ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年度 日本インターネット映画大賞・日本映画部門

2015-01-14 21:29:29 | 映画
いや~ギリギリになっちゃいました。「海月姫」の鑑賞は間に合いませんでしたが。(^_^;)
レビューを書いていない「テルマエ・ロマエ2」を含めて2014年の邦画は
DVD鑑賞を含めて48本。そのうち昨年公開でないものをのぞいて最終43本。
・・・去年の映画の細か~い感想はまたあとで書くとして
1本を除いて絞るのは大変でした。で、作品賞に関してはキモい・エグいを排除して
「もう一度みたい作品」だけを選びました。


[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「 太秦ライムライト         」 10点
  「 超高速!参勤交代         」  5点
  「 瀬戸内海賊物語          」  4点
  「 小野寺の姉・小野寺の弟      」  3点
  「 るろうに剣心・伝説の最期編    」  2点
  「 柘榴坂の仇討           」  2点
  「 るろうに剣心・京都大火編     」  2点
  「 TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI  」 2点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】
 演技ではなく、素をそのまま撮ってるような感じだったのですが
 役柄こそあるものの、太秦ライムライトは福本清三さんの生き様そのものだったし
 けっして脚光をあびることのない、偉大なレジェンドの斬られ役人生と
 時代劇の衰退を嘆く現状を見てるひとに十分印象づけたと思う。ってことでダントツ1位。
 セカオワのドキュメントを見てもセカオワってどんなん?ってのは結局ケムにまかれてしまったけど
 この映画の主題歌だったDragon nightにどっぷりハマリ、セカオワのでている番組を
 片っ端から見るようになったわけだから映画の影響ってすごい。(;´∀`)
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ 大友啓史          ] (「るろうに剣心・伝説の最後編」)
【コメント】
   もちろん原作コミックに沿ってってことだったんだけど、時代劇のイメージを変えちゃったな~と。
【主演男優賞】
   [ 染谷将太          ] (「 寄生獣       」)
【コメント】
   キモい映画だったのでランキングには入れてないですけど、「WOODJOB」と両方好きかな。
【主演女優賞】
   [  小松菜奈        ] (「渇き。」)
【コメント】
  ほんとはニューフェイスのほうかもしれませんが、自分が見た作品で主演女優に該当するひとがいなくて
  あまりにもインパクト大だったのでこっちにしました。
【助演男優賞】
   [ 田中泯          ] (「るろうに剣心・京都大火編        」)
【コメント】
  翁VS蒼紫のバトル!んでもってこの人の動と静がこの前編で個人的にとっても印象に残ったので。
【助演女優賞】
   [ 深田恭子          ] (「 超高速!参勤交代       」)
【コメント】
   最初こそツッパリでしたけど、とってもキュートでした☆.。.:*・
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 柴田杏花          ] (「 瀬戸内海賊物語       」)
【コメント】
   村上武吉の末裔でこの物語のヒロイン。まだまだ出演作品は少ない小学生ですが
   これから出てきてほしいなという願望もこめて。
【音楽賞】
  「晴天の霹靂           」
【コメント】
   エンディングで流れるミスチルの「放たれる」はグッときます!
-----------------------------------------------------------------

【ベストライブinシアター賞】
   [ BUMP OF CHICKEN          ] (「WILLPOLIS劇場版2014」)
  「           」
【コメント】
  これに関しては、ファンしか見ない映画・・・だけど、ライブに行ったことのない人間が
  すっとライブの雰囲気に溶け込めて、スクリーン越しにしかみてないのにうるうるするほど感動できたってのは
  やっぱりうれしかったので。(*^_^*)
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪が撮れたら花が撮りたいで... | トップ | 2014年度 日本インター... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-01-28 09:25:01
ああ、そうか。柴田杏花ちゃんか。
「太秦ライムライト」しかかぶっちょらん。
私のとこのはエグいんが多いからなあ。
Unknown (Ageha)
2015-01-31 19:01:48
ふじき78さん、どうも。

これも多分に偏屈なランキング投票になったなと。
ホビットや剣心をかたっぽしか入れてないのも変だし。

好きな俳優で映画を選んで
「ただドアップで見れたらそれでよい」なんてこともしてるので
そういう意味では
「太秦ライムライト」はちょっと別格でした。
・・・嵐山でも清水のあたりでも、人力車の後ろに必ず
この映画の宣伝ポスターを貼り付けて走ってたのを
半年くらい見てましたよ。京都でのロングランはすごかったですしね。

・・・おかげであんだけほめた「インザヒーロー」が
霞んじゃったけどね~。(わわわわわ)
ほかの方はライムライトのほうを先に見てるから
私が騒いでたときは「でも太秦みてるんだよね~」っていうてた意味が見に行ってわかりました。
いえ、唐沢さんの演技がどうのではなくて
なんていうか「演技じゃなくって人生そのもの」にはかなわないな~っていう・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日本インターネット映画大賞・日本映画2014年分の投票記事だ、ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
----------------------------------------------------------------- 『 日本映画用投票テンプレート』 【作品賞】(3本以上10本まで)   「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」7 点   「劇場版テレク ...