果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

ドリアンの豆知識

2017年05月26日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ドリアン』の豆知識を紹介したいと思います。

ドリアンは『果実の王様』という名前で呼ばれることもあり、特有の甘さと豊富な栄養を兼ね備えているフルーツでもあります。
ドリアンの表面には棘がいくつも付いており、また臭いも強烈なことから『サタン(魔王)の果実』と評されることもあるようです。
名前のドリアン(Durian)はマレー語の「Duri(ドリ)」が由来だとされており、棘を持つ果実という意味のようです。
果実の王様であるドリアンと対を成すように、マンゴスチンは『果実の女王』呼ばれ、親しまれています。

ドリアンの表面は棘で覆われており、この棘自体も非常に硬いので人の手では持つことも出来ません。
大きさは大体人の頭くらいで、1kgのものから大きいものだと5kgもするものまであります。
まだ熟しきっていないドリアンは緑色をしており、熟してくると表面が黄褐色のような色合いに変わります。
ドリアンは追塾して食べるフルーツのため、輸入されて間もないうちは食べることが出来ません。

ドリアンはそのにおいから食べる人を選びます。
しかしみのねっとりとした甘みをまとっており、非常に美味しいそうです。
臭いを我慢して食べなければいけませんが、食べた人の話ではまた臭いを我慢して食べたくなるほどの味だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビワの豆知識

2017年05月24日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ビワ』の豆知識を紹介します。

ちょっと前までは、あちこちの庭先でビワを栽培しているのを良く見たのですが、ビワの実はとても痛みやすい性質を持っていることから、今では高級食材として扱われることが多いです。

またビワの実は実に対して種が非常に大きいため、食べるところが少ない事で知られています。
しかし最近では大玉の品種が登場したこともあり、1個でも十分食べ応えのあるビワが手に入ります。

ビワは和のイメージを強く持っているため、若い人達には中々受け入れられない食材かもしれませんが、季節感がはっきりしていて、色合いも良いため、年を重ねると食べたくなるフルーツでもあります。
洋食のデザートや洋菓子等でもどんどん取り入れて欲しい食材のひとつです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクランボの豆知識

2017年05月22日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『サクランボ』の豆知識について紹介したいと思います。

サクランボはその名前の通り、桜の木に実をつけるのですが、一般的な観賞用の桜(ソメイヨシノやヒカンザクラなど)とは違い、主にセイヨウザクラやスミミザクラなどの種類になります。
日本にサクランボが伝わったのは明治時代の頃で、北海道に異色されたものが東北→全国へ広がったものだとい考えられています。

サクランボの名前の由来は、桜の子=坊と呼び始めたのが最初とされており、さくらのぼうが訛ってさくらんぼうと言うようになったと言われています。
桜が付ける桃という意味から『桜桃(おうとう)』とも言われているようです。
政府の標準成分表には、「おうとう」と記載してあります。

サクランボとチェリーは違うものとして思いがちですが、サクランボもチェリーも同じ「おうとう」に区分されます。
一般的には国産のものをサクランボ、輸入ものをチェリーという場合が多いようです。

国内のサクランボの産地と言えば、山形県になります。
山形県だけで全国の75%ものシェアを獲得しています。
2位以下はその年の獲れ高によって異なり、山梨や青森、北海道などが並ぶことが多いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイフルーツの豆知識

2017年05月20日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『キウイフルーツ』の豆知識について紹介します。

キウイフルーツの原産国は中国の揚子江沿岸だと伝えられており、後にニュージーランドで栽培されるようになりました。
キウイフルーツという名前の由来は、ニュージーランドの国鳥でもあるKIWIに姿が似ているからだとい言われています。
現在の日本では東北から九州にかけての広い地域で栽培が盛んに行われています。

キウイフルーツは雌雄異株のため、栽培を行うためには両方の気を植える必要があります。

市場にはゴールデンキウイやベビーキウイなど、様々な品種うが市場に出回っています。
最近では、プリンスレッドやレインボーレッドなど、果実が赤い色をしている品種も開発されており、その見た目の美しさや、実の甘さが人気となっています。

キウイフルーツは輸入物が多く入ってくるため、通案を通して食べることが出来ます。
ですので、あまり季節感を感じることがありませんが、糖度の高い品種やレッドキウイなどの国内産のものは旬が存在します。
一般的にそういったものは秋から冬にかけてが旬だと言われているので、今年の秋~冬はキウイフルーツにも注目して見て下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラマンダリンの豆知識

2017年05月18日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『カラマンダリン』の豆知識について紹介したいと思います。

カラマンダリンは、ミカン科ミカン属の蜜柑で、1935年にカリフォルニア大学のフロスト博士という人が、尾張系温州ミカンとキングマンダリンを交配して育成した品種になります。

日本での栽培は現在でも小規模で、他の温州ミカンと比べても熟すのが遅いので、4月に収穫してから約1ヵ月間を熟成に充てて酸味を落ち就かせてから出荷されるため、非常に手間がかかります。

カラマンダリンの大きさは温州ミカンに良く似ています。
一般的な温州ミカンよりも表面に凹凸がある場合が多く、なかなか手にとって貰えないことが多いですが、食べてみると甘みが強く、酸味もしっかりしているのでとても美味しいです。
皮も剥きやすいのでミカンと同じように食べられます。

日本での栽培は主に愛媛県で行われており、愛媛県だけで国産カラマンダリンの約半分を担っています。
日本で栽培が最初にはじめられた三重県や、ミカンの名産地である和歌山県でも栽培されているようです。
カラマンダリンは生産量も少なく、市場に出回るのは5月一杯だけなので、市場で見つけた際はぜひ手を伸ばしてみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンスメロンの豆知識

2017年05月16日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今回は『プリンスメロン』の豆知識について紹介します。

プリンスメロンは、マクワウリとマスクメロンの交配種のことを言い、まだメロンが効果だった時代には家庭的なメロンとして栽培が盛んに行われていました。
その後、新しくアンデスメロンなどのネット系の安価なメロンが登場するするまで、一般的にひろく親しまれていました。

プリンスメロンの特徴は、ノーネット系で大きさはマクワウリが一回り大きくなったくらいです。
表面は薄緑色をしており、ツルツルとした引っかかりのないメロンです。
1個の重さは600g~700gで、メロンの中でも小ぶりなタイプに分類されます。
中の果肉はタネに近くなるほどオレンジみを増していき、中心はとても甘く、ジューシーな味わいです。
ただ一つ欠点をあげるとしたら、メロンのあの芳醇な香りだけは極端に薄いということが言えるでしょう。

プリンスメロンの主な産地として熊本県が挙げられます。
以前は北海道から九州まで全国各地で栽培されていましたが、今ではその知名度は薄くなり、現在でも積極的に栽培が行われているのは熊本県となっています。
次点で山形県・福井県、北海道三笠市、茨城県が続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンゴスチンの豆知識

2017年05月14日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は以前やっていた旬のフルーツ紹介に戻ってみようと思います。
今回紹介するのは『マンゴスチン』の豆知識です。
マンゴスチンは日本では見慣れないフルーツなので、皆さん要チェックですよ…!

マンゴスチンは南国で栽培されるフルーツの1種で、日本に輸入されてくるものの多くは東南アジアで作られたものです。
マンゴスチンはその美味しさから、『果実の女王』とも言われています。
ちなみに「果実の王様」はドリアンのことを言います。

マンゴスチンの果実は球形をしており、ゴルフボールが少し大きくなったくらいのものをイメージして下さい。
果皮は厚みがありますが、手で簡単に向くことができるくらい柔らかいです。
果肉はライチのような半透明の色をしており、甘みと酸味のバランスが丁度良い味と、柔らかい食感が特徴です。

東南アジアを代表するマンゴスチンの仲間にライチやランブータンなどがあります。
日本ではあまり馴染みがないですが、タイに訪れると普通に市場で売っていたり、ホテルの食事にも出て来たりするので、とてもポピュラーな食材のようです。
日本ではフレッシュな物があまり食べられないマンゴスチンですが、原産国ではフレッシュなままのマンゴスチンが当たり前のように食べられるので、東南アジアを訪れた際は、必ず食べて欲しいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バナナの豆知識

2017年05月12日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今回は皆さんお馴染みの『バナナ』の豆知識を紹介していきます。

今ではすっかりお馴染みのバナナですが、つい40年前は値段がとても高く市場にもあまり出回っていなかったため、高級食材と言われていました。
バナナは非常に栄養価の高いフルーツなので、ダイエットにも良く使われています。
特に、
①体力に自信がないひと
②胃腸が弱いひと
③病み上がりのひと
にはバナナがオススメです。

バナナはフルーツの中でも炭水化物の量が多く、消化もとても良いです。
ブドウ糖・ショ糖もたくさん含まれているので、即効性と持続性を兼ね備えたスーパーフルーツなのです。
運動などの合間に簡単なエネルギー補給源として食べると良いでしょう。
人間だけでなく、レーズ前の馬にも食べさせると良いとされているので、さまざまな動物に食べさせることができます。

食物繊維が豊富なバナナは、実はショウガの仲間という事実はあまり知られていません。
牛乳と一緒に食べることで、胃腸をきれいにしてくれ、また体内の余分な老廃物を体の外に事排出してくれるという嬉しい効果も持っています。
これによりダイエット効果が見込めるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぼすの豆知識

2017年05月10日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『かぼす』についての豆知識を紹介していきます。

『かぼす』は大分県の特産品として知られていると思います。
同じような見た目で『すだち』がありますが、すだちは柚子の仲間で徳島県産のかんきつ類になります。
酸味と風味のバランスがとても良く、ふぐ鍋や焼き魚と相性が良いことでも知られていますね。
大分県では味噌汁にかぼすを絞っていれるのが定番なんだとか…。

『かぼす』は酸味が強いため生食には向かないと言われ続けていました。
味はレモンの和風バーションのような感じで、お菓子にも利用できそうです。
最近ではかぼす風味のポン酢などもスーパーで見かけるようになりました。
レモンのようにはちみつ漬けにすると、酸味がまろやかになって丁度よいのかもしれません。

大分では特産品ならではの商品が出回っており、かぼす風味のそうめんや飲料水、ご当地キティなんかにもかぼすがくっ付いているようです。

かぼすの名前は訛りなまって『かぼす』になったと言われています。
かぼすはもともと『蚊いぶし』とも言われており、
蚊いぶし → かぶし → かぼす
となったようです。面白いですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロンの豆知識

2017年05月08日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『メロン』の豆地知識を紹介します。

メロンの原産国は北アメリカと言われており、中近東・東アジアに広がったと言われています。
また古代エジプトでも栽培されていたという説もあり、日本にも弥生時代の土器とともに出土もしていることから、古くから親しまれてきたフルーツだということが分かっています。

日本でのメロン栽培は、明治27年~28年にかけて福羽逸人という人が、メロンの種子を国外から取り寄せて試作したのがはじまりだと言われています。
その後、明治36年~37年に温室での栽培にも成功しました。
メロンの栽培が可能だということが分かると、との当時の富豪や政府の官僚の間で、メロンの栽培という趣味が流行しました。
いまのような営利目的の栽培は、大正13年、に静岡県の遠州地方がはじまりだといわれています。

メロンの効能として、塩分に対して高い効果を持っているため、肥満予防に効くといわれています。
カリウム以外にもビタミン・繊維質も多いことから、お通じがよくなったり、肌をみずみずしくしてくれます。
またお酒を飲んだ翌日にメロンを食べることで利尿作用が促進されるため、アルコール分が早く抜けるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハラ・フルーツの豆知識

2017年05月06日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ハラ・フルーツ』の豆知識を紹介したいと思います。

ところで、皆さんは『ハラ・フルーツ』をご存じでしょうか?
ハラ・フルーツはハワイで良く食べられているフルーツで、見た目は惑星の断面図のような色をしています。
https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Flivedoor.blogimg.jp%2Flaba_q%2Fimgs%2F1%2Ff%2F1ffc6311.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r


ハラ・フルーツは果実から放射状に映えている部分を噛んで味わいます。
その昔ハワイでは、このハラ・フルーツにデンタルフロス効果を感じていたようで、果実自体にはあまり旨みを感じることはできないようです。

ハワイに生息する数々のフルーツの中でも一番美しく、そして奇妙な物がハラ・フルーツだともp言われています。
あまり進んで食べたくない見た目をしていますが、ハワイを訪れる機会があったら1度くらいは口にしても良いのではないでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スターアップルの豆知識

2017年05月04日 | フルーツ

皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『スターアップル』の豆知識を紹介します。

スターアップルとは、西インド諸島や中央アメリカなどが原産のアカテツ科の植物です。
スターアップルの木は高さ20mにもなることがあるため、フルーツの木としては背の高い分類です。
世界中で採材されているため地域によっては、『スイショウガキ』・『カイニット』・『ホシリンゴ』・『ミルクアップル』という別名が多く存在します。
スターアップルの実は甘く、とても美味しいと言われています。
葉の裏が金色をしていて、樹木自体もとても美しいため並木や庭木にも広く利用されているようです。
スターアップルの花からはとても甘い香りがするようです。

スターアップルの食べ方は、葉実を冷やしてデザートとして食されることが多いです。
果実は白いゼリー状をしており、酸味がなく、ほんのりと甘い味が特徴です。
紫色の果実と、黄緑色の果実がありますが、紫色のほうが酸味が強いと言われています。

スターアップルの旬は7月。
日本では、沖縄県で栽培がおこなわれているため、7月に沖縄へ行くとスターアップルを食べることができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランブータンの豆知識

2017年05月02日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ランブータン』の豆知識について紹介していきます。

ランブータンは東南アジアが原産とされている熱帯地域に生息する果樹です。
『ランブータン』とは、マレー語で『髪の毛』を意味し、ランブータンの果実に映えている赤い毛を表しています。

ランブータン御栽培が盛んに行われているのは、アフリカ・インド・インドネシア・カリブ海諸島・カンボジア・スリランカ・中米・フィリピン・マレーシア・ベトナムなどの熱帯気候のアジア圏の国々になります。

ランブータンの果実は赤・ピンク・黄色をしており、1つの大きさは3cm~5cm程度です。
果実の中は半透明の甘い果実が入っていて、とてもジュージーです。
ランブータンは生のままで売られていることが多いですが、ジャム・ゼリー・缶詰などに利用されることもしばしば。

ランブータンは低温に弱く、10℃以下の気温下ではまたたくまに枯れてしまいます。
なので、商業的にも赤道から南北15℃以内の経度の地域さ栽培されることが多いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スネークフルーツの豆知識

2017年04月30日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『スネークフルーツ』の豆知識を紹介していきたいと思います。

スネークフルーツは、サラ・サラク・サラック・サラクヤシ・サラカヤシ・蛇皮果などさまざまな呼び名があるフルーツです。
原産国はタイ・インドネシア・マレーシアなどの東南アジアで、東南アジア地域では比較的ポピュラーなフルーツだといわれています。
スネークフルーツは果皮がまるで蛇の皮のような形をしているため、日本でこう呼ばれるようになりました。

スネークフルーツの果皮は硬く、うっすらと細かいとげが表面にびっしりと生えています。
刺さるほど鋭いとげではありませんが、出来ることなら触りたくないですね。
皮をむく際は実のおしりのほうから剥いていくのですが、見た目に反してパリパリと簡単にむくことが出来ます。
中の果実は白~クリーム色をしていて、見た目はにんにくのように数個の塊からなっています。
味は甘酸っぱいのですが、臭いがなんともいえない独特な臭いです。

南国のフルーツの中では以外とあっさりした味が楽しめるのがスネークフルーツ。
皮を剥いたら生のまま食べることが出来ます。
しかし若い実は酸味と渋みが強いため、食べるなら熟したものの方が良さそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミラクルフルーツの豆知識

2017年04月28日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ミラクルフルーツ』の豆知識を紹介していきたいと思います。

ミラクルフルーツ(別名ミラクルベリー)は、南アフリカのナイジェリア地方に生殖しているフルーツです。
ミラクルフルーツ自体に味はないのですが、口に含んでから1~2分経つと、レモンのようなすっぱいフルーツも甘く感じてしまうという世にも不思議なフルーツです。
ちなみに、ミラクルフルーツを食べた後にレモンを口に入れると、はちみつレモンのような味がするようです。

果実は赤い実をしており、大きさは2cm程度。
イメージ的には赤いどんぐりのような姿をしています。
ミラクルフルーツ自体の味はレーズンのようなドライフルーツに近い味です。

このミラクルフルーツを口に含むと、1時間程度はどんな酸っぱいものも甘く感じてしまうようです。
効果には個人差があり、最長で2時間も降下が続く場合もあるようです。
この効果は、ミラクルフルーツに含まれている『ミラクルミン』というタンパク質の仲間が、舌に付着して酸味を甘く感じさせる働きをもっているからなんですね。
酸っぱいものだけではなく、苦いものも甘く感じさせることができるようなので、コーヒーやピーマン、ゴーヤなどで試してみるのも良いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加