田口孝夫 絵手紙旅日記

絵手紙を通じ素敵な出会いと感動の旅を重ねる田口孝夫のブログです。(申し訳ありませんがコメントなどへのお返事はできません)

6月7日 スケッチ会 堀切菖蒲園

2017年06月20日 | Weblog

六月になってそろそろ梅雨入りだなぁ…と。気になるのは天気予報。一週間前からどうか今度のスケッチ会、雨になりませんように―と。ところが週間天気予報では傘マークが。うーんなんとかあの傘マークずれてくれないかなぁ…。強い思いというのは通じるものなんですね。なんと!!水曜日についてた傘マークが木曜日に一日ずれたのです。(ハハハ)

今日は「堀切菖蒲園スケッチ会」朝から曇日。このぶんだとそう…暑くもならずほどよいスケッチ日になるかも?と。心の中は晴マークで出発!!

京成電鉄堀切菖蒲園駅のホームに降り立ったのは十時近く。良くスケッチ会に顔を見せて下さる方が二人。同じ電車だったのですね。「おはようーございます。早いですね」と挨拶しましたら「おっしゃってたでしょう。早目に出かけたほうがいいですよ」って。ハハハ…そういえば「この一日はスケッチの日と決めて時間の許す方は集合時間前に来てスケッチした方がいいですよ」って常々(?)僕が言ってたのでした。

改札口を出て案内マップを片手に堀切菖蒲園をめざして。そしたら良くしたもので只今菖蒲まつりの真最中とあって行く先々に会場案内の看板が。方向音痴の僕は大助かり。マップには途中のスケッチポイントも紹介してあるのですが、とにかく迷ったら大変なのでまずは目的地へ。歩くこと十分あまり。たくさんの人だかりが―ああ…あそこだなぁーと。高齢者の団体さんが。そこまで辿り着くとすぐ左手に菖蒲園の正門が。一歩足を踏み入れて。うわぁーっこれはすごい!!紫・白・ピンク・黄色…それはそれは色とりどりの菖蒲の花が今を盛りに咲き乱れているではありませんか!!そしてそれを愛でるたくさんの人達。イヤーッ!!これはもう…最高の見頃かも!!

 

「きれいだねぇー」「いいー時に来たねぇー」とカメラを構えたりスマホを構えたり記念撮影をしたりと―。この菖蒲園、只今、半分は工事中でそんなに広くはないのですが…。ビッシリと菖蒲の花で埋め尽くされた様はおみごと!!でもこんな中でどこでスケッチする?と。まずは園内を一巡してみようと。そしたらなんとなんとすでにもうベンチに腰かけてスケッチしてらっしゃる方が。「イヤーッ!!スゴイですね!!」と声をかけましたら「近かったもので早く来ました」との事。でも…その意欲が素晴らしい。結局僕はこんな皆さんに後押しされて元気をもらっているのだなと改めて思いました。目的地の確認はできたのでここから歩いて五分ぐらいの所に掘切水辺公園があるとの事。そこにも約五百株の花菖蒲が。よーし!!行ってみるか。

 

綾瀬川を渡ると荒川河川敷が広がり、その一角にあれだな!!と見えてきました。ここの菖蒲もみごとに咲き揃って人影はまだまばら。荒川の土手の向うにはなんとスカイツリーが。よーし!!この菖蒲の花とスカイツリーのコラボ(?)もいいなと。おもいっきり菖蒲の花に近寄って。

菖蒲の花ってハンカチをふわーっと広げたような花びらのたっぷりとしたヒラヒラ感(?)がなんともいいーですよね。懸命に筆を動かしてましたら後の方から「良くかけてますねー」と声をかけて下さる方が。ちょっとうれしくなって「ありがとうございます」。広々とした河川敷を爽やかな風が吹き抜けていきます。

集合時間までにはまだ間があるので来る途中やりすごした「しょうぶ七福神」を訪ねてみる事に。案内にあったアジサイ通りもいろんな種類のアジサイが競い合うように咲き揃ってうーんスケッチポイントにはもってこいの感じ。

辿りついた「しょうぶ七福神」。なんとなんとその前にスケッチ参加者の皆さんがズラリと座ってハガキに向っているではありませんか。思わず「がんばってますね」と声かけをして。イヤハヤそれにしても笑顔を振りまいて勢揃いした七福神を眺めていると何だか「幸せ気分」になれて。「この裏におもしろい十二支神もありますよ。スケッチしてきました」と笑顔で報告して下さる方が。「行ってみまーす」と。イヤーッ!!そしたらこれが実にユニークな十二支神でしてね。思わずこりゃあ…面白い!!と見入ってしまいました。あの子・丑・寅の十二支が顔は動物、体は「人」と擬人化されててそれがまたそれぞれに動きがあって。おもわずハガキを取り出して。せめて自分の干支の「子」だけでもとスケッチしましたよ。通りすがりの人も興味をひくらしく…中に「エーッ十二支の中にブタはいた?これブタ?だよね」って。思わず笑ってしまって「ほんとブタに見えますよね…でもイノシシだね」って。(ハハハ)

 

十二時半、菖蒲園前の広場に全員集合。もうほとんどの方が早く来られてハガキ一枚のスケッチは終えられてる感じ。その意気込みがお互いを刺激していいーですよね。

「ほんとうにこのスケッチ会はついてます。今日は雨に降られると思ったのに…暑くもないスケッチ日和になりました」と。回を重ねる度、もう…皆さん心得たもので思い思いの場所へ散って―。たくさんの人で賑わう菖蒲園。せっかく訪ねたのだから…と挑戦してみるもなかなか思うようにいかず…これも勉強と言い聞かせて。

三時全員集合しての発表会。同じ場所でスケッチしてもそれぞれの感じ方、視点が違って、ああ…そんな捉え方もあるのか?と勉強になります。今回も充実のスケッチ会だったなぁ…と。あまりにも天気に恵まれるので案内係のTさんに「Tさんは晴れ女ですか?」と訪ねましたら「雨女です!!田口さんが晴れ男なんですよ!!」って。(ハハハ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月4日 浜っ子絵手紙15周年展

2017年06月20日 | Weblog

 

大崎ウエストギャラリーの会場へ入るなり「いつ見えるのか?待ってたんですよー」と駆け寄ってハグして下さいました。今年二月、米寿を迎えられたというAさん。それをお祝いして「浜っ子絵手紙の会」の皆さんがお祝いの絵手紙展を開催。もう…そう伺っただけで心があったかくなりますよね!!

今年十五周年を迎えられたという「浜っ子の会」皆さんの日々の取り組みが絵手紙リレーの形で展示してあったりして教室の様子がイキイキと伝わってきます。Aさんがハガキ一枚一枚に米寿の喜びを心をこめてかかれた「寿」の古代文字(?)もステキ!!八十八枚あるのかな?それと教室の皆さんはじめ交流のあるたくさんの方達からのお祝いメッセージには…Aさんの絵手紙人生を通してのあたたかな人柄が感じられて改めて「絵手紙っていいなー」を実感!!あの「追っかけ富士」の荻野さんのコーナーもあって懐かしく拝見。今年七回忌にあたるそうで…きっと荻野さん天国で大喜びしてますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月2日 大田原にて

2017年06月20日 | Weblog

「絵手紙をかきはじめて二十年目の節目に『絵手紙心からこころへ』を出版しました」とSさんから一冊の本が届いたのは三月はじめ。拝見してスゴイ!!なぁ…と感心したのは二十年間の「絵手紙」を通じての多岐に渡る活動の幅の広さです。特筆すべきは現在、小学校九校、高校四校に出向き、延べ千名以上の子ども達に絵手紙を伝えられたとの事。すっかり地元に根付いた「学校絵手紙」を展開されているのです。それと「絵手紙」を通じて地元を少しでも活性化させたい!!との思いで講演会やスケッチ会を企画して下さり、僕も十回程お声をかけていただいたのです。その本の原画展をヒカリのカフェ・蜂巣小珈琲ギャラリーで只今開催中。で、御招待をいただきまして一年振り大田原を訪ねたのです。このギャラリー、廃校になった小学校をレストランとギャラリーにリニューアル。大人気だそうで校庭はお客さんの車で埋め尽くされてました。教室や廊下を利用した絵手紙の展示はどこか懐かしくピッタリフィット!!ケーキをいただきながらSさんとの絵手紙での出会いの話なんぞ…駆けつけて下さった方達とのギャラリートーク(?)楽しかったですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月24日 スケッチ会 巣鴨地蔵通り商店街

2017年06月20日 | Weblog

 

まだ五月だというのに…。二、三日前から三十度越えの真夏日続き。こんな暑かったら出かけるのもイヤになる。熱中症にでもなったら大変!!どうか二十四日の「巣鴨スケッチ会」この暑さ少しでも和らぎますように!!そう念じていたのです。

今日はその「巣鴨スケッチ会」の日。なんとなんと!!絵手紙(神)さまに思いが通じたのでしょう。昨日までの暑さは和らいで、その上曇日。良かったぁー!!

案内によるとお目あての(?)巣鴨地蔵通り商店街にある「高岩寺とげぬき地蔵尊」は毎月四のつく日は「縁日」だそうで。特に五月二十四日は「例大祭」で本堂で大法要が行われるそうな…。商店街には二百近くの露天商が建ち並ぶとの事。ものすごい混雑が予想されます。

チト…早目に行ってあまり人が少ないうちにスケッチの一枚でもできれば―そんな思いで巣鴨駅に着いたのは十時ちょっと前。ところがです。改札口のアチコチには高齢者男女の集団が。あきらかに「とげぬき地蔵」を訪ねる人達だな?と。にぎやかなおしゃべりにこっちは圧倒されそう。その元気そうな事。

巣鴨商店街に向う通りはたくさんの人が行き交い活気に満ちみちています。確か商店街の入口にあたる所に眞性寺・江戸大地蔵尊があったよなぁ…と。そしたらすぐ本堂が目に止まりなんとなんと大きな笠をかぶったお地蔵さんがデーンと鎮座してらっしゃるではありませんか!!

 

その高さ三メートル以上あるのでは?なんとも堂々としたお姿に導かれるように境内へ。そしたらもう…懸命にスケッチしてらっしゃる絵手紙人発見!!「早いですね!!このお地蔵さんスゴイですね」と。思わず見上げて手を合わせ、次いで本堂でお参りをすませ。境内を一巡。再びしげしげとお地蔵さんを。江戸時代から今日まで…人々の暮らしを見守り続けて下さってるのか?と思いましたらね…改めてスゴイ!!なぁ…って。

人気(?)のあるお地蔵さんなのでしょう。スケッチしている間にも次から次と参拝客の皆さんが。高岩寺・とげぬき地蔵尊の大法要が十時半から行われるというのでどんなものか?と。まぁ…巣鴨地蔵通り商店街はもうすごい賑わい。露店が立ち並び、人、ひと、ヒトでごったがえしています。さすがおばあちゃんの原宿!!

 

イヤーッ!!こんなんじゃスケッチするのも大変だなぁ…と。とにかく高岩寺でお参りをせねば。ここの「洗い観音」は水をかけて観音さまの体(自分の体の悪いところ)を洗ってタオルでふいてあげると治るそうで。

これは是非にと。受付でお線香とタオルを買って。ところがところがです。洗い観音さまをお参りする人達の長蛇の列にはビックリ!!これじゃ…いつになったら―という感じ。とにかく本堂にお参りを。そしたら朗々と読経の声が流れ「今日のスケッチ会、無事終える事ができますように…」と手を合わせて。間なしに御住職の御講話が始まるそうで―。こんなチャンスはめったにない事。たくさんの参拝客に混ざって拝聴する事に。八十五歳を迎えられた御住職。ほんの数日(?)前に大手術を終え生還なさったそうで―。

 

命の尊さ、ありがたさを自分の体験をもとにお話して下さいました。ご先祖さまから繋がってるこの命。朝、目を覚まして、今日も生かされている事への感謝。一杯の水のおいしさに感謝。天地の恵みをいただいて生かされている事への感謝。年を重ねる度に思うのは「快食・快便・快眠」がいかに大切でありがたい事かを痛感してます―と。で必ず「死」はやってきます。心の準備は必要です。と。最後に全員で歌をうたいましょう!!と歌詞が配られましてね。御住職自ら野太い声で。「みんな心の中に居る」という歌をうたわれたのです。♫~心静かに心を見れば~♫みんな~心の中に居る~♫みんな居る居る心の中にいつでも居ます~♫心の中に~♫なんだかどこかで耳にしたメロディーだな?と。そしたら思い出しました。あの良く昔歌った「いつでも夢を」のメロディーでした。(ハハハ)堂内で大合唱!!

 

集合場所の児童遊園は賑やかな商店街をちょっと横道に入った所。こじんまりとした静かな公園。今回もスケッチ会の貸切状態で―。下調べをするだけでも大変なのに良くぞこんないい場所を見つけて下さったと案内担当のTさんに感謝感謝。

「こんな大賑わいの中でのスケッチ。大変だと思いますが…こんな時間をいただける事に感謝をして一枚でも今日のこの日を残しましょう」と二時間のスケッチタイム。

三時の集合時間に持ち寄って発表された「スケッチ」には「おばあちゃんの原宿」への思いが込められて。「洗い観音」「塩大福のお店」「赤いパンツのマルジ」「猿田彦大社」「高岩寺山門」とバラエティーに富んでました。散会の後、左肩の痛みを治すために再び「洗い観音」を訪ね、やっとの思いでお参りできました。どうにか御利益がありますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月10日 スケッチ会 代々木公園

2017年06月06日 | Weblog

「エーッ!!やっぱ…雨…」耳をすますと雨の音。天気の事が気になってロクに眠れず。朝四時には目が覚めて。天気予報通りだな―と気分が落ち込みます。

今まで雨に降られて大変な思いをした事は一度もなかったのに…。今日は「代々木公園スケッチ会」二十一回目に突入(?)という時に。なんとか午後にはこの雨上ってくれないかな?そんな思いで朝を迎えたのです。

何はともあれ「スケッチ会」は雨天決行ですからね。とにかくチト…早目に出かけて状況の下見を―と。原宿駅に着いたのは十一時過ぎ。出かける時、激しく降ってた雨がいくぶん小降りになったようで…これだったらスケッチタイムの頃にはこの雨上るのでは?!と。明るい希望を抱いて会場の代々木公園へ。原宿門を通って。小雨降る中傘さして―。

集合場所を確認。人影は見当たらず。そうだよなぁ…この雨じゃ参加者だっていらっしゃるのか?不安。この公園を訪ねるのははじめて。その広さにまず驚き。たくさんの木々が生い茂って雨に洗われた新緑がとても鮮やかです。うーんいいねいいーね。もう…こんな所に来れただけでもいいーと。

で、テクテク歩みを進めてましたらね。なんとなんと懸命にスケッチしてらっしゃる絵手紙人発見!!「イヤーッ!!雨になりましたね…」と声かけましたら「大丈夫です。雨は止みます!!レインコートは置いてきましたから!!」と。なんとも力強い返事が―。なんだかうれしくなります。たしか「バラ園」があったよなぁーとそっちの方へ。

 

そしたら木陰のベンチでお弁当を食べてる参加者の皆さんが「こんにちは!!ついに雨ですね」と言いましたら「大丈夫!!晴れ男だから止みます」「ハハハ…そうだといいんですが…年とともにその晴れ男の威力も衰えてきましてね」と。なんだか沈んでた気持を皆さんが吹き飛ばして下さいます。

バラ園のバラの花、赤、白、黄色、ピンクと色とりどり咲き揃って、それが雨に濡れてひときわ鮮やかです。展望デッキからの眺めもなかなかのもの。水回廊の先には池が望まれ。時折噴水が勢いよく天高く吹き上げます。木々の緑のなんと生々として清々しいこと。

集合時間までに何とか園内を一巡できないものかと歩いてはみたものの広い広い。桜の木もいっぱいあって。これじゃ桜の花の頃は大賑わいだろうなぁ…と。

ほんとうにこれはもう…不思議(?)としかいいようがない。ついているといえばついている。なんとなんと!!スケッチタイムが始まる頃に雨はピタリと止んだのです。大きな木の下に皆で集まって。「皆さんの思いが通じたのでしょう。雨も止んで大丈夫なようです。今回のスケッチ会二十一回目に突入です。二〇二〇年まで後七十九回残ってますが…」(ハハハ…)前回の亀戸天神スケッチ会の折訪ねた香取神社。その際アスリートの皆さん達の「名言」をメモったものを紹介して「今あるがまま そして一生懸命を楽しむ」、「今の自分の力を精一杯出し切る」。「何だか『力』をもらえる言葉ですよね―。この先どうなるかわかりませんが…頑張りましょう―」と散会。

 

皆さん思い思いの場所へ。僕はフラワーランドで目にしたバラのアーチが気になって直行。そこら中あふれかえる緑に包まれて。気持いいーっ!!そんな中にまっ赤なバラの花が目に飛び込んできます。急いでハガキを取り出して。しばし集中。何だか空も明るんできて。木々の緑の爽やかな事。時折花畑の花を愛でる人達が行き交いますが…あたりはなんとも静か。こんなぜいたくな時間をいただけて…と。幸せな気持で一杯になります。

「フラワーランド」と言うだけあって、いろんな花がバラの花の他にも。あの黄色いのは?エニシダ。あれはアヤメ?それともカキツバタ?ポピーも咲いてるし。ひとつひとつかいてみたいけど…。あの白い花は?と近寄って。

 

マーガレット?と思ったら「フランスギク」の名札が。よく似た花もあるんですね。ここの公園には年代もの(?)の桜の木がたくさんあってその大木の幹にも惹かれます。スケッチをはじめましたら急に池の噴水が吹き上げてきて。おおっ!!この噴水を何とか描けないものか?と悪戦苦闘!!です。(ハハハ)突然うしろから「良くかけてますね。どちらからですか?」と声をかけて下さる方が。お話を伺ったらここの公園の手入れをなさってる方らしく「いいー所ですね、心が癒やされます」と言いましたら「ありがとう!!又来て下さい」と。

全員集合の三時はすぐにやって来て。皆さんの「おひろめ会」。バラの花のアップの方。公園の遠景を捉えた方。代々木競技場を。建物をと。池に泳いでた鳥を。去年十月にスケッチした「原宿駅」に挑戦された方もいて。感じる事は人それぞれ。それが又実にいいーのです。「お天気も何とかもってほんと良かったです」と散会。皆さんとお別れする頃にはまた雨が…。今回も絵手紙(神)さまが応援して下さったのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月8日 西新井大師花まつり

2017年05月24日 | Weblog

ゴールデンウィークとかで世の中あっちこっちで大混雑のニュースが。そんな中、毎日が日曜日(?)の僕はあえて出かける気力・体力・お金もなくて(ハハハ)

そのゴールデンウィークが終ったと思ったら一気に夏の気配。四月の末に訪ねた西新井大師はちょうど「花まつり」の最中で牡丹の花の見頃。牡丹の花も種類がいろいろあるんですね…。一堂に咲き誇る様は豪華絢爛!!すごい賑わいで「わぁーっキレイ!!」「ステキねぇ…」とアチコチで感嘆の声が。スケッチ用具を持っていったものの…。一人で気にいった花を独占するわけにもいかずあきらめたのです。

今日あたりひょっとしたら花見客も少ないかも知れない。そう思いましてね。そしたら予想は的中!!参道両側のお店もシャッターが降りてて人影もまばら。牡丹園の花もそろそろ終り。その中に遅咲きなのか艶やかな牡丹の花発見!!

よーし!!とばかりハガキを取り出して。それにしても牡丹の花ってどうしてこう…気持を惹きつけるのでしょうね…。艶やかさの中に気品さえ感じます。そういえば僕の憧れの杉本健吉氏の絵にも牡丹が良く描かれてたの思い出しましてね…。美術館で拝見した「絵日記」の中に―牡丹の線を目でたどることはレコードの線を針でたどると美しい音が出るような感じをもつ。しかし手と目で牡丹の花を覚えさせてもそれを空で描くと空虚になる。やはり実物を目でたどってこその線は生きる。ここに写生の醍醐味がある―一生懸命メモった文章ですが…。もう…牡丹の花の捉え方から違いますよね…。すっかり恐れ入ってしまって。おかげさまで花見客の少ないなかでなんともあでやかな牡丹の花をじっくり味わう事ができました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月26日 スケッチ会 亀戸天神社

2017年05月11日 | Weblog

 

 

今まで見たこともなかった桜の花に酔いしれて昨日山形・赤湯温泉から帰宅。心のリフレッシュはできたものの…体の方はチト…疲れ気味。でも疲れた…なんて弱音を吐いてる場合じゃない。今日は「亀戸天神スケッチ会」天気の方は曇日和だけど何とかもって欲しい…そんな思いで東京メトロ半蔵門線に乗り込みました。錦糸町駅下車。案内マップ片手に。何年か前に一度亀戸天神を訪ねた事はあるのだけれど、あの時は総武線の亀戸駅だったような(?)方向音痴の僕は地図があっても目的地に辿りつけない事が多々あるのです。(ハハハ…情けない)

天神橋を渡り亀戸天神の場所確認。よし!!その前に集合場所の「児童遊園」を確認せねば―と。川沿いにテクテク。ここの路地を曲った所かな?イヤ違う。アレ?もうひとつ先?!エーッ!!ここら辺なんだけど―とグルグルグルグル。すっかり時間をくってしまい。とにかく天神に行けば参加者の方に会えるだろうと。その時確かめればいい。(まさに人だのみ)

辿り着いた亀戸天神。「藤まつり」の真最中とあってまぁ…たくさんの人で大賑わい。うわーっこりゃあスゴイ!!エーッ!!こんな中でスケッチできるかなぁ…とチト…不安がよぎります。そんな中行き交う人達の中にイーゼルを立ててスケッチしてるグループの方達が。「おっ!!やってるやってる同じ思いの人達がいるんだ」と。がぜんヤル気が沸いてきて。(ハハハ)まずは境内を一巡して。あの太鼓橋を渡ってみなければ…と。行列を作ってる参拝客に混ざって。

 

太鼓橋のてっぺんからの眺めはなかなかのもの。境内を埋めつくした藤棚。うす紫の藤の花が今、まさにまっ盛り。やわらかな若葉と相まって…。その藤棚の向うにはなんと!!スカイツリーが見えるではありませんか!!カメラやスマホ、自撮り棒を構える人達が。うーん確かにいいースポットです。二つの太鼓橋を渡って本堂へ。この亀戸天神はあの菅原道真公がまつってあるそうで。そういえば福岡に行った時訪ねた太宰府天満宮に境内の造りが似てると思いました。「菅原道真」といえば学問の神さまですからね。まずは今日のスケッチ会が無事終わりますように…そしていいースケッチができますように…と。二礼二拍手一礼。

集合時間までには間があるので。さて?いいースケッチポイントは?あの広重の浮世絵に描かれた太鼓橋はどの場所から?なんて思いながら―。池に映った藤の花、太鼓橋もいいね…。なんとかあの赤い太鼓橋と池に映った太鼓橋、それに藤の花を…と挑戦するも…全然思うように進まず―。そうだ!!集合場所の「児童遊園」を確認せねばと。どこかで参加者の方がいらっしゃるはずと境内をウロウロ。時折沸き上がる拍手と喚声!!何?の集まりと近寄ってのぞくとかわいいお猿が。あの人気の猿まわしだったのですね。見たい気持はあれど…今はそんな場合じゃない。境内の一角にスケッチの参加者発見!!「こんにちは!!すごい賑わいですね」と言いながら

 

集合場所を訪ねると。「エーッ!!すぐわかりましたよ。ここの路地をまっすぐいって突き当りを右です」「そこらへん何度も行ってみたんだけど…行ってみます。十二時半にお会いしましょう」と。さっきウロウロしたあたりを川沿いに更に歩いていくとあった!!右手にほんと小さな公園。一安心。

十二時半「児童遊園」全員集合。運良くスケッチ会の貸し切りで。今回も実にいいー場所をTさん確保して下さった。うれしい!!事がありましたよ。僕がズーッと待ち望んでた事なんですが―。二十回目にしてはじめて男性の方が参加!!「イヤーッ!!よくぞきて下さいました。」「どこも絵手紙は女性ばっかりですよね」と。皆さんで拍手して迎えましたよ。以前僕の展にも駆けつけて下さった方で心強い。月一回「史跡巡り」もされてるとか…。いろいろ動いてらっしゃる方みたいです。

 

「たくさんの人出です。じゃまにならぬよう気をつけながら。ちょっと勇気がいりますが。恥しい…なんて自分達が思うほど他の人達は気にしてませんから楽しんでスケッチしましょう」と解散。さっき境内を一巡した時、鳥居越しに太鼓橋、本堂を望む風景もいいかも知れないと場所を確保。そこまでは良かったのですが…。表参道は次々と参拝客の皆さんが行ったり来たり。それにたくさんの出店。その上に突風が吹き荒れましてね。ハガキが飛ばされぬようもう…大変!!スケッチしてますよね、時間はアッという間にすぎて。ほんとはまだじっくり見たいところはあるのですが…。三時。児童遊園貸切状態で全員集合!!一番の勉強。発表の時間。

 

ほんと皆さんのそれぞれの捉え方に感心してしまいます。太鼓橋を真正面から藤棚を取り入れて。藤棚の向うのスカイツリーを。石灯籠に惹かれた方。藤の花のアップを。ちょっと足を伸ばして静かな(?)香取神社でスケッチされた方と。お一人おひとりのコメントもおもしろい。次回のスケッチ場所を確認して散会。何人かの方が発表されてた「香取神社」が気になりましてね。帰り立ち寄ってみる事に。亀戸の街は活気にあふれて。蔵前橋通りを歩く事十五分ぐらい、やっと香取神社の参道に辿り着いて。ここは「スポーツ」の神様がまつってあるとか。案内板を見てましたら「スポーツで勝つ、病気に勝つ、自分に勝つ」の文字が飛び込んできて。参道の両側には「あんどん」がズラリと並んでましてね。そのひとつひとつにアスリートの皆さんの「名言」が書かれていて。

 

「今あるがまま そして一生懸命を楽しむ」「今の自分の力を精一杯出し切る」「無心無欲」「向上心に限界はない 意志ある所に道は開ける」さすが自分との闘いの中から生まれた言葉には精神を鼓舞するものがありますよね…思わずメモって。僕も心身ともに強くなりますよう…お参りしましたよ。そして本堂のそばに安置されてた恵比寿神と大国神が気に入ってスケッチさせてもらい。左肩の痛みが治りますように…と両の神様にお水をかけながら洗い清めましたよ。(どうかご利益がありますように…)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月23日~25日 赤湯温泉にて

2017年05月11日 | Weblog

代かきの終った田んぼ。満々と水が張られて。もうすぐ田植が始まるのですね。桜が終ったと思ったら木々の緑が一気にその色を増して。遠くの連山には残雪。新幹線の車窓からこんな流れる風景を目にしながら。「イヤーッ!!いいー天気になって良かった。」と言いつつ…弁当をほおばる。僕達にとっては非日常のスタート。いつもと違う場所で「桜」を楽しめないものか?ということで…桜前線を追いかけてみる事にしたのです(というとなんかカッコイイのですがハハハ)温泉に入ってゆったりしながら桜も楽しめるという格安ツアーがありましてね。よーしこれだ!!と。めざすは山形・赤湯温泉。僕の頭の中ではちょっと遠いかな?という思いがあったのですが…なんと二時間あまりで到着。結構近い!!ホテルの送迎バスが街中を走り出しますとね―アチコチに今、まさに満開の桜が―。

 

「わぁーっ!!きれい」「ちょうどいい時に来たのかも」とバスの中では喜びの声が。そして赤湯温泉のすぐ近くの烏帽子山公園が見えてくるとなんとなんと!!全山が桜で覆われてるではありませんか!!「イヤーッ!!すごい!!すごいねぇー」と。何だかドキドキしてきます。

早々にチェックインを済ませ。目の前の烏帽子山公園へ。ここは千本桜で有名だそうで、その名の通りもう桜・サクラ・さくらの花盛り。「桜まつり」の真最中!!それに日曜日とあってたくさんの人たちで大賑わい。満開の桜もあれば五分咲き、まだ蕾の桜もあって、それが澄んだ青空に映えて「もう…最高!!」と。ひっきりなしに「桜まつり」の歌が流れ、「焼きそば」「焼きトウモロコシ」「ソフトクリーム」などの出店もあって。「あの玉コンニャクおいしそうだね」と食べてみる事に。そこら中の桜を眺めながら玉コンニャクをいただく。「うまーい!!」

この公園の奥には八幡宮があるそうで、とにかくお参りをせねばと。そしたら境内の両側に阿・吽の狛犬。この狛犬今まで見たのとは違って前足を曲げてその上に頭を乗っけてる。その顔の表情が何とも愛嬌があって。急いでお参りを済ませてスケッチ。この境内の枝垂桜がみごとで狛犬もうれしそう。

そしてこの参門の石の鳥居は日本一の継ぎ目無しの石造りだそうで貫禄(?)があります。そしてその両側から降りかかるようにみごとな枝垂桜が!!もう皆さんカメラやスマホを構えて記念撮影をひっきりなしに。公園を一巡しながら「スゴイ!!スゴイね…」の連発!!眼下に目をやると一面の桜越しに赤湯の街並み、そしてはるか遠くに残雪の連山が望めるのです。「いいねいいーね」満開の桜と残雪の連山のコラボ(?)なんて最高じゃん!!と。

 

よーし!!明日の朝もし早く起きれたら…見物客の少ないうちにスケッチに行ってみようと心に決めて。ゆっくりゆったり温泉につかって「ああ…幸せ」って感じで。床に着いたのです。

早々と目が覚めて。ところが天気はいいーのですが寒い!!意を決して公園へ。さすがに人はまばら。昨日眺めた桜と早朝に見る桜は違って見えるから不思議。気に入ったスケッチポイントに立ってみる。なんと地面には霜が降りているのです。寒い訳だ。

とにかくハガキを出してスケッチをはじめたのですが…手がかじかんできて思うように鉛筆が走りません。それに感動とはウラハラで「絵にも描けない美しさ」なのです。遠くの残雪の連山が朝陽を受けて刻々とその様を変えていきます。しばし集中してましたらね「ちょっと見せて下さい」と声をかける人が。「わぁー絵が描けるっていいですね」と。「すごい眺めですよね」と言いましたら「この公園の下に住んでますが今年の桜はあまり良くないね…」って「エーッ!!僕は東京から来てはじめてこんな桜見たんですけどスゴイじゃないですか!!」「イヤ!!いつももっときれいだ」とのこと。朝の散歩らしいのですが…。「毎年こーんな桜が見れるなんて幸せじゃないですか?」と言いましたら「まぁね…ありがとう」と。

何とか一枚スケッチを終え朝食に間に合うようにホテルへ。なんとこのホテルの朝食はつきたてのお餅が食べ放題なのです。二人ともお餅は大好き。まずは雑煮から。そして納豆餅。次いでアンコ餅と。もう…大満足大満腹!!「これじゃ一気に太っちゃう」と言いながら―。(ハハハ)十時にホテルのバスで東北の伊勢と呼ばれてる宮内熊野大社への観光案内が出発とのことで乗り込みました。

 

辿り着いた熊野大社。千二百年の歴史があるそうで昔ながらの茅葺屋根建築だそうで重厚なたたずまい。案内の人が「熊野大社の神様は命を司る神様です」といろいろ説明して下さる。ここの本殿の裏の彫刻に三羽の「うさぎ」が隠れてるそうで。これを見つけられた人は願いが叶うそうで…。懸命に目をこらして探してはみたものの結局時間切れで二羽しか見つけられず…残念!!

今回の旅でものすごく感動したのは夜桜見物を旅館の方が四十分コースで案内して下さった事。烏帽子山公園の桜がライトアップされているのですが…昼間眺めた桜とは全く違って。夜空に映る桜は又格別!!何とも幻想的ですよね…。何カ所かのビュースポットも巡りながらいろいろ説明して下さる。そめいよしの、江戸彼岸桜、枝垂桜と二十五種の千本桜があるそうで日本各地から取り寄せたものもあるとか。「日本のさくら名所百選」にも選ばれてるとの事。アチコチでビニールシートで陣取って夜桜を楽しむ人達。いいーもんですね…。

それにしてもここの枝垂桜のみごとな事!!まるで天空から流れ落ちる滝のよう―ああ…何とかこの枝垂桜スケッチできないものだろうか?そんな気持がフツフツと沸いてきましてね。

明日。早朝挑戦してみよう!!と心に決めて。赤湯温泉の旅最終日。十時のチェックアウトの時間まで何とかねばって。お天気は最高に晴れ渡り。まさに滝のような枝垂桜に圧倒されながら…悪戦苦闘!!敵はこれでもか!!これでもか!!という美しさで迫ってくるのですがこっちはもう…タジタジ…。かくして今回の旅。今年最後の桜大満喫の旅と相成りました。ああ…どうすりゃいいーんだ?と筆を走らせるのですが―タイムリミット。ま、ハガキに残せただけでもいいー事にしようと。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月20日 鹿浜・都市農業公園にて

2017年05月11日 | Weblog

月一回通院している病院のすぐ近くに。足立区ではちょっとした桜の名所(?)鹿浜・都市農業公園があるのです。今日はその通院日。ひょっとしたら今頃八重の桜が見頃かも?病院の帰りにでも立ち寄って見ようか?ってことで。朝からおにぎり作ってハハハ…気分はもうピクニック!!病院での待ち時間もスムーズに流れて。公園に直行。イヤーッ!!正に見頃!!八重の桜は満開!!「関山」「ウコン」「八重紅枝垂」と八重桜も種類がいっぱいあるんですね…。一気に咲いていさぎ良く舞い散るひと重のそめいよしの桜などとは違って八重桜は豪華な感じがしますよね…。花見客もそれほどなくて―。「うーんここからの眺めいいーね」といいながらビニールシートで陣地(?)を確保。青空の下。桜を眺めながらおにぎりをほおばる至福の時間。一気に芽吹いた新緑の鮮やかな事!!まさに春!!おおーっ!!春よ春!!です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月16日 西新井ギャラクシティ 歌謡コンサートにて

2017年05月11日 | Weblog

開場が十三時三十分というので…その十分前ぐらいに行ったのです。そしたらもう…長蛇の列なのです。それもほとんどが高齢者(自分も仲間のくせに違うと思い込んでる…ハハハ)

「スゴイ!!ね」と思わず顔を見合わせて―。歌って健康・杉山公章の「歌声コンサート」にはじめて行ってきました。会場のギャラクシティ西新井文化ホールはほぼ満席。舞台にはピアノ、キーボード、ギター等の楽器が準備されてて。杉山公章さんと演奏者が登場するとものすごい拍手が沸いて。いきなりロシア民謡「トロイカ」を歌いはじめるのです。歌詞はスクリーンに映し出されて―。

 

そう…若い頃良く通った「うたごえ喫茶」を思い出しましたよ。そして次々と青春時代一度は口ずさんだ歌がキーボードを踊るように演奏しながらの公章さんの歌声がトークがすごい!!「歌詞をまちがえようが、音がはずれようが知ったこっちゃありませーん。思いっきり歌いましょう!!」まさに参加型。一人一人が主人公。会場が一体となっての大合唱!!「知ったこっちゃありません」精神がみんなの心をひとつにします。何十年振り(?)なりふりかまわず大声出して歌いましたよ。(ハハハ)イヤーッもう最高!!確かに健康にいいーかもしれない。青春時代にタイムスリップしたひと時でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加