ふっ と想うこと

山・雪・風・人、徒然なるままに--

やっぱりほっとする日本

2017-07-22 15:25:27 | 身の回り

タイではお昼を屋台で

名古屋よりは湿度はない、とはいえ蒸し蒸しするバンコクで、香辛料の効いた屋台のタイ料理、あいます。
夜は、夕食(タイスキ)。

深夜0:05発の便、なんと、2時間遅れ。
大きな飛行場内のお店をゆっくりと。
2:00、日本時間では4:00にバンコク発

バンコクの空から夜景





翌日、というかその日の朝、日本時間7:00前に、スチワーデスに叩き起こされて朝食

3時間、うとうとしていて朝食、結構厳しい!

外を見ると雲が綺麗





ようやく日本へ。下を見ると鹿児島

そして四国

名古屋に近づくと、北へ向かい長良川、揖斐川

そして名古屋港

最近、ヒアリの見つかったコンテナヤード
セントレアから名古屋駅前の事務所に寄ってから、大阪出張



伊吹山


夏の目に刺さるような濃い緑色、いかにも日本の夏!
日曜日は朝早く、知多半島へいつもの魚市場へ


今年は海水温が原因なのか海流の変化が原因なのか、魚が獲れない、獲れても小ぶり、とのこと。

地元産の鰆(サワラ)をさばいてもらいました

戻る途中、昨日使った中部国際空港(セントレア)。

タイは日本に比べて圧倒的に若者が多く国全体に活気があり、停滞している日本との違い、実感できました。


でも、それにしても、生魚が食べられる日本って、いいなぁ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイ、弾丸出張

2017-07-19 21:25:36 | 身の回り
タイへ1泊3日の出張、つまり、タイ1泊、夜行便で名古屋へ戻り。

20年くらい前には輸出の仕事をしていて、ほぼ毎月海外出張していました。

タイもほぼ20年ぶり

中部国際空港は海の上にあるので、飛行機のすぐ後ろを自動車運搬船が航行。

セントレア(中部国際空港)を離陸、
その後お伊勢さんの上を

途中、クモの中

手元の機内雑誌を読むと怪しげな日本語

なんだ、こりゃー?
ほぼ5時間でタイ、バンコクへ

昔、輸出の仕事で海外出張をよくしていたときにお世話になったボーイング747ダッシュ400にお久しぶりに。

そして相変わらずのタイバンコクの大渋滞。
でも、やはりバンコクの町中の活気、今の日本にない、猥雑さ、ごちゃ混ぜ感。
タイの若々しさを肌身で、久しぶりに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイサイト

2017-07-13 08:34:45 | 
東京の実家と名古屋を往復する機会、増えてスバルのアイサイトがとても重宝

新東名高速経由で実家まで、燃費は
15Km/l以上、途中の最高平均燃費はさらに↑

流石にHV車に比べれば、燃費悪いですが、2500CC、四駆であることを考えると、素晴らしい燃費。アイサイトのACC(Auto cruese control)を使って極力アクセルを踏まずに。
因みにJC08でのカタログ値は14.6Km/lです。
しかも、レギュラーガソリン。
東京でガソリン入れると2500円強。
良い車です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠れた宝物

2017-07-08 14:03:10 | アウトドア

色々あって名古屋と東京をバタバタと。
久しぶりに妙高へ。

環境省パークボランティア活動の前にいつもの雪山賛歌の碑でモーニングコーヒー☕
蒸し蒸しした名古屋からは別世界!
パークボランティア活動で、笹ヶ峰遊歩道の整備と外来植物の駆除


梅雨の晴れ間、初夏の笹ヶ峰、緑が眩しいです。






緑色、陽光で色々な緑色に

木々も、長く厳しい冬からの開放感、生命の清々しさを。

足元を見ると花々











そして、枯れた木も

午前中に作業終了。
いつもの明星荘さんへ。

そして、なんといってもこの時期のお宝

100%、妙高、笹ヶ峰原産の蜂蜜。
妙高・笹ヶ峰の隠れたお宝
この蜂蜜に触れると、他の蜂蜜は、もうダメ

そしていつも、非売品の精製していない蜂蜜そのものを。
実は数年前に父親も連れてきたこともあり、おばさんと父親が亡くなった話をしたところ、父親の霊前に、と小瓶に入れた蜂蜜をいただきました。

ありがとうございます。

東京の母用に一つ、購入。

今度、東京へ行くときに!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋と東京を往復しながら感じたこと

2017-07-03 14:28:14 | 身の回り
父親が亡くなり、名古屋と東京を車で往復しながら感じたこと、色々と
①東名、新東名の夜のトラックの凄まじさ
危篤の連絡を受けて夜0800に名古屋を車で出ると、新東名の異常な光景を。なんと、東京へ向かうトラックの車列が走行車線のみならず追い越し車線にも。それも走行車線を時速70Kmで、それを追い抜く追い越し車線で80Kmの走行。これでは最高速度を上げても全く役に立たないです。そして東京近くの出口では夜間割引を待つトラックの列(路肩)。パトカーが来てもアナウンスするだけ。
②実家は杉並区。駅から歩いて7~8分の閑静な昔ながらの住宅街。確かに健康なときには住環境素晴らしいですが、高齢になると大変。杉並区でも商店街が少なくなり、駅近くだけ賑やか。大きな道路も、少なくタクシーを探しに行くのも大変。確かに帰ると高齢者の方達がゆっくりと、休みながら歩いています。
③移動の時間が大変。若い人ならば、電車に乗っての移動、便利ですが、高齢者になると、電車よりもバス。というのもバスを選べば乗り換え少なくなります。でも、バス(車)の移動にも時間が。実家から都立広尾病院まで距離にして12Km。それに1時間以上、車ではかかります(名古屋ならば都心部でも30分)。東京は、情報のスピードは、速いですが物理的な移動にはもの凄く時間が。
④そして何よりも病院に入れない。救急車を呼んでも、受け入れを容認する病院を見つけるまでが大変。父親の場合、都立広尾病院へかかりつけであったのですぐに受け入れてもらえましたが、そう出ないと大変(父親も、最初は心臓発作で1時間たらい回し)。
⑤結局、若いうちはよいが、高齢になると、都会の駅近くにしか住めない、でも、そのようなところは高額。

色々と、考えさせられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加