「テラ・ドーム」日記

にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」でのできごとや、日本へそ公園内の自然、天文現象などを紹介します。

星座をさがしてみましょう

2017-06-02 10:06:42 | 日記

梅雨に入ると、夜も雨が多く星を観る機会は減ってしまうかもしれませんが、実は梅雨の晴れ間の星空は、空気の中に漂っている、チリや埃が少なくて、とっても美しかったりします。

皆さんも、雨上がりの星空を見上げてみてください。もしかしたら、びっくりするようなゴージャスな天の川に出会えるかもせれません。

下の写真は街明かりの少ない場所で撮影された天の川です。肉眼で見ると写真のような色は見えないですけど、銀色の砂粒をまき散らしたような天の川が見えたことでしょう。

 

ところで、満天の星空を見上げると、気になりませんか?…「どのあたりに、どんな星座があるんだろう」とか、「どの星とどの星をつなげばいいんだろう」と。

で、今日は、北斗七星をさがしてみようと思います。

北斗七星はおおぐま座の一部で、星座ではないのですが、おおぐま座を見つけるてがかりとして探してみましょう。

 

まずは、何も手がかりのない北の空の写真です。

6月の上旬だと、8時半から9時くらいの、ちょっと首を反らせて見上げた北の空の一部です。星座に詳しい方なら手がかりがなくてもわかるかも知れませんが、

星を見るのが初めて、という方には、「星はいくつか見えるけど、柄杓(ひしゃく)の形に見える星の並びなんて見つからない」あるいは、

「それっぽいのがいくつかあるけど、どれが正しいのかわからない」…という感じかも知れません。

 

さて、北斗七星を見つけるための手がかりですが、北の空を見上げたら、

まず3つの星でできた「く」の字を探しましょう。「く」の字は今の時期だと、遅い時間帯には、アルファベットの「L」のように見えるでしょう。

「く」が見つかったら、すぐそばに4つの星でできた「へ」の字が見つかるはずです。

こんな感じです。目のいい方なら、「へ」の字のとんがりの部分の星が2つくっつくように並んでいるのが見えるかも知れません。これは、二重星で「ミザール」と「アルコル」といいます。

で、「く」と「へ」をつなぐと…

…はい、柄杓になりました!(^^)!

お天気がいい夜に、北斗七星を探してみてくださいね。

                                                                                   

 

                                                                                               written by A

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回プラネタコンサートの... | トップ | キアゲハ,羽化! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。