることができるんです。
果物があるって事はエサが豊富、争う必要がないなどの円満的なイメージを与えるみたいです。
一家に果物の時代ですかね?!
栗田智仁は一人暮らしなので、円満とか喧嘩はないけどそうならないように果物の絵や食卓に果物を置いておこうかなって思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルーツ断食について

2011年05月13日 | フルーツ

フルーツでリフレッシュ


世の中には色々な断食方法があります。
例えば、プチ断食とか水断食、他には半断食もあります。
断食をする目的には、体の毒素(デドックス)を排出するなどの様々な事があります。
今日、栗田智仁が話しをする断食はフルーツ断食についてです。
ちょっと聞いたことがないと思いませんか??
このフルーツ断食は栗田智仁がたまにやっている断食の1つなんです。
方法としては、朝食にフルーツを食べるという一般的な断食とはちょっと違うんです。
通常断食って食べないというイメージがあると思います。
しかし、フルーツ断食は断食の恩恵はゲットしつつも、断食のハードさはないというかなりセーフな食餌療法なのであります。
栗田智仁のように朝食をフルーツにする人もいれば、半日断食っていうものもあって朝食にフルーツジュース、昼にフルーツジュースかフルーツ、夕飯に軽くおかゆやサラダといったパターン。
1日の場合は夕飯もフルーツジュースにして次の日からおかゆなどの復食にしていくといった方法があります。
栗田智仁は全く栄養を取らないので倒れてしまうんじゃないかって考えがありました。
しかし、総摂取カロリーを減らして低栄養にした抱負が消化器系が休まって自己治癒能力が活発化するらしいですよ!
栗田智仁は月に4回ほどフルーツ断食していますが、毎日がリフレッシュな感じです。
プチ断食もどきを試してみてはいかがですか??

フルーツ断食のメリット


栗田智仁の経験上この断食のメリットとして一番効果的だったのが、疲れとかストレス解消にいいって事です。
人間は誰もがストレスを持っている時代です。
その環境の中でいかにお金をかけずにストレス発散させるかって悩みませんか??
この不景気の中、何十万もだしてマッサージやエステに通える人はそう多くないと思います。
食べることがストレス発散だっていう人もいると思います。
確かに食べることによって、自分の欲求が満たされます。
しかしほとんどの人がそのあと後悔やダイエットなどのまたストレスのかかるようなことをしていることも現実なのです。
この2重のストレスをなくすために体内を改善して健康的な疲れのないからだにしたほうがよっぽどいいと思います。
さっきも話ししましたが、実際に栗田智仁は疲れっていうものをしなくなりました。
30歳を超えてから毎日が疲れて、朝も起きづらい・・・・。
そんな毎日にストレスを感じていたんですが、今では週末のフルーツ断食が楽しみです。
人それぞれなので、疲れが完全に取れない人やフルーツ断食が体に合わない人もいるかも知れません。
でも一回試してみる価値はあると栗田智仁は思います。
今一番のオススメ断食ですよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝フルーツは体に良い。では夜フルーツは?

2011年05月12日 | 日記
こんにちは、栗田智仁です。

昨日は、朝フルーツについて紹介しましたが

では、夜フルーツはどうなんでしょうか??


夜フルーツを食べると脂肪細胞は太りやすくなります。
食べた後に動くことのすくない夜は、脂肪をどんどん蓄えることになります。

朝のフルーツは金、昼のフルーツは銀、夜のフルーツは鉛に変わる
という昔からの言葉もあります。

果物は水分もある為に夜眠いのにお手洗いに行きたくなる事や、消化不良、それから果物の甘みである果糖。
果糖は太らない訳ではありません。

フルーツに含まれる果糖は、脂肪細胞の主成分である中性脂肪になりやすい物質ですが、ビタミンや食物繊維も豊富な優れた食品です。
糖質をたっぷりとれば、体脂肪の蓄積を促進するホルモンであるインシュリンの分泌が活発になります。

朝にフルーツを食べればエネルギーとして消費されやすく、脂肪細胞を太らせずにすみます。
逆に夜フルーツを食べれば、脂肪細胞は太りやすくなります。


しかし、少量であれば夕食後のデザートとして食べても問題ありません。
脂肪と砂糖がたっぷりのケーキよりは、フルーツのほうがダイエットには効果的。ケーキよりも太りにくいのです。


また、大好きなお菓子を我慢しすぎてイライラするより、時には食べても太らない菓子を選びましょう。

ケーキは糖分のほかに生クリームやバターなどの脂肪がたっぷり入ってます。
脂肪+糖分は太る最強の組み合わせです。インシュリンの分泌が活発となると同時に血中に大量の脂肪が流れ出します。
つまり脂肪細胞を促すホルモンであるインシュリンが十分あるので脂肪細胞は太る一方です。

おまんじゅうは、でんぷん+糖分の組み合わせで、脂肪は含まれていません。
脂肪を合成する準備は万端でも血中に脂肪を流れ込ませない分、脂肪たっぷりのケーキより脂肪細胞は太りにくいのです。
ただし、高脂肪の揚げ物などを食べた後には食べないようにしましょう。
胃の中で揚げ物の脂肪と和菓子の糖分の組み合わせになってしまうからです。
また、太りやすくなるので夜は避けましょう。


結論として、やはり夜フルーツよりも断然朝フルーツの方が良い!ということですね(^^)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝フルーツの効果

2011年05月11日 | 日記
こんにちは、栗田智仁です。


みなさん朝食って食べますか???

僕は最近、「朝フルーツ」が体にいいって聞いたので朝はフルーツを食べるようにしています。


昔から言ったものです。
朝の果物は金! これは本当なのです。

果物を毎日たくさん食べていたら、果糖のとりすぎになり、糖尿病や太る原因になるというのは最も多い誤解です。
 
果物の果糖と白砂糖とは、まったく違うものです。
 
精製された白砂糖などは、体内に入ると腸壁から急激に吸収され、血糖値を急上昇させてしまいます。
そして血液中の糖を早く細胞へ送るために、大量のインスリンを必要とするために身体に負担がかかります。
 
果物の果糖は白砂糖よりも複雑で、ゆっくりと吸収されます。
そして細胞へ送るときもインスリンを必要としません。
 
果物を正しく食べることは、逆に血糖値を下げる効果があります。
そして、毒素を排泄する効果からダイエットになります。


果物の水は栄養を運び、老廃物を洗い流してくれる輸送の役目をしてくれます。

朝を果物だけにかえるだけで、身体が喜びはじめます。
1週間ぐらいで効果がでてくると思います。
長い人生の朝を果物に切り替えるだけで、すばらしい体質改善が期待できると思います

朝を果物に切り替えてすぐは、もの足りなさを感じたりお昼までにお腹が空いてくるかも知れませんが
人間は適応能力がありますので慣れてきます。
朝から脂肪分の多い朝食を摂ってこられた方は、つらいかもしれませんが
身体も朝からお腹いっぱいだと、せっかく充電できたパワーを
ごはんの消化に使ってしまうので疲れてしまい、代謝を促したりに使えなくなってしまいます。

朝フル(朝はフルーツだけ)を続けると身体が喜んできます。(3~5種類のフルーツが理想です)
心も身体も頭も”ローフード” のここち良さを体感してくると思います。
ローフードとは生のまま食す酵素の働きを大切にする食文化の事です。

欧米や北欧ではローフードの文化が発達していますが
日本ではまだまだです。だから果物しかないのです。

果物は食べるまでに熟しているため
身体に負担をかけず、消化でき栄養の吸収も瞬時ですし
瞬間的にエネルギーとして燃え始めます。


ちなみに果物は胃から腸に約20~30分で消化されるのに対し
お肉やお魚などは約5~6時間ほどかかると言われております。
それだけ身体に負担がかかってしまい、消化酵素の使いすぎで代謝酵素を使えない方が多くなっています。


なんだか朝フルーツってスゴイなって思いませんか???

みなさんもレッツ朝フル!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の生姜風味の爽やかライチゼリー

2011年05月10日 | 日記
こんにちは。栗田智仁です。

今日は、生姜風味の爽やかライチゼリーのレシピです。


冷たい食べ物ですが、体を温めるゼリーです。
冬になると、手足が冷えたり、
カラダがぶるぶる震えたり・・・。

そんなときは、代謝を上げる生姜入りゼリーを
おすすめします。

ひとくち食べれば、ぷにゅっとした食感にワクワク、
白色半透明のライチは、
控えめな甘みと、ジューシーな味わいが特徴で、
生姜の苦さとも、ほどよくマッチします。

さらに、ライチリキュールを加えれば、
気品ある香りがアップして、ライチらしい美味しさを
楽しめますよ。

そう、このゼリー、
疲れたなぁと感じる夜によく作るので、
ストレス解消にもよいかもしれません♪

是非、作ってみてください。


■レシピ(2人分)
水 400ml
砂糖 60g
生姜ペースト 小さじ1/2~1
粉寒天 小さじ2
ライチ(缶詰) ……4個
ライチリキュール ……小さじ2
あれば粒黒コショウ 少々

■作り方
1鍋に水、砂糖、生姜ペーストを入れ火にかけ、粉末寒天を加えて、沸騰したら火を止め、
  粉寒天が溶けるまでよく混ぜ合わせ、ライチリキュールを加える。
 2器に1を入れ、冷蔵庫で固まったら、ライチを入れた器に入れる。

■美容豆知識
ライチは、中国南部地方原産の常緑高木のことで、通常はその果実のことをいう。
ヒダミンB、ビタミンC、ナイアシン、カリウム、食物繊維など、免疫力アップ、美肌効果、
ストレスの解消にもよいといわれる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の楊貴妃に愛された果物「ライチ」

2011年05月09日 | 日記
こんにちは。栗田智仁です。

今日は、楊貴妃に愛された果物「ライチ」についてです。

中国料理のレストランなどでデザートとしておなじみの果物、ライチ。
レイシ(茘枝)とも呼ばれています。
直径3~4cmぐらいの丸い果実の皮をむくと、乳白色の果肉が出てきます。
香りがよく、甘酸っぱくて上品な味わいがあり、高級感のあるフルーツとして人気があります。


ライチは、植物としては、ムクロジ科レイシ属に分類されています。
東南アジアなどで栽培されている熱帯果実のランブータンやリュウガンなどもムクロジ科の仲間であり、これらのフルーツは、ライチと同様に、果肉が乳白色で、果実の中に1個のタネが入っていることが特徴です。

皇帝への献上品として用いられたことも
ライチは中国原産です。中国では紀元前からライチが栽培されており、多様な品種が育てられ、古くからライチが皇帝への献上品としても珍重されてきたといわれています。

唐の時代、玄宗皇帝が楊貴妃を寵愛するあまり、国を省みなくなり、政治が乱れて、楊貴妃が死に追いやられたエピソードはあまりにも有名ですが、ライチはその楊貴妃の好物であったことが伝えられています。
当時、皇帝は楊貴妃のために、ライチを南部の産地から首都長安(現在の西安)まで、早馬で長距離輸送させたほどだといわれています。


ライチは、ジューシーでなめらかな食感、ほどよい甘みや香りのよさなど、独特のおいしさをもつフルーツであり、楊貴妃のみならず、現代人にとっても魅惑的です。
かつて中国で高貴な人々によって食された果実は、現在は、世界の熱帯、亜熱帯の地域で栽培されるようになり、日本でも気軽にその味わいを楽しめるようになってきました。


先天性疾患防ぐ葉酸も豊富
楊貴妃が好んだとあれば、美容によい効果を期待したくなりますが、ライチの栄養効果はどうなのでしょうか。
可食部100g当たりの栄養成分を見てみると、エネルギーは63kcalで、サクランボやカキと同じくらいです。
豊富な栄養素としては、ビタミンCや葉酸、カリウムが挙げられます。

ビタミンCは、抗酸化作用や鉄の吸収促進、抗ストレスなどさまざまな効果のある栄養素です。
加熱により損失しますが、生で食べる果物からは効率よく摂取することができます。
ライチに含まれるビタミンCは、可食部100g当たり36mgで、ミカンよりも少し多い量です。
ビタミンCは1日に100mg摂るとよいといわれていますから、いろいろな果物や野菜からとるようにするとよいでしょう。

また、葉酸は可食部100g当たり100μg含まれています。
葉酸は水溶性ビタミンの1つで、妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」の発症リスクが高くなるとされています。
妊娠している人はもちろん、妊娠を計画している人や妊娠する可能性のある人は、葉酸を積極的に摂取することが勧められています。
緑黄色野菜や果物などから摂取できますが、ライチも葉酸の補給源の1つとして有効といえます。

カリウムは神経の働きや血圧のコントロールに関与する栄養素で、ライチ可食部100g当たり170mg含まれています。
カリウムを十分摂ることにより、高血圧の予防にも役立ちます。


通年で出回り、入手しやすい冷凍品
年間を通して出回っており、いつでも入手しやすいのは、冷凍品のライチです。
買ったら冷凍庫で保存し、自然解凍して食べるといいでしょう。
一方、生鮮品は中国産、台湾産、メキシコ産などが5月頃から8月頃まで出回ります。
また、国産品としては、鹿児島産、沖縄産が7月頃に出回っています。

ライチを選ぶときは、果皮の色がきれいで、いたんだり傷ついたりしたところがないものを選びましょう。
保存するときは、ビニール袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室に入れます。
新鮮なうちに食べたほうがおいしいので、早目に食べましょう。室温で保存すると傷みやすくなるので、注意が必要です。

食べるときは、生でそのままいただきましょう。
皮は手でむくことができます。ドリンクやデザートの材料としても活用できます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加