メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

イレーヌ・メイヤー展@有楽町マリオン・ミュージアム(1996.3.4)

2016-10-15 15:20:58 | アート&イベント
「アート&イベント一覧」カテゴリーに追加しました

今日はいー1日だった
こういう“いー1日”ってのは曲者で、なかなかないものなのよね

カーメン・マクレエのジャズを聴きながら、温かいはちみつレモンを飲んで
心も体もホッとリラックスしてる
このどこまでもエコロジーなヴァーチャルアートが効いたのかな


今日は18時マリオンに着いて、観て来ました
チケットは前売りで新橋駅みどりの窓口で買って、
高いし、訳分かんないの買っちゃったなって思ったけど、観てよかった

すっかり洗脳 頭も心もスッキリ洗われたように感動

イヤホンが500+3000円(保険)で聞けたらしい

それぞれwater, wave, musicなどのテーマに合わせて
環境音楽(波、雨、雷、小鳥のさえずり)や、easy listeningの心と体の音楽みたいな音効果と
最初の立体画にもうビックリ

メデューサや竜が多かった
動物、植物、ピエロ、エジプトものもあった
ファラオの黄金面や、大仏やらの宗教的雰囲気

宇宙と自然が一体となって、
ハンプティダンプティのいるアリスの世界ほか
絵本の中みたいな感覚も楽しめる、まさに理想郷

でも、この風景は確かに地球上に存在しているものばかりなのよね


水槽の中でタツノオトシゴが4匹動いていて、よく動きを観るとMEYERなのがお茶目
そこに竜が颯爽と泳ぎ去ってゆく

となりではカエルが3匹はねて、タコが8本足でピアノを弾いている
その音が波の合間にぶつかって聴こえるから、本当に海底にこんなタコがいて
ピアノを弾いているんじゃないかって感じ


西武側と阪急側の二手に分かれていて、コイ、鶴、金魚等、日本の浮世絵の要素も見られた
家紋もあったし

顔を突っ込んで覗き込むと、プリズムか万華鏡の中
女性のうねる官能的な髪が、馬のたてがみにつながって→タツノオトシゴ→女性の目と
次々移り変わっていく不思議なだまし絵 CGに近い


原画もポスターカラーって感じ
一筆描きじゃないかってほどキレイで、とにかく写真のごとくリアル

も絵の具の線がクレーターの模様になってる!!


「easy money」なんてギャンブルがテーマのもあった


パネルの内側からライトをあてたものは、果物なんか瑞々しくて
透明感と光の当たり具合いが最高

原画にもそれぞれに合った光が当たっていて、周りはお化け屋敷に入っていくようなドキドキ感がある
稲妻のライトや、波のしぶきのようなものなど、照明の使い方にも工夫が多い

思わず、2500円の本を買っちゃったけど、写真にすると全然違ってしまう


帰りは美味しいオムレツ屋のはずが「おかめ」に行ったら休み
有楽町駅前の東京交通開館の地下「ニューおかめ」で
柚子の香りとあっさりおつゆの山菜ラーメン+ソフトあんみつ(ソフトクリーム+餡子+寒天+黒蜜)
甘かったけど、すごく美味しかった!

20時まで食べてて、そのまま家へ



『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビュフェ追悼展」@小田急... | トップ | ダリ展@三越美術館・新宿開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。