隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

北イタリア周遊記 1日目 『ローマに到着』

2017年07月15日 | 北イタリア周遊記

【1日目:7月6日(木)】


機内食を食べ終わったら、エスプレッソを陶器のカップで出してくれました。さすが、アリタリア航空のプレミアムエコノミー(以下:プレエコ)ですね。


食事の後は、トイレ。AZ(アリタリア航空)785便の機種“Boeing777-200ER”は、ビジネスクラス 30席、プレエコ 24席、エコノミー 239席、の定員 293人ですが、トイレはビジネスに2個、エコノミーに7個ありますが、プレエコにはありません。


そこで、前方のビジネスクラスにあるトイレを使用したのですが、中はエコノミーのトイレ2個分の広さで、快適でした。


トイレから戻り、機内エンターテイメントで、映画を観ることに。操作は、リモコンと液晶画面のタッチパネルで行うのですが、反応が遅くてイライラします。それでも、壊れていないだけましですかね。


日本語吹き替えがある映画をやっと見つけ出したのが、「美女と野獣」です。観始めたのですが、搭乗してから、スプマンテ(スパークリングワイン)、白ワイン、赤ワイン、と三杯も飲んだので、いつの間にか、寝落ちしてしまいました。


何時間、寝たのか分かりませんが、目覚めると、CAが夜食のおにぎりとサンドイッチを配り始めていました。


食欲はなかったのですが、ホテルでお腹が空いたときに食べようと、おにぎりを貰いました。


一度、眼が覚めると、再び眠れなくなり、機内エンターテイメントで音楽を聴きながら、持参した文庫本 の「八十日間世界一周」を読むことに。


日本人のアーティストのアルバムは、平井堅しかありませんでした。


せっかくイタリアに行くので、イタリア人の曲と思い、女性歌手 Chiaraの「Un giorno di sole」というアルバムと、男性歌手 Gianluca Grignaniの「A volte esagero」というアルバムを繰り返し、聴いていました。


到着1時間半前くらいに、軽食のサービスがありました。


パンが温めてあったので、ハムとチーズを挟んで“パニーノ(イタリア式サンドイッチ)”にして食べたら、意外と美味しかったです。


定刻より30分早い18時30分に、AZ785便は、「Aeroport de Fiumicino(フィウミチーノ空港)」に到着。


同空港は、ローマ市内の南西約30キロの場所にある国際空港です。


日本とイタリアの時差は、7時間(夏時間)なので、飛行時間は、12時間15分でした。


これまで、ファーストクラス、ビジネス、エコノミーには搭乗したことがあり、今回が初めてのプレエコ体験でした。


プレエコの運賃は、ツアー代金に往復で13万円のプラスでしたが、アリタリアのプレエコは、片道6万5千円の価値があったかは疑問です。


特に、ビジネスクラスとエコノミーの搭乗率が三割くらいだったのに対して、プレエコ24席は満席だったから、その思いを持ったのかも知れません。


エコノミーはガラガラだったので、三人分の席を1人で使用し、横になって寝ていた人もいました。


それに対して、プレエコのリクライニングシートの傾斜角度は大きくなく、レッグレストも無かったので、快適だったとは言えません。


これが、エコノミーが混雑していたら、プレエコに乗って良かったと思えたかも知れませんね。


搭乗口を出てしばらく歩いたところで、今回のツアー客 24人が集合。24人の内訳は、夫婦が10組(その内、新婚旅行が3組)、母娘のカップルが2組です。


添乗員さんに案内されて、入国審査場に。思ったより行列は、短かったし、審査もアメリカ入国時の様⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11923275ffb8d0d03f360e065df7efa9 には、厳しくありませんでした。


隊長たちのスーツケースは、“プライオリティータグ”が付いているので、ターンテーブルに早く出てきましたが、ツアー客全員の手荷物が出てくるのには時間がかかりました。


税関検査場はフリーパスで通過だったので、拍子ぬけしてしまいました。


税関検査場の先を出ると、『旅するイタリア語』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c47be7713ebf72b0cdfe5501cc00e0f9 の第1回で、雅楽師の東儀秀樹さんが出てきた時と同じ光景が広がっていました。


着陸時のCAさんのアナウンスだと、ローマの気温は、28℃。ターミナルビルの外に出たら、湿気が少ないせいか暑さは、それほど感じませんでした。


到着から1時間後の19:30に、団体バスに乗り込むことが出来ました。陽はまだ高く、しばらく沈みそうにありません。


高速道路の途中で渋滞にはまり、市内郊外にある「Mercure(メルキュール) Rome West Hotel」に到着したのが、20:10でした。


ホテルの前には、既に大型バスが2台停まっていました。翌朝の朝食時にわかったのですが、1組は日本人、もう1組は韓国人のツアー客でした。


部屋に入ってみると、ベッドルームが意外と狭かったです。


バスルームに置いてあるアメニティーグッズは、シャンプー、ボディジェル、石鹸のみですが、バスタブがあるので、旅の疲れを癒せそうです。


ツアー客が、ほぼ同時に3組が着いたためか、ポーターさんの手が足りず、いつまでたっても部屋にスーツケースが届きません。


20:50頃にしびれを切らして、エレベーターホールに行ってみると、添乗員さん自らがエレベーターから、手荷物を降ろしている最中でした。


スーツケースは手元に来たのですが、旅の疲れと時差ボケで、このままでは眠れそうにありません。


睡眠薬代わりのビールを求めに、部屋の外へ。エレベーターホールには、イタリアには珍しく自動販売機が置いてあるのですが、中身はソフトドリンクとスナック菓子だけで、ビールがありません。


1Fに降り、フロントで尋ねるとバーに置いてあるとのこと。ローマに本社があるPeroni(ペローニ社)の“Nastro Azzuro(ナストロ・アズーロ)”を購入。お値段は、5ユーロ(約650円)でした。部屋で飲むので、勿論チップは不要。


ビールを買ったついでに、ホテルの外に出てみると、夜9時を過ぎてやっと薄暮の状態でした。


バスタブにつかり旅の疲れを落とし、ビールをいただきます。おともは、機内でもらったおにぎり。


午後10時過ぎには、ベッドの中でした。こうして、長かった旅の一日目が終わりました。

 

★続きは「北イタリア周遊記 2日目 『バチカン美術館とサン・ピエトロ大聖堂』」で★



===「北イタリア周遊記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/38cc1df92a227c1d00f3da7e67fe081e

1日目 2017/7/6 『アリタリア航空のプレエコでローマへ』⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47b406887e7c83e66dcaa958cb54a44a

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北イタリア周遊記 1日目 『ア... | トップ | 北イタリア周遊記 2日目 『バ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL