取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

共産党のチラシ

2017年06月15日 10時43分21秒 | 沼田利根の言いたい放題
共産党のチラシには、一つのはっきりした傾向が読みとれる、と指摘されている。
それは<人間の根源的な憎悪や危機感を煽る手法>
不安を煽り、憎しみを植え付けるさせようと、デマをばらまく。
なぜ共産党が常に反対するのか?
有権者の心を揺さぶり、自分たちの得票に結びつける意図が明確なのだ。
つまり共産党のチラシは必然的に扇動そのものとなっている。
チラシを用いた手法はソ連のレーニン以来の長い伝統を受け継ぐもの。
例えば1997年の都議選では、70歳以上の高齢者に交付されている都営地下鉄、都営バスの無料パス「シルバーパス(敬老乗車証)」が廃止されるとのデマ・チラシで繰り返し煽り高齢者の不安、反発によって、集票に結びつけた。
さらに2001年の都議選では<福祉切り捨て>のデマを流した。
その前年には、都営住宅の減免措置がなくなるとデマチラシを配布している。
共産党の理想国家は共産主義国なので、今の社会制度がうまく機能しなくなることを望んでいるわけなのだ。
共産党のエネルギーは<憎しみ>であり、この憎しみを増幅させる仕組みがマルクス哲学。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <自分の心に勝つこと> | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL