ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

命の重さ、尊さ。~「永遠の0」~

2013-12-25 17:35:04 | 映画


永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)百田 尚樹 講談社 2009-07-15売り上げランキング : 4Amazonで詳しく見る by G-Tools

私がまだバイトしてた頃からこの本はめっちゃ売れてた。
映画化でさらに拍車がかかってるけど、輪をかけて
原作者のテレビ出演が半端ないね。三谷幸喜よかすごいかも。(^_^;)
ピースとハイライト(通常盤)
ピースとハイライト(通常盤)サザンオールスターズ ビクターエンタテインメント株式会社 2013-08-06売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見る by G-Tools

サザン復活の最初のマキシシングルに収録されてる「蛍」
もう夏からずっと映画館で予告といっしょに聞いていた。エンディングでもいっかい
このうたで泣けますて。ほんと。

と、前振り長くなりましたが。

アイドル映画やと思うなかれ。岡田くん、充分宮部久蔵を演じておりました。
でね、
きっかけは岡田くんでもいいから、
ミーハーなノリで、きゃ~かっこいいでいいからまずそれをとっかかりとして
戦争ってもんを知ってほしい。今自分がいきているということは
この時代のひとたちの、
どうか未来が幸せでありますようにっていう願いの上に成り立ってるんだってことを
知ってほしいわけで。
ぜひ、たくさんのひとに見てもらいたいと心から思いました・・・。

お国のためにってほんとに思ってたひとももちろんいるだろうけど、
きっとね、守りたい誰かがいるから戦場へ行かなくちゃってのがあって
それと同じくらい、守りたいひとがいるから「その人の元へ帰らなきゃ」ってのも
あったはずなんだ、それを口に出せなかっただけでね。
あの時代に言いたくても言えなかった本音をずっと言い続けてたってのは
ある意味とんでもなく強くておおきなひとだったはずで。

命を無駄にしてほしくない、その気持ちが伝わったからこそ
反発してたはずのひとたちが戦場でも戦後でも
今度は宮部と宮部の家族を守ってくれる。
「死んでも必ず帰ってくる」っていう約束は果たされたし、
宮部の人となりを語ってくれた、生き残りのおじいちゃんたちが
しっかりと間違いなくあの時代と宮部のことを孫に伝えてくれた・・・その語り部たちのリレーが
とてもとても感動ものでした・・・。

現代劇の部分が幾分軽くてなんだかがっかりなとこもあったんですけど
それはそれで今がそれだけ平和なんだということで。
でも、ぶっちゃけ、
あの時代を生き抜いたひとらからしたら生ぬるくてやってらんないと思うんでしょうね。
宮部なら笑って、幸せならそれでいいって言うかもしれませんが。

内容はもちろんのこと特撮部分もすごかったですね。
宮崎駿が「風立ちぬ」の前にこの映画が見れていたら
ゼロ戦の飛行シーンを描くのにきっと参考になったろうな~とか枝葉なことを考えてました。
ものすごい迫力とスピード感。ゆえに生死の狭間を飛んでいる緊張感で
見ててもガチガチになってました。

たったいっこだけ不満があるとしたら
現代のシーンであんなに露骨にゼロ戦とばすことないじゃんて。
ここまでよかったのにそこで叫ぶのかよっていう・・・
これ、アニメならオッケーですが実写でこれはないよな~って。
せめてゼロの音だけとかね、もすこし表現のしようがあっただろうにと・・・(^_^;)

ほんとたまたまですけど、クリスマスイヴに鑑賞しました。
でね、家族で食卓を囲むっていう、ある意味当たり前のありふれた日常が
どんなに幸せなことかってむっちゃ思い知らされて
晩ご飯のシーンだけでもポロポロ泣いていました。
どっか行こうとかプレゼントがどうのとか
・・・はい、私は充分ハッピーです。欲張ることもできる環境におりまする。
そしてそのことに感謝して生きていかないとねって。(^_^;)

言いたいことはもっとあるんだけどうまくまとまりません。
また時間が経てば文章が変わるかもしれませんが、現時点ではこんな感じで。

PS:愛してるも死にたくないも口にだせない時代のお話なのだからなおさら
  その気持ちを隠さずに、正直に生きていた彼を通して
戦争で散っていったひとたちもきっと同じ気持ちだったのだと、
ヒロイズムや闘争本能だけで飛んでいたのではないとわかってほしいですね。
そういう意味でもたくさんの人の目にふれてほしい作品だと思いました・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠の0レビューの前に。 | トップ | ZはゾンビのZ~♪~「ワールド... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2013-12-25 19:17:01
「お国のために」じゃなく「お肉のために」なら「笑の大学」なんだよね(笑)

 もともと枚パーにいさんは役者としての仕事がよかったし、アイドルじゃないと思う。「木更津キャッツアイ」は私は観てないんだけど、今年は主演映画にホントも映画館で観させてもらいました。来年は大河も控えてるしね・・・多分観ないけど。

 この映画を観た後におばちゃんたちが「背が低いからなぁ」なんて言ってた声が聞こえてね(笑)彼は背が低いからこそいいと思うんだけど。

 今年観た邦画で、BEST1か2(清須会議も良かったもんで)でした。
Unknown (Ageha)
2013-12-27 09:39:40
しんちゃん、どうも。

うん、たぶん今年の3本の指にはいるな~。
これで年末アップする邦画のお気に入り順位が
かわってもた。(^_^;)

背が低いっていえば、真田広之だって低いよ。(ボソ)
決してそれをマイナスにしない、むしろプラスにもってける
役者さんていっぱいおるんちゃうかな?
ジャッキーチェンだって身長だけいうたら
めっちゃこじんまりじゃん。(^-^)
ええ役者さんに成長していってほしいもんです。

今回共演した夏八木さんはじめとする
ベテラン俳優さんたちの演技はええお手本になります・・・。お仕事でいっぱいそういうええもんを
吸収していってほしいですね。
主演男優賞~ (cyaz)
2013-12-28 13:04:58
Agehaさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

絶対音感は彼に取って役者の“勘”として活きているのでは(笑)
今年は『図書館戦争』も良かったし、
僕は個人的に主演男優賞を挙げてもいいかなと思っています^^
戦争の伝え方は様々な方法があると思いますが、
ぜひ若い方が、こういう映画に触れてみて欲しいですね^^
Unknown (Ageha)
2013-12-28 13:50:16
cyazさん、どうも。

田中 泯さんがとことんかっこよかったです。(そこ?)

彼が言うてましたけど
九死に一生なら喜んで戦うけど
特攻は十死ゼロ生だと。
怖いもの知らずの景浦でさえもそこはやりきれなさを
抱えていたわけです。で、志願はしなかった。

逆に、みなに生きろと言いながら
特攻するための技術を叩き込んでいた宮部は
そっからしてもう耐えられなかったでしょうね。
ましてやそうやって訓練した生徒が
自分より先に、敵戦艦に届くこともなく散っていくのは
精神がおかしくなっても不思議じゃない。
死ぬことも生き残ることも地獄だったあの時代を
私たちはぜったい忘れちゃいけないんだと思います。

決して軍のいいなりになってたわけでも
英雄気取りだったのでもなく
悩み抜いてそれでもそうするしかなかったことを
美化するのでなく
もう繰り返さないために
知るべきだと思いますね・・・。
たしかにあそこでゼロを飛ばしちゃだめだ (GAKU)
2014-02-11 09:07:49
Agehaさん、こんにちは。
あの現代のシーンでゼロを飛ばしたのはたしかにどうかと思いますね。
私もゼロの音だけが聞こえた、くらいがいい感じに終われたのに、
せっかくの郷愁が吹っ飛ぶってもんです。

宮部の語り部たちの豪華キャストはよかった。
エンドロールではラストを飾るレベルのベテラン俳優たちが勢ぞろい。
田中泯と夏八木勲はやっぱカッケー、などと思いながら観てました。
ジジイ俳優好きです^^
Unknown (Ageha)
2014-02-13 00:30:00
GAKUさん、どうも。

うん、あのゼロ戦シーンはちょっとひいちゃいましたね~。
この映画での唯一ツッコミどころがそこでした。

今までは・・ってか今でも
出てる俳優さんで映画を選ぶし
主演男優がカッコイイ~~きゃ~~~
・・・以上。なんてことあります。
でも、その反面で
違いがわかるオトナのゴールドブレンドではないですが
もうこういう渋い俳優さんたちの演技って
なんてすごいんだろうって思うようになりました。
・・・きっと演技の技術だけじゃなくて
生きてきた時間の長さも努力も生き様も
オーラとなってそこにのっかるのでしょうね・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
映画『永遠の0』観たよ~ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
劇場鑑賞「永遠の0」 (日々“是”精進! ver.F)
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5巻...
永遠の0 (試写会) (風に吹かれて)
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
永遠の0~脱力低空飛行 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋 ...
【永遠の0】語り継ぐ物語 (映画@見取り八段)
永遠の0     監督: 山崎貴    出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功 公開: 2013年12月21日 2013年12月25日。劇場観賞。 原作は百田尚...
永遠の0 (花ごよみ)
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、 な...
永遠の0 (勝手に映画評)
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う~...
映画「永遠の0」を観ました!!(2013-20) (馬球1964)
映画「永遠の0」を観ました!!息が出来ません!!
『永遠の0』('13初鑑賞106・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:45の回を鑑賞。
『永遠の0』 (こねたみっくす)
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
『永遠の0』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
『永遠の0』を新宿バルト9シアター9で観て、イビツだとしても好きよふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おそらくイビツな映画】 原作未読。 これには泣かされる。 でも、私はひねくれ者だから、 映画としては変な作りじゃないかって異は唱えておきたい。 ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた (オールマイティにコメンテート)
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
永遠の0 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著のベストセラー小説を山崎貴監督&岡田准一主演で映画化した戦争ドラマです。 原作がとても良かったので、この物語をどのように映像にするのだろうと楽しみにしていました。 丁寧に主人公の心を追った展開に、静かに激しい時代の波に引き込まれていくような作品...