果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

マンゴスチンの豆知識

2017年08月30日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『マンゴスチン』の豆知識を紹介します。

マンゴスチンは日本ではあまり馴染みがないですが、南国の地方では大変ポピュラーなフルーツです。主な産地はタイなどの東南アジアです
これまでは植物防疫法の関係でフレッシュなままでのマンゴスチンの輸入は禁止されていましたが、2003年に解禁となり、今は日本に住んでいてもフレッシュな状態のマンゴスチンが食べられるようになっています。
タイ産以外のものではコロンビア産のマンゴスチンもあるようですが、かずは圧倒定にタイ産のものが多いです。

マンゴスチンの果実の大きさはゴルフボールと同じくらいの大きさで、果皮に厚みがあるのが特徴です。
一見硬そうに見えますが、意外と柔らかく、手で剥くことも簡単にできます。
果肉ラまるでライチのような半透明の乳白色で、甘みと酸味のバランスが丁度良くブレンドされています。
マンゴスチンは、果実の大様ドリアンと並んで、果実の女王の名称で親しまれています。

残念ながら日本国内でマンゴスチンの栽培は行われていないのですが、南国の気候の元で作られたフレッシュなマンゴスチンは非常に美味しいので、スーパーなので見つけた際はぜひ食べてみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三尺バナナの豆知識

2017年08月28日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『三尺バナナ』の豆知識を紹介したいと思います。

バナナの生まれ故郷は、南アジアに位置する熱帯地方だと言われています。
一言でバナナと言ってもさまざまな種類があり、その種類は数百を上回ると言われています。
よく見るバナナの形をしているものもあれば、イモ類のように調理をしないと食べられないものなど様々です。

現在世界中で剤倍されているバナナの2/3は生食用、残りの1/3は調理用と言われています。
調理用のバナナは、でんぷん質がそのまま残るため、イモ類と同じように炭水化物の代わりとして食べることが可能です。

日本で売られているバナナは、青い状態で輸入されることをご存じですか?
熟した状態のバナナはチチュウカイミバエなどが混雑しているリスクが高いため、まだ身の青い状態から輸出し、倉庫内で追熟されます。

日本のバナナは90%がフィリピン産だと言われています。
国産のバナナもありますが、出回っている量が限りなく少ないため貴重価値が高いです
。これらのものは島バナナ・三尺バナナなどと呼ばれこの時期にしか食べることができません。
日本で食べられるバナナはほとんどが輸入もののため旬はなく、年中通して同じ味のバナナが食べられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青パパイヤの豆知識

2017年08月26日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『青パパイヤ』の豆知識を紹介します。

青パパイヤは、熱帯アメリカが原産とされている果実の1つで、熱帯アメリカを含めた世界中の熱帯・亜熱帯地域でひろく栽培されています。
日本国内では、沖縄は鹿児島で生産されているようです。

青パパイヤは雄雌異株のため、一般的には両株を隣同士に植え付けて受粉させる必要があります。
青パパイヤは独自に品種改良されたものもありますが、期限はというと、フルーツの一つとして親しまれているパパイヤの実の青い状態で収穫されたものを指すことが多いでs。

フルーツとして食べられているパパイヤには種がびっしり詰まっていますが、青パパイヤには種が入っておらず空洞のままのものが多く見られます。
こえは青パパイヤが、雌株のみで栽培されることが多く、受粉をしないまま果実になるためです。

青パパイヤの見た目は堅そうは感じですが、売りの様な歯ごたえで着ることができます。
中には、白いままの果肉が詰まっており、程良い硬さとほんのりとした甘みが特徴的です。
熟しきったパパイヤとはまた違った独特なトロピカルさがポイントになっています。

青パパイヤから分泌される汁には、たんぱく質が多く含まれているため肌の弱い人はかぶれてしまう可能性があるため、気を付けて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゥナの豆知識

2017年08月24日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『トゥナ』という食べられるサボテンの仲間を紹介したいと思います。

トゥナはウチワサボテンという種類のサボテンに実る果実の総称を言い、産地のメキシコでトゥナと呼ばれているためしう名前が付いたと言われています。
ウチワサボテンとは主な食用のサボテンの事を指します。
中にはトゥナが出来るものや、サボテンの葉のように見える茎の部分を食べるものなど様々です。
また家畜用の食用サボテンもあることから、メキシコ周辺ではサボテン=食用のイメージが強いそうです。

サボテンから摂れるトゥナにも種類があり、サボテンに近いグリーンのものから、オレンジががったもの、また赤いものまでありカラフルです。

トゥナはまるで手榴弾のような形をしており、表面には小さなトゲが生えています。
売られている状態のものはトゲが抜かれているものもあり、300g前後のものが多いようです。
半分に切ると、中は白~薄緑色の果肉が詰まっており、種はかなり多いです。
果肉はスイカもようにちょっぴり甘く、ジューシーな歯ごたえが特徴的です。

乾燥地帯が多いメキシコの地では、良い水分補給・糖分補給になるに違いありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アフォーラマンダリンの豆知識

2017年08月22日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『アフォーラマンダリン』の豆知識を紹介します。

アフォーラマンダリンはオーストラリアが主な輸入国となっているミカンの1種で、その始まりはモロッコのマーコットという植物を育成したものだと言われています。
現在では、オーストラリアで剤倍されているものが「アフォーラマンダリン」、アメリカで栽培されている者がマーコット、また種なしに品種改良が施されたものがダブルマーコットという名前で販売されています。

アフォーラマンダリンは、温州ミカンのように手で簡単[に皮がむけることが特徴で、丁度日本の正反対にあるア―ストラリアでは、日本国内のミカンが取れなくなる時期に大量のアフォーラマンダリンを日本へ輸出しています。

アフォーラマンダリンのサイズは70g~80gと、温州ミカンと比べると少し小さいです。
表面にはワックスをかけたようなテカリがあり、皮は手で剥けるほど柔らかいのが特徴です。
ミカンとは違い、オレンジに似た芳醇な香りが特徴です。
果実は酸味が少なく、強い甘みを持っています。
アフォーラマンダリンは種ありですが、マーコットよりは食べが少ないという特徴を持っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルピアレッドの豆知識

2017年08月20日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ルピアレッド』の豆知識を紹介します。

ルピアレッドは夕張メロンと同じくネット系赤肉のメロンの1種で、ミカド協和というところが苗木の販売をしています。
夕張メロンは熟すのが早いため、日持ちがあまり良くないのに対して、ルピアレッドは果肉がしっかりとしていて、糖度も高いのが特徴です。
産地である北海道産のものは蔓付きで出荷されることが多いようですが、茨城県産のものは蔓ナシで出荷されているようです。

ルピアレッドは果皮表面の網目が非常に細かく、皮が薄くて実が厚いのが特徴です。
大きさは1kg~2kgとあまり大きくないですが、しっかりとした果肉とジュージーな甘さがあって非常に美味しいです。
歯触りがあるので苦手な人もいるかもしれませんが、完全に熟すことでまろやかになります。

ルピアレッドの主な産地は北海道で、
・あいべつメロン
・ふらのメロン
・にいかっぷメロン
・らいでんメロン
などがこれに当たります。
度の地域でも高級ブランドメロンとしてルピアレッドが扱われているので、一度は食べてみて下さい。
北海道以外では、全国のメロンの産地として有名な茨城県で作られています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シークワーサーの豆知識

2017年08月18日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日はシークワーサーの豆知識を紹介しようと思います。

シークワーサーは沖縄や台湾などに生息している、自生の柑橘果実で、和名を『ヒラミレモン』と言います。
シークワーサーという呼び名は沖縄県内のものであり、「シー(酸っぱい)」・「クヮーサー(食べもの)」という意味のようです。
シークワーサーという呼び名が方言のため、たびたび「シークワーサー」や「シークヮーサー」など表現に偏りがあるのが見受けられます。
実はこのシークワーサー、産地によって名称が変わるため、数だけでも100種類を超えるとも言われています。

シークワーサーの果実は3~4cm程で、カボスと良く似ています。
円形ではなく、少しつぶれているのが特徴で、未熟の果皮が青い状態で収穫されます。
未熟なシークワーサーは程良い酸味があり、ジュースや料理の味付けに使われることが多いです。
完熟の状態になると、果皮が黄色くなり、甘みが増します。

シークワーサーの主な生産地はなんといっても沖縄です。
沖縄県だけで年間3478tものシークワーサーを生産しており、全国の90%以上を占めています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスカットの豆知識

2017年08月16日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『マスカット』の豆知識を紹介していきます。

マスカットは正式名称を『マスカット・オブ・アレキサンドリア』と言い、日本で特に親しまれています。
ブドウの仲間の中でも、雰囲気や風味が非常に良く出来ている品種なので、マスカットを愛するファンドも多いといいます。
このマスカットの原産国は北アフリアで、あのクレオパトラにも愛されたと言われる、歴史が古いフルーツの1つなのです。

マスカット・オブ・アレキサンドリアの由来は、エジプトのアレキサンドリア港から全世界へ輸出されていたからだと言われています。
マスカットの意味はmusk=麝香(じゃこう)と言われており、麝香のような芳醇な香りがするからだと伝えられています。

日本にマスカットが伝えられたのは明治時代のことで、苗木を温室栽培させることに成功したことにより、全国へひろがりました、。
日本での主な生産地は岡山県で、剤倍面積は全国の96%にも上ります。
次いで、香川県・福岡県と続くようです。
マスカットはもともと地中海性の気候を好む性質があるので、雨に弱く、露地栽培に向かないなどの問題点が挙げられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨峰の豆知識

2017年08月14日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『巨峰』の豆知識を紹介します。

巨峰は1945年に発表された新種のブドウで、石原早生とセンテニアルという種類のブドウを交配させています。
巨峰の正式名称は「石原センテニアル」というので覚えておいて下さい。
石原センテニアルは1955年に、今の『巨峰』という名前で商標登録を受けています。
この巨峰という名前は、開発元の農学研究所から見えていたという富士山の雄大な姿にちなんでいると言われています。

巨峰は花が咲いたあとにそのまま実を付けさせていると、700gから800gもする大きな房になりますが、手を加えないと実が薄く色も赤いままのブドウになるそうです。
糖度もかなり下がってしまうため、ブドウ農家の方が手間暇をかけて作る必要があるのです。
粒の数を調節したり、手間をかけることで、色が濃く甘みが強い巨峰が完成するのです。

最近では種なし巨峰も流行ってきていることから、種のない巨峰を食べたことがある人も多いのではないでしょうか?
巨峰はもともと種のある種族ですが、ジベレリン効果という特殊な処理を施すことで種なしの巨峰が食べられるようになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すだち・かぼすの豆知識

2017年08月12日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『すだち』と『かぼす』の豆知識を紹介します。


すだちはユズやだいだいの仲間で、柑橘類に属しています。
特にこのすだちは大分県の特産として有名ですが、すだちは通常、まだ緑色の状態で収穫されますが、熟すと黄色に変化し風味も変わって甘みも強くなります。

一方かぼすは徳島県の名産品になっており、こちらも柑橘類の仲間です。
かぼすと比べて皮が若干薄く、香りがさわやかなのが特徴です。
スーパーでは良く松茸と一緒に売られているのを目にしますね。

またかぼす・すだちの仲間に「さんず」というものもあります。
さんずは、丁度すだちとかぼずの中くらいの大きさで、皮も種もほとんどないため、中には果汁がたっぷり詰まっています。
香りは前者の2つよりも弱いですが、爽やかさがアップしています。
このさんずは宮崎県の特産品で、フレンチやイタリアンレストランなどで良く使用されているようです。

かぼすやすだちは夏から秋にかけて最盛期を迎えます。
初夏から7月まではハウス栽培のものが出回り、8月~10月になると露地物が旬を迎えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デラウエアの豆知識

2017年08月10日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『デラウエア』の豆知識について紹介していきます。

デラウエアはアメリカで発見された、自然交雑種の1つで、1855年にオハイオ州のデラウエアで命名されたことで『デラウエア』と呼ばれるようになりました。
この品種はもともと種が存在しない種なのではなく、ジベレリンという特殊なホルモン剤にひたすことにより、種が出来ないように処理しているのです。

日本国内で出回っていたブドウの品種はごくわずかたっだため、高価ま巨法やマスカットなどに比べてデラウエアは安価で手に入りやすいということで大流行しました。

デラウエアは元祖種なしブドウとして、一般家庭に親しまれてきましたがその味は他のブドウと引けを取らないほど完成されています。
粒は小さいですは、甘みが強く、また程良い酸味も感じます。
香りも高く、普通のブドウよりもデラウエアの方が好きという方も多いのです。

そんなデラウエアを国内で最も生産しているので、山形県です。
それに次いで山梨県・大阪府と続いています。

また全体的な生産量では巨法に次ぐ生産量を誇っており、日本人なら馴染みのあるフルーツになっているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梨の豆知識

2017年08月08日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『梨』にまつわる豆知識を紹介していきたいと思います。

梨はバラ科・ナシ属の木実る果実のことで、原産国派中国だと言われています。
日本には弥生時代にはすでに伝わっていたとされ、現在ではさまざまな品種改良がなされています。
その種類はとても多く、沖縄以外の日本全国で栽培が行われています。

梨を分類すると、
・和梨
・中国梨
・洋ナシ
の3種類に分類することができます。
今日本で盛んに栽培されているのが「和梨」です。
中国梨の栽培が全くないというわけではないのですが、和梨・洋ナシに比べると非常に少ないです。

和梨は大きく二つのタイプに分けられます。
・赤梨系…幸水や新高梨のような皮が黄褐色をしているもの
・青梨系…二十世紀や菊水などの皮が淡黄緑色のもの
青梨系に分類される二十世紀は一世を風靡しましたが、現在ではピークが終わり赤梨系の香水や豊水にその座を譲っています。

洋ナシは滑らかな食感があり、甘みも非常に感じることが出来ますが、和梨は独特なザラつきがあり、海外ではあまり人気が出ませんでした。
この独特な食感は海外では「サンドペア」と呼ばれ、砂のような舌触りと言われています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プルーンの豆知識

2017年08月06日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『プルーン』の豆知識について紹介していきます。

プルーンという名前は、バラ科サクラ属の西洋スモモの総称の事を言い、そこからまた細かい品種分けがなされています。
「プラム」と「プルーン」の使い訳には諸説ありますが、流通品の名称からみると、生のスモモをプラムと言い、生の西洋スモモとドライフルーツやペースト状にした西洋スモモをプルーンと言う傾向が強いように感じられます。
ちなみにフランスの地方では、生の西洋スモモをプリュン、ドライフルーツやペースト状にしたものをプリュノーと呼んでいるようです。

最も生産されているプルーンは、
・サンプルーン
・スタンレイシュガー
・アーリーバース
となっています。
プルーンは店頭で悩んでいる者に品種が記載されていないことが多いので、初めてプルーンにこれだけの品種があるという事を知った人も多いでしょう。

日本国内でプルーンを最も生産しているのは長野県で、次いで北海道、青森県となっています。
プルーンの果実はその特性上雨に弱いため、雨が少ない地域でよく育つと言います。
プルーンは早生種から晩生種まで多くの種類があり、収穫時期をすらしながら出荷されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタリンの豆知識

2017年08月04日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ネクタリン』の豆知識について紹介します。

ネクタリンは、バラ科モモ属の木になる実の事を言い、広くいえば皆さんご存じの桃の親戚にあたります。
皆さんがよく知っている桃には細かい毛が生えています(一般的に「毛桃」と呼ばれます)が、ネクタリンは表面にこの毛が生えていないので、「油桃(油がかかったようにツルツルしている)」とも呼ばれています。
標準和名は「ズバイモモ」というのですが、こちらの方がより聞き慣れないですよね。

ネクタリンは桃よりも味と果肉がしっかりしているのが特徴です。
甘さが強い毛桃と比べると、ネクタリンの方が酸味が強く、桃というよりはスモモに近い味がします。
しかし果肉の香りは桃そのものなので、桃の味を思い浮かべながら食べるとショックが大きいかもしれません。

日本国内で生産されている主なネクタリンの種類は以下の通りです。
・秀峰
・サマークリスタル
・フレーパートップ
・ファンタジア
・アームレッド
・黎明(れいめい)
主な産地は長野県となっており、この長野県だけで全国の80%以上を生産しています。
長野県に次いで生産されているのが福島県・青森県です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バントウの豆知識

2017年08月02日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『バントウ』の豆知識について紹介していきたいと思います。

バントウの原産国は中国と言われており、日本でよく見る丸い形状の桃とは違って、平たい形をしています。
バントウにもいくつか種類があり、それらの総称としてバントウと呼ばれています。

バントウは日本では「座禅桃」と呼ばれることもあり、中国では「仙果」という不老不死の食べ物として親しまれてきました。
西遊記にも登場する、孫悟空と猪八戒が食べたといわれているのが、このバントウです。


バントウの一番の特徴はこの楕円状のかたちです。
桃をそのままつぶしたような形をしており、真ん中が少し窪んでいるのが一般的です。
中心部分の種はかなり小さく、可食部の割合が多いです。
品種も様々で、果肉が白っぽい白桃タイプのものと、果肉が黄色がかっている黄桃タイプのものがあります。
皮は手で剥けるほどやわらかく、甘い香りが強く香って非常にジューシーな感じがします。
果肉はしっかりとしており、舌触りも繊細なので中国でも貴重な桃として親しまれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加